ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

タナベサオリさんの「フィルム絵本」

初日に行ったのにすっかりご紹介を忘れていましてすみません。
11月3日までですが、友人のタナベサオリさんの展覧会
「Floating Star タナベサオリ フィルム絵本展」開催中です。
d0123492_19242531.jpg


タナベサオリさんはイラスト・雑貨アーティストですが
数年前から「フィルム絵本」という
あたらしい表現方法を追求しています。

アニメーションではなく、あくまでも動く絵本というスタイルで
自身のイラストを使って短編の動画を創っています。今回で3作目。
イラストはもとより音楽も美しく、
秋の夜に、珈琲など飲みながら
大好きな絵本をめくるような・・ゆったりと楽しめる内容になっています。
d0123492_1925057.jpg



大阪北堀江の「ART HOUSE」というお店の一階ギャラリー奥に
プロジェクターを設置してあります。
フィルム絵本を楽しみつつ、
絵本のなかで主人公の「旅猫」が訪れた喫茶店の珈琲を
実際に飲むことができます。

わたしはふたごの猫の特別ブレンド「ジェミニ」をいただきました。

この企画のために、タナベさんとギャラリーのオーナーは珈琲の勉強会に赴き
専門家から珈琲の入れ方や焙煎などの製法にいたるまでを学んだとか。

この週末(10月31日(土)・11月1日(日)19時30分~20時)
特別ブレンドの珈琲(3種類。飲めない方はジュースもあり)・お菓子をいただきながら
フィルム絵本の上映とおしゃべりを楽しむことができます。
このイベントの時間帯のほうが外の光が入らないのでより画面も見やすく
絵本の内容と夜の雰囲気がよくあって楽しめると思います。

ご紹介が遅れたので、行けないという方も多いかもしれません。
タナベさんのブログで動画を見ることができるようになっていますので
興味のある方はご覧くださいね。

*****

タナベサオリ「Floting Star タナベサオリ フィルム絵本展」

開催中。11月3日(火)まで。
12時~19時30分

大阪市西区北堀江1-12-16
℡06-4390-5151
ART HOUSE
(地下鉄四ツ橋線四ツ橋駅6番出口徒歩5分 堀江公園近く)


ところで・・

私は今、片口作りに追われております。
今回はジェンツーとんすい片口に加え、
ほかのペンギンのとんすい片口、
それと同じ大きさでインコの片口も作っています。
来週からは追い込みで、
じぶんでたべるうつわ展で好評だった片口カップを少々つくろうかと思います。
また、テーマ展示のほうでオカンカーメンを投入予定。ふふふ・・。(間に合うか?!)

片口ではないので出品はしませんが
別の仕事のためにひさびさに「ペンギン顔小皿」を作っています。
これ作るとき、普通のうつわをつくるときにはできない痕跡が
板の上に残ります。(乾いたら消える)
d0123492_19393341.jpg

この皿、この足形のせいですごく歪みやすいので
正直あまりつくりたくないんですけど
作る過程でもふっと笑える不思議なうつわです。
[PR]
by kozakurapon | 2009-10-30 19:43 | おすすめ作家さん | Trackback | Comments(5)

オカンバン娘嫁入り

こ~わい目を~したお人形は~♪
日本生まれのオカン~バン娘♪
か~わいい豪州のキバタンよ~なかよく遊んでや~っとくれ♪

童謡「青い目のお人形」(でしたっけ?)の替えうたです。
戦前に日本の市松人形と
アメリカのセルロイド製の西洋人形を交換したときの唄ですね。

中身はえらい違いですけど、
先日オーストラリアに向かって日本製の人形が旅立ちました。
d0123492_20491866.jpg

「おかあさま、私は明日嫁ぎます。」
「おおオカンバン娘、にたかGさんに可愛がっていただくのだよ。
そしてあちらで野生のキバタンになめられることのないよう
立派につとめるのだよ。」

