ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

カラー復活・・・。

せっかくおぴ~さんの丁寧な治療により
改善していた毛引き。
またくちばしに血がつくようになったので
カラーをつけなくてはならなくなりました。(涙)
d0123492_20535948.jpg

写真では見えにくいですが、
生えかけて以前かじった毛の伸びかけが痒くてかじり、
痛痒いのでイライラしてまわりもかじる。

前のように羽根に滲みるほど流血する前に手をうつことにしました。
d0123492_20581162.jpg

ああこんなに手のなかで気持ちよさそうなのに・・・

このあと捕まえてだんなとふたりがかりでポンを押さえてカラーをつけました。
ひさしぶりに大嫌いなカラーをつけられて暴れるポン。
汗びっしょりになって疲れて、寝にいってしまったダンナ。
(私より心やさしいので、ポンのカラーつけは彼にとって大苦痛なのです・・・。)

また始まってしまった・・・。(涙)
[PR]
by kozakurapon | 2008-07-02 21:14 | コザクラインコ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/8207287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヒロキコ at 2008-07-02 21:28 x
始まってしまいましたか…
うちのカイの毛引きは今落ち着いています。
こんなにちっちゃくて可愛くて繊細で、大事な家族。
ポンちゃんの快方を心よりお祈り申し上げます。
Commented by kozakurapon at 2008-07-03 21:39
ヒロキコさんありがとうございます。
このときつけたカラーがきつかったので
また次の日に獣医さんでつけなおしたのですが、
今朝から水っぽいフンが続き、
先ほど餌をたべていて急に「ぐふっ」と目を白黒するので
喉をさわるとカラーの内側にそのうの一部が挟まっている?
いそいでカラーを外しました。
また明日病院に行って付け直さなくては。
カイちゃん状態いいようで良かったですね。
ほんとに不思議な癖。
鳥一羽に振り回されております。
Commented by kgひろこ at 2008-07-05 13:04 x
残念です(>_<)
いいかと思ってたらまたぶり返す・・・
これが毛引き症の特徴なんですよねぇ。。。

カラーの不具合?があったようですが
改善されましたか?
すぐに異常に気付いて対処されてよかった!
さすがこまつか苗さん!
目を白黒させるなんてびっくりしますよね。

ご存知のようにうちのめろんちゃんはカラーはダメ。
死にそうな目に遭わせてしまいましたから。
ですが今の先生ともカラーのこと、話しました。
結局、家が遠いので、もし何かあった時に
今回のぽんちゃんのようにすぐに対応できない・・・
それもあって、先生もカラーを強く薦められないようです。
もっとも、こまつか苗さんのように自宅にて飼い主が
カラーの付け外しを習得できれば、また別の見解が
開けてくるのかもしれませんが。
カラーの付け外しは素人には相当難しいことだと思います。
それこそ、二人がかりで汗だくに・・・解ります。
(外した経験のみあり)

Commented by kgひろこ at 2008-07-05 13:05 x
>汗びっしょりになって疲れて、寝にいってしまったダンナ。
のくだりで胸がキュンとなりました。
ぽんちゃんも辛いけど、こまつか苗さんご夫婦ともども
辛い思いを毎回されているんですよね。

めろんちゃんは齧ったところの化膿が見つかったので
今は化膿どめのお薬のんで様子をみていますが、
ぽんちゃんは特に服薬はしてませんでしたよね?

精神安定剤のこととか、先生はお話しになりますか?
Commented by kozakurapon at 2008-07-05 23:23
kgひろこさん、ありがとうございます。カラーは更に改良し、
今は快適?慣れたようです。
カラーはめろんちゃんの性格や状況では無理でしょうね。

先日獣医さんが珍しくすいていたので、先生とすこしお話しました。
毛引きの研究は、腹腔内視鏡などの研究にくらべ、獣医さんの学会では進んでいるとはいえないようです。命の危険という意味では緊急性が薄いせいでしょう。

ひろこさんが悩んでおられたことを思い出して、精神安定剤について聞いてみました。先生は恐ろしくてとても使えないとおっしゃっていました。安定剤といえるものは2つに分けられ、ひとつは意識をもうろうとさせるもの、ひとつはアロマテラピーにちかいもの。飲み水に混ぜたりして、気持ちを落ち着かせるものだそうです。先生はどちらも試したことはないそうですが。
友達にレメディとかいう、欧米ではスーパーとかにも普通に売っている精油のようなもの?をすすめてもらったことはあります。友達は猫の神経症?に使ってました。それのことかな?
なんせ鳥は小さくて繊細なので、ちょっと加減が難しそうとは思いますね。
Commented by kozakurapon at 2008-07-05 23:33
先生は、毛引きはどちらかといえば非常に可愛がられている子で、知能の高い子に多いのではという見解でした。
愛を知らなければ、それを強く求める気持ちもおきないのではと。
もう一生つきあっていくほかないですね。可愛がっている証ですから。
めろんちゃんも、出血多量で危険とか、そこまででなければ安定剤は使わないほうがいいような・・・。いや、シロウトなんで明言はできませんが。