ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:おすすめ鳥スポット( 28 )

京都のラブバードカフェ・cherryさんに行ってきました!

昨日、みなさんに個展のDMハガキをお送りしました。
おかげさまで、普通に考えて来られないような遠くでも来られるお客様が多いので
距離は考えずにみなさんにお送りしています。

今日、台湾のお客様に作品をお渡しするために、
京都の「Lovebird Cafe CHERRY」で待ち合わせることになりました。
d0123492_2312521.jpg


たまたまそのお客様と別件で会う予定だった、バードトレーナーさんとお友達も加わり、
即席の鳥オフ会のような状態になりました。^^
みなさん初めてで、一度来てみたかったということです。

ちなみにバードトレーナーIさんの、
このチューブから出ているボタンインコトレーナー、可愛すぎる・・・
d0123492_2312247.jpg


ラブバードカフェのアイドルコザクラは3羽。
よっちゃん、そうちゃん、あおちゃん。
d0123492_23202611.jpg

アクリルのケージごしに、楽しくあそぶ姿を見ることができます。

ちなみに鳥たちがアクリルにぶつからないのはなぜかといえば
最初に空間を認識させるために、紙を貼って慣れさせたということです。

コザクラらしく破壊にいそしむそうちゃん。(笑)
d0123492_23261456.jpg


紅一点のあおちゃん。
d0123492_23274557.jpg


好奇心旺盛で、すぐ近くまで寄って来てくれる
ラブバードカフェのアイドルの鏡、よっちゃん。
d0123492_23304778.jpg


カフェメニューの一部を紹介。
私が頼んだのは、シマエナガホットケーキとホットグリーンティー。
シマエナガ部分を守りながら食べたけど、最後はぱくっとひと口。
ほっとする味。おいしくいただきました。
d0123492_23352912.jpg


ちなみに、オカメインコレアチーズケーキとどっちにするか迷いました。
次来たときはこれにしよう。
d0123492_2336404.jpg


私の個展会場の、寺町三条のうずらギャラリーからは、歩いて10分くらい。
そして、鳥好きの方には有名なインコお守りのある京都のお寺、
「因幡堂(因幡薬師・平等寺 いなばやくし びょうどうじ)」さんは、
ラブバードカフェから5分くらいです。
こんなお守り。

d0123492_23525242.jpg


お寺のご家族がコザクラを飼っておられるそうですが、
文鳥などいろんな種類のお守りがあるみたいです。

私の個展に来られたら、ラブバードカフェCherryさんで食事や喫茶でひとやすみ。
因幡堂さんにお参りして帰る。こんなコースがおすすめです。

Cherryさんは、私のギャラリーの前の道(三条通)を西に3本めの「冨小路通」を
南に四条通に向かってくだり、四条通にぶつかったら渡ってさらに左側を注意して見ながら進むと
この長屋門の奥にあります。
d0123492_011685.jpg


まさに隠れ家。

11月末は観光客が多い時なので、お茶や食事の場所をさがしてさまよう人もいますが
ここは鳥好きには穴場ではないでしょうか。
ただし、とても小さなカフェですので、大人数には向きません。

Lovebird Cafe Cherry ←ホームページ

秋の京都の一日を楽しんでくださいね。






(^^)
[PR]
by kozakurapon | 2017-10-21 00:18 | おすすめ鳥スポット | Trackback | Comments(7)

アドベンチャーワールドはベビーラッシュ!その4

またアドベンチャーワールドのことをひっぱるのかと思われそうですが
もう少しだけお付き合いください。

コウテイペンギンのヒナやホッキョクグマの赤ちゃんが大人気ですが
アドベンチャーワールドでは他にもいろんな種類の動物の赤ちゃんが次々誕生しているのです。

ヒナがちょっと無骨で(ごめん)もう一つ地味ですが、
キングペンギンのヒナだっています。

これは・・・ヒナ?(笑)
d0123492_0332320.jpg


ご安心を。そのうちまた新しくヒナが生まれるようですから。

d0123492_0344038.jpg


イワトビの若鳥。ヒナを卒業したてで、まだあどけなさが残っていて可愛かったです。

d0123492_0362731.jpg


ところで、アドベンチャーワールドには動物に餌を与えたり、触れ合えるコーナーがあります。
そのなかに、金網ごしですが
かなり近くでケープペンギンと触れ合えるコーナーがあるのをご存知でしょうか。