オカンバン娘とは、
去年、アートインナガハマ(長浜の市街地で行われた大規模なクラフト市)に出展したとき
ディスプレイのためにカンバンになる大きな人形を作ったものです。

そして使用後、オーストラリアで野生のキバタン(白いオウム)に餌付けをしている
にたかGさんというブログ仲間のもとに送りつけることになりました。
少々のことでは驚かない野生のキバタンにも、
オカンカーメンの「鳥よけ効果」はあるのかという
国の垣根を越えた実験プロジェクトなのです。

オカンバン娘に改造をほどこし、かごの中にひまわりのタネをいれられるようにしました。
キバタンの餌場・にたかGさんちのテラスの手すりに座らせることができます。
d0123492_21133836.jpg

また、フックがついているので
庭にあるキバタンがいつもとまっている木につるすこともできます。
d0123492_21204057.jpg

オカンバン娘はでかいので
中にものを入れられるように改造しました。
ネット個展や作品展のときにご売約いただいた商品や
にたかGさんのリクエストで
神戸のブティックで作ってもらったキバタンのピアスなどを詰め込み
d0123492_21245198.jpg

緩衝材がわりに、海外生活では貴重な日本のスナック菓子をつめこみました。
私の好みで、「都こんぶ」も入れておきました。(笑)絶対懐かしいはず。

「ではおかあさま、行ってまいります。」
「道中気をつけるのだよ。」
d0123492_21281712.jpg


こうして小春日和のあたたかな日に(?)娘は旅立っていきました。
[PR]
by kozakurapon | 2009-10-25 21:32 | わたくしごと | Trackback(1) | Comments(18)

きむらさちよさんの個展

じつは今日(23日金曜日)が最終日なので、
お近くに用事のある方しか行けませんが・・
きむらさちよさんの個展のご案内です。
昔の童謡をイメージしたマトリョーシカを展示販売しています。
d0123492_9404178.jpg

「ななつのこ」の歌から作った、カラスの親子のマトリョーシカ。
ちゃんと親マトリョーシカのなかに全員入るように出来ています。
ロシア製のマトリョーシカ木型を使ってひとつひとつていねいな絵が描かれています。
すずめだってあるんです。
d0123492_9464211.jpg

可愛いけどふたつとも売れてしまっています。
d0123492_9474314.jpg

「あわてとこや」(チョッキンチョッキンチョッキンナ~の唄かな。)の
カニマトリョーシカがツボでした。
ペンギンもいました。
d0123492_9495264.jpg

今度東京で個展があるそうなので、興味のある関東地方の方はぜひ。
ホームページは「木村商会」(会の字が旧漢字なんですけど出せませんでした・・・)

*****

音玉手函  きむらさちよ個展

23日(金)つまり今日まで。12時から17時まで。
場所・MANIFESTO GALLERY  ℡06-6943-5892
    京阪天満橋駅下車、谷町筋を南に10分、大手通りを右(西)すぐ
    地下鉄谷町線天満橋駅4番出口下車、谷町筋を南に6分、大手通りを右(西)すぐ
[PR]
by kozakurapon | 2009-10-23 10:02 | おすすめ作家さん | Trackback | Comments(4)

らくがきドラマ「小桜島・オカンカーメンの秘宝」7(完結)

続けてまいります。ほんとにこれで小桜島は完結のつもりです。(笑)

*****

必死で逃げるおぴ~博士たち。
「不届き者め!こんどこそわらわが成敗してくれるわ!!」
噛姫ぽぽ復活!
d0123492_1711083.jpg

鐘に対抗するため、かぶと着用です。
「たいへんだ!ダッシュ噛みしてくるぞ。」
「これを投げるんだ!」

テトラは、略奪したオカンの秘宝から
「呼子のイカで作ったカットルボン」
「木曽ヒノキのかじり木コーン」
「モーツアルトを聴かせて育てたエンバクと
高級広島産カキのカラを使って
フランス帰りのシェフが作った、かじりま専科」
を噛姫に向かって投げました。

