ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2017イベント報告( 5 )

でカピバラ 箸やさんの娘になる

個展の時に非売品にして、暖炉の中に展示していた
「でカピバラソーラーライト」
譲って欲しいとお問い合わせをいただき、
お迎えが決まりました。

うずらギャラリーを出て、三条通りを西に、一本めの御幸通を北にまっすぐまっすぐ。
御池通りを突き抜けてまだまだまっすぐ。3本目の夷川通に来たらちょいと西に。
うずらギャラリーからは15分ほどでしょうか。

「箸ぞうくん」という、
自力で食事をすることが困難な方をアシストする自助箸の
製造販売をされている会社のギャラリーに行くことになりました。

でカピバラがどんなギャラリーに置いていただけるのか
そしてお箸にとても興味がありましたので、
今日、ダンナと一緒に車で納品に行きました。

うずらギャラリーのオーナーさんに輿入れの話をお聞かせしたところ、
パートナーさんと一緒に、ぜひ立ち会いたいということで
みんなでお伺いしました。

d0123492_22174041.jpeg
d0123492_22185024.jpeg
d0123492_22201798.jpeg
↑お花を頭に飾って輿入れのお祝いとしました。
私がいつもお世話になっている岸和田のギャラリー、
コペリトのオーナーさんのお友達で、個展にもお越しくださった奥様が
キングペンギンのループタイをつけて、暖かく迎えてくださいました。

d0123492_23370565.jpeg

この辺りはお洒落な雑貨店、ちょっと個性的なギャラリー、古道具やが軒を連ねていて
私も京都は長く住んでいたのに、こんな面白い通りがあったなんて知らず。
ノーマークでした。京都は奥が深い。

道に面しているので、カピバラを置いたらすぐに、
道行く人が二度見していて、面白かったです。


さて、このギャラリーの自助箸。


私も数年前に自助食器を作り、友人作家たちと
「じぶんでたべるうつわ展」を開催したことがあったのです。

病気で身体が思うようにならなくなった方が、
自力で食事をしたいと思うと
アシスト機能はあっても味気ないデザインや材質の食器を
使わざるを得なくなる悔しさ、
機能性とデザイン性を両立し、健常者も使いたいと思えるような食器はできないか。

そう思ってやってはみたし、注目も集めましたが

これを必要としているお客様は、l障害の程度や段階、体力などがそれぞれ違う。
個々の注文製作として作るのであればできるけれど、大変手間と製作費用がかかる。

多くの人にとって使いやすいものを買いやすい価格で提供するのは
とても難しいという、結論でした。

それを事業として成功させ、
ちゃんとクリアしているクリエイターが、ここにおられたのです。


最初はこのタイプの、先端が下を向いた、トングに似たデザイン。
d0123492_23024518.jpeg
おしゃれですが、トングっぽさが目立ち、普通の箸ではないという印象があります。

それを改良。先端が机と平行で、掴みやすく浮いているが
普通の箸がはし置きのようなものに乗っているかのような自然な形に。

d0123492_23045292.jpeg
使う時には台の部分が隠れ、普通の箸にしか見えないのが素晴らしい。↓
d0123492_23064583.jpeg
そして、病気の後遺症で手が握った形に固まってしまい、カトラリーが掴めない人には、
カトラリーに手を合わせるのではなく、手にカトラリーを合わせてしまえという発想。

自由に角度が曲げられ、手の握り込みの角度に調節できるこのスプーン。↓軽い!
d0123492_23101928.jpeg
d0123492_23110030.jpeg
そして、認知症が進み
指でカトラリーを掴んで使うという動作が困難になった人に。
d0123492_23134996.jpeg

ものをてのひらにあてるとぐっと握る、「把握反射」という
赤ちゃんができる原始的な反射運動がありますが

それを利用したものがこれ。
実際にこのカトラリーを握ると、手のひらが自然に包み込む動作をします。
d0123492_23180623.jpeg
私はこの↑カトラリーには特に感動しました。
見た目も可愛くて、自然に握れて使いやすいのです。


