ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

2010年 11月 17日 ( 1 )

わたしのレシピをもうひとつ。

みなさんたくさんのご投票ありがとうございました。

23日に上位2つのレシピを
差し上げる陶板鍋で実際に作って
24日の更新にて
発表とさせていただきます。

毎日のように蒸し料理を作っていたら
さすがにだんなが飽きたので
しばらく休んでますが、必ず全種類作りたいと思っていますよ。

さて、みなさんのレシピを作る合間に、
今まですきやき鍋で作っていた
我が家の定番料理、
「韓国風すきやき」をオカン陶板で作ってみました。

ダッカルピやビビンバのエントリーもありましたが
韓国風料理に、この陶板はとても合うと思います。
d0123492_18593346.jpg

①牛肉に下味をつける。
ごま油、酒、砂糖、各大さじ1
にんにくすりおろし、白すりごま大さじ3を
うす切り牛肉のパックにいれて混ぜ込んでおく。
②すき焼きの煮汁を作る
別の鍋に水1と2分の1カップ、酒2分の1カップ、しょうゆ大さじ4、砂糖大さじ2をいれて
火にかけ、煮立ったらコチュジャンを少量の煮汁で溶いて加え、火を止めておく。
③大根、にら、人参、ねぎなどを長さ5センチくらいの細切りにしておく。
えのきなどをいれてもいい。
④オカン鍋を弱火であたため、ごま油をうすくひいて
まんなかに牛肉をひろげて焼く。野菜は放射状に並べて
煮汁を3分の1ほどいれて、オカン蓋をして煮る。
湯気が出て材料に火が通ったら召し上がれ。

ニラをすこしとっておき、ビビンバを作れます。

食べ終わったあとの煮汁に、3分の1残しておいた煮汁を足し
あればもやし、汁けを切ったハクサイキムチをいれて煮、
ごはん1~2膳分をいれてニラを加えて
御飯にこげがでてきたら火をとめる。
溶き卵を回しいれて大きくまぜ、
オカン蓋をして卵が半熟になったら器に盛っていただく。
d0123492_19185490.jpg


ちょっと下味つける手間などはかかりますけど
美味しいですよ~。

オカン鍋を使うときは、ほとんど最初から最後まで弱火~中弱火で十分な感じです。
最初弱くても、蓋してたらかなり吹くんですよ。
余熱調理するくらいの感じでないと、焦げ付くかもしれないです。

最近すっかり料理ブログになりましたが(笑)
今集団コザクラは窯で修業中の身。
今は集団タマちゃん作りに励んでいます。
d0123492_19314793.jpg

こんなに作ってどうするのかと聞かないで~~
ただただNOMAに並べてみたいのです。
[PR]
by kozakurapon | 2010-11-17 19:34 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)