「このようなものでわらわは・・・ガジガジ・・・」
噛姫は意外と素直におやつを噛みはじめました。

「あんたたち、財宝を返しなさいよっ!」
よもぎ、きなこ女官が追いかけてきました。

「これよっ!」
プテラはオカンの財宝の
「新作・黄金のシーソーおもちゃ」
を女官たちに向かって投げました。
d0123492_17123976.jpg


「なにこれたのし~!」
ふたりはキャッキャと遊びはじめました。

「こら待てどろぼう。びしっ、ばしっとこらしめてやる!」
ピー、ブリ門番がたちふさがりました。

「このふたりにはこれだ!」
オルカは「特別栽培・黄金のこまつな」を投げました。
d0123492_17204712.jpg

「ぱくぱくぱく」
ふたりはよろこんで食べ始めました。

もうオカンの宝はみな投げてしまいました。
それでもコザクラの追手たちはおいかけてきます。
「かえせ~」

「なにをかしら?もうみんななにも持ってないわよ!」

「か・え・せ!」
d0123492_17201272.jpg

オカンカーメンみずからが追いかけてきたではありませんか!
ものすごい叫び声であたりの土が崩れ、脂粉灰がもうもうと吹きあがってきます。

「なんなのよ~っ!みんな手羽を出しなさい。誰が何を持ってるのよ!」
d0123492_17245733.jpg

「何もないよ」
「・・・あっ、それは?」
d0123492_17261776.jpg

「ああこれ~、今までにないフィット感なんですよ。
ほら、ストレッチタイプっていうのかな。
ぴったり吸いつくようで、ひんやり加減がまた素晴らしく・・」

「はなせええええ~っ!!!」

プテラ姐さんの頭突き炸裂!
ぽ~んと鐘はぽん助手の頭から離れ、
オカンの頭の大きさにストレッチ。しゅぽっ!
d0123492_1732834.jpg

「今だ飛び立て!」
d0123492_1733323.jpg

ぼか~ん!!!
小桜島からものすごい脂粉灰がもうもうとあがるなか、
間一髪でおぴ~教授たちとボタンズは脱出しました。

「もうあんたたちとは二度と会いたくないわっ!」
プリプリ怒りながらボタンズは飛び去っていきました。

*****

さて、おぴ~教授とぽん助手の研究室。

「いやぁ、すごい冒険だったね。
あれから小桜島周辺は脂粉灰が2メートルも降り積もって
鳥臭ガス濃度が危険値に達したため、住民が避難したそうだよ。」
「すごい爆発でしたからね。」
「素晴らしい学術的発見はあったけれど、もう二度と行きたくないよね。」

「ぼくもこれだけが手に入ったので、もう行かなくても大満足ですよ!」

「え?」

「あのストレッチ鐘、スペアがもう一枚あったんですよ。羽の下に隠してたのを忘れてて。
ひんやり加減が絶妙でもう手放せないですね~。」

え、え、えええええ~っ
d0123492_17434591.jpg

窓の外、遠くからかすかに羽音が聞こえてきました・・・・。

 ラブバードの日記念「小桜島・オカンカーメンの秘宝」
            -完ー
今回のモデル鳥
     ヤフーブログ「☆ヒロキコのおへや☆ーインコ三昧ー」 ヒロキコさん愛鳥
     カイちゃん、くぅちゃん(コザクラインコ)        

       fc2ブログ「あおいしろ はいいろのあお みどりのぽぽ
         ちょびうささん愛鳥 ぽぽちゃん(コザクラインコ)

        ヤフーブログ「おぴ~@コザクラインコ うっとりラブバード
        おぴ~さん愛鳥 おぴ~ちゃん(コザクラインコ)

        ヤフーブログ「お弁当日記+Les oiseaux
        nanaoさん愛鳥 プテラ・テトラ・オルカちゃん(ボタンインコ)

