ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

さりげなくオカン

昨日、たいへんお世話になっている
ギャラリーNOMA・能勢マユミさんご出演の
「素敵にハンドメイド」がオンエアされました。
先日のふたり展開催中に、ギャラリー内で撮影された関係で
オカンカーメンが背景に映ってるはずと
マユミさんに教えていただきました。

写ってました。(爆笑)

d0123492_12124224.jpg


こうしてぼんやりとテレビデビューを果たしたオカン。
例えればこんな感じでしょうか。

d0123492_12152588.jpg


なんとか、マユミさんのニットバッグのイメージを損なうことはなかったようですが・・
番組内容と関係のないところですが、楽しませていただきました。
マユミさんありがとう~すんません~(^-^)

*****

このところ更新がなかったのは、
地味なろくろ修行中でネタがなかったから。(笑)
そしてさらに地味な作業もしています。

土鍋用の土を再生。
一年近く放置、いや、乾燥させておいた削りくずの土をバケツにいれ
水をひたひたまで注ぎ、混ぜずに一日放置。
d0123492_12244191.jpg

どろどろになった土を、石膏鉢か素焼き鉢で吸水させたあとで練り直します。
すぐに使っても支障ないそうですが、ちょっと寝かしたほうがいいという人もいます。

今回、古くなった袋状のマクラカバーのなかに泥をいれて
下に新聞紙を敷いて吸水させるという
新しいやり方に挑んでおります。
d0123492_12294173.jpg

挑む、というほどたいして珍しいやりかたじゃないですけど
廃物利用してみました。

ろくろがもうちょっと上手くなったら
これで土鍋作るど~~!

しかし・・・カッチカチになった釉薬を混ぜるのがそうとう憂鬱です。(爆)
[PR]
by kozakurapon | 2011-10-28 12:35 | わたくしごと | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/14838738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぺんふみ at 2011-10-28 13:50 x
くすくす。オカンさん・・・昨日TVでみた記憶よりも、後方でぼんやりなんですね^^
私は、ちゃんとミニニットを見てましたのに、目の中に、オカンが「ぴかーーん」って飛び込んで来て吃驚しました。
本当上記の、絵の感じですね*^^*

よくわかんないけど・・・大変そうですね(TT)
物作りって、地味な場面と派手(ウキウキする?)な場面がありますよね。私がアクセなど作成する時も、キュンキュンウキウキ♪する処の為に、この地味な作業もしないと・・・って思いながら作成します^^
って・・・・ちょっと的外れ??だったらごめんなさいm(__)m
きっと、素敵な土鍋が出来そうですね。楽しみ♪
Commented by あきら at 2011-10-29 07:04 x
例えのイラスト、最高です(笑)
そころで、AWSでヒナちゃん産まれましたよ。白浜のトラウマ振り切って会いにいかないと!
Commented by kozakurapon at 2011-10-29 20:32
ぺんふみさん、地味な作業ですが
作業場が家の中じゃなかったら、たいへんじゃないと思います。
出来る限り泥をとばさず流さないようにするのがたいへんです。
Commented by kozakurapon at 2011-10-29 20:34
あきらさん!今年は和歌山でコウテイヒナ産まれないのかな?
とちょうど思っていたところでした!
そうですね。今度こそは本物見なくては。
たぶん行ったらペンギン先生に会えると思います。(笑)
Commented by Midori イギリスより at 2011-10-30 17:47 x
お久しぶりでーす。私もイラスト好きだわぁ。茶々ちゃん、腰紐下げてがんばっていますね。フラダンスのよう?以前、鳥公園で柳の枝を数本ぶら下げたlovebirdを見たのを思いだしました。
私もblog 作ってみました。ヨウムとインコは、まだ出演しませんが、犬たちは既に出ています。題名は「土偶、現代の陶偶像」すごいでしょ?笑 見てね。
Commented by kozakurapon at 2011-10-30 18:52
Midori イギリスよりさん、ご無沙汰しています!
ブログ早速拝見しましたよ。面白い陶作品ですね。
海外にいると日本人であることを逆に意識するといいますね。
土偶やお月見のうさぎ・・なにかそういうイメージが
しらずしらずこころの奥ふかくに潜んでいるのが面白いです。
英語の勉強にもなりますし、また見せていただきますね。
コイネズミヨウム(って表現はお好きじゃなかったですね)と
パタゴニアンコニュアの登場も楽しみにしています。

Commented by Midori イギリスより at 2011-10-31 21:05 x
ご覧頂いてうれしいです。Open Houseしていたのですが、3羽
とも訪問客がある間はお利口にしていました。でも帰っちゃうと、Wolf whistle(こちらの男性が通りがかったきれいな女性にする口笛のことです)するんですよ。笑いました。特に80代のご婦人の訪問の後は!いつもブログ拝見しています。仕事中なのでコメントはめったにしませんけれど。イラストのファンです。茶々ちゃんの様子が手に取るようにわかって、笑わせていただいております。ちなみに私は30年来の青池保子氏のファンでもあります。
Commented by kozakurapon at 2011-11-02 22:51
Midoriイギリスより さん、なんて賢い子たちでしょう。
コザクラも知能は高く、こちらの言うことはけっこう理解していると感じていますが
オウムたちは理解プラス表現力がハンパじゃないですからね。
飼い主の知性が問われる気がして飼えません。(笑)
茶々はほんとに「なんで?」と聞きたくなるフシギ行動の多い子で、ネタに困りません。

青池保子さんのマンガは面白いですよね。
エロイカもいいですが、中世ものも好きです。
昔は、登場人物の顔が長いのを不自然に感じていたのですが
よくよくヨーロッパ系の人の顔を見たら
ほんとにあんな感じですね。(笑)