自分が目指して得られなかった答えを、ここに出している人がいて
それが並んでいる場所に、マスコットとして私のでカピバラがいることが
本当に嬉しい。


「箸ぞうくん」ギャラリーはここにあります。↓
d0123492_23270300.jpeg

ぜひ、でカピバラを見るついでに、
ここのカトラリーに触れてみてください。




(^-^)












[PR]
by kozakurapon | 2017-12-09 23:37 | 2017イベント報告 | Trackback | Comments(0)

2017個展「インコ侍見参」終了しました。

準備にあんなに時間がかかったのに、あっという間に楽しい時間は過ぎていきました。

紅葉シーズンで満員の京都まで、お忙しい中時間を作って、また遠くからわざわざお越しいただき、本当にありがとうございました。
d0123492_19552345.jpeg
初日の開始直後30分間はひとり一個のみキープ可能、という
私独自のルールも、きちんと守っていただき、
私がトロいせいで、レジ待ちの長蛇の列ができても、
誰も文句も言わず、じーっと待っていてくださる。
私の、作品の渡し忘れなどのアホなミスを優しく指摘してくださる。(笑)
私はお客様に恵まれているなあと感じました。
d0123492_20102408.jpeg

今回もお友達や家族のおかげで、
何とかみなさんに喜んでもらえる個展ができました。
d0123492_20112311.jpeg

今回は玄関に用意した大きなポスターの、
インコ侍、という言葉に反応して
いつもの顧客さんだけではなく、一般に埋もれた?
インコをむかし飼っていた方たちが続々と入ってこられました。

子供の頃に触れた生き物の暖かさ、匂い、
たくさんくれた喜び、別れの切なさは一生忘れることはないですね。
いろんな方に、それぞれのインコとの想い出があり、
インコ話に花が咲きました。

また、インドネシアの駐在員の奥様で、一時帰国されていた方が、
わざわざ観に来て下さいました。

バリ島みたいな観光地なら街歩きも楽しいでしょうが、
ジャカルタは都会で、渋滞し、道が悪くて外出もままならず。
そういう中で、私のアホ全開のインコ侍の連載を
楽しみにしていただいていたそうです。
ご感想が生で聞けて嬉しかったです。ありがとうございました。

今回は、2年ほど前から熱心にリクエストしていただいていた、
抹茶茶碗を作りました。
お茶を日常で楽しむ方はそんなにいないと思っていたら、
予想以上の反響で、10個以上準備したのに、一個しか残りませんでした。

忙しい毎日に、ちょっとお茶を淹れていただく。
そんな、ちょっとした心の余裕、贅沢を楽しんでもらおうと思います。

d0123492_20255929.jpeg
ちょっと早いけど、ひな人形も人気でした。
陶器のお雛様の良いところは、独特の高級感とともに、
ホコリが溜まったら水洗いできるということもあります。(//∇//)
d0123492_20291302.jpeg
d0123492_20295562.jpeg
壁面が寂しいので、初日前日に墨を磨って、水墨漫画を描きました。
皆さん予想以上に喜んでくださり、良かったです。

d0123492_20314744.jpeg
前にご紹介したラブバードカフェcherryさんと、インコ守りのある因旛堂さんを、
インコスポットとして回った方も多く、晩秋の京都を楽しんでいただいたようでなによりでした。

搬入、搬出、会場の管理など、
うずらギャラリーのオーナーさんには大変お世話になりました。
来年は東京で個展を考えているので、
再来年くらいにまたお世話になるかもしれません。

この個展が終わると、
3月か4月の、川西のNOMAMISEまで、私は冬眠に入ります。
作りためて、6月に予定されている
阪神百貨店のイベントなどに備えようと思っています。
また、良かったらお越しくださいね。






( ^ω^ )




















[PR]
by kozakurapon | 2017-11-27 20:42 | 2017イベント報告 | Trackback | Comments(0)

