ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

極寒の似合うコウテイヒナ

一週間くらい前なのですが、コウテイペンギンヒナを見に
和歌山のアドベンチャーワールドに行ってまいりました。
d0123492_22364648.jpg

ペンギンのヒナのなかでもダントツに可愛い
コウテイペンギンのヒナ。
日本ではここでしか見ることができません。

そのへんにいる生き物じゃないですから
作品は写真を見て想像して作ります。

でも写真というのは撮ったカメラマンの作品ですから、
他人のフィルターを通したあとのものです。
やはり本物を一度自分の目で見てみたい。

ヒナですから期間限定。思い切って行かなくては。
d0123492_22431549.jpg

産まれたのが10月なので、もうこの時点で2キロ越え。
体重測定のとき、飼育員さんがふわふわのヒナを抱きあげるのを見て
うらやましかった。いいなぁ~~。
d0123492_22494315.jpg

えさは魚をさばいた切り身と、チューブを喉の奥に入れて流動食を与えています。
このころになると、生のお魚のほうを好むようになるので
チューブのえさを食べまいと反抗してうつむく姿がまた可愛い。
d0123492_22533744.jpg

こうしてえさやりをするときは、
飼育員さんが親鳥みたいに後ろで立って支えていないと
ずんずん後ろにあとずさりして机から落ちてしまいそうになるみたいです。
ああ私もストッパーになりたい。

コウテイヒナの今いる場所はガラス張りの部屋で、
外から見れるようになっているのですが
見に行った日は風が強くて寒かった!
d0123492_230874.jpg

デジカメでうまく撮れないので、メモ帳にスケッチしていたのですが
まさしく極寒のペンギンのごとく、寒風吹きっさらし。ほとんど修業のようでした。(笑)
でもあまりの可愛さに夢中でペンを走らせました。
寒かったけど、見に来た甲斐がありました。

ここはペンギンの種類も多く、たくさんいるので
写真ではよく見えない足の裏とか、実際の色合いとか
わからなかった部分をしっかり観察することができて大満足でした。

目立たないけど、イワトビペンギンのヒナも可愛いさかりだし
ペンギン館のほうでは、よく見るとジェンツーペンギンの親がヒナを抱いていましたよ。

*****

アドベンチャーワールドといえば、パンダもたくさん繁殖に成功しており、有名です。
しかしパンダって、いつ見ても寝てるイメージがあります。
溝に落ちる寸前↓
d0123492_2391977.jpg

どうなっとるんですか。
d0123492_2314887.jpg

d0123492_196288.jpg

ちなみにゾウガメも寝ていました。食べてる途中で?
d0123492_23165332.jpg


サファリもあるし、ゾウの背中にも乗れる。
動物好きなら一日中楽しめる素敵な場所ですね。
また見にきたいです。
今度はもうすこし暖かい季節に・・・。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2011-11-30 23:29 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/15034333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Midori イギリスより at 2011-12-01 18:42 x
修行、お疲れ様!笑 私もペンギン大好き。London Zooのペンギン・プールでは子供と一緒に一番前で張り付いて見て来ました。(私、小さいし!)

ところで2番目の写真のパンダ、本当に生きているのでしょうかね?なんか我が家の犬が噛みまくって中身を抜いた後のぬいぐるみのように見える!脳の液状化?

パンダって上野動物園にしか、いないと思っていた私! 記憶ではコアラは多摩、パンダは上野。すっかり浦島ミドリですねぇ。笑
Commented by kozakurapon at 2011-12-01 19:19
Midori イギリスよりさん、ひとりで描いてるときは極寒でしたが、
えさやりの時間にはたくさん人が集まって、暖かかったですよ。
極寒の地でなわばり意識を捨ててもハドル(おしくらまんじゅう)を選んだ
コウテイペンギンの知恵に納得いたしました。(笑)