以前行ったときはケープペンギンだけだったのですが、
なんと!今年はカピバラ親子と一緒なのです!!

d0123492_041350.jpg


カピバラとペンギン好きにはこたえられない
まさに夢のような空間。

d0123492_0425610.jpg

d0123492_0433776.jpg


わずかに水のたまった池におしりをつける子カピバラ。
「温泉ひいてきてあげたらいいのに。」とダンナがつぶやく。
いや、カピバラはいいけど、ペンギンにそれは危険だから。(笑)

d0123492_0454049.jpg


餌を私たちにねだる親カピバラ。

ふがふがふが。

d0123492_046229.jpg


ふがふがふが!

d0123492_0472086.jpg


・・・なんか唐突に、金網破壊に精を出す我が家のコザクラ茶々を思い出しました。



少し遠いですが行くたびに楽しいアドベンチャーワールド。
白浜はなんといっても温泉のお湯がとてもやわらかくていいし、
探せば安い宿もありますので、また近いうちに遊びに来れたらいいなと思っています。
[PR]
by kozakurapon | 2013-12-07 00:54 | おすすめ鳥スポット | Trackback | Comments(2)

アドベンチャーワールドはベビーラッシュ!その3

その1での私のコウテイヒナ写真が、あまりにも残念な出来だったので
ダンナの撮った写真を公開いたします。

飼育員さんからヒナを守る親。

d0123492_147110.jpg


眠いけど床が濡れているので顔をつけられず、くちばしで顔を支えるヒナ。

d0123492_1485490.jpg


連続写真です。

d0123492_149439.jpg


ぱたぱた。

d0123492_14121381.jpg


きょ~

d0123492_1410388.jpg


ふう。

d0123492_14113352.jpg


なんでこんなに天使みたいなんでしょう。
すべてが可愛い。

そして関西が誇るペンギングッズコレクターで、写真がご趣味の「ペンギン先生」から
公開直後のヒナ写真とジェンツーヒナ写真、
水中のペンギン写真を送っていただきましたので公開いたします。

ごはんごはん~

d0123492_14173184.jpg


ああ~完全無欠の可愛さ!

d0123492_1418351.jpg


水中で魚を食べるヒゲペンギン!!
ヒゲペンギンって、水中にいるとほんとに魚っぽいと思います。

d0123492_1421381.jpg


ペンギンが宇宙を回遊しているような美しい写真。

d0123492_14214538.jpg


撮る人とカメラが違うと、同じ被写体でも全然違うという好例でございます。
素晴らしい写真をありがとうございました!


さて、制作に戻ります。

あ、まだアドベンチャーワールドレポートのつづきはあります。
ラストは、カピバラ!
[PR]
by kozakurapon | 2013-12-05 14:25 | おすすめ鳥スポット | Trackback | Comments(0)

アドベンチャーワールドはベビーラッシュ!その2

もうすぐ素焼きの窯だし。80度くらいから下がるのがあんがい遅くてやきもきします。
窯だし前に更新更新。

アドベンチャーワールドは、近年、希少動物の繁殖を次々成功させています。
今年の目玉はコウテイヒナの親による育雛と
ホッキョクグマの赤ちゃん(人工保育)でしょうね。

ホッキョクグマの赤ちゃんはちょうど公開が始まったところで
以前コウテイヒナを人工保育していたとき公開していた場所と同じ、屋外のガラスばりの展示室です。
日蔭で風が強いですから、見に行く方はしっかり防寒してください。

体重はまだ1キロあまり。

d0123492_10104174.jpg


ねんねしながら・・・

d0123492_1011568.jpg


d0123492_10114183.jpg


あくび~~~

d0123492_1012921.jpg


むにゃむにゃ・・・

d0123492_10125872.jpg


足の裏がぬいぐるみっぽい・・・。

d0123492_10142988.jpg


クマの赤ちゃんはほんとにかわいらしいですね。
可愛くて人気のクマといえば、大熊猫。

すりすりすり・・・・

d0123492_10161256.jpg


なんだかわかりませんが、壁におしりをすりすり。
観客にはビミョーな空気が流れていました。

おもむろに前屈。

d0123492_10181023.jpg


この姿勢は・・・・

d0123492_1019748.jpg


これですか?

d0123492_10195726.jpg


まあ、広い運動場があるとはいえ、食っちゃ寝ばかりでは体によくありませんからね。

運動場には2匹、おとなのパンダがいたのですが
たしかこどもパンダもいたはず??

