ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

インコ運搬にちょうどいいキャリーバッグ

コザクラ茶碗アンケートに、ご協力いただきましてありがとうございました。
2個欲しいという声が非常に多かったので、需要は予想より多そうですね。
色はご希望にそえないかもしれませんが、お笑いポーズはおまかせください。(笑)
余分に作っておこうと思います。ありがとうございました。

ところでうちのコザクラ2羽を旅行中預けるところは、家からちょっと離れているので、
ダンナに車を出してもらえるときはいいのですが
私がひとりで電車やバスを乗り継いで、連れて帰らないといけない時があります。

ポンタロウ1羽のときはよかったのですが、さすがに2羽となると
ふだん使っているかごでは大きすぎて持っていけないので、
HOEIのハートフルキャリーをふたつ使っています。
それでもけっこう重いし、かさばります。

キャリーをそのまま持っていくわけにはいかず、バッグが必要なのですが
コンパクトで持ちやすく、ちょうどいいバッグというのはなかなかないものです。

今回、こんないいやりかたを考えました。
日本古来の知恵、ふろしきです。

d0123492_2075950.jpg


普通に対角線上に結んで持ってももちろんいいのですが
ちょっと可愛く持てる、風呂敷専用ハンドルをみつけました。

d0123492_2093770.jpg


ふろしきは、薄手の綿のものがすべらずごわごわしなくて良いです。
また、色が黒っぽいほうがインコは落ち着くと思います。
私のふろしきは昭和50年くらいの古いもので、
いわゆる一反風呂敷という、畳2枚弱ほどの大きさのものです。

さすがに少し大きいので、もう少し小さいものを探そうと思っていますが、
中にいれるものの形を選ばないため、とても便利です。
ちょうどいいキャリーバッグを探しておられる方、おすすめします。



追記 

風呂敷といえば、まだヒナだったポンタロウを動物病院に連れて行ったとき、
「暮れの元気なご挨拶」風に箱を絹の風呂敷に包んで道を歩いていたら、 突然啼いて
ちょうど通りかかったサラリーマンが驚いて少し跳んでました。(笑)

d0123492_223313.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2013-06-20 20:27 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/19020875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-06-21 17:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kozakurapon at 2013-06-21 21:40
鍵コメNさん、こどもは鳥の声にすぐ気づきますよね。
ぽんは人の咳に反応するので、そのことにすばやく気づいて
エヘンエヘン咳をするこどももいて、楽しいです。
大きめの風呂敷はほんとに便利です。
今でも京都の古道具屋とか茶道具屋さんでは
普通に仕事に使ってるところがあるようです。
吉野織の風呂敷がとくに美しく、いつか欲しいと思っています。
(ちょっとお高い)