ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

ヨウム・アデリーコップ試作

わたしはもともと絵付師ですので
絵ができるだけ映えるうつわを作りたいと思っています。
染付(白地に青色の絵のやきもの)が一番好きですが
他にも面白い絵が描ける手法はないものかと、日々考えています。

自分で生地を作る作品も従来どおりつくるけれど
より絵付けに力をいれたものも作るために
先日、母校からの紹介を受けて
磁器の素焼き生地を買い付けに行きました。

そして今回、その生地を使った試作の課題は
酸化焼成でどこまで風合いのある絵付けができるか。

こんなんできました。

d0123492_1133869.jpg


内側は白マットを掛け、口の部分に意図的に釉薬の垂れた感じを出しました。
外側はイラボを適度な厚さに吹付けたのが、
適度なざらつきをもたらし、持ちやすくなっています。

これは思った以上にいい感じに仕上がりました。
ヨウムという鳥種の選択も良かったようです。
カラフルな鳥はあまり合いません。
d0123492_1185434.jpg


それから、ゴスの微妙な色の違いを使ったものも試作しました。
写真が悪すぎて全然違いがわかりませんが(笑)
アデリー部分の色は鉄分の多いゴスで、黒味をおびた味わいのある色になっています。

d0123492_11134657.jpg

これも内側は白マットを掛けて、やわらかい風合いに仕上げています。
d0123492_11151235.jpg


以上2種類は成功。

もうひとつ、一番手間のかかったものは失敗しました。
内側に青磁釉を掛け、下側にイラボ釉を巻き
インコは鉄絵、くちばしやおなかに一部下絵具を使い、透明釉を絵の部分にのみ塗り
全体を青磁釉吹付。
上絵を加えて完成するという、もうやりたくないような面倒くさい手法でした。(笑)
でもいっぺんやってみたかったのです。
これで還元焼成だと、ある人間国宝の陶芸家がやってる手法に似ています。

青磁は還元焼成だときれいな水色や味わいのある緑に仕上がりますが
酸化だと黄土色っぽい黄色に仕上がります。
d0123492_11233640.jpg

まあ、まず何が失敗って、絵が大きすぎ。(爆)
手法以前の問題ですが、これは私の悪い癖です。

それから、青磁釉はやはり厚掛けしないと色が出ないし、やはり酸化焼成ではコントラストが全然ダメ。
そして下にイラボを巻くよりは、ちゃんと黄土で絵具を作って巻いたほうがいいですね。
下絵具は海外のものを使ってみましたが、
釉薬の厚さを加減すれば、なかなかいい色になることは発見でした。

それから最大の失敗は、早く見たかったからいつもより少し早く窯から出してしまったこと。
案の定、このコップだけ冷め割れしました。

こうして失敗や成功を繰り返しつつ、自分らしい作品を作っていこうと思います。

★ちなみに今回のは試作ですので、東谷ズムには出しません。
[PR]
by kozakurapon | 2012-10-17 11:42 | 製作情報 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/17007796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by CITY at 2012-10-17 21:21 x
今日のこの日ほどヨウム飼ってて良かったと思った日は・・・(笑)
地味な鳥が映える作品なんてそんなにないので・・・いえ、そもそもヨウムアイテムにお目にかかることなんて滅多にないので、このような作品を作ってくださるこまつかさんには感謝♪感謝♪大感激!でございます♪ヽ(*´∀`)ノ
めちゃかわいいです、すっごくかわいいです!
ついでにウチのヨウムもあんな風にかわいく笑ってくれたらいいのになぁ♪(*´д`*)
Commented by 夜宵 at 2012-10-17 22:14 x
こんばんわ。お久しぶりです。
この陶器の感じ、すごく好きです〜v
ヨウムちゃんの微笑みが嬉しい作品ですね。癒し効果があります(^^)
セキセイちゃんのカップも失敗作でも割れても構わないから欲しいですよ〜。もふもふくっついてて可愛い(*´u`*)
下の記事でmother treeさんのタイツゲットおめでとうございます〜。
この作家さんは通販はされていないので、ゲット羨ましい!
さり気なくブーツとボトムスの隙間からインコ好きをアピールできる素晴らしいデザインですよね。
あと、鼻はインコが大好きだけど、インコは鼻が嫌い(嗅がれるのが嫌い?)でガブリ!というのはどこも一緒なんだなぁ..とちょっと安心しました(笑)
Commented by kozakurapon at 2012-10-17 22:29
CITYさん、私は地味な鳥のほうが焼き物で表現しやすいです。
ヨウムはしっぽが赤いのがまたアクセントになりますし
生地は段ボール6つ分くらいいろいろまとめ買いしましたから
これからぼちぼち描いていこうと思います。
また楽しみにお待ちください。
Commented by kozakurapon at 2012-10-17 22:41
夜宵さん、ごぶさたしています。
気に入っていただきありがとうございます。
セキセイのは完全に割れてますから無理です。(笑)
方向性は悪くないですから
違う土で応用して試してみます。
mother treeさんご存じでしたか。動物好きの方にはすでに有名なのかもしれませんね。
もうすぐ告知しますが、来月末北海道に、作品とたぶん私も参ります。
お会いできたらいいですね。

Commented by えりか at 2012-10-20 14:01 x
こんにちわ~!
コップ素敵すぎます~(´∀`人)
セキセイも可愛い!
こまつか苗さんの絵が大好きなあたしにとっては、絵が大きい程、嬉しさが増します(*´艸`)
Commented by kozakurapon at 2012-10-20 22:38
えりかさんこんにちは。ありがとうございます。
これからどんどん描いていきたいと思います。
セキセイもまた違った形で、みなさんに見ていただくよう
また試作を重ねていきますね。
Commented by ねい at 2012-10-25 10:49 x
いいですね
ヨウムの微笑みにしびれました。
白目の半目も可愛いんですけどね。資料はおぴーさんとこの10月21日の写真にいいのがありまっせ~
Commented by kozakurapon at 2012-10-26 21:12
ねいさん、ありがとうございます。
白目の半目。(笑)わかる気がするその魅力。
おぴ~さんの写真はとても参考になります。
次作頑張ります。