        アメーバブログ「お気楽コザックラーのコザクライフ
        noharmさん愛鳥 ブリちゃん(ヤエザクラインコ)ピーちゃん
        (コザクラインコ)

        ヤフーブログ「きんちゃん♪ぎんちゃん♪とほのぼの日記
        kgひろこさん愛鳥 よもぎ・きなこちゃん(コザクラインコ)


  ★みなさん、ご協力ありがとうございました!
[PR]
by kozakurapon | 2009-10-18 17:50 | らくがきドラマ | Trackback(2) | Comments(34)

らくがきドラマ「小桜島・オカンカーメンの秘宝」6

たいへんお待たせしました。突然はじまるらくがきドラマ。

先日ダンナとこんなラーメン屋にフラッとはいってしまったりで
d0123492_22531834.jpg

(ピーチ姐さんを連想させる・・。(笑)とんこつスープ美味しかった。)
はやく小桜島を完結させなくてはと気にはなっていたんです。

初めての方へ。
サイドバーのカテゴリ「らくがきドラマ」をクリックしてください。
いままでのお話を読むことができます。

さあさあはじまるよ~。

*****

手元の鳥臭測定器はついにこわれてしまいました。
d0123492_22585775.jpg

今まで閉まっていた御簾がするするとあがり、
d0123492_2314853.jpg

猛烈な鳥臭さとともにオカンカーメンが姿をあらわしました。
「う・うわぁ。ほんものだよ!ぽんくん!」
「感動ですね・・・。オカンはしゃべらず、
手に持ったタマシイインコ「タマちゃん」がオカンの気持ちを言葉にしているようです。」

「うしろにあるのがオカンカーメンの黄金の秘宝だわ!」とプテラ姐さん。
「なんとかあそこまで行けないかな・・・」
「オカンカーメンは起きぬけだからまだ眠そうだが・・
機嫌はよさそうだな。頬毛がくちばしを覆っているし。」
d0123492_2381754.jpg

「みなの者、オカンカーメン様お目覚めである。」
カイ教官が号令をかけました。
「かしげ!」
d0123492_2310542.jpg

「礼!」
d0123492_23112635.jpg

プテラ姐さんが小さく叫びました。
「今よ!早く壁づたいにオカンのうしろに回り込むのよ!!」
d0123492_23124717.jpg

「オカンカーメン様から今朝のお言葉をたまわる。」
タマちゃんが言いました。
「やすめ!」
d0123492_2314178.jpg

「・・・・おお~なんとかお宝のところに紛れ込めたぞ!」
「しっ・・・静かに手早くめぼしいものを盗るのよ!」
「おお~これは珍しい・・考古学上の大発見だ~。」
おぴ~教授はストロボに気をつけながらも夢中で写真撮影。

「先日、この日本の大阪で重要なイベントがあった。
音松というコザクラの写真展である。
コザクラインコのイメージアップに多大なる貢献を・・」
オカンの話は長いようでした。

「・・・というわけで、今朝の話はここまで。
ではこれから奉納の舞の時間である。
最初に踊りを披露したいものはおるか?」

「ぴきょっ!」

「しまった!」
d0123492_2329964.jpg

「なんだお前は!」

「侵入者じゃないか!みなの者であえ!であえ!」
さっとそばのふすまがあいて、オカン親衛隊コザクラがわらわらと出てきました。
テトラはあわててオカンにはりついたまま硬直している
オルカをひきはがしました。

「ほかにも仲間がいるぞ!」
「あっお宝を狙ってるぞ」
「つかまえろ!」
「つかまえろ!」
あたりはハチの巣をつついたような騒ぎになりました。
広間じゅうのコザクラたちが「欽ちゃん走り」で追っかけてきます。
「に、に、にげろ~~!!!」
d0123492_23335410.jpg


