ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

鳥をフェリーにのせてみました

毎年、年末年始の帰省には鳥をつれていくことにしています。
いつもは往復とも飛行機なんですが
今年は行きだけフェリーに乗ってみました。

会社帰りの主人と待ち合わせて
大阪港まで電車でぽんぽんと荷物を運びました。
遠い・・・重い・・・かさばって改札機を通れない・・・。
d0123492_2145127.jpg

分厚いダウンを着ていたので、鳥連れのホームレス(なんか夢があるな~)のようでした。(笑)
ようやく主人とおちあって荷物を分担。フェリー乗り場で手続き。
鳥の運賃は2000円でした。
主人が乗船名簿を記入するとき、動物の種類のところを
「島類」
と書いてました。ちっちゃいアイランドやな~(笑)

フェリーに乗りこみ、ぽんぽんを預けに行きました。
別棟?の小さい動物用船室があり、
すでに小さい犬が3匹ほど収容されていました。
最初はみんな静かにしていましたが
私が行くと「くううう~ん」と小さい声で鳴きはじめてしまいました。
みんな訓練されたいい子なんでしょうね。我慢しつつ
でも耐えきれない様子がいじらしかったです。
d0123492_214537100.jpg

犬のとなりのケージにとりかごを入れようとしましたが
びみょーに高さが合わなくて入らない。

どうしようかと困っていたら、担当の女性が気を利かせて
フロントの中で預かりましょうと言ってくれました。
昨日は文鳥を預かったんですよ~ということでした。
とても感じのいい方で助かりました。

フェリーのなかは暖房が利いてましたが
かなり乾燥していましたので、水入れに水をいれておきました。
さっき無理にケージをつっこもうとしたときにこぼれましたが
湿気対策になるかとそのまま預けました。

後で見ると、餌の上に水がかかって湿ったため、ぽんぽんは何も食べずに寝たらしい。
落ち着かなかったせいか水も飲んでいなかったようで
フェリーから降りて車に乗った時に、水を口元に持っていったら
びっくりするほどの勢いでゴクゴク飲んでいました。かわいそうなことをしました。

この日はさすがに混雑していて夜遅くまで騒ぐ人もいたし、
寄港便だったので未明にアナウンスがはいったりして
フロントにいたぽんぽんは落ち着かなかったようです。

1000円高速のおかげで致命的な打撃をうけて
存続の危機にあるということなので
守りたいと思ってわざわざフェリーにしたのですが・・・
鳥連れではきびしいかな。

帰りは飛行機でした。
こちらは片道5000円。ハードケージを無料で借りてかごごと入れてもらい、預けます。
離陸や着陸で揺れますし、ぽんぽんにとってはもちろん快適とはいえないでしょうが
なにより時間が短いのがいいです。

フェリーを守りたいんですけどね・・。
便数が減って、時間も中途半端になってしまい、余計利用しにくくなっています。
便数が減って利便性が犠牲になっているのは飛行機も一緒。

こういうインフラは一度失われるとなかなか整いません。
千円高速で長距離を移動する体力のある、若いあいだはいいですが
これから高齢化社会を迎えるのに
公共交通が滅びてしまっていたらどうすればいいのかな~なんて
少し不安になっています。
[PR]
by kozakurapon | 2010-01-05 21:53 | わたくしごと | Trackback | Comments(31)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/10633684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by usupin at 2010-01-06 01:08
こんばんは!
あはっ 本当にフェリーに乗ったんですね^^ 作品の何かだと思ってました^^;
それにしても動物連れの移動は大変です。鳥さんも頑張りましたね♪
お疲れ様です^^
うーん、日本はどこへ向かっているのでしょうか!???
Commented by utsuwatabi at 2010-01-06 02:24
私も以前、引越しの際にオカメインコとともに東北自動車道を
ひた走って青森からフェリーに乗りました^^;
鳥かごを車に積んだ状態でフェリーで18時間・・・。
心配で心配でたまらなかったことを思い出しました^^;
18時間後・・・車の中で再会したときの
ピーちゃんは、花鳥園のポポちゃんのように
細--くなった状態でビビってました^^;
無事に自宅に到着したときは心底ホっとしましたね~^^
Commented by noharm at 2010-01-06 09:12 x
飛行機は寒くないんですかね?やっぱり普段から多少厳しくしないとダメかなぁ・・・。
Commented by あさたろう at 2010-01-06 10:32 x
「島類」に大笑いしてしまいました(ごめんなさい(__))
以前普通のケージのまんま新幹線に乗った事はありますが。いくら払ったかは忘れましたが足元にケージを置いてた記憶があります。
フェリーでは側には置けないんですか。 
高速1000円、ぱっと聞くといいようにも思えましたが、環境問題もあるし、フェリー等他の交通機関にどれだけ影響が出るか考えなかったんでしょうかねえ、政治家は。子供手当も同様で、ばらまきよりもっと他に有効なお金の使い方あるやろ、と一人でぶうぶう文句言ってます。
鳥連れのホームレス。。。寒さに強い子ならOKですかね~( ̄w ̄)
どんな時も鳥連れ、そうありたいですが。
Commented by yukai5 at 2010-01-06 10:51 x
想像したら、ものすごい苦行ですね。
人間はあと何時間とか予測できるけど
ぽんぽんはそんなことわからないから
不安だったんだろうなぁ。
フェリーと飛行機のどちらがいいか
ぽんぽんが答えてくれるといいんですけどね。


