ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

茶々はボケボケ?!

最近フェイスブックで、外国の方たちと交流することにはまっております。
ただ、あまりにも英語力がないため
話の半分もよくわからないことが多いです。

でも外国のFB友達も、移民だったりで英語が母国語ではない場合が多く、つづりも文法も適当。
お互い、相手に興味さえあれば、なんとなく通じ合えるものですね。

最近面白かったのが、シンガポールの中国系の男性で、
うちと同じ種類のコザクラインコ、オレンジフェイス・オリーブを飼っている人とのやりとりです。

彼は、茶々(ChaCha)の名前が、台湾系中国語の語感から、(なぜそう聞こえるのかはわからないのですが)
「wood wood」の響きがあるとかで、
英語の俗語表現から、blur(ぼーっとしている)の意味につながると言って面白がっていました。

d0123492_1633282.jpg

(おぴ~さん撮影の茶々↑)

たしかにこのような↓
d0123492_1655246.jpg

数々のボケボケ伝説を持つ彼女にふさわしいかもしれません。

でもPapa bird lovebird(シンガポールの彼)、
ほんとは茶々の名前はとてもいい意味なんですよ。
彼女は、安土桃山時代のとても有名なお姫様の名前をもらったのです!!

d0123492_16111417.jpg


まあ、たまたま彼女の名前を考えていたときに
NHKの大河ドラマ「江(ごう)」をテレビで見ていたダンナが
テキトーにつけた名前なんですけどね。

最初は「ごうごう」にするか、というとんでもない提案もあったのです。
↑テキトーにもほどがある。(笑)

よかったね茶々、いい名前で。
[PR]
by kozakurapon | 2013-05-19 16:19 | わたくしごと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/18804990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。