つづく!
[PR]
by kozakurapon | 2009-10-17 23:42 | らくがきドラマ | Trackback | Comments(16)

インコ雑貨?とおとちゃん×色は

今日は工房で作業したあと、大阪の江戸堀方面に用事。
土佐堀通りぞいに、ちいさな可愛い雑貨やさんをみつけました。
「Petite K Magazan」(プチ・カ・マガザン)
四ツ橋線肥後橋駅2番出口を出て、土佐堀通りを西へ7~8分くらい。
YMCAのビルの土佐堀通りをはさんで向かい側付近にあります。
日曜・月曜休。平日昼12時~20時。土曜のみ19時。祝日・最終日曜13時~19時。
d0123492_23391036.jpg

写真が下手すぎてなんだかわかりませんが、人ひとり通れるくらいの空間の両側に
びっしり可愛いものが並んでいます。
そのなかにちょっと気になる鳥グッズが。
コロレッタ。インコのクチバシだけど鶏みたいなトサカがあります。
d0123492_2342560.jpg

見たことない感じで面白いです。
すこし私が持つには若すぎるかなと思いましたが、気になるグッズでした。
店長の女性がとても感じの良い方で、
またちょくちょく覗きにいこうかなという気持ちにさせるお店でした。

さて、そのあと村東剛さんの個展「おとちゃん×色は」に行ってまいりました。
d0123492_23552626.jpg

にわか雨も降っていたし、平日の夜なのですいてましたが
お客さんが切れることはなかったですね。
ごぉさん、うちのダンナと3人でお食事しました。
d0123492_23513479.jpg

こえどビール3種で乾杯!
お食事は玄米ご飯とか野菜たっぷりのおかずの定食に
ひとつ好みの小鉢ものをプラスするシステム。
ガツガツ食べたので,ごはんの写真撮り忘れました。(笑)
部屋の壁の上から、激似のフェルト製おとちゃん人形が見守るなか、
楽しい時間を過ごしました。
ごぉさん、連日の会場通いでちょっと喉がかれてお疲れのご様子。
(声嗄れはカラオケのせいとか)
でもね、わたしもじぶんでたべるうつわ展のときも毎日京都まで通いましたが
個展やグループ展はできるかぎり会場にいたいと思う気持ちわかります。

みなさんが時間を作ってきてくださるのが本当にありがたいし、
多くの方にお会いできるチャンスをのがすのはもったいないからです。

おとちゃんプリンは完売。残念!
d0123492_025916.jpg

かぼちゃのプリンがあったので注文。ダンナは桃のゼリーとコンポート。
閉店前ということもあり、デザートのほとんどは売り切れ。
d0123492_061072.jpg

かぼちゃプリン、予想以上に濃厚で美味しかったです。
またこちら方面に近々来るのでまた来ようと思いました。

ごぉさんも少しお疲れモードですけど
今回の会場となったレストラン「色は」のご主人も結構疲れがにじんでました。(笑)
ひょっとしてここ始まって以来くらいの連日の人出なんじゃないでしょうか。
ごぉさん&おとちゃん人気おそるべし!

ごぉさんの写真はどれも一瞬の表情を実にうまくとらえていて
可愛いけどそれだけじゃない
生き物としての鳥の魅力をうまくひきだしておられると思います。

そのうち、鳥をテーマに思い切り時間とお金かけて
なにかでかいことしたいねという話もしました。
そのときは私もいつもの実用品づくりを離れて
オカンカーメンのとんでもないもんを作らないとね。

とても楽しいひとときでした。
ごぉさん、ありがとうございました。
あとすこし頑張ってくださいね!!
[PR]
by kozakurapon | 2009-10-15 00:23 | おすすめ作家さん | Trackback(1) | Comments(9)

ラブ・ローリエ

我が家には月桂樹(ローリエ)の木がありまして
剪定したらきれいな葉を切り、
一枚一枚固くしぼったタオルでふいて
新聞紙にはさんで上から重しをして
数か月風通しのいい場所に置きます。

