ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

茶々の足

先日の朝、鳥たちの世話をしていたとき。
まず先にぽんぽんをかごから出して、
鈴を投げて持ってこさせ、おやつをあげる遊びをしていました。
ぽんの走り方はとっととと・・・と、欽ちゃん走りみたいに
すっとんできます。
d0123492_19383670.jpg

ぽんをかごに戻した後、茶々のかごの扉を開けます。

茶々は「だしてぇ~~~!!!」とかごを噛んでガタガタいわせるわりには
いざ開けると「えっ?」という感じでおそるおそる顔を出し、
そのまま中に戻ってかごを噛んでガタガタしてみたり。(扉開いてるって!)
へんに慎重派です。

それでもすこし慣れてきたのか、初めて机の上に乗りました。
それで鈴を目の前に置いてみたのですが
くわえてこちらに持ってくる途中、つるつるとすべってちっとも歩けない。
d0123492_19442276.jpg

足で支えられないのでおなかが地面につく感じ。
歩けないので最後は飛んでみたり。
また、飛ぶのも例えるならかぶと虫のように重たく、あまり上手ではありません。

羽根の生え方がまだらや逆毛だったり、
抜け羽根を見るとスカスカ間が抜けているのも気になっていました。

ひょっとして羽根のウイルス性の病気?

そんな疑問が頭から離れません。
もしそうならぽんたろうと隔離しなくてはなりません。

お迎えのときにぽんぽんの主治医の獣医さんにお見せして
そのときは異常なしということだったのですが
そのときは地面を歩かせたことがなかったので、
この症状については診てもらってません。

その日はちょうど病院の休診日。
でもウイルス性の病気なら一刻も早く知りたいし、
今日を逃したら今週は週末も行けるかわからないし・・。

悩んだ末、ちょっと遠いフォーゲル動物病院に行ってみることにしました。

あいかわらず鳥グッズの充実した診察室。オカンも棚の上にいました。(笑)
先生がかわいい声で「茶々ちゃ~ん、いいかな~~?」と
あばれる茶々をやさしく保定。
d0123492_19571526.jpg

茶々は観念してぶるぶるふるえて先生のされるがまま。
怯え顔がぽんたろうそっくりで、不謹慎ながら笑ってしまいました。すまん茶々!

結局、足はたしかに弱いけれどとまり木にとまれているし
なにか治療をしなくてはならないほどのものでもないということでした。
羽根も、たしかに毛並みはよくないけれど、ウイルス性のものを疑うような感じではない。
ペレットに替えることでこれから抜け変わるぶんに関しては
多少改善するはずなので、あえて
ビタミンなどを投与しなくてもいいということでした。

ぽんたろうとあまりにも違うので余計な心配をしてしまいました。
でも納得できたので病院で診てもらってよかったです。

茶々は人に触られるのが嫌いなので、触られた日は盛大に水浴びをします。
帰ってから水浴びし、そのままほっておいたら
片方の鼻からハナミズが出ていたので、エアコンの設定温度を上げました。(笑)

茶々は知らない人が近づくと怯えて逃げ回ります。
窯工事の人が出入りするので驚いて、今日は爪を折って出血。

茶々はコザクラですが、性格としてはオカメインコに近いんだろうか。
ぽんたろうが何事にも動じない、大胆で順応性がある性格なので
同じ鳥種といっても、個体差は大きいなぁ~と
ふたりの違いを興味深く見くらべております。

*茶々の絵はアポロ11号バージョンでお送りしております。
[PR]
by kozakurapon | 2011-02-03 20:22 | わたくしごと | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/12810721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruru at 2011-02-03 20:59 x
こまつかさん通院お疲れさまでしたー。ウィルス性でなくてよかったですねぇ、よそさまのことでも、ほっとしました。。。
うちのもんちゃんもものすごく人に触られるのがキライな子でしたが、ヒナたちが私と自然と仲良くしているのを見て、甘え方を憶えたかのように、突然甘えっこになって、顔カキカキも背中カキカキしている間の胸チュも怒らずにさせてくれるようになりました。もんちゃんは今年の4月で2歳です。茶々ちゃんもぽんちゃんに刺激をされてどんどんコミュニケーションを楽しめるようになっていくことでしょうねっ~ そう願っています☆
Commented by Potter-Y at 2011-02-03 21:53
ともかく病気じゃなくてよかったですね~。
アポロ状態の茶々ちゃんに笑っちゃいました。
カブトムシの例えもわかりやすいです。
Commented by piyopiyobrand at 2011-02-04 07:59 x
茶々ちゃん、よかったですねー♪しかし、やっぱりこまつかさんの
イラストは楽しいなぁ♪
おなじコザクラでもホントに性格は違いますよね、雌雄だととくに
差があると思います。うちも昔いたコザクラがそうでした。
Commented at 2011-02-04 08:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あさたろう at 2011-02-04 11:32 x
先生の語りかけ具合が手に取るように分かります。あのピヨちんでさえあっさり保定、さすがです。
大河ドラマを見る度に茶々ちゃんを思い出しとります。
Commented by ぴーちゅ at 2011-02-04 12:15 x
よかったよかった・・・
どきどきしながら読み進みましたよ・・・
アポロがカブトムシのように飛ぶ・・・
なんてかわいらしい例えでしょう。