ペンギンアート展2017東京 終了しました

2017ペンギンアート展東京、終了しました。

台風が接近する中、足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました!
ずいぶん昔からネット上でおつきあいがあるのに、
初めてお会いできた方もたくさんおられました。
東京まで行ってよかったです。

いつもアート展では、お客様に作家別にメッセージを書いていただき、
それをいただけることになっています。
自筆で感想をいただけるのはとてもうれしいことです。
今回も20人ほどのお客様から心のこもったメッセージをいただきました。本当にありがとうございました。

d0123492_2135272.jpg


今回は、ほんとうは大きい作品を3つ作る予定でしたが
参加人数が史上最高だと聞いていたこともあり、ちいさいものばかりに変更しました。

d0123492_2144857.jpg


おかげさまでループタイ1個が遠慮のかたまりとして残っただけで
あとはすべてお迎えされました。
アクセサリーづくりが苦手な私ですが
今回のループタイは結構実用的なのではと思っています。
ほかの鳥やオカンカーメンでもつくれそうです。


アート展はもともと物販がメインのイベントではありません。
ペンギン好きの文化祭、という意味合いが強いです。

昔から参加している身としては、年々大きくなるこのイベント、
たまたま運営しているボランティアスタッフが有能であったがゆえに
完璧に運営すればするほど、営利目的ではないことがわかってもらえず
完全ボランティアの運営スタッフの負担が増え、
スタッフ自身がこのおまつりを満足に楽しめなくなっているのでは、と危惧してしまいます。

物販はたのしみのひとつでもあり、
ここまで大きくしてしまったあと、また縮小するのは難しいものなのかもしれませんが、

このままいけば、コミケのような大規模なものにせざるをえなくなってくると思います。


私は、物販はいっそなしにして、作品を売りたい人は、
自分で予約をとるなり、サイトや後日の販売イベントに誘導するチラシを置くなどして、
後日販売するといいのではと思います。

今は昔と違い、通販サイトが充実しています。
なにも運営側が販売まで代行しなくてもいいのではないか。
カードもつかえてお客様も便利なのでは。

今回、去年の大阪でのグループ展「通ペン閣のペンギン展」の仲間たちと
「チームビリペン」というグループをつくり、
ビリペンさんを再び展示し、その横で手作りの「ペンとりうらない」という
おみくじのようなものを無料で配りました。
ペンギン好きあるあるみたいな内容で、みなさんに楽しんでいただけたようです。

d0123492_21625.jpg


わたしの描いたおみくじ。これをコピーし、8枚に切り分けました。
d0123492_2183650.jpg


他のビリペン仲間のも完成度が高く、面白いです。
これだけでグループ展ができそうなくらい。


ビリペンさんの横になにかあるぞと思ったら、
参加者のからくりアーティストのtakoyaさんが
即興で米粒大の「ミリペンさん」「ペリケンさん」を作ってくれてました。
こういう即興アートコラボもいいですよね。

d0123492_2193623.jpg


また、ペンギンのついた服や小物でお洒落して来る方が多かったので
飛び入りファッションショーとか。

ペンギン会議は私は行ったことないのですが、
そのような感じで、南極のペンギンの調査をされている方のお話を聞く講演会があったら。

昔のように、ペンギン折り紙など、子どもも楽しめるワークショップをしたりとか。

販売をやめるだけで、もっと幼稚園児とか、
アートのプロではない人も参加しやすいシステムになるのでは。

販売は参加作家が寄付した作品のオークションのみにし、
その売上げは全額運営費にあてることにしては。

どうしても販売も必要とあれば、
一箱古本市のように、
委託はナシで、各自が規定の大きさのふろしき一枚に入るだけのぺものを
自己責任で管理、販売するように、時間帯と場所を設定?