中身が抜かれたようなパンダ、別のアングルで撮った写真をアップしときました。↑
首の皮が相当たるんでいると見受けられます。

上野はしばらくパンダいませんでした。
アドベンチャーワールドでは多産のメスがいて
9頭くらい産んだとか。
コアラは名古屋のイメージ強いです。
高いところにいたのでお尻しか見てないけど。(笑)
Commented by Midori イギリスより at 2011-12-02 02:10 x
追加写真でも「生」には見えないわねぇ。もしかして、誰か中に入っていてパンダの振りしているとか!笑 

エー、上野にパンダがいなかった!私すっかり時代遅れ。

ところで、London Zooでは黒い雌のcockatooに好かれちゃって困ったことがあるの。友達になれるようにいろいろ話しかけていたら、私の姿を追って移動して、離れようとすると大声で鳴くの!帰る時は、一番高い所まで上って、私の姿を追っていたので、涙が出そうでした。思い出しちゃった。雄も一緒にいたんですけれど、きっと人の手で育てられたのね。この雛も人間大好きになるんでしょうね。

London Zooでは掃除のお兄さんの後をついて回る若いペンギンがいて、お兄さんが頭を「なでなで」していました。思わず「私もしたーい!」って叫んじゃった。可愛いよねぇ。

ところでうちのowl finchって、顔の部分がこの雛に似ているのよ。最後の1羽になっちゃたけれど、この子は私がなんと卵をナイフで割って孵化させた子です。写真はここ。
http://dogoo-midori.blogspot.com/2011/10/day-after.html

製作がんばってくださいね。お鼻の周りのお手入れを忘れずに。ほほほ
Commented by かや at 2011-12-02 06:48 x
ゾウガメの寝姿が(爆)
Commented by ぺんふみ at 2011-12-02 12:51 x
いいなぁ!!いいなぁ・・・!
私も行きたいなぁ。だって皇帝雛は可愛さダントツですもんね。帽子被ってるみたいだし^^一度本物みたいです。AWで剥製はみましたけど・・・あれは怖かったです(TT)しくしく
Commented by toumoto at 2011-12-03 02:04
コウテイヒナ、鳴き声もたまりませんね~
また見に行きたい・・・・

ヤシオウムとも会いましたか~!?
Commented by あきら at 2011-12-03 05:30 x
天使に会ってきたのですね~^^ 可愛いですよねぇ~。感動ですよね~♪ 私も飼育員さん替わりたいとどんなに思ったことか(笑)
他の動物も満喫されたのですね。大きいゾウガメが居て乗れるなんて知らなかった(^^; ワタシが行ったときは、終始ヒナの公開エリアの近辺で行動していたので、ほとんど他の動物を観てこなかったもので(^^;
Commented by kozakurapon at 2011-12-03 14:16
Midori イギリスより さん、たしかにクマ系は
背中にファスナーがついていそうな子が多いですね。
雛を育てる時、本来ならば飼育員さんは親ペンギンの着ぐるみを着るべきかもしれません。
(実際にパンダを着ぐるみ作戦で育てている映像見たことありますが、はたから見たらかなり面白い。)
owl finch(鹿の子雀)、ペンギンと雀が好きな人なら飼いたくなる鳥ですね。ヒゲペンギンに似てる。
Commented by kozakurapon at 2011-12-03 14:17
かやさん、このゾウガメが餌を食べている途中だということは、しばらく見ていないとわかりませんでした。(笑)
Commented by kozakurapon at 2011-12-03 14:19
ぺんふみさん、まさにコウテイヒナは天使。
声、見た目、全てにおいて最強です。
でも剥製ってどんなに上手くできていても怖いですね。
Commented by kozakurapon at 2011-12-03 14:23
おぴ~さん、完全無欠の可愛さでした。
ヤシオウムには気が付きませんでした。
何しろ広いのと、ペンギンに完全に気をとられていましたので。(笑)
Commented by kozakurapon at 2011-12-03 14:32
あきらさん、ゾウガメには乗れません。
入り口近くにゾウのコーナーがあって、上に乗れるのです。
私もダンナがカピバラ好きでなかったら、ペンギン館周辺で一日が終わっていたと思います。
カピバラ探しに行ったとき、屋外にケープペンギンがいましたよ。
カピバラ、1匹しかいませんでした。(笑)