ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

北海道旅行ふたたび・2日目

朝からまた露天風呂に。
第一滝本館の露天風呂は浴槽が5つくらいありますが
一番奥の2人くらいしかはいれない浴槽のお湯が一番いいお湯です。
上登別ほどではありませんが、うすく白濁していて少しぬるめ。

とくに朝は、窓の外のようやく芽吹きかけた緑が白く輝く中、
なにか瞑想するように
ひとり静かなやすらぎの時間を楽しむことができるのです。
この浴槽でのひとときが忘れられず、
ふたたびこの宿に泊まったといっても過言ではありません。

みんなそれを知っているのでしょうか、となりの浴槽とそのとなりの浴槽にも
ひとりずつ、順番を待っているようだったので、長湯はしませんでした。

朝食を済ませ、札幌へ。
今日はMic Mac.さんへ新作アクセサリーの納品をかねて
ご挨拶に伺うことになっています。

そしてもちろんお買いものも予定していましたよ。
ほかの委託作家さんの作品をHPのショップページで見ることができるため、
気になっている作家さんが何人かいました。
今回は作品を実際に見て購入できる、またとないチャンス。
d0123492_20295096.jpg

玄関の床には、店主のSさんの姪っ子さんが描かれたというイラストが。
これ、なかなかいいキャラクターですよね。
d0123492_2038928.jpg

店内は店主Sさんが独自の視点で選んだ、全国の作家作品がたくさん。
d0123492_2046197.jpg

巷のいわゆるナチュラル雑貨店は、専用のカタログがあるところもあり、
どの客層にも対応しようと思うと、取り扱い商品も
どこかで見たようなものになりがちです。

ここはその点、雑貨店というくくりではないですね。
クラフト作品のセレクトショップ、というのが一番近い表現になるでしょうか。

店主Sさんとは初対面なのですが、電話でお話したこともあるせいでしょうか
初めてのような気がしませんでした。
昨日のたまちゃんたちでもそうですが、不思議なことです。

アクセサリー作品を20点納品しました。
他の作家さんの納品もありますので
ネットショップへのアップはもうすこし後になると思いますのでお待ちください。

だんなには「納品した金額より買ったんじゃない?」と言われてしまいましたが
狙っていたSimprinさんの帽子と、
VRANAさんの帆布バッグ(カラス柄)を買いました。
いや~、ここでこの夏の帽子と、A4書類が入るこのバッグを買おうと思って
ほかで見ないようにしてたので(笑)大満足でございます。

自然と今回の震災の話題にもなりましたが
直後は私と同じように、このお仕事を続けていいものか悩まれたそうです。
こんな非常事態に、アートは役にたつのか。

でも、顧客で被災された方から、震災後作家作品の注文をいただいたそうです。
(ブログにその経緯を綴られています)
実用品ではないかもしれないけれど、確実に心に安らぎを与えるもの。
人はパンのみにて生きるにあらずという言葉があったように思いますが
このエピソードに、私もこの状況下、自分の仕事を続ける力をいただいた気がします。

平日のお昼どきだったのでたまたまお客様がおられなかったのをいいことに
すっかり長居してしまい、Sさんすみませんでした。
またお会いする機会があったらいいなと思います。

札幌市内のホテルにチェックインして、電車で小樽へ。
d0123492_21223236.jpg

駅のホームにはガラスのランプが柱ごとに吊るされて、風情をかもしだしています。
まだ桜も5分咲きといったところでしょうか。海からの風がひんやりしています。
ゆっくり海の方向を目指して散策をしました。

ひめたまさんのブログで知って、行きたいと思っていた洋食屋「海猫亭」は
2時をまわっていたためお昼の営業は終了。残念!