Commented by kozakurapon at 2010-01-06 13:00
usupinさん、ほんとにフェリー乗りましたよ。(笑)
こども連れもたいへんだと思いますが、それ以上に衛生的な面で
入れない場所が多いですので気をつかいますね。
日本はどこへ・・・。
公約守るのは大切なのかもしれないけど、
別に各政策すべてを支持した人ばっかりじゃないんだから
もっとそれこそ議論をして、本当に必要な手を打ってほしいですね。


Commented by kozakurapon at 2010-01-06 13:11
utsuwatabiさん、動物の移動は気をつかいますよね。
フェリーのペット用スペースはほどよい暖房でしたが
やはり犬猫が一緒というのは、うるさい子がいたら
鳥にとってどうかなと思います。
飛行機も犬猫と一緒ですけど、時間が短いのがなによりです。
ぽんはつねにチンチラハウス(鳥用ベッド)につかまっていました。
チンチラハウスがなかった時はトップ画像のイラストみたいに
ブランコにつかまって揺れてたみたいです。(笑)
ライナスの毛布のように、愛着のあるものをいれておくと多少安心するかな。でもできるだけそんな思いはさせたくないですね。
Commented by はなたろ~ at 2010-01-06 13:15 x
鳥を連れての移動って大変ですよね(´△`)
私はいつも新幹線にヨウム乗せていくんですけれど・・。
自分の荷物もあるし、アクリルキャリー結構重いし(* _ω_)...
遊びに行くのに筋肉痛、疲れて帰って来てまた筋肉痛→そして仕事!(笑)を繰り返しています。
ヨウム君は最初こそは脱出しようとしてカシャカシャしていましたけど、鳴き声や雄たけびは一切しません。家では恐ろしいくらいジャングルなのに。ただ、大丈夫かな~とおもってチラッと見たりするとパチンコのキョウ○クの「きゅるる~ん♪」という音を再現します。(彼の今の流行)
ぽんぽんちゃん大変でしたね~。よく頑張った!お疲れ様です。
Commented by kozakurapon at 2010-01-06 13:17
noharmさん、それはわたしも気になってましたが
それほど寒くはないみたいです。一応かごにフリースのカバーをつけて
バッグにいれ、で大型ハードケージにいれてもらっていたので
短い時間ですし大丈夫でした。
普段から暖かいことになれてる鳥さんは
たいへんかもしれませんけどね。
Commented by kozakurapon at 2010-01-06 13:30
あさたろうさん、島類は笑いました。ナイスな間違いです。
フェリーはペットをそばに置くのはだめなんですよ。
ケージから出さない約束で、ペットもちこみオッケーな個室があればいいのですが。
まあルールを守れない方も多いのでしかたないかな。
なんでもものの値段が下がって、
普通の値段を支払うことがばかばかしくなってしまっていますが、
ただほどこわいものはない。安いのにはなにかウラがあるし、
もうけを無視したサービスは長続きしませんよね。
そしてどんどんサービス内容が低下して、
必要なものが手に入らなくなるのだ・・・。コワイ・・・。

Commented by kozakurapon at 2010-01-06 13:34
yukai5さん、ほんとにね。どうしてこんな目にあうのか
わからないままだったぽんぽんは気の毒でした。
年末年始は誰しも忙しいので預けるのも気がひけますし、
ペットショップに預けるのもなんだか・・。
来年もまたぽんぽんは飛行機に乗るでしょう。
Commented by kozakurapon at 2010-01-06 13:39
はなたろ~さん、アクリルキャリーはもっとかさばりますね!お疲れ様です。
大きい鳥さんはもっと預かってもらいにくいでしょうしたいへんですね。
パチンコCMのものまねいいですね。(笑)
かわいいおしゃべりとかしてくれたら、混んだ車内でも和めそう。
(こどもがまとわりついて大変かもしれませんが。)
Commented by ちょびうさ at 2010-01-06 19:48 x
フェリーかあ・・・
修学旅行のとき以来、乗ってないですね。
船の揺れってどうなんでしょう、インコ的には。
ぽぽさんは遠出はしたことないですが、
移動はいつも車です。