家に帰ってからパンフレットをよく見たら、ちょっと離れた場所に
「希少動物繁殖センター パンダラブ」
という新しい施設がありまして
そちらには3歳の海浜、陽浜、1歳の優浜の3頭がいたらしいです。

残念!

まあ、茶色いおとなパンダも味わい深いものがありましたが
これから行かれる方は、ガイドをしっかりチェックしてくださいね。


長くなりますので、つぎの更新で
ダンナが上手に撮ったコウテイヒナの写真をご紹介しますね。
[PR]
by kozakurapon | 2013-12-04 10:31 | おすすめ鳥スポット | Trackback | Comments(2)

アドベンチャーワールドはベビーラッシュ! その1

今年も和歌山のアドベンチャーワールドでは、コウテイペンギンのヒナが生まれました。
以前見に行ったときは、人の手で育てていたのですが
今年は違います。
なんと、親ペンギンがつがいで育てているのです!!

こんな姿が見れるってこと!?

d0123492_1251777.jpg


こんなことって、世界中の動物園でもそんなにないんじゃないでしょうか。
NOMAMISEにむけての制作が山場を迎えておりましたが
ペンギンヒナに会うために必死で作業を進め、
合間になんとかアドベンチャーワールドに行ってまいりました。

ここはエントランスも広々として夢があり、いつもワクワクさせてくれます。
d0123492_12515931.jpg


まずはコウテイペンギンヒナのもとへ!
前回は人が育てていたので、ペンギンヒナはガラスばりの屋外の展示場。
見る人は日蔭で吹きっさらしの寒いところで見なくてはいけませんでしたが→前回のようす
今年は親子なのでほかのペンギンたちと同じ展示室にいるもよう。

ペンギン館に向かうとそこにはジェンツーペンギンやキングペンギンがいました。
彼らもタマゴを持っていたり、ヒナを子育て中。
d0123492_133033.jpg

(↑これだけでもじゅうぶん他の動物園なら話題になることなのですが、
ここではコウテイヒナの希少性にかき消されて普通のことになってしまっています。)

ヒナの体重測定。怒るジェンツーペンギン母。
「うちの子に何すんねん!」
d0123492_1342155.jpg


全国にペンギンの施設はあれど、私はここが一番好きです。
たくさんいるので子供の邪魔にならずに見れるというのもいいし、種類も多い。
ここだけでも半日過ごせそうな感じでしたが、
いかんいかん、コウテイヒナはどこに??

となりの海獣館のほうでした。(笑)

d0123492_1373864.jpg


あ~、いた~!

d0123492_1383143.jpg


ああ~寝てる~!

d0123492_1392636.jpg


ああ~、掃除しにきた飼育員さんから、ふたりでヒナを守ってる~!

いい大人がペンギン見て喜んで、見ればわかるようなことを叫んでいましたら
ペンギンアート展スタッフ、ぺんちん夫妻とさったさんと遭遇!
誰かに会うかもとは思ってたけど、まさかこんなにバッチリ同じ時間に会うとは驚きでした。
他にも誰かいたかもしれませんね。
だってこんな人だかり。(ほとんど大人)
とある動物番組も取材に来ていましたよ。
d0123492_1316776.jpg


11月30日(土)現在でヒナの大きさはこのぐらい。
d0123492_1325831.jpg

もう親ペンギンのおなかに入り込めない大きさです。
自然の状態では父母が交代で育て、このぐらいの大きさになると
ヒナの集団を形成するころかと思います。(クレイシ・フランス語で保育園)
d0123492_13243480.jpg


成長も早いと思われますので、今週末はかなり大きくなってると思いますが、
公開が始まったばかりのシロクマの赤ちゃんは見ごろと思われますので
ぜひ足を運んでみてください。

そしてペンギン海苔トッピングのラーメンをどうぞ。(笑)
d0123492_13291934.jpg


シロクマの赤ちゃんやパンダなど、ほかの動物については
次の更新にて。
[PR]
by kozakurapon | 2013-12-03 13:29 | おすすめ鳥スポット | Trackback | Comments(0)