もう20年ほど前に、一度小樽には来たことがあります。
そのときは北一硝子でグラスを買いました。
20年前はニシン倉庫?を直した、風情のあるお店だったと記憶しています。
今、すごく大きくなっていて、支店がたくさんあってびっくりしました。

小樽の街は、近年中国人客に人気だったようですね。
昆布がよく売れていたみたいで、たくさん支店があり、
中国人の店員さんが呼びこみをしていました。
でもまったくといっていいほど外国人の客はおらず、経済的な打撃は相当大きいと思われました。
原発事故さえなかったら・・ついそんなため息がでてしまいます。

ぐるっと街をめぐり、ある道路の反対側の店のショーウィンドウごしに、
ペンギンの姿を発見。
ぺもの収集家ではありませんが、ペンギンものはとりあえずチェックするよう
私には「ペンギン視力」が備わっています。(笑)

可愛いぬいぐるみは好みではありません。かといってあまりリアルなものも面白くない。
このお店のペンギンはその点、とてもよくできていました。思わず購入!
d0123492_21494965.jpg

前から見てもいいのですが、決めては後ろ姿。
d0123492_21504835.jpg

絶妙なリアル感がたまりません。
そしてなにげにマグネット機能もあるんだな。
d0123492_21522137.jpg

ウッカリそんな買いものもしつつ、
小樽に来た大きな目的、にぎり鮨を食べるため、
鮨屋通りをどの店にするか悩みつつ歩きました。
うっかり店名を忘れてしまいましたが、(汗)
d0123492_21574446.jpg

ああ、じっとしている鮨を食べるのなんて、何年ぶりでしょう。
この感動を忘れないよう、しばらくお鮨は断つことにします。

小樽の街に名残を惜しみつつ、札幌駅に戻りました。
駅の中にある、「よつ葉ホワイトコージ」というカフェ。
一度食べてみたいという主人のリクエストで、パフェを食べました。
d0123492_2243085.jpg

私が注文したホワイトパフェ(だったかな)は
ソフトクリームとアイスクリームと生クリームしか入っていないというもので
飽きないかな?と思ったのですが、
濃厚な生クリームとソフトクリームの相性が抜群。

札幌の街は夜にはいるとさらに風が冷たく、
冷たいパフェをたいらげた身にはさらに冷たく、
用意した冬もののストールが大活躍しました。

つぎの日はmofuraさんの店で、のんきさんと再び会い、
こんどはyukai5さんも加わって大騒ぎの予定。
体力温存のため?
いまどきの小学生より早い時間に眠りにつきました。
[PR]
by kozakurapon | 2011-05-09 22:21 | わたくしごと | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/13546527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by usupin at 2011-05-09 23:51
こんばんは!
北海道旅行良いですねぇ^^
札幌にはお薦めのお店が多々あります~海猫屋も懐かしい~喫茶「光」もお薦めでしたよ♪
満喫の旅で何よりですね(*^^*)
Commented by kozakurapon at 2011-05-10 14:08
usupinさん、美味しいものがいっぱいで、
到底2泊3日では制覇できません。
喫茶「光」って、純喫茶?昭和な名前ですね。
冬の寒ささえなかったら、北海道に住みたいくらいです。
Commented by usupin at 2011-05-10 23:30
こんばんは! つい連続コメです^^;
「光」・・・その通りでございます♪ あの様子は当時と変わっていないはず。次回ぜひ^^
若かりし頃、やっぱり移住を真剣に考えた事があります・・・同じく寒さが無ければ^^;
Commented by kozakurapon at 2011-05-11 14:01
usupinさん、昭和な喫茶店って、なんともいえない落ち着きと安心感がありますよね。
ケチャップいためのようなナポリタンとか
ミルクセーキとか、無性に食べたくなるときがあります。
北海道はあこがれますよね。ほんとあ~んなに寒くさえなければ。
Commented by ゆみぺん at 2011-05-12 00:56 x
うぅぅ~、kのペンギンさんの後姿たまりません♪
頬のパッチに背中のカーブ。すりすりしたいです(笑)
あっGWはオーストラリアでステイ先のオウチにやってくるレインボーロリキートに餌をやりそれを眺めながらの朝ご飯でした(^^)v
Commented by kozakurapon at 2011-05-12 13:02
ゆみぺんさん、でしょ?なによりこの後ろ姿のでっぷり具合が素晴らしい。
ご家族でオーストラリアですか!なんて豪華な朝食タイム。