ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

静岡旅行記1・インコ好き口笛奏者発見!

先日、浜松の「浜名湖立体花博」と「掛川花鳥園」を巡る
一泊旅行をしてまいりました。

一日目は朝大阪を出て、昼1時頃には浜松到着。
この日は休みにはさまれた平日だったので
高速料金は6000円くらいと思っていたら
インターを出て「1850円です」にビックリ。
途中で新しい道を通ってきたので1000円ではありませんが、ラッキー!

お昼ごはんは「うなぎ藤田」にて。
江戸焼きといって、一度うなぎを蒸してから焼くやりかただそうです。
これが美味しかった!ランチセットはサラダとかいらないよね~ということでやめて
単品のうな重にしましたが、ランチ並みにキモ吸い、つけもの、コーヒーまでついてびっくり。
d0123492_2151814.jpg

別に、備長炭で焼いた肝焼きも注文。最高。
d0123492_21525145.jpg

後味があっさりしていて、これなら明日もうなぎ食べられそう。

おなかいっぱい満足し、日の高いうちにと花博会場へ。
車では会場までは行けず、専用駐車場からシャトルバスを使います。
平日だったのでまだそれほど込んでなかったけど、
土日休日はかなりの人出かと思います。
このイベントは好評のようで、この日50万人を突破とか。
d0123492_21592365.jpg

正面玄関のウナギイヌ。これは会場の外にあるので入場しなくても見れます。
ウナギイヌは大人気でしたが、会場の玄関にある、このイベントのマスコット「モザイくん」
d0123492_2212333.jpg

可愛いけどウナギイヌのインパクトに負けてか、あまり写真撮影する人もない。
このイベントは立体花博というとおり
世界各国、自治体、団体が作った立体的な花壇を見れます。
どれも面白く美しいので
それほど花に興味のない私でも楽しむことができました。
全部紹介していたら大変なので、いくつか抜粋します。

ナスカの地上絵。
d0123492_223643.jpg

リクガメ。他にもカメを出品しているところはありましたが、
このガボンのリクガメが一番出来がよかったです。
d0123492_2294339.jpg

モントリオールの「木を植えた男」
昔素晴らしい色鉛筆アニメーション映画がありましたね。
人も素敵ですが、犬がとてもリアル!
d0123492_22115790.jpg

一応大阪在住だから・・・先日開催のイベント「水都大阪2009」。
先日紹介した巨大アヒルが浮かんでいたらもっとよかったのに。
d0123492_22144659.jpg

華やかで力の入った作品が多いけど、なかにはちょっと地味なものも。
わたしのツボにはいったのは
温水洋一似?のショパン。(ワルシャワ)
髪の毛が強風にサワサワ揺れて、地味ながらイイ感じでした。
d0123492_22182243.jpg

鳥モチーフもいくつかあったので一部紹介。
インドネシアの鳥の神様「ガルダ」
d0123492_22202452.jpg

その向かいにあったのはカリブのベリーズ、この鳥はオオハシだそうで・・・??
d0123492_22223070.jpg

広島市の「かもの里帰り」
d0123492_22241541.jpg

人気が高かったのは静岡のレッサーパンダ。
d0123492_22255986.jpg

今回ゆるキャラも多数出演してました。
岩手の「そばっち」
d0123492_222785.jpg

名古屋のはち丸。ゆるキャラじゃないけど、後ろに見えるのはスリランカの涅槃仏。
d0123492_22285770.jpg


まだまだあるんですけど、画像アップに疲れてきたのでこのくらいにしておきます。

ようやく表題の「インコ好き口笛奏者」ですが・・
会場パンフレットから、ダンナがこんなステージ出演者を発見!
d0123492_22312037.jpg

この人、頭にインコ乗せてる!!!
後で調べたところ、このかたは分山貴美子さんといって
口笛で音楽演奏をされているミュージシャンだそうです。
なんと、可愛い可愛いワカケホンセイインコを飼っておられる!
ブログ「KIMIのさえずり」(←クリック)から、超可愛い「足クサ~ダンス」を踊るインコが見れます。
(足クサ~ダンス画像はYOUTUBEで拾って来たもので、ご本人の鳥さんではないそうです。)

ステージ観たいけど、11月15日なのでさすがに見に行くことはできず。
でもいつか口笛、聴きにいきたいです。
*追記*
分山さんのブログやHPのほうで、今後の演奏予定がアップされました。

このあと、浜松市内のこんなお店に行ってきました。
くわしくは次回。
d0123492_22411245.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2009-11-04 22:44 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/10419038
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ehonkissa at 2009-11-04 23:51
「木を植えた男」の犬、本物かと思いました~。でもすごく大きいんですね?
分山さんの口笛、テレビで聴きましたが素晴らしかったです!
口笛世界一でしたっけ?

