ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

風がはこんできたヒナ

夕方、近所の人が家にやってきました。
「野鳥のヒナを保護したんだけど、たしかお宅は鳥飼ってたなと思って・・・。」

この時期、巣立ちした直後のヒナを間違えて保護してしまうことが多いので
それかなと思いましたが、ヒナはまだ巣立ちには早い大きさでした。

今日のお天気は荒れ模様で、あちこちで木の枝が折れているのを見ました。
おそらくこの強風で飛ばされてしまったものと思われます。

しかし鳥飼ってるっていっても、インコと野鳥じゃ全然違います。
まあでもさすがにこの状態のヒナは戻すこともできないし、
うちにはポンタロウがヒナのときに入れていたカゴもある。
とりあえず預かることになりました。

たぶんヤマガラだと思うんですが、どうでしょう。

d0123492_211133.jpg


心細いのか寒いのか、エサ入れを背負ってるのが可愛すぎる。

d0123492_212195.jpg


かかりつけの獣医さんに電話したら、ペットショップですり餌を買うよう言われ、
あわてて鳥かごをふろしきに包んで近くの昔ながらのペットショップに直行。
すり餌、ミルワーム(ミミズみたいな幼虫。生きてる。)専用ピンセットを購入。
餌のやり方を実演してもらいました。

店長さんがすり餌を水で溶いたものを与えても、口をまったく開かない。
クチバシのすきまにあてがうと、少しペロペロするだけ。
そこで店長さんがガバッとヒナをつかむと、ヒナは驚いて叫びました。
そのスキに、店長さんは片手でミルワームの頭をむしって
まだ動いているそれをヒナの口のなかにぐいっと押し込みました。
すかさずすり餌も投入。

ミルワームの頭をむしると、身体の養分が吸収しやすくなるらしい。
自然の状態だと、親が捕ってきた芋虫を木に打ちつけるのだそうです。

これを一日に最低でも3回、一度にミルワーム5つくらい食べさせるのだとか。
巣立ちまで一週間ほど。
これ、できるのか私に・・・。(汗)

家に帰ってポンタロウたちを放鳥したあと、別の部屋に置いたヒナに餌やり。
(野鳥なので、ポンタロウたちとは完全に隔離します。)

d0123492_2118665.jpg


どうも長い時間寒いところにいたらしく、あまり元気がない。
餌もちっとも食べてくれないが、ひょっとして暖めることのほうが大事かもしれないと思い
手の中で温める。(可愛すぎて嬉しいけど、おとなしすぎるのですごく心配)

どうにも餌を食べてくれないので、新聞紙をこまかく裂いたものをカゴの中に入れて巣のようにし、
湯たんぽをカゴの下にいれてタオルで包んで暗くしてやりました。
(派手な柄ですが、ポンタロウたちのカゴに冬にかぶせるタオルです↓)

d0123492_21261074.jpg


暑すぎないか時々様子を見に行っています。あとでもういちど、
今度はすり餌の水に少し蜜を入れて口のすきまに流し込んでみよう。

明日までもつといいんだけど。
自信はないけど、これも縁。できるだけのことはしようと思います。
[PR]
by kozakurapon | 2014-06-05 21:34 | わたくしごと | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/20781375
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by KT at 2014-06-05 22:11 x
ほんと今日は台風かと思うほどの風でしたね。かわいいお客さん無事に生き抜いてもらいたいです。昔家族でヤマセミのひなを保護して飼ってたことありました。毎日ドジョウをやるのが大変だったけど、巣立っていった時は感慨深いものがありました。
Commented by よんぴー at 2014-06-06 18:35 x
私もむかし、台風の翌日ヒワのヒナを拾いました。
庭にカゴ出して日光浴させてたら親鳥が来て餌をやるようになり、
成長して親鳥と飛び去って行きました。

雛ちゃん元気になるといいですね…
お世話は大変だろうけど、がんばってください。
私もひたすら暖めました。
Commented by kozakurapon at 2014-06-06 19:19
KTさん、ヤマセミ!ドジョウ!さすが。よく育ちましたね。
またブログで報告しますが、餌はバクバク食べるようになりました。
親に戻そうと、拾ったらしき場所の近くに置いて、ほっとけないので少し離れた場所で数時間待機。日焼けし、蚊にさされただけに終わりました。(笑)もう飛べるまではがんばるしかないですね。
Commented by kozakurapon at 2014-06-06 19:23
よんぴーさん、庭や窓辺にカゴを出す作戦は他の方もやって成功したようで、まねしてみようと思います。^^
暖めたら朝には見違えるくらい元気になり、餌も昼頃から急に食べてくれるようになりました。
でも親のくれる餌がいちばんいいですもんね。
Commented by KT at 2014-06-06 22:49 x
一度拾ってしまうと人間の匂いがついて親が寄ってこなくなると聞いたことがありますが、大丈夫なんですね。たくさん食べて大きくなれよ!っていうコマーシャル最近ないですね。肥満が増えたからかなあ。もう蚊の季節かあ…とりとめのないコメントですんません。(^_^;)
Commented by kozakurapon at 2014-06-06 23:16
KTさん、最初にみつけた場所からうちは200メートルくらいは離れてますので、親のナワバリのなかではないかもしれないとも思っています。
そしてやはり一度人間に餌をもらって育てた生き物は、自然界でははじかれるとも思います。人間が保護して自然に帰った鳥たちのその後は誰も知りませんものね。本当は飼ったほうが長生きできるのはわかっていますが、旅行するときなどどこにも預けられないし、飼うこと自体違法です。具合が悪くなっても鳥インフルのことがあるので診てもらえません。生き残る確率は低くても野生に戻すしかないですね。
Commented by よんぴー at 2014-06-07 00:17 x
元気になったとのことで良かったです!
私も、野鳥は自然に帰るのが一番良いと思います。
給餌は大変でしょうけど、巣立ちまで、
雛ちゃんとこまつかさんのこと応援してます。
Commented by kozakurapon at 2014-06-07 12:15
よんぴーさん、巣立ちを待たず、親鳥が探しているうちにもとの場所に戻す決断をしました。厳しい判断ではありましたが、無事親子が出会えているものと信じています。