ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

人形の展覧会

昨日は雑貨アーティストのきむらさちよさんと二人で
人形の展覧会に行ってまいりました。

「旧高松宮のお人形 併設展 幕末の宮廷と幕府」

大阪青山歴史文学博物館(阪急能勢電鉄「一の鳥居」駅下車すぐ)
4月29日まで開催。月曜休館、10時から5時までです。大人700円。

何を観に行ったって、これですよ。
d0123492_9332130.jpg

犬の毛人形。
幕末の頃、お姫様たちの愛玩した人形。小さいのですが、すが糸とかいう細い絹糸を使ってつくられたらしい。
もうこれ大好き。犬ころって感じですよね。写真はもちろんだめなので、これはパンフです。

宮家献上の人形たちということで、ほかの御所人形などもレベルが違います。
かしらの上品なこと。保存状態もとてもいいです。
展示作品数は少ないですが、たいへんに見ごたえのある人形展でした。

お前は餅か??と言いたくなるような、御所人形(てのひらサイズ)が逸品です。
鏡餅か溶けかけの雪だるまのような形。究極のデフォルメでありながら、顔の絵付けの繊細なこと、可愛いこと。
さぞお姫さまも愛されたことでしょう。

この博物館、青山大学の施設なんですが、たぶん学長あたりが歴史マニアなのか、不必要に立派な「お城」なんですよ。
d0123492_948710.jpg

生徒の父兄が納めた寄付金はこのように使われているようです。
ただこれも少子化にそなえた戦略のひとつのようです。フィットネスジムなどのスポーツ施設も開放して、学校経営の多角化をめざしているようです。たいへんですね。
d0123492_9523026.jpg

ミラーだってこだわってます。

お城?の展望台もあります。(周辺の住宅地が見渡せます(笑))
学内にはさくらの木がたくさんありますので、もう一週間もしたら見ごろになると思います。花見の穴場としておすすめです。

森蘭丸の子孫が寄贈した石とか、三英傑の銅像とか、つっこみどころ満載のお宝が方々にあって面白い場所です。
[PR]
by kozakurapon | 2008-03-31 10:11 | わたくしごと | Trackback | Comments(4)

オカンあかん?

ほぼ1キロあります。
d0123492_23311021.jpg


陶芸やったことある方はご存知と思いますが、
あまり厚みがあったり、粘土の中に空気が入っていると、焼成中に爆発します。
いままでの経験上、この大きさはやばいです。

ゆっくりゆっくり乾燥させます。

みなさんオカンの無事を祈ってください。
[PR]
by kozakurapon | 2008-03-26 23:37 | 製作情報 | Trackback | Comments(11)

第10回ペンギンアート展

東京大井町駅徒歩1分、品川区民ギャラリーにて、
5月3,4,5日の三日間、ペンギンアート展が開催されます。
詳細はペンギンアート展http://penguin-art.comにて。

私はもちろん出品。

出品作は去年の作品ですが、
3日に行われるパーティ(申込制)の人気イベント、
ペンギンマニアによるマニアのためのオークションに、
イワトビの小ぶりのお皿2枚(よく見ると絵柄が違います。)を出品します。
d0123492_11363612.jpg

d0123492_113736.jpg

オークションの売り上げはペンギンアート展の運営資金になります。
ペンギンアート展は今年で10回目を迎えるイベントで、
ペンギンを心から愛する人たちがボランティアで運営している、心あたたまる楽しい展覧会です。
お近くの方、ぜひお越しください!
[PR]
by kozakurapon | 2008-03-26 11:45 | 2008イベント報告 | Trackback | Comments(5)

食器窯出し

今日焼けた作品です。
d0123492_19195430.jpg




半磁器土、1号釉、還元焼成です。
色のくすみが気になりましたが、
家に帰って昔の作品と比べると、それほど差異はないので、

真っ白な天草磁器土で作った、先生の呉須の綺麗に発色した作品のイメージで絵付けしたせいだと思います。

そう、もう少しざんぐりとした太い描線で描くほうがこの土には合うのだと思います。

すぐ顔に感情が出るタイプなので、先生に落胆を悟られてしまい、
申し訳なかったです。私の焼き上がりの見通しが甘いだけで、先生に落ち度はないのに。

いままで半磁器にこだわってきましたが、もう少し自由な発想で、
色んな陶土や釉薬にチャレンジしてみてもいいかなと思います。

また、難しいですが、天草磁器土にもタタラで挑戦してみようかなと思います。

なかなか思いどおりの作品作りは難しい。

試行錯誤は続く。
[PR]
by kozakurapon | 2008-03-24 19:22 | 製作情報 | Trackback | Comments(7)