今までの良さも生かしながら、
どうにかボランティアスタッフの負担を少なくし、
彼らももっと楽しくペンギン愛を語り合える余裕を作りたい。

もっと文化祭寄りのことで楽しめるようにしてもいいのではないかと思います。


いずれにせよ、アート展は今、転換点にきていると思います。






アート展は今年で20年目と聞きました。
わたしは第三回から参加していて、時の流れを感じます。

あのころからどれだけ進歩しているか?(汗)

周囲のがんばりに刺激を受けつつ、自分は自分、わが道を進もうと思います。

今回の東京行きで、また面白い企画に参加することになったり、
来年はたぶん関東で展示やります。

これからも応援よろしくお願いいたします。

さて、つぎは11月23日~26日、京都 うずらギャラリーでの個展。
京都の、一年で一番人の多い連休にぶつけてしまいましたが、
またDMできたらお知らせします。

ぜひお越しくださいませ。






*****
[PR]
by kozakurapon | 2017-09-24 02:28 | 2017イベント報告 | Trackback | Comments(0)

「心うるおう小鳥ガーデン2017」無事終了しました。

終わってみるとあっというまでした。

阪神百貨店「心うるおう小鳥ガーデン2017」終了しました。
お忙しいなか、時間を作ってお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

おかげさまで、特にはしおき類は、開催前からツイッター上で話題になっており、
人気作品は1000ふぁぼを超えてましたので
初日はもう、並べられるだけ並べました。

ディスプレイなんていうもんじゃありません。そんな感じでしょう?(笑)↓

d0123492_23412854.jpg


初日は早朝から風雨実験のような大雨で
こりゃ誰も朝からは来ないわと思っていたのですが、
開場と同時に黒山の人だかりで、ありがたいやらびっくりするやら。

そしてみなさん、私が勝手に決めた、
開始30分間は1個だけキープのルールをきっちり守ってくださいました。

おかげさまで、引っ込み思案の方にもチャンスがひろがり、
みなさんの満足度が上がったと思います。
ご協力、本当にありがとうございました。

オカンカーメンものが石鹸入れしかなかったので、
オカンはどこかとたくさんの方に聞かれたため、
オカンカーメン発掘キットを急きょ用意。

眠れる砂のオカンの髪のなかに隠された、
さしてありがたくないお言葉が書かれたペンダントを
そっと引きだしてもらうというお遊びです。

最終日にはこんなにさびしくなりました。

d0123492_23572646.jpg


会期中は時間を決めて、毎日当番に出たのですが
お客様とお話ししていたら、
こちらがあまり覚えてなくて申し訳なかったのですが
かなり昔からのお客様がかなりの数いらっしゃることに気づきました。
10年以上のお付き合いの方、けっこうおられました。

みなさん、あたたかく見守ってくださってありがとうございます。


今回はほぼ同年代の作家さんたちと、いろんな話をしました。

百貨店の催事はなかなかハードです。
私は朝10時から夜8時までずっといるのはしんどいので
業者さんに支払う手数料を多くして、好きな時間に来れる契約にしているから
まあラクでしたが、

そうでないフルタイムの契約の方は
制作や準備で疲れ果てたあとで、一週間毎日9時間近く立ちつづけるのはもうたいへんです。

私よりもうちょっと上の年代の作家さんから、
ギャラリーや百貨店からひっぱりだこで売れっ子だった友人作家が
3人も、病気の発見が遅れて亡くなったと聞いて、
さもありなんと思いました。

ワークライフバランスは大事です。

自分がどこを目指してこの仕事をすればいいのか
実は去年の確定申告のあたりからずっと考えていたのです。

生活がかかっていないからいいわね、いいご趣味ねと
肩書を見ないと作品の良しあしも判断できない人達に言われると
一生懸命やっていることなので、ちょっとモヤッとするけれど

なんかもう、そんなことよりも、
私は、私のために、私の大事な家族との生活を守りながら
作品を楽しみにずっと見に来てくださるお客様のほうを向いて
最高のパフォーマンスのできる場所を選んでいこうと思います。