そうするときれいな緑色の押し葉になります。
煮込み料理にいれるといい香りづけになるのです。

忙しくて放りっぱなしだった庭木を切り、
この月桂樹も剪定しました。
ローリエの押し葉をつくる作業中、
こんな珍しい葉がひとつだけみつかりました。
d0123492_10312530.jpg

葉の下の部分がくっつき、ハートになっています。

このローリエ押し葉はたくさんつくるので
個展のときに小さい袋にいれて
ささやかな来場者プレゼントにしています。

今回はたくさんつくったし、
来年の8月10日のラブバードの日記念ネット個展でも
ご購入者プレゼントとしてローリエを差し上げることにしましょう。

一名様にこのラブローリエが当たるようにしましょうか。
誰にあたるかな!

*****

最近急に冷え込んできました。
ぽんぽんが手のなかに入り込んででてきません。
運動不足。(笑)完全にもたれて片足上がってます。
カメラに気付いて顔だけ緊張しています。
d0123492_10385019.jpg

かごにいれようとすると厭がって
服の中に「しゅぽっ!」と入り込み、
くちばしを鳴らして幸せそうな顔をし、両足を格納するので
引っ張り出すのがかわいそうになります。

そんな作戦のため、放鳥時間が延びて困りますが・・
お互い暖かくて幸せな時間でもあります。
[PR]
by kozakurapon | 2009-10-12 10:44 | わたくしごと | Trackback | Comments(14)

次は片口普及推進委員会!

ようやく「じぶんでたべる」うつわ展もおわり、
次は北海道での片口ばっかりの展覧会だ~~!!

「片口普及推進委員会」公式ホームページ

ブログ友達のつながりで、
じぶんでたべるうつわ展でもご一緒したPotter-Yさん、
鳥好き陶芸家、陶房呑器ののんきさん、
(かなり鳥好きですが、わたしみたいに露骨な鳥ものは作ってません)
偶然私のオカメインコスプーンを見てブログ友達になった、陶工房Pinoのうつわたび・たまちゃん。
ほかに、「工房てると」の山野照人さん
「楽遊☆工房」の山本則子さん、
「うつわ陶陶斉」の伊丹裕子さん。
d0123492_16251542.jpg


片口ってなんですか?
それは器のふちに一か所注ぎ口があるうつわですよ。
この注ぎ口ひとつで、どれだけ用途がひろがるか。
また、表情が生まれるので
たくさん並ぶとうつわがしゃべってるみたいなんですよね。
なんとも味のある形なんです。

北海道で、ちょっと12月は家をあけられないので
私は現地に行けませんが・・・。
d0123492_16264297.jpg

ブログ読者で北海道在住の方。
ぜひぜひ覗いてみてください。

今手元にDMハガキがあります。
何人か北海道のお客様にはお出ししますが、余分もあるので

たぶん行けるからハガキ欲しい!

という方は、鍵コメントにてご住所とお名前をお知らせください。
欲しい枚数も教えてくださいね。

まだ実はひとつしかできてない。(爆)
d0123492_1632122.jpg

しかしこれ結構時間かかるので、
たくさんはつくれないな。

ともかくコツコツつくります。
もちろんすべてペンギン・インコ陶ですよ。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2009-10-07 16:34 | 製作情報 | Trackback | Comments(18)

最終日報告と今後の自助食器づくり

さきほどうつわ展公式ブログを書き終えたところで
リンクを貼ろうとして同じ画面でひらいてしまい、全部消えました。(そんなんばっかり)
今度からは一度アップしてから編集でリンクはるぞ~~(涙)

さっきは玄関のなにもないとこで転んだし。(ぽんたろうが大騒ぎ)
上手に受け身ができましたので大丈夫です。
だんだん年齢とともに無理がきかなくなりますねぇ。(涙)