もらった絵葉書

友達のきむらさんからペンギンの絵葉書をもらいました。
いい絵だ・・・おじさんがうちのオトンカーメンにそっくりなのも笑える。
ドイツの画家かな?MICHAERU SOWA 「FEBRUAR」 と書いてありますな。
写真が不鮮明でごめんなさい。
d0123492_22414317.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2008-03-22 22:42 | わたくしごと | Trackback | Comments(4)

オカメスプーン

陶芸教室すみ工房に通いつめ、今一生懸命食器を作っています。
初めての焼き上がりは来週半ばにお見せできるかと思います。
家の窯でも小物は焼いています。
d0123492_151153100.jpg
ピンボケですが、オカメインコスプーンの色見本。
下絵顔料を使ってみましたが少し黄色が弱いですね。

オカメといえど、頬の色がついてなかったり、いろんな種類があります。
オカメはそれでも色数が限られるのでいいのですが、
問題は色数の多い鳥たちです。

ペンギンと違い、インコものは、買ってくださる方は自分の飼っているインコの色にこだわる傾向があるんじゃないかと思います。
色にこだわり始めると説明的になってしまい、一番表現したい、その鳥独特のしぐさや可愛らしさに注意がいかなくなる可能性があるように思います。
うちの子探しではなく、その種類の鳥の可愛さそのものに共感してもらえるような作品にしようと思っています。

そんなわけで、色数の多い鳥はあえて染付けという青一色で表現することにし、今たくさんデッサンしてその鳥の良いところをつかもうと思っています。
d0123492_15333713.jpg

楽しい作業です。
どんな作品になるのかお楽しみ。
[PR]
by kozakurapon | 2008-03-20 15:35 | 製作情報 | Trackback | Comments(4)

自立スプーンのつかいかた

こんなふうにつかいます。

鳥の餌入れのなかに埋めて毎日発掘。
d0123492_22233769.jpg
d0123492_22235913.jpg


コーヒー豆スプーンとして。
d0123492_22243081.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2008-03-15 22:26 | 製作情報 | Trackback | Comments(4)

せっせせっせと・・・

ペンギンものつくってます。
今日窯出しのエンペラーヒナ。
d0123492_12585910.jpg

今絵つけしてるのはフェアリーペンギン。もうすぐ焼きます。

今回はキガシラペンギンの陶画にチャレンジしたいと思っています。
一般受けしなさそうなペンギンなんですが、頭が名前の通り黄色く光っていて、なんともいえないミステリアスな雰囲気を持っています。
群れないこと、森の中に住んでいるというのも素敵です。

ようやく本格的に制作のスイッチが入ったので、ブログ更新、訪問がとぎれがちになると思います。あしからず・・・。
[PR]
by kozakurapon | 2008-03-13 13:12 | 製作情報 | Trackback | Comments(3)

しずかにしずかに・・

腰掛オカンはこんなふうに焼きました。
玄関に窯があるので、オカンがドミノ倒しにならないよう、そ~っと出入り。
d0123492_1817699.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2008-03-10 18:18 | 製作情報 | Trackback | Comments(6)

ろくろはじめました

私は一応陶絵付けのプロでしたが、仕事柄電動ろくろには縁がありませんでした。
京都にいたころは、コストかけて自分でしなくてもまわりにできる人がいて頼めたし。
私は絵付けだけして、
その人の窯で一緒に焼いてもらえたのです。

ただ、ひっこしたせいで、それができなくなりました。
しかも自分の窯は「還元」という焼き方ができません。
私は食器は還元でしか焼けない磁器か半磁器が好きなのです。

どうしても食器を作りたくなってきましたので、
近くの陶芸教室にろくろを習いに行くことになりました。
ここ「すみ工房」は珍しく、磁器も焼かせてもらえるのです。
主宰の角先生が磁器を作られる方なので、ほとんど窯は還元。

私はどこか固定観念にしばられて、仕事時代の絵の具しか使えませんが、
先生は大変研究熱心な方なので、外国のものから、九州の絵の具まで、いろいろ揃えておられて、しかも絵付けは無料。夢のようだ。
ここを最大限に使わせていただいたら、私はすごく成長できそうです。

ろくろは予想以上にへたくそ。一日かかって湯のみ2個しかひけず。
私はまったくの初心者とは違い、絵付け仕事のおかげでろくろの中心に据える、ということができるのだから、ほんとはもっとできてあたりまえ。
がんばらなくては。

ところで、先生は昔航空管制官をしておられたので、
指導が論理的。
「2時の方向に手を置いて」「8時40分の方向」という表現をされるのが、面白かったです。
d0123492_20393368.jpg


写真は今日東急ハンズで買ってきた土。
少し黄色っぽい色合いに焼きあがる粘土でつくりたいものがあって。
ハンズは割高ですが、すこしだけ試したいときにはほんとに便利。
何ができるかお楽しみ!
[PR]
by kozakurapon | 2008-03-08 20:41 | 製作情報 | Trackback | Comments(4)