私は年末年始、帰省するお友達のコザクラさんをお預かりするほうでした。
近かったらぽんぽんも預かれたのに、と思いますが・・・。
強烈な姫にぽんぽんはそれはそれで怖い思いをするかもしれませんね(笑)
Commented by あきら at 2010-01-06 20:56 x
島類・・・。ワタシは逆の間違いをした事があります。友人のキャンバスにマジックで名前を書いてあげたのですが間違えて「小鳥」と書いてしまったことがあります(^^; 
Commented by toubounonki at 2010-01-06 23:08
移動の話ではないけれど、きゅーが生きていたときのことです。
江別のやきもの市に行くのに朝早くその日に泊まる友人の家にきゅーを
連れて行き(きゅーも何度も泊まっているうちです)急いでいたので
すぐにきゅーを一人で置いていきました。
そうしたら・・・「ただいま~」とやきもの市から帰ったら「ヒ・・・」と情けない声。そして全くご飯食べてませんでした。
何度も来ているところだから大丈夫だろうと思っていたら・・・・(汗)。
あの時はきゅーに悪いことしたなぁ、と今でも思います。
Commented by kozakurapon at 2010-01-07 21:08
ちょびうささん、船の揺れはあまりなかったのですが、騒がしい状態と強い暖房による乾燥が長時間続いたのがかわいそうでした。
姫と過ごしたらぽんぽんの毛引きも完全に治るかもしれません。(恐怖刺激)


Commented by kozakurapon at 2010-01-07 21:10
あきらさん、ナイスな間違いです。
そんな名前だったらコワモテの方でも怖くないかもしれません。(笑)
Commented by kozakurapon at 2010-01-07 21:15
toubounonkiさん、鳥もやはり説明がなくて突然違う環境に放り出されたら不安になるのでしょうね。
ぽんもカバーをかけて何も見えない状態で、聞きなれない声や物音を
長時間聞いていたのでわけがわからず不安だったのではないでしょうか。
Commented by kgひろこ at 2010-01-08 21:32 x
長い船旅、お疲れさまでした~。
ぽんちゃん、長時間ひとりになって、環境が変わったこともあり
飲まず食わずの船旅だったのですね。大変でしたねぇ。

うちの近く(熊本県から長崎県まで)のフェリーも、高速ETC割引きに
対抗して、あの手この手やってるみたいです。以前はなかった
ネット割引きとか、内装をとてもきれいにして快適に過ごせるように
してみたり。。。

インコちゃんとこのフェリーに乗ったことはないのですが、
インコ連れでよく利用する公共交通機関はJR。
特急を利用しますが、1時間ほど乗る区間がペット運賃500円ぐらい
だったかな。
最初の頃はまじめに支払ってましたが、乗車中、車掌さんに
ペットの分の乗車券をまったく調べられないので、
そのうちペット乗車券は買わなくなりました(~_~;)

今は慣れましたが、初めて博多までJRで通院した時は
ものすごーく心配したことを思い出します。
最初の時はインコちゃんも慣れない移動でぐったりでした。
が、回を重ねるごとに、徐々に慣れてきてくれたように思います。
Commented by kozakurapon at 2010-01-08 23:40
kgひろこさん、私が乗ったフェリーも、ベッドのマットが低反発のものになっていて驚きました。とてもスタッフの方たちも丁寧で感じ良かったです。
経営努力はたいへんなんでしょうね~。
鳥連れで公共交通機関を利用するのはたいへんですね。車が一番いいですね。
私も主人の車で行けないときは病院までバス2回、電車2回乗り継がなくてはなりません。
またぽんぽんは人の咳払いにいちいち反応して鳴くから困ります。(笑)

Commented by tomo at 2010-01-12 16:38 x
こんにちは。
ご無沙汰しています(*^^*)今年もどうぞよろしくお願いします。

フェリーで帰省されたとのこと、
私も実家が淡路島で、一昔前まではいつもフェリーのお世話になっていたので
高速1000円の打撃、他人事のように思えず。。。
そんな気持ちで実際にフェリーを利用される、こまつか苗さんの気持ちが素晴らしいと思います。
ぽんちゃん、えらかったですね~。
記事読みながら、ぽんちゃんの気持ちになってました(フロントの気配とか,え・餌が...Σ(・口・)の時とか)
無事にいってこられてよかったです^^

あ、あと「新春こざくら空想」
さりげなくおもしろい感じがいつもいいですね~♪
Commented by kozakurapon at 2010-01-12 18:55
tomoさん、今年もよろしくお願いします。またお会いできたらいいですね。
長距離を移動するときは、いろんな移動方法が選べたほうがいいと思うのです。車ごと運んでくれる唯一の交通機関、フェリーは貴重だと思います。