とり村訪問記・後篇

わすれないうちに後篇です。

2階の鳥さんたちに別れを告げて階下に。
(シロちゃんに「バイバイ」と言ってもらいました。)
今回の訪問の大事な目的、
おぴ~@とうもとさんと岡本勇太さんの展覧会を見ました。
岡本さんはお知り合いではないですので、作品の撮影は控えました。

岡本さんはオーストラリアで野生のインコ、オウムたちの写真を撮っておられます。
学生のころ、セキセイインコの野生の群れの写真を見て
いつか本物を見てみたい・・・と思ったものです。
数年前に豪州に行く機会があり、コアラ保護施設のトイレの前で
モモイロインコがたむろしていて狂喜しました。(笑)
鳥と出会った素直な感動や喜びが感じられる写真だと思いました。

おぴ~さんの作品はさすがの貫禄。
会期前半・後半に分けて、展示作品を掛け替えられたそうです。
d0123492_20255987.jpg

おぴ~さんに撮ってもらった鳥さん(の飼い主さん)はラッキーです。
絶対自分では撮れない、決定的に可愛い瞬間をキッチリ撮ってくださいますから。

私のもとストーカー、TSUBASAのアイちゃんの写真もありました。
写真の下に、こんな写真説明書もちゃんと展示してあって笑いました。
d0123492_20285481.jpg


ポストカードや生写真もたくさんの種類用意されていて
どれにしようか目移りして困りました。
やっとこれだけ選びましたよ。
d0123492_20303127.jpg


入り口すぐのスペースは鳥の飼育用品などが販売されています。
お留守番のぽんぽんと茶々のために、無農薬赤粟の穂を買いました。
あと、茶々のおもちゃにいぐさ?でできたボールと
カラフルな糸巻きが皮ひもでつながったおもちゃ。
(しかし、超こわがりの茶々はおもちゃも粟穂もこわがって近寄りませんでした・・・)

*****

ところで、2階の鳥たちに会うのに職員さんが同行される理由のひとつですが
とくに大型のオウムやインコは、時々噛みつくことがあります。

インコやオウム類の噛みつく力は、ペンチなみ。

千葉の施設と違い、ここは鳥好き以外の一般の方でも訪れる可能性がある場所です。
鳥初心者の方で、噛まれ慣れてない(笑)方のために、こんなシールを用意されました。
d0123492_20454327.jpg

このシールを貼った方は、とくに注意して
職員さんが守ったり、接し方をアドバイスするわけです。
細かい配慮が行き届いていますね。

細かい配慮といえば、トイレの可愛さ。
d0123492_20492239.jpg

壁紙まで鳥柄でかわいい・・。

*****

あっというまに見学時間が終わり、
駅まで送っていただきました。
毎週のように通われる方もおられるそうで、それもうなずける
暖かい配慮のある、いい施設だと思います。

ところで、ちょっと小耳にはさんだ企画をご紹介します。

TSUBASAのスタッフブログ「彩玉とり村日記」より←クリック

なんと、TSUBASAの2階にいる、
オカメインコのスポンサーになって
名前をつけることができるそうです。

(スポンサーですので、有料です。)
住宅事情などでインコを飼いたくても飼えない方もおられるでしょう。
この機会にあしながおじさん?になってみられてはいかがでしょうか。
d0123492_2132882.jpg


またなにかとり村で素敵な企画があれば、
ご紹介していきたいと思います。
[PR]
by kozakurapon | 2011-03-01 21:13 | おすすめ鳥スポット | Trackback | Comments(18)

とり村訪問記・前篇

先週土曜日、とり村に行ってきました。
お友達のおぴ~@とうもと(・Θ・)さんと
岡本勇太さんの写真展を見に行ったのです。(現時点では終了)
あと、ご依頼いただいて描いた自分のイラストが
どう活用されているのか見たかったというのもあります。

TSUBASAの新施設とり村。
東武東上線柳瀬川駅が最寄ですが、距離があるので
事前にとり村のほうに連絡しておけば、決まった時刻ですが送迎もしてくれます。

電車のなかでコンゴウインコ柄のバッグを持った女性を見かけて
たぶん・・と思っていたらやはりとり村に行かれる方でした。
十三うっとりまつりでご一緒したらしい(すいません・・・たくさんおられたので覚えてない)
ミホさんという方で、ドウバネインコを飼っているということ。
もう何回も通っておられるそうです。

