ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

読書の秋です。鳥マンガ!

ひさしぶりに本を買いました。
d0123492_21382116.jpg

アジアでの幼児売春や臓器売買がテーマの小説、「闇の子供たち」、
巨大なインコと鳥肉好きの女性が主人公のマンガ、「ちよちよ」。

ほんとは水木しげると荒俣宏のニューギニア旅行の本を買いに行ったのですが
ちょっと期待はずれだったのでまったく違う本を買ってきました。

「闇の子供たち」は、自分の身体でありながら自分で意志決定のできない
子供の臓器移植に以前から興味を持っていたのでちょっと読んでみたくて。

医術の進歩は以前なら助からなかった命が助かる素晴らしいものですが、
あきらめられないということからくる悲劇も生んでいると思います。

「ちよちよ」は表紙の可愛さにつられて買いましたが
これなかなかいいです。
飼い鳥の生態観察的なマンガもいいですが、
いにしえのギャグまんが「おとうさんは心配性」
もっといにしえのギャグ鳥まんが「ピコラピコラ」
をホーフツとさせる激しい体当たりギャグ・・・。

なんか作者が他人だという気がしないほどに、このアホさ加減は大好きです。

作品作りは忙しくなってまいりましたが、
合間にこの2冊をじっくり読もうと思います。
[PR]
by kozakurapon | 2008-08-26 22:12 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://penguin10.exblog.jp/tb/8510473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nanao at 2008-08-26 23:53 x
「ちよちよ」・・・気になります!
表紙は可愛いので、体当たりギャグなんですか!?
う~~探してみようっと♪
Commented by utsuwatabi at 2008-08-27 02:10
本当に表紙が可愛いですね!
でも「お父さんは心配性」を彷彿をさせる
ギャグマンガなんですか(笑)!?
「闇の子供たち」は読んでみたいですし、映画も気になります。
Commented by おんぷ at 2008-08-27 08:26 x
「闇の子供たち」は映画を観てみたいと思っているのですが、近場の映画館2箇所で調べてみましたが、上映していなくて、残念なんです。都心に出れば観れると思うのですが、なかなか出かけられないです。「ちよちよ」は表紙がとっても可愛らしいですね~~
Commented by kozakurapon at 2008-08-27 09:25
nanaoさん、ぜひおすすめです。近所の書店には平積みになっていたので、結構話題なのかなと思います。今日主人が2巻を買ってくると宣言して出社しました(笑)
Commented by kozakurapon at 2008-08-27 09:29
utsuwatabiさん、クッキーという雑誌に連載しているようなんですが、りぼんコミックス系のようです。たしか「お父さんは心配性」もりぼんでしたよね?いかにも少女マンガ!のりぼんのなかで、あきらかに異質でした。そんな伝統?を感じるマンガです。(笑)
Commented by kozakurapon at 2008-08-27 10:09
おんぷさん、ゆっくり読むはずが昨夜2時まで読みふけってしまいました。実写はかなり過激かと思いますので見る勇気がありません。
私はこどもの臓器移植に関心がすこしあったので読んだわけですが・・なんといえばいいのか。
この不幸の連鎖を止めることはできないのか。

またこの事態を招いたのはやはり政治だと思うのですが
この先日本もまた他国につけいる隙を与えない政治力を持つことができるのか。
単純なナショナリズムではなく、したたかな他国に対して交渉していく力がないと、タイの子供たちの悲劇はひとごとではないと思います。

これからも関心は持ち続けていきたいと思います。

Commented by yamachic at 2008-08-27 14:11
お父さんは心配症!!
なつかしい~!!
子供心に「こんな汚い絵でも漫画家になれるんだ・・・。」と思っていたけれど、やっぱりあれ、思い出すとかなり面白いマンガでした。
Commented by kozakurapon at 2008-08-27 18:35
あ、ちよちよはあんなに下手な絵ではないです。(ごめん岡田あーみんさん)
動物のお医者さんみたいな感じの可愛い絵です。ただギャグが激しくなったときの破壊力に共通点があります。
鼻血ブー連発も辞さないような・・(笑)
Commented by たぬたん at 2008-08-28 08:46 x
まるで「流血くんと腹黒くんと」の展開だ・・・、擬音がまたサイコーに面白いよね。
Commented by kozakurapon at 2008-08-28 09:44
たぬたん、そうですねぇ。パンダ姿のインコの「ボエー」は吹きましたね。
Commented by にたかG at 2008-08-28 11:10 x
「ちよちよ」集英社のHPで試し読みしてきました♪岡田あーみんさんを引き合いに出す理由が解りました(笑)。是非読んでみたいと思います。
Commented by kozakurapon at 2008-08-28 13:40
海外からもアマゾンで買えるのですね。
それにしてもみなさん、結構あのキッツイギャグ「お父さんは心配性」読んでおられたんですね~。
何巻もまとめて読むと、濃すぎてめまいがするマンガなのに・・・。