ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

極上の玉露で一服

帰省先で2013年のお正月を迎えました。

今年はまだはっきりとご報告できませんが
5月3~6日の京都での個展を皮切りに
各地でいろいろイベント参加がありそうです。

今年もよろしくお願いいたします。
これから春まで、作品ストックのための冬ごもりです。

TSUBASAカレンダーのために描いたイラスト。
鳥に、天敵の蛇を組み合わせるのは、なかなか難しかったです。

d0123492_17245974.jpg


ところで新春早々、帰省先の九州でとても美味しい日本茶をいただきました。

とても静かな山あいにある日本茶専門店・「茶いほり」
d0123492_17281532.jpg


ご主人はお茶のインストラクターの資格を持っておられます。

今回は、中国発祥で
日本では室町時代頃から、貴族や高僧が楽しんだという
「すすり茶」のセットをいただきました。

有田焼特注のうつわ。絵はもちろん手描き。
5種類から選ぶことができます。
d0123492_17335140.jpg

わたしは赤絵の器を選びました。
おままごとのように可愛いサイズ。

d0123492_17403391.jpg


ふた付きのお茶碗のなかには茶葉がたっぷり入り
すでに1煎目が40度のごく少量のお湯でいれてあります。
砂時計の砂が全部落ちたら、ふたを少しずらして少しずついただきます。

d0123492_1740614.jpg


本当にいいお茶とは、こんな味がするものなのですね。
上質な海苔のような、芳醇なダシがでているような感じです。
茶葉がひらききっていても、まるで白湯のように、お茶に色がついていません。

新茶の季節そのものが凝縮されていて、
ほのかにあたたかいお湯のなかでもう一度よみがえったような。

最後の一滴が一番味わい深いということで、
じっくりと舌の上でころがすように味わいました。

2煎目は60度のお湯を湯冷ましから半分そそいで
砂時計をひっくりかえして、その間お茶菓子をいただいて待ちます。
お茶菓子はきなこをまぶしたわらびもち。
優しい甘さでとても美味しかったです。

2煎目は香り高く、まろやかな味。
3煎目は湯冷ましに残った湯を全部入れて飲みます。

4煎目は90度のお湯を注ぎ、
砂時計の砂が3分の1まで落ちたらいただきます。
少し渋みが出て、さっぱりとしたいい味。

ここからがちょっと驚きました。
残った茶葉に、少量のポン酢を加えて
お箸でいただくのです!!

いくらなんでもポン酢なんか合うの?と半信半疑でしたが・・・

d0123492_18115385.jpg


これが絶品。筋がなく、やわらかくて美味しい。
本当にいいお茶というのは、捨てるところがないのですね。

このお茶は、福岡の八女茶で、星野村というところで作られています。
玉露は陽に直接あてずに、わらをかぶせて育てますが
一般的な玉露は、寒冷紗をかぶせているそうです。
これは本物のわらを使い、もちろん手摘み、手間暇をかけて作られたお茶だそうです。

どうしても職業病で、ついやきものに目がいきます。(笑)
トイレの洗面台が有田の手描き(山水画)で素敵でした。

今はすたれてしまった、星野焼の茶壺も飾ってあり、
ご主人から、お茶の歴史についての興味深いお話をいろいろと伺いました。

ほかのお茶もおいしそうだったので
また機会があれば訪れたいところです。
[PR]
by kozakurapon | 2013-01-07 18:43 | わたくしごと | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/17580599
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruru at 2013-01-08 22:42 x
素敵な茶房ですねぇ~
「すすり茶」というものの様子初めて見せていただきました
最後にポン酢で茶葉を頂くというのも風情がありますねぇ
日本人の古き良き時代からの伝承なのですね
新年から心清められる感じがしましたー^^
有田焼の洗面所って実は地味に憧れています
コザクラ柄のこまつか焼の手洗い場なんてあったら素敵ーー!
Commented by kozakurapon at 2013-01-08 22:58
ruruさん、この飲み方は中国茶だけかと思っていたので
私も驚きでした。
新年のはじめにこんな美味しいお茶に出会えてよかったです。
こまつか焼(笑)窯元はわたしだけですね。
陶製のボウルはおしゃれでいいですよね。
Commented by りえ at 2013-01-09 13:35 x
湯布院にこんな素敵なお茶屋さんがあったんですね~
今度行ってみます♪
地元に住んでいながら知らないお店が多いです。
情報ありがとうございました。

