ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

パン作りに挑戦

電力不足の夏を控えて、作品を作りためなくてはなりません。
わりと地味な作業ばかりで
とくにブログネタになるようなことはないので
茶々の鼻毛画像でも。
d0123492_2272635.jpg

鼻毛じゃなくて、ダウン部分の毛がひっついただけなんですが
ふがふがと毛が揺れる様子がいい感じ。
よくこの姿、ほかのブロガーさんもアップしてます。
ついつい激写してしまいますね。
茶々はたいへん迷惑だと申しておりました。

それから、あるきっかけで
最近パン作りを習い始めました。
つい練り方が陶芸の荒練りになってみたりして。
d0123492_2213138.jpg

イタリア風のトマトパンです。
手前のは、中にチーズとベーコンが入っていて
クミンシードが飾ってあります。
見た目不揃いですが、手作りパンは美味しいですね。

なぜパン作りを始めたか?
それはまたのちの更新にて。
[PR]
by kozakurapon | 2012-06-05 22:19 | わたくしごと | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/15991851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ユカリ at 2012-06-05 23:09 x
うふふ、鼻毛がフガフガするのって
たまらんですよねー(笑)

手作りパン、いいですねー
発酵とかオーブンとかなくても簡単に焼けるパンがあれば
いいのになー^^
Commented by flateric at 2012-06-06 08:47 x
茶々ちゃん可愛いですね~♪ふがふが(笑)
あれって、もぞく感じたり、うざったく感じないんですかね。

わー!手作りパンいいですね。
焼けたときの香り…想像しただけでたまりませんな。
Commented by ehonkissa at 2012-06-06 10:40
ご無沙汰しています。
神奈川から、鼻笛の記事など楽しく拝見しておりました!
先日、小堺一機さんがテレビで鼻笛を吹いていました。
こちらで個性的な鼻笛ばかり拝見していましたので、
「あれ?そっけないデザインだな~」
と勝手にがっかりしてしまいました(笑)

私は本を見ながらの自己流でパン作りを楽しんでいますが、
「陶芸家のかたは、捏ねるのが上手だろうなぁ」
といつも思います。
トマトのパン、色がきれいで元気になるパンですね!
Commented by kozakurapon at 2012-06-06 18:45
ユカリさん、なんだかつい激写してしまいますね。

たしかに、パン作ってみてネックだと思ったのは
発酵のタイミングなんかもあって、生地を作るのが
短時間では難しいということですね。作り置きできませんし。
焼きたての美味しいパンを朝ごはんにと思ったら、早起きしなくてはなりません。
朝いちばん早いのは、やはりパン屋さんなのでした。
Commented by kozakurapon at 2012-06-06 18:51
flatericさん、たぶん多少こそばいと思いますが
けっこう長時間そのままになってる時もありますね。

パンはやはり焼きたてが一番ですね。
次回までに家でも練習しなくては。
Commented by kozakurapon at 2012-06-06 19:17
ehonkissaさん、ごぶさたです。
鼻笛は、構造自体はシンプルなのですが
私みたいに過剰に凝りすぎると
ひとつ作るにもすごく時間がかかります。
長く作り続けるつもりではなかったのですが
まだしばらく作ることになりそう。新作作ってます。

陶芸は生地(粘土)の空気を出すために捏ねるので
目的としては正反対なのですが
捏ねる作業をしんどいと感じないという利点はありますね。(笑)
Commented by harulele at 2012-06-09 14:47 x
久しぶりすぎのコメント投稿ですが。。。
(お茶会仲間のヒ○○ヒ○○です)
パン作りを始めた理由が早く知りたいです!
さすが成形が上手で羨ましい~。
私はもっぱらHBでパン作りです。
Commented by kozakurapon at 2012-06-09 19:17
haruleleさん、先日は忙しい中、時間を作って展覧会に来てくれてありがとう。
お茶会でまた美味しいお菓子食べたいねぇ・・。

パン作りを始めた理由は、
まんが骨パンの究極のレシピ!?を完成するためです。(まだやってた!笑)
最初パン作り名人の友人に頼んでレシピを作ってもらいましたが
やはり自分でやらないと細部までは理解できず。
どうせならちゃんと習おうと思いました。

まあこんなこと言っちゃなんですけど
よほど生地からの製造過程を楽しみたいわけでなければ
ホームベーカリーで生地を作ったほうがいいかも。(笑)