やがて2時になって送迎車が来ました。
なんとこの日の送迎バスの運転手は、TSUBASA代表・松本さんでした。
この方、半導体メーカーの社長さまですよ!偉いんですよ。
つねに控えめな態度で、周囲をさりげなく気づかっておられました。
ほんとに偉い人は無理に偉ぶらなくても自然に人が敬うものです。

とり村入り口のとりかごアーチ?は
松本代表みずからホームセンターの園芸売り場でみつけた掘り出し物。
これから大きなとりかごに入るという感じで
まるであつらえたかのように、とり村にピッタリです。
d0123492_126262.jpg

入ってすぐに、鳥の飼育用品などが売っている売店スペースがあり、
飼い鳥を遊ばせて交流できるバードラン用の部屋、
その奥は展覧会やフォーラムが開けるスペースになっています。

2階が鳥たちのいる所。
事前予約が必要で、職員の方が同行することになっています。
2階には車いすでも上がれるよう、リフトも設置され
人体に無害な消毒液が空間に噴霧されるなどの防疫対策もされています。

2階上がってすぐの部屋が、オカメインコなど小型の鳥さんたちの部屋。
ここには小さな滝があって、天井に大きな木が組まれ、
少し薄暗くて落ち着いた空間。
d0123492_12232345.jpg

かなり高い位置に鳥達がいるので
鳥が見えないという声もあるみたいです。
でも、ここは鳥の保護施設なので
鳥たちにとってはこのほうがいいのではないかと思います。
気が向いたらそばに来てくれる程度でいいかな~と。

となりの大型インコ・オウム部屋に行く前に、
ウンコよけのレインジャケットが配られました。確かに必要!(笑)
d0123492_12342371.jpg

大型の部屋はたしかに前施設・千葉のCAKに比べれば狭いかもしれませんが
横に空間が広かったCAKより、こちらはかなり上に広い。
d0123492_12363715.jpg

d0123492_12371914.jpg

自然の空気が入るように、天窓が開くようになっています。
あと、目立たないことではありますが、室内の手すりや金網類はすべてステンレス!
錆びないこと、鳥たちのクチバシの力に負けないためです。
ステンレスはすごく高いけど、こういうところにお金をかけるのはすごく納得できます。

千葉のときも鳥たちは楽しそうにしていましたが
こちらではもっと楽しそうな感じがしました。
やはりたてに広い環境、もともと人に飼われていた鳥たちですから
訪問者がいい感じの人数あって退屈しないのかな、とも。
d0123492_12444419.jpg

和んだり(笑)
d0123492_12453276.jpg

隠れたり
d0123492_1246372.jpg

アイちゃんも今日はウロウロせず、ずっととまって和んでました。
ごきげんだったシロちゃん。
遊んでくれと背後から足で服を掴む。(笑)
d0123492_12501278.jpg

シロちゃんは芸達者ですが、ご機嫌によっては危険なときがあるので
かごに入っています。
今日はご機嫌で、頭かいて~とおしつけてきたり、
脇の下かいて~と翼をひらいて、背中をおしつけてきたり。(反対向きやがな!)
TSUBASAの柴田さんに「気をつけてくださいね~」と
警告されながら、じっくりカキカキ、いい子だねと話しかけました。

職員さんが同行されますが、鳥は自然の生き物です。
機嫌が悪かったり、驚いたときは噛んでしまうこともあるでしょう。
ここは娯楽施設ではなく、あくまでも鳥の保護施設です。
各自自己責任をもって、十分に気をつけて接することが大切だと思います。

部屋にも来る途中の廊下など、いたるところに
私の冬眠中の作品(笑)イラストを掲示してくださっています。
d0123492_1321118.jpg

鳥たちへの注意看板(例・糞をするときは下をよく見ましょう)
d0123492_138247.jpg

人間たちへの注意看板(例・糞の落下注意)
d0123492_1385442.jpg

に分かれています。
部屋ごとに違いますので、行かれた方はぜひご覧になって楽しんでくださいね。


後篇では1階・おぴ~さんたちの写真展などをレポートします。
[PR]
by kozakurapon | 2011-02-28 12:53 | おすすめ鳥スポット | Trackback | Comments(8)