大型のわが娘も足の力は弱いと思います(時によって)
何だか茶々ちゃんの様子をうかがってるとうちの娘とだぶってしまいます。
足が広がりお腹が付いてたたずむとか・・・
オカメインコのような繊細な気持ちを持った茶々ちゃん。
また楽しいイラストをこまつか苗さんに描いてもらって~
楽しみにしております。
Commented by kozakurapon at 2011-02-04 15:37
ruruさん、ご心配おかけしました。ほんとにほっとしました。
茶々はかなりの怖がりのようですので、
時間をかけて信頼関係を築きたいと思います。
ぽんたろうにしても、最初の半年くらいは
噛むしなつかないし、手乗りをあきらめようかと
思ったくらいでした。
冬に寒くなって、人間の手が暖かいことに気づいてからは
手が大好きなコザクラに変貌しました。(笑)

でも茶々に関してはメスですし、ぽんたろうほどに
べた馴れにしないほうがいいかなと思っています。
Commented by kozakurapon at 2011-02-04 15:39
Potter-Yさん、ほんとによかったです。
よっぱらいみたいにフラフラ歩く姿を見て驚きましたから。

「ワタシは宇宙船じゃない!」って茶々に噛まれそうです。
Commented by kozakurapon at 2011-02-04 15:43
piyopiyoburandさん、たしかに個体差はありますね!
同じ鳥種かと疑いたくなるくらいです。
人間でも、何人育てても全員違うわけですからね。
茶々に関してもぽんを参考にはするものの、
まったく違う鳥を育てるような新鮮な気分で接しています。
Commented by kozakurapon at 2011-02-04 15:50
鍵コメOさん、ご心配おかけしました。
違いを楽しみつつ、可愛がっていきたいと思っています。
Mic Mac.さんでお買い上げありがとうございました。
お買い上げのご報告いただけるのは嬉しいですが、
義務ではありませんので、
毎回お気をつかっていただかなくてもいいのですよ。
コザクラ人形、なにかのなかにそっと入れたり、
顔を覗かせたり、いろいろとディスプレイを楽しんで
可愛がっていただけたら嬉しいです。
Commented by kozakurapon at 2011-02-04 15:55
あさたろうさん、あいかわらず先生はかわいらしいお声で
てきぱきと診察してくださいました。(笑)

まさに大河ドラマの前宣伝番組を見ていて
主人が名付けたんですよ。
じつは「ごうごう」という意見もありましたが、
あんまりだと私が断固拒否しました。
Commented by kozakurapon at 2011-02-04 16:02
ぴーちゅさん、ご心配おかけしてすみません。
ほんとにね~、おかしな飛び方したらしたで
それもまた可愛いんですよ。
アポロ体型ではありますが、
そのおかげで手のひらでおやつを食べるときに
ふわふわのおなかが手のひらに触れますので
それはそれでなんかラッキーな感じ。(笑)
驚いて暴れることが多いせいで、爪が折れやすいのか短いです。
爪が短いせいでツルツルすべっているのかも。
これからも続々珍事件を起こしてくれそうなので
また描きますね。
Commented by あきら at 2011-02-05 00:24 x
病気でなくてヨカッタですね。「やられた顔」可笑しいですね^^目に浮かびます(笑)さすがの洞察力、それをアポロ11号バージョンで描ける表現力、感服です。
Commented by にたかG at 2011-02-05 14:59 x
大事ではなくて本当によかったですね。
ずっと籠暮らしだと上手く歩いたり飛んだりが
出来なくなる子は結構多いそうですよ(うちの
さんじも実はそうで今も時々ころびます)。
同じ種で血縁なのに全然性格が違う
ぽんたろうちゃんと茶々ちゃん、今後の
活躍(?)が楽しみです♪
Commented at 2011-02-05 19:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kozakurapon at 2011-02-05 20:07
あきらさん、ほんとよかったです。
隔離となるとたいへんですからね。
アポロ11号の構造を理解してないので
「たぶんこんな感じ」で相当テキトーに描いてます。
Commented by kozakurapon at 2011-02-05 20:11
にたかGさん、たしかにあまり外に出たことないんでしょうね。
毎日放鳥してますが、ぽんのかごの周囲をぐるぐる歩くくらいです。
子供の頃のぽんのように、となりの部屋まで飛んでいって
わるさをすることもないです。
といってもぽんもたいして飛ばなかったんですけどね。
Commented by kozakurapon at 2011-02-05 20:17
夜宵さん、まさに小坊主のようにトットコ走ってきますよ。
インコの「やられた顔」、しゅっと顔がほそくなりますよね。
本鳥は必死なんで笑っちゃいけないとは思うんですが、
必死な感じが可愛くて好きです。
時間がかかるとは思いますが、
健康な毛が生えてきてほしいです。
Commented at 2011-02-07 10:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kozakurapon at 2011-02-07 19:46
鍵コメPさん、おかげさまで茶々は元気です。
大河ドラマの主人公ではありませんが、
響きが可愛くて、主人はいい名前をつけてくれたな~と思います。
作品作るときは横でじっと私の手もとを見ていますよ。