浜松でけにウナギイヌ、実物を見たいです~。
Commented by あきら at 2009-11-05 00:23 x
うなぎ、関東では一度蒸したのを焼くんですよ。ふわっと柔らかい仕上がりが特徴です。って関西のは食べた事がないですけどね。頭の上のインコいいですね~ワタシも花鳥園に行くと必ず乗せます(乗られます)(笑)
Commented by toubounonki at 2009-11-05 00:33
おお~!!
カモの里帰りに激しく反応してしまいました(爆)。
次回の記事もとっても楽しみ!!
Commented by おんぷ at 2009-11-05 07:46 x
おはようございます。
素敵な作品が沢山並んでますね。私は、リクガメ、カモの里帰り、レッサーパンダがお気に入りです。
コーヒーポンポン気になります。どんなお店なのかしら?
次の記事も楽しみにしております。
Commented by kozakurapon at 2009-11-05 18:19
ehonkissaさん、この犬はほんとにリアルでした。
この写真では見えにくいですが、後ろにある3匹の駆ける馬も
ものすごく造りがリアルで見ごたえありましたよ。
分山さんのことは初めて知りましたが、
音楽はひょっとして何かのBGMで聴いたかもしれませんね。
ぜひちゃんと聴いてみたいものです。
Commented by kozakurapon at 2009-11-05 18:23
あきらさん、関西人なので他の料理は関西風がいいのですが
うなぎに関しては絶対関東ですね!美味しかった・・。
掛川花鳥園に行ってきましたよ~!
頭の上にコガネメキシコやらエボシドリやら乗ってました。
Commented by kozakurapon at 2009-11-05 18:26
toubounonkiさん、カモの里帰りはなかなか動きのある形で
よかったですよ。
花鳥園はやはりね~掛川ですよ。行ってみてわかりました。
神戸と違います!のんきさんが発狂するとこ見たいので
たまちゃんも一緒にぜひ行きましょう。
Commented by kozakurapon at 2009-11-05 18:29
おんぷさん、他にもいいのがたくさんありました。
写真の好きな人にはいいんじゃないかと思います。
コーヒー屋ポンポン、鳥とは何の関係もないんですけど
なかなかこだわりのお店でしたよ。
Commented by toumoto at 2009-11-05 23:45
分山貴美子さん良いですね。
頭に乗ってるのはペーパークラフト(コオオハナモドキインコ?)でしょうけど、ルリ、ベニ、コバタン、コザクラ、ワカケといるようですね。
喫茶ポンポンも良いですね~(笑)
Commented by kozakurapon at 2009-11-06 10:36
toumotoさん、分山さんの頭に乗っているのは
オスのオオハナインコで、描いてもらったものだそうですよ。
HPの表紙にも鳥の羽のアクセサリーをつけておられるし、
コンゴウインコの羽ペンを使うなど、なかなかの鳥マニアぶりですね。
おぴ~さんが珈琲好きなら絶対おみやげに豆買うのに、
残念でした!
Commented by toumoto at 2009-11-06 12:56
ポンポンは喫茶じゃなくて珈琲豆屋さんでしたか。
失礼。
分山さんの頭インコ写真は公式に大きいのがありましたが、オオハナではなくモドキの方ですね(描いた方的にはオオハナなんでしょうけど)
オリジナルのペーパークラフトなのか、CGで加工しているのか(にしては上手すぎ)、どちらにしても良い味でてますねー
静岡花博は10年前に淡路花博の仕事をしているときに、現地に調査隊が来ていたのが想い出にありまして懐かしかったりします。
というか、もう10年前というのが怖い・・・・・・
Commented by kozakurapon at 2009-11-08 10:44
toumotoさん、そうなんですよ。
わたしも喫茶があると思い込んでいました。
分山さんの頭のインコ、たしかに最初ぱっと見たときは
ボウシインコ?っぽいと思いましたし、
身近に鳥がいないと、作る方も特徴をとらえるのは難しいのかもしれませんね。
でもいいポートレート写真だと思います。
花博も、こういう昔の菊人形的な企画のほうが
園芸に特別興味がなくても幅広い年代の人が
楽しめるように思います。