コンゴウインコのいる喫茶店

神戸方面に行かれる用事があれば
王子公園(王子動物園)のすぐ前にある、インコのいるお店にも寄ってみられては。

カフェばやりの昨今ですが、ここは純然たる喫茶店です。
「茶房プリンス」
開店60年にもなるそうですが、開店当初からずっとこの店の顔は
このルリコンゴウインコ。ほぼ店と同じ年齢です。
d0123492_844569.jpg

鳥の好きな方は大型インコやオウムが
人間なみに長生きなのを知っておられるとは思います。
このインコさん(私より年上)はさすが落ち着きがあって
通る人がいくら「オハヨ!」と大声を出そうが
写真撮ろうがまったく動じません。
中から見ていると、あれこれインコにしゃべらそうと騒ぐ通行人が
滑稽に見えるくらい落ちついています。
d0123492_8523186.jpg

猫やカラスに襲われる心配もありません。
このインコのほうが強いから。(笑)

この喫茶店は王子動物園の目の前という立地もあり、
どうやら昔から画家の方がよく利用されているようですね。
美術展のチラシやハガキがあり、店内は画家さんの絵がたくさん飾られていました。
二期とか二科とか独立とか、ちょっと年配の
古き良き時代の画家さんのサロンという感じです。
動物園によく画家はスケッチに来ますから、休憩にはぴったりでしょう。

珈琲は350円ですが美味しくてびっくり。さすが老舗です。
サイフォン式というんでしょうか、理科実験みたいな器具で淹れてくれます。
60年続くのもわかる気がしました。
昭和の香りがする非常にシンプルなメニューですが、
喫茶としての基本に忠実で、安心感があります。

お店の方は鳥マニアではなく、犬や猫を飼うのと同じような感覚で
普通に大切にこのインコを飼ってる感じなので、
あまりマニアックな質問とかをしないようにしてください。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2009-06-10 09:16 | おすすめ鳥スポット | Trackback(1) | Comments(18)

鳥アクセサリーをオーダー

個展のとき、私が身につけていた鳥モティーフのアクセサリー。
何人かの方から「どこで買ったんですか?」との質問をいただきました。
d0123492_2222091.jpg

これは実はオーダーメード。
しかも安いです。(3000円前後)
お店を紹介してほしいとのご要望にお答えします。
神戸のJR元町駅がもよりです。
トアロード(坂道)を駅から山側に向かって左側を歩き、
まもなく難波古道具店の角を左に曲がります。
d0123492_2211264.jpg

一筋目を左に曲がると、ポールスミスの店が見えます。
その2軒ほど先にあるお店「Beautitude」(ビューティチュード)です。
d0123492_2212034.jpg

ここの店長さんはなかなか武田真治似のイケメンです。
最近髪型変えたらブラマヨの肥ってる方に似てると言われてショックだそうですが。(笑)

わたくしこの方を勝手にスタイリストにしています。
服探すのってしんどいし時間もかかるので苦手なんです。失敗も多いし。
でもこの店を知ってからラクでしょうがない。
この店長さんにコーディネートしてもらえばいいのです。
しかもここは手ごろな値段(カットソー3000円前後、ワンピース一万円前後)。

いつも店長さんはシャイな感じで微笑つつ、コホッとちいさく咳をする癖が
母性本能をくすぐるのか?
独身OLにモテモテの模様。いつ行ってもひとりで入ってくる女性が多いんですよ。
私はこの店長さんの絶対似合うものを探してくれる手腕と
プロ根性と手先の器用さにほれ込んでおります。

手先が器用。これ重要です。
店にあるアクセサリーのほとんどは彼がパーツを組み合わせて作っているのです。
わりと動物モティーフのセンスがありまして、先日はこんなものがありました。
d0123492_22285016.jpg

写真がわるくてごめんなさい。

いちばん左はハリネズミのパーツをふたつ重ねたものです。
樹に鳥のついたパーツのネックレスは、
背中側のチェーン端にも小さい鳥パーツをつけてあるのがセンスのいいところ。
ピアスもあります。

これでは物足りない、と思ったら、店長さんと話し合いながら
スワロフスキーのビーズなど、ほかのパーツを自由に組み合わせて
自分だけのアクセサリーをささっと作ってくれるのです。
d0123492_2220998.jpg

こんなオウム?パーツもありましたが、
これはちょっと個性が強すぎて、店長さんも思わず仕入れたものの
どうしたらいいか困っているパーツだそうです。
主張が強すぎて目線がすべて鳥に行ってしまうから難しいらしい。
(そんなこと言ったらオカンはどうなん?)

