ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

鼻笛は紳士淑女のたしなみ

さあ本を読もう。
d0123492_20273376.jpg

じゃなくて
d0123492_20282191.jpg

鼻笛を吹こう。
d0123492_20285912.jpg


遊び心を忘れない紳士淑女の本棚には、オカン鼻笛を。
d0123492_20302051.jpg

これは「エロイカより愛をこめて」という
スパイマンガの古典的名作のパロディです。
いのしし、ヘリンボーンの柄に過剰反応する人はこのマンガのファンです。

30日の夜、会場に搬入してきました。これはまだ途中です。
100点以上作品を持っていきましたが、並べるとそれほどあるように見えませんね。
d0123492_20434766.jpg

まだ並べられそうな感じだったので
以前NOMAMISEやトリヤラネコヤラ用に作ったものも追加搬入しますので
お近くで、時間に余裕のある方は別の日にも遊びに来てくださいね。
[PR]
by kozakurapon | 2012-05-01 20:51 | 製作情報 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/15804472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぴーちゅ at 2012-05-01 22:27 x
素敵な会場ですね!
あぁ、行きたいなぁ。
鼻笛が上からぶら下がってる・・・!
素敵なレイアウトです。
是非、会場の様子も教えてくださいね。
Commented by ぺんふみ at 2012-05-02 10:30 x
ぷぷぷ^^
ロミジュリの本の中にオカン鼻笛!!
もう凄い!こまつかさんは天才です!*^^*
淑女となるべく、鼻笛を持たねば!って思ってしまいます。
でも、私はまず、オカン鍋お迎えして、美味しい物食べたいです^^
Commented by Midori at 2012-05-02 22:28 x
おかしすぎるー。爆笑
でもうれしい、私の少佐がインコになっちゃうなんて!再爆笑 部下ABもそっくり。エロイカファンの友人に教えますね。まだ爆笑中 おかげで、仕事の疲れが取れました。
Commented at 2012-05-02 22:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kozakurapon at 2012-05-03 01:22
ぴーちゅさん、素敵な会場でしょう?
横歩きシロちゃんがあまりにもぴったり溶け込んでいて
笑ってしまいます。
レポートは2日目以降になると思いますが
楽しみにお待ちください。
Commented by kozakurapon at 2012-05-03 01:23
ぺんふみさん、オカン鍋は5つ搬入しました。
顔や深さがいろいろなので
お気に入りをじっくり探してください。
Commented by kozakurapon at 2012-05-03 01:26
Midoriさん、V&Aとワールドカップのために頑張りました。(笑)

やはり本のなかに拳銃・・・ではなく、鼻笛です
Commented by kozakurapon at 2012-05-03 01:28
鍵コメYさん、遠くからありがとうございます。
後半ということは鼻笛セッションにお越しになるのでしょうか。
ぜひ鼻笛淑女としてデビューしてください。
Commented at 2012-05-04 17:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kozakurapon at 2012-05-04 23:31
鍵コメUさん、お会いできなくて残念ですが
正直その距離から日帰りでは大変かなと思っていました。
今日なんかは京都は人だらけで
なにか花火大会でもあるのかと思うくらいの賑わいでしたよ。
また少しずつ様子をご紹介していきますね。
Commented by かや at 2012-05-06 16:16 x
こまつかさん、個展お疲れさまでした!
良い出会いが沢山あったようで、おめでとうございます!

いや~・・こちらに来る度に、爆笑なのですが。
今回は、なんと、しょ、少佐が鼻笛を(爆)
このハマリ具合、エロイカの世界観ぴったりだわ~
サブキャラの部下たちまで、しっかりと・・
参りましたー!
Commented by kozakurapon at 2012-05-07 16:27
かやさん、ありがとうございます。
エロイカ好きの方には細かいネタが
わかってもらえるので嬉しく思います。
このつたないパロディマンガがきっかけで
知らない人も、あの名作を読んでほしいな。

作者の方に怒られるかもしれないけど
最初の3巻くらいはとばして、途中から読んで
あとで最初に戻って読まれることをお勧めします。
(最初のほうは昔の少女マンガのノリだから)