今年は、各地でイベントに参加されるんですね~
もし、九州でのイベントがある時は絶対に行きますからね~
Commented by kozakurapon at 2013-01-09 13:47
りえさん、ぜひおすすめします。
金鱗湖の奥の山すそにありますよ。
都会でもなかなかないような素敵なお店がありますね。

九州のイベントのお話、今年じつはあるのですが
まだちょっと思案中です。
決まりましたらお知らせしますね。
Commented by りえ at 2013-01-10 11:00 x
九州でのイベント思案中なんですね~
決まったら絶対に教えてくださいね~

もし、お手伝いが必要な場合はお気軽にお知らせくださいませ~
微力ながらですが・・・
Commented by kozakurapon at 2013-01-10 18:11
りえさん、来ていただけたらそれでもう十分嬉しいです。
決まりましたらブログでも告知しますね。
Commented by ぴーちゅ at 2013-01-12 13:35 x
モモイロちゃんとキバちゃんの新体操とは・・・
レオタード姿がたまらなくかわゆいです。

お茶葉を最後頂くというのは本当に美味しい茶葉の頂き方なのですね。

うちの父も大切なお客様がいらしたら
おちょこのようなちいさな茶器でお茶を淹れます。
作法などは我流のようですがこういうお茶の淹れ方があるのを
後になって知りました。

九州でのこまつか苗さんの作品発表、すっごく楽しみです!
行きますよ!
絶対に!!
Commented by kozakurapon at 2013-01-12 23:13
ぴーちゅさん、蛇をどう画面にいれるか悩んだ末の
かなり無理やりな絵ではあるんですが。(笑)

私はけっこう大人になるまで、煎茶道をまったく知らなかったので
うつわを見たときは、なんて可愛くて楽しそうなのだろうと思いました。
お父様、風流でいらっしゃいますね。

九州の話は、抽選もあるかもしれませんしまだわかりません。
もし実現したらぜひお会いしたいですね。
Commented by kgひろこ at 2013-01-13 12:00 x
大変ご無沙汰しておりました。
お正月は湯布院で過ごされたんですね♪
盆地のあのあたりの寒さは同じ九州でも別格でしょうね。
煎茶道のこと、詳しくは知らないのですが祖母がとてもお茶好きだったので
小さい頃からよく飲んでいましたよ~。
八女茶はとても親しみがあります。
お話しを読みながら、「いいお茶ほど、ぬるい温度で煎れる。」という
祖母の話しを思い出しました。
しかし茶葉をポン酢でいただけるなんて!
目からうろこですー☆
それほど上質ということなんでしょうね。
最近飲んでいない玉露茶を久々に飲みたくなりました。
中国発祥のお茶スタイル、山水画の世界・・・
気分は桂林ですね。

鳥さんのむっちりレオタード姿!
ドツボです(笑)ナイスです(^.^)
華麗に舞う鳥さんたちが元気に過ごせる年であって欲しいですね。
冬ごもり。。。
私は別の意味で冬ごもり?^^;
作品製作に集中されるのですね。
今が一番寒い時期。
ぽんちゃん・茶々姫とお元気にお過ごし下さいね(^-^)

今度は九州でお会いできるといいですね★
Commented by kozakurapon at 2013-01-13 12:57
kgひろこさん、そう、湯布院は夏はほとんどエアコン要りませんが
冬は毎日氷点下です。
九州の玉露美味しいですね!
お店のご主人によれば、玉露の全国品評会で
去年初めて耶馬溪の玉露が最高賞を受賞したそうですよ。
今回飲んだのは「出品玉露」という普通に市販はされていないと思われるお茶で
茶葉を見せていただきましたが、針のように細く美しい茶葉でした。

ひろこさん冬ごもりですか・・。寒い時期ですし
無理のないように、あたたかくしてお過ごしくださいね。

ひさしぶりにお会いできたらいいですね。