今回こんなかわいい鳥の羽根のついたものがあったので
d0123492_2236650.jpg
みなさんが個展のときに持ってこられた愛鳥の羽根を思い出し、
だめもとで店長さんに、「自分で愛鳥の羽根を持ってきたら
金具をつけてパーツにしてくれますか?」
と聞いたところ、OKとのことです!

あんまりでかい軸の羽根は金具にはまらないと思いますし、
長い尾羽根なんかは長過ぎてデザインしにくいでしょう。
何枚か持っていって相談してみてはいかがでしょうか。

ブログにのせるので鳥好きの方が何人か来られるかもしれないから
子供っぽくならない、ペンギンやインコ柄の服を
気をつけてさがしておいてくださいと店長さんに言っておきました。

鳥好きの方は良質な鳥柄の服を探しておられますよね。
ここの店長さんに頑張っていただきましょう!
(ごめん店長さん・・・)

*****
「Beautitude」(ビューティチュード)
神戸市中央区北長狭通3-12-3
リーストラクチャー・トアウエストビル1階
不定休。昼12時~夜8時まで営業。
℡078-333-1031

★場所がわかりにくいかもしれませんので
 迷ったら電話してください。
[PR]
by kozakurapon | 2009-06-07 22:56 | おすすめ鳥スポット | Trackback | Comments(12)

京都にもインコカフェ!?

今日は個展のDMをギャラリーに補充するために京都に行きました。
お昼をどこで食べようか。そうだ、京都にもインコのいるカフェがあった!
イノダコーヒ本店です。
d0123492_22312373.jpg

みなさん間違えないでくださいね。イノダの本店だけですから。
堺町通のほうですからね。私の個展会場からは歩いて5分くらいです。
イノダコーヒは町家の店構えなんですが、奥は広く
中庭はオープンカフェになってたり、二階席もあったりで
けっこう広いうえに落ち着いた雰囲気でゆっくりできます。
一階のトイレの前にインコたちはいるのです。
(冬は寒いので出ていません。)
d0123492_22342372.jpg

外国の町の一角のようですが、これトイレの前です。
ゴキゲンだったオカメインコちゃん
d0123492_2243680.jpg

のんびりねむねむボタンちゃん
d0123492_22441193.jpg

オキナもいたのですが・・
なんだかとてもごきげんななめ。
すごく怒っていたのであまりじろじろ見ないようにしたのですが・・
うずくまって、毛をふくらませてブツブツ。どうしたんかな?
d0123492_22483468.jpg

インコたちを食事をしながらは見れませんが、
わたしの個展に来られる鳥好きの方はここで休憩されてもいいかもしれませんね。
メニュー自体は昭和の香りがします。(笑)
パスタじゃなくてスパゲッティと呼ぶにふさわしい。
麺はなつかしのモチモチのふっとい麺。私はけっこう好きですけどね。

もうひとつ、京都のおみやげ情報を。
私は京都の〇カシマヤデパ地下愛用派です。
ここの和菓子売り場はなかなか気がきいているのです。
よく見ると以前はなかなか現地でしか買えなかった老舗の和菓子が
ここでけっこう買えるんですよね。
金平糖の〇寿庵清水、嵐山の〇村軒・・・

しかしとくに気に入ってるのは、お茶席の主菓子用の高級和菓子が
数店のを一個から買えるコーナー。
季節にあわせた芸術品のような和菓子を見くらべて買えるたのしみ。
一個350円以上しますが、この美しさ、美味しさなら納得。
d0123492_2374460.jpg

右が紫陽花。左は苺。それぞれ違うお店のものです。

京都に引っ越す前はほんとうの和菓子の美味しさなんて知りませんでした。
スーパーで売ってる和菓子でも十分美味しいと思っていました。
でもお茶の体験講習で、ほんもののお茶席用花見団子を食べて感動!
そのまま和菓子食べたさにお茶を習ったくらいです。(いやしい動機)

日持ちしないので、当日中に召しあがれるならおみやげにいいかも。

わたしの個展は遠くから来ていただく方が多いです。
個展だけじゃなく、前述のインコ風呂などいろいろ組み合わせて
京都の一日を思いきり楽しんでいってくださいな。
[PR]
by kozakurapon | 2009-05-12 23:30 | おすすめ鳥スポット | Trackback | Comments(10)