さて、最終日報告です。

賑やかな私のおばといとこが最初のお客様。
動物好きで、ハトとセキセイを飼っていたのでいつも来てくれます。
スプーンレストのインコイラストを見て、いとこが
「これよりもうすこし違う感じのインコの絵、小学生のとき描いてたよね?」
「これ?」ノートに描いて見せると
d0123492_11573162.jpg

「そうそう!懐かしい・・・白いTシャツに描いてもらって着てたよ!!」
ええっ!(笑)そんなことしてたっけ。
当時はインコの足をしっかり見てなくて
フィンチの足になっています。ハルクインの黄色なのがおわかりでしょうか。
(縞模様が少なくておなかの下が黄緑に切り替え)
インコグッズ、そんな昔から作ってたんですね。

しばらくしてブログ「奇行天使通信」のG3さん、ゆいさん登場。
カウンターでお出ししたうつわを、お持ちいただいた月見だんごをのせたりして
楽しそうに写真撮影しておられました。
ハルクイン柄のはすぐ売れてしまっていたので
また個展のときにつくります。

とびこみでDMはがきを置かせていただいた、リハビリ病院から
作業療法士さんが来てくださいました。
なんでもやってみるもんですね~。
参考にとよしいさんの鉢をお買い上げいただき、
わたしのペンギンUコップがもう売り物は売り切れていたので
売り物ではないお試し用のコップをお持ち帰りいただきました。

おぴ~さん、くらさん登場。
おぴ~さんはG3さんとカメラ話にもりあがったあと、写真を撮っておられました。
(撮ってもらえるものがない・・・)
ネット個展の話をちょこっと。今年の反省をもとに、システムから変えていこうということに。
うつわをためしていただいたときに、ご自身が手をけがしたときの体験をもとに
とても参考になる意見をくださいました。
(Potter-Yさん、片口展にも活かせる意見なのでまたお知らせしますね)

ペンギン好きの方、Oさんが来られましたが、
Oさんも障がいのあるお子さんの教育をされているということで
今回のテーマを興味深く感じておられたようです。
以前MOPAに来ていただいたNさん。この方も作業療法士ということでした。
展覧会を通じて思ったのですが
ペンギンインコ好きな方のなかにも、これだけたくさんの
関連業界の方たちがいらっしゃることに驚きました。

京都新聞を見てこられたAさん。切り抜き持参でした。
とても興味があるとのこと。新聞の力はすごい・・・。

遠くからはるばる、陶芸教室の仲間Nさんが来てくれました。
彼女も病院勤務。けっこう関連の方はおられますね。

新聞を見て、おばあさまのためのうつわを
ご家族3人で見に来てくださったIさん。
やはり新聞を見て、目がすこし不自由なので
カレーをたべたりするときに食べやすいお皿を見つけにきてくださった方。

こういう方たちにどうすれば情報がいくのかと思っていましたが
やはり新聞の力(写真入りの記事)は大きいです。

なんだかバタバタして、もっとたくさんの方がいらしたのですが
書ききれていない気がします。ごめんなさい。

勝尾さんが搬出のために来られて、しばらくして5時、閉場。

こうして激動の?一週間は終わりました。
みなさんありがとうございました。

最後にギャラリーのオーナーがご自分のご家族のために
堀越さんのトンパ文字の軽いマグカップをお買い上げ。
マグで一番人気でした。とにかく軽くて持ちやすい。
d0123492_12435080.jpg


今回のテーマは難しく、もうこれでこの展覧会は終わりかと思っていたら
反響が大きくてこれからもやることになりそうです。
時期や場所などは変わるかもしれません。

ペンギンインコな作品のなかに
必ず自助食器も含めていこうと思っています。

じぶんのペースでじっくり長く取り組みたいテーマです。

みなさんこれからもよろしくお願いします。
[PR]
by kozakurapon | 2009-10-05 12:46 | Trackback(1) | Comments(21)