「コザクラ空想」、いろいろ考えると楽しいので
また描きますね。

Commented by Midori at 2010-01-12 23:37 x
イギリスから始めまして。我が家ではオウムの移動の際には短い移動はレタス、りんご類で水の代用。暑い時にはプラスティック製でクリップがついていて、上部にこぼれ止めがついているのを使ったこともありますが、、結局こぼれました。現在African gery Timneh が2羽、パタゴニアン・コニュアが1羽おります。仕事に戻りますね。笑
Commented by kozakurapon at 2010-01-13 20:41
midoriさんはじめまして。イギリスから!このようにマニアックな鳥好き陶芸ブログをご覧いただきありがとうございます。
なるほど、たしかに葉ものはいいですね。
水入れは外付けの容器だったのですが、無理にななめ向けて
動物船室のケージに入れようとしたときこぼれてしまいました。
あふりかん・・げりー?てぃ・・む・・???
わお~~どんな鳥さんなんでしょう。パタゴニアン・コニュアですか??(おぴ~さああああん教えて~!えっ、ググれって?)
調べときます~。
これからもちょくちょく覗いてみてくださいね。
Commented by Midori at 2010-01-14 20:01 x
失礼しました。African Grey Timneh、打ち間違えです。10年前に作って、もう数年更新してませんが、私の鳥サイトでTimnehのScooterの写真が五万とあるはずです。笑。御参考まで。(パタの写真はないけれど)

と書いてリンクを入れたらスパムに判定されてしまいましたので、リンク無しで、とりあえず送信します。 :(
Commented by kozakurapon at 2010-01-14 22:23
Midoriさん、パタゴニアンのほうはたぶんこれ、という画像を見つけました。コニュアの種類も豊富ですね。
Timnehも探してみます。(読み方すらわからない・・(汗))
Commented by kozakurapon at 2010-01-14 22:30
あっ、なんだ。コイネズミヨウムだわ。わかりました~。
本鳥?には会ったことないですが、飼ってる方は知ってます。
いっぺん見てみたいですね。
Commented by Midori at 2010-01-15 20:47 x
コイネズミヨウム?がっかり。なんか昆虫の名前みたいですねー。笑 Timnehは無理してカタカナ読みしますとティムニーとなります。日本を離れて20年、こちらで鳥と暮らし始めて12年目。日本名はちっとも知らないので、日本名って和菓子みたいな感じなのもあって、はあ?何でしょ、これ?という感じです。陶芸関連でたどり着いたのですが、漫画がおかしくて、笑ってしまいました。また笑わせてもらいに伺いますね。それでは。

追伸 羽を抜くひとつの原因は塩分の取りすぎにあります。私は鳥用は包装の後ろにある成分分析表を見て、塩の無添加・オーガニック以外は一切買いません。日本には分析表があるかどうかは知りませんけれど。
Commented by kozakurapon at 2010-01-16 14:30
Midoriさん、和名は粋なものもあるんですけどね。
鯉?鼠なのか濃?鼠なのか・・・。

漫画ですか。らくがきドラマですね?
サイドバーの「らくがきドラマ」をクリックしてもらうと全作が読めます。
ブログのため、後ろから読むことになりますが。

ぽんの餌はアメリカのペレットで
ラウディブッシュメンテナンスフレークです。
塩土は与えてないんですが・・。
和訳成分表には書いてないけど
英文の細かい部分に書いてあるのかな。(汗)

また覗きにきてくださいませ。
Commented by Midori at 2010-01-19 01:35 x
濃です。TimnehはCongoより小さく、濃い色のグレイなのです。尻尾の裏も紅ではなくマルーン。身軽でアクロバットなのでAmazon( Parrot) of African greyと呼ぶ人もいます。

鯉鼠じゃ、なんか 「うなぎ犬」ののりですねー。笑

我が家はオーガニックで無着色、無添加のHarrison's Bird Foodを使っていますが、塩分は人間の食べ物をやる場合の際のことであります。Sodiumがtraceでも油断はできず、0.001mg以下でないと、我が家のスクーターはかゆがります。スクーターは360gなので、小さい鳥にはもっと影響あると思います。でも塩分は原因のひとつで、ご存知のように他に色々ありますけどね。

それでは
Commented by kozakurapon at 2010-01-20 00:10
Midoriさん、ヨウムのグレイの羽根の模様が鯉のうろこの感じかと。
なるほど色もかなり濃いめですね。
毛引きは初期に対応が必要といわれるものの
どうしてそうなったかは鳥それぞれによって違うので
なかなか原因をつきとめるのが難しいですね。
塩分も影響するなんてね。
そういえば毛引きになる前は塩土をおおきな塊のまま与えてました。(汗)