そんなわけで、みなさんの前に出る機会はそれほど多く持てませんが、
そのぶん、ひとつひとつの機会を大切にしたいと思いますので、

よかったら、これからも私についてきてくださいね。


*****

ところで、7月3日から、クラフト作品販売サイト「iichi」の
作品代金10%オフの、サマーセールが始まります。

カピバラもの、ラッコのマグカップ少々、チンチラスプーンレストや花瓶、
今回の小鳥ガーデンで帰ってきたものから少し、出します。

事前にどんな作品を出すか、全体写真をツイッターなどで公開しておきますので
欲しいものがあれば、早い者勝ちにはなりますが、お求めください。

ツイッターなどで更新情報は流しますが
あらかじめiichiのサイトに登録しておいてください。

すると、サマーセールのクーポンコードがメールで送られてきますので、取得してください。
そして私をお気に入り作家に登録しておくと、
私が作品を出品すると、すぐに通知が行きます。

今のところ、7月3日(月)の夜10時頃、更新を予定しています。

追記 すみません。夜11時に変更します。

今回は高額品ほどお得なので、大きいものを中心に出します。

はしおき類は数も種類も少なくなってしまったので、
8月10日からのラブバードの日「Net de 夏まつり」で出すために
これから作りますね。

よろしくお願いいたします。




(^^)
[PR]
by kozakurapon | 2017-07-01 00:43 | 2017イベント報告 | Trackback | Comments(0)

2017小鳥ガーデン・私の作品販売についてのおねがい

いよいよ明日から、「2017心うるおう小鳥ガーデン」がはじまります。

しつこい咳の風邪に悩まされてきましたが、ようやくましになってきてホッとしています。

ツイッターで作品の画像を出したりしてますと、作品によってはたいへんな反響をいただきまして
初日の開店直後を狙って来てくださる方も多いようでありがたく感じています。

ただ、過去の百貨店イベントの時もありましたが
要領のいい方はサッサと何点もかごに入れていかれますが
そうでない方は早起きして並んだのに、欲しいものが一点も買えなかったりしました。

そこで、みんながちょっとずつ満足できるやりかたを
今回の初日と土曜の朝のみ、実施させていただきたいと思います。(私のブースのみ)

d0123492_1563921.jpg


d0123492_157948.jpg


初日と土曜の朝にかぎり、10時開店から30分間は、おひとりさま1点のみキープしてください。
10時半から、2個目以降をお求めになれます。




なお、私がPRイラストを描かせていただいている
飼えなくなった鳥の保護をする認定NPO法人「TSUBASA」が、浅草で「愛鳥祭」
というイベントをされます。

今回は記念に私の絵を使ったグッズを作られました。

TSUBASAの事業のPRと、経費を除いた売り上げを寄付するということで
特別に20セット限定で、小鳥ガーデンの私のブースで販売することになりました。

d0123492_15201891.jpg


昔つくった私のポストカード1枚もおまけでおつけします。

d0123492_15214329.jpg


このセットも、20セットしかありませんので

初日開店後から30分間は(作品と別に)おひとりにつき1セットのみキープしてください。
10時半からは自由にお求めいただけます。


勝手なお願いで申し訳ありません。
そんなことしなくても大丈夫なくらい案外みんなゆっくり来たりして。(笑)
それならそれで結構。

みなさまのご協力をお願い申し上げます。
みなさまにお会いできますこと、楽しみにしております!


心うるおう小鳥ガーデン2017

場所 阪神百貨店梅田本店8階催場

開催日時 6月21日(水)~6月27日(火)午前10時から午後8時まで(最終日は午後4時まで)

(当番スケジュール予定


6月21日(水)初日  終日
  22日(木)    昼1時から夕方6時くらいまで
  23日(金)    昼1時から夕方6時くらいまで
  24日(土)    終日
  25日(日)    朝10時から夕方5時くらいまで
  26日(月)    朝11時から夕方5時くらいまで
  27日(火)    昼2時から4時(終了)まで

人が来ないと早めに帰ることもあります。
来られる日時がわかっている方はお知らせください。

平日、お仕事帰りなどで夕方6時以降に来られる方はご連絡いただければ居るようにします。

ぜひお越しください。







^^
[PR]
by kozakurapon | 2017-06-20 15:30 | 2017イベント報告 | Trackback | Comments(0)