土曜日もバタバタ

金曜の夜、記事を半分寝ながら書き終えて、
送信ボタンを押し忘れてしまいました。(すべて消えた)
お風呂のお湯を入れたつもりが入ってなくてシャワーしました。(笑)
こりゃアカンと思ってすぐ寝ましたので、土曜の報告をします。

土曜はご近所さんが車にのせてくださったので
ラクチンに会場に着きました。ありがとうございました。

テレビの撮影があり、朝から会場にはテレビカメラや照明がはいりました。
すぐ終わるかと思ったら、2~3時間かかりまして
15分の番組でもすごくたくさん撮って編集するんだなと驚きました。たいへんなんですねぇ。

お客さんの多い時間帯だったのと、照明が熱くてみなさん玉の汗。
突然インタビューされた方もいて、ご迷惑をおかけしました。
また放映についてのくわしいことはのちほど。

いつも見に来てくださるKさん、テレビ撮影騒ぎに驚かれて一度帰られ、
もう一度来られたのにまだカメラがあったのでおわり際にみたび来ていただきました。
たまたまでしたがゆっくりできなくてすみませんでした。

ぺんちんさん夫妻、ゆきぺんさん登場。
Potter-Yさんのお茶碗は絶対買いです。動物好きのツボをこころえてますよね。
d0123492_22374759.jpg

noharmさんとお友達登場。なんとインタビューもされたりしてすみませんでした。
おためしコーナーで実際にうつわを使ってお茶していただきました。

デパートの介護用品売り場担当だった方が興味をもって
来てくださいました。お客様に「もっと普通のはないの?」
「陶器のはないの?」と耳にタコができるほど聞かれたものの
なかなかいいものがみつからなくて困ったということでした。
私たちが大量に作れるわけじゃないですので
もっと興味をもつ作家さんが増えたら、
もっと質・量ともに充実したものができるでしょうね。そうなることを祈ります。

しろぴたさん、お母様と登場。鳥好きはお母様からの遺伝?だと納得いたしました。
それぞれにお気に入りのコップをお買い上げいただきよかったです。
この時点でUコップ完売です。

デザインのいい介護エプロンを製作販売するお仕事を立ち上げたばかりのTさん。
お出かけしたときでもみじめな感じじゃないデザインは難しいものですね。
販路が難しいという点でも私たちの展覧会と似通った悩みがあるということで
今回の成功の様子を見て希望がわいてきたということです。

陶芸家の田中さん。ブログを見て興味を覚え、用事にあわせて立ち寄ってくださいました。
こういうふうに私たちの他にも力のある作家さんが、
どんどん研究していっていいものができたら嬉しいですね。

昔の仕事関係のIさん。わざわざ池田から見に来てくださいました。
よしいさんのうつわが使いやすいと買っていってくださいました。
シンプルで中にいれる食べ物がひきたつ器だと思います。
d0123492_2313524.jpg


コザクラインコおとちゃんの飼い主、写真家の村東剛さんが奥さんと登場。
もうすぐ個展を大阪の北堀江にある食事と喫茶「色は」さんで開催されるのです。
場所がとても狭いので、お客さんが集中したらどうしようかと心配されていました。
お店がもし普通の写真展示と同じに思ってたらたいへんだろうと私も思います。
個展で使うからとペンたてをご購入。
コザクラの頭押しポーズなので、展覧会にピッタリ。作ってよかった~!

今年の個展からのお客様、YさんとKさんご来場。
お知り合いの猫を預かっていて、外出の予定があったので
家のなかに置いてきたものの
どんなイタズラされるのかわからないので心配と
早々にお帰りになりました。

みたび登場のKさんとマッタリお話していたら終了時間になりました。
オカン陶器は完売ですが、
オカンネックレスなら壁にひそかにかかってました。
d0123492_23182732.jpg

明日は最終日報告をいたします。
[PR]
by kozakurapon | 2009-10-04 23:20 | Trackback(1) | Comments(10)