ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

有馬温泉旅行

このところあまり陶芸や鳥と関係ないことは
アップしないように心がけていますが、
ちょっといい旅だったのでご紹介。

有馬温泉に一泊で行ってまいりました。

うちから有馬の山が見えるくらい近いので、
昼すぎゆっくり出発。
六甲の植物園に行くつもりでしたが
まったく視界が悪いし、小雨のなかうろうろしても・・・
ということで、イングリッシュガーデンをちょっとまわり、
ショップでこんな鳥グッズに一目ぼれして購入。
d0123492_1514350.jpg

コースターとティーマット。鳥と怪しい犬?ロバ?の柄。
南米の・・どこの国か忘れましたが、羊毛を編んだもので
手作りなので絵が全部違って可愛い。

早々に有馬温泉に着き、宿へ。
「ホテル 花小宿」
老舗旅館「御所坊」の別館のひとつで、
1日9組しか泊まれない小さな宿。
古い旅館をセンスよく改築しています。
d0123492_15122226.jpg

玄関にはさりげなく紫陽花の花。
d0123492_15133450.jpg

お風呂は2つありますが、すべて家族風呂。予約制ではなく、
鍵がかかるようになっていて、客は出るとき扉を開けて電気を消しておく決まり。

客が少ないのでまず両方使用中ということはありませんし、
一日目の8時までなら近くの本館「御所坊」の素晴らしい大浴場にも入れるし、
近所の公衆浴場「金の湯」「銀の湯」にも入り放題なのです!
d0123492_1525228.jpg

すぐ裏が「御所泉源」。つまりフレッシュな湯に入れるということです。

この宿は、消火器のロゴにいたるまで、
一人の書家の字体に統一され、
食器も厳選した作家の手作り。(誰というのを聞くのを忘れました・・)

昔の建物を生かした造りの温泉宿は最近の流行ですが、
インテリアや小物にいたるまで高いセンスで完璧にコーディネートした宿は
意外と少なく、そういう宿は一泊5万とかでとても泊まれません。

ここはそういう意味では安いです。(ツイン1泊2食2万500円)
部屋に仲居さんが出入りせず気楽ですし、浴衣がけで外出できて食事も浴衣OK.
天井の高い、広い部屋でゆっくり。
d0123492_15441995.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2008-06-29 15:48 | わたくしごと | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/8187290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by toubounonki at 2008-06-29 19:43
昭和な感じがステキな御宿ですね。
それにしても・・・コースター、おそろしくかわいいですっ!!
Commented by yamachic at 2008-06-30 17:52
あの、旅館の玄関先に立っている人はどなたでしょう?合成写真のようにも見え・・・まさか御主人さまですか?
Commented by kozakurapon at 2008-06-30 22:58
toubounonkiさん、コースター素朴で可愛いでしょ。ショップの入り口にあって、私がいつまでも奥に入ってこないのでダンナがあきれてました。だってこれ買うしかないでしょう。ねえ?

yamachicさん、それは書生だと本人が申しております。(笑)
Commented by utsuwatabi at 2008-07-01 20:34
とっても素敵な温泉宿ですね^^♪
私も玄関先にたたずむ男性が気になりました~(笑)
Commented by kozakurapon at 2008-07-02 19:55
書生ですよ~(笑)