ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

らくがきドラマ「インコ侍」第5話

カピバラ忍者・カピ蔵と、風雷坊の前で練習試合をすることになった小太郎。
お互いに動きやすい道着に着替え、木刀をかまえて向かい合った。

「ふふふふ、小太郎とやら。」  カピ蔵が不敵な笑みをうかべた。

d0123492_2313169.jpg


「今、はっきりとわかった。おぬしはわたしに勝てぬ。」

「どうしてそんなことがわかるのだ!」

「おのれの姿を見よ。」

「・・・あっ、しまった!」

d0123492_2333549.jpg


緊張した小太郎は、袴の片方に両足をつっこんでいた。

「ううっ、どうも身動きがとれんと思ったら・・・」

「ふふふ、まぬけだのう。では、こちらからまいるぞ。 九字護身法!」

カピ蔵は忍者なので、呪文をとなえ、「印」をむすんで精神統一をしてから戦う。
九字護身法は、9つの漢字をあらわす「印」を手指ですばやく結ぶものだが、
カピ蔵はカピバラなので指が4本しかないため、全身であらわすようだ。

d0123492_2392295.jpg


d0123492_2394238.jpg


d0123492_23101234.jpg


d0123492_23103617.jpg


d0123492_2311037.jpg


d0123492_23112591.jpg


d0123492_23115199.jpg


d0123492_23124063.jpg


d0123492_2313183.jpg


カピ蔵が九字護身法をあらわしている間に、形勢を立て直した小太郎が一撃すると
倒れたカピ蔵は突然煙幕をはって姿を消した。
あとには、カピバラの毛が1本落ちているだけだった。

「こっ、これは」
「煙豚(えんとん)の術じゃな。」 風雷坊が言った。

「あいつは都合がわるくなると火薬玉を投げて消えるのじゃ。」
「はあ・・・。」
「口ほどにもない奴じゃが、あれはあれで意外と役に立つこともあるのじゃ。
妙なところを見せたな。かたじけない。」
「いえ、風雷坊様。」

「ときに、先ほども訊いたことじゃが、おぬしらはどうやってここに来た。
もう少し拙者にわかるように、話をしてはくれぬか。」

風雷坊はなかなか、頭がやわらかいようであった。


d0123492_23132267.jpg


「ふうむ。なるほどな・・。にわかには信じがたいような話じゃが、
そういうことなら、拙者の鉄壁の守りをすりぬけて、
この屋敷にいつのまにかあらわれた訳もわかるような気がする。」

「信じてくださいますか?」

「おぬしらからは嘘の匂いはせぬ。信じよう。」

「ありがとうございます。」

「・・・じつは最近、少し困ったことが起こってな。
いろいろと対策を練ってきたが、どうも拙者の力だけではどうにもならぬ。」

「困ったこと・・・」

「こういう時は、おぬしらのようにまったく違うところから来て、
違う見方でものを見る者たちが必要なのじゃ。
もしよければ、わが屋敷に食客としてしばらく過ごし、力を貸してはくれまいか。」

こうしてオカメもんと小太郎は、風雷坊の屋敷にとどまることになったのだった。




*****

つづきはインドネシア在住の方は「+62」3号にて。
今年の夏まつりではここまで。
+62を通信購読されるかネット配信か、来年の夏まつりまでお待ちください。


今年の夏まつり最終日の18日は、更新はありません。
18日夜11時59分59秒までエントリー可能で、取り下げや変更もできます。
じっくり考えてエントリーしてください。






*****
[PR]
by kozakurapon | 2016-08-17 23:31 | らくがきドラマ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/23417044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-08-18 20:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。