ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

晩秋の奈良公園

みなさんここはどこでしょう。
d0123492_22543741.jpg

有名な「せんとくん」
d0123492_22552566.jpg

鹿、といえば奈良公園。

先日、「じぶんでたべる」うつわ展でご一緒した
勝尾孝子さんがグループ展をされている、奈良のギャラリー
「五風舎」さんに行ってきました。
d0123492_2248720.jpg

(詳細は、もうひとつのブログ「じぶんでたべる」うつわ展の最新記事をご覧ください。)
d0123492_22472747.jpg


勝尾さんは京都での自助食器展覧会
「じぶんでたべる」うつわ展終了後も
自助食器の研究にうちこみ、今回も展示の一部に
「自助食器コーナー」まで作っておられました。
d0123492_22483675.jpg


勝尾さんはベテランで、私からみたら先生のようなものなんですが
前回うまく行かなかった部分を謙虚に見直し、
実に丁寧に取り組みなおしておられて
そのことにまず感動しました。
実るほどこうべを垂れる稲穂かな・・・。

すぐ調子にのって、まだ何もなしえていないのに
出来たような気分になってしまいがちの自分に喝!をいれてもらった気分でした。

会場をあとにして、折角いい季節に奈良公園に来たことだし、
あたりを観光することにしました。
d0123492_2253749.jpg

秋の日差しは横からあたるので、より対象を美しく演出してくれます。
奈良の魅力は素朴でおおらか、広々とした風景。
建物もどこか大陸的な香りがして
京都のものと違う魅力があります。
d0123492_233940.jpg

まずは大仏さんを見ないと。
d0123492_2342974.jpg

広い、でかい、柱が太い。
外国人観光客がすごく多かったです。
弥次喜多道中記でも有名な、大仏殿の柱の穴も
中国人観光客が楽しそうにくぐっていました。
d0123492_23104283.jpg

大仏さんには畏れ多くて私のへたくそカメラを向けられませんでした。
大仏殿を出て、大好きな二月堂へ向かいました。

15年ほど前、友人のNちゃんとスケッチした
銀杏の大木をもう一度探したくて。

美しい銀杏を発見。
d0123492_23161636.jpg

でもこれはあの銀杏ではありません。
となりにももう一本。
d0123492_23172516.jpg

紅葉といえばもみじが有名なんですが
私は銀杏も負けずに美しいと思います。
あたりを照らすような、美しい灯りのような感じが好きです。
木のかたちが、燃えあがる黄色いほのおのようにも見えます。

なかなか目当ての銀杏がみつかりません。
そうだ、二月堂に登ってみたらわかるかも。
d0123492_23213522.jpg

ここから見える風景は大好きです。とくに夕焼けの美しさは忘れられません。

Nちゃんと私は15年前(20代)当時デッサンの勉強中。
小さいスケッチノートを必ず持って、気になるものをスケッチするのを習慣にしていました。
奈良公園にも、スケッチしに来たのです。

今日は展覧会を見ることだけしか頭になく
カメラは持っていましたがスケッチブックを忘れたのは大失敗でした。
画家になったNちゃんはきっと今でも、
どこに行くにもスケッチブックを持っているはずです。

d0123492_23232316.jpg

ああ、あの銀杏だ!
二月堂の裏道をおりて、銀杏のもとに行きました。
d0123492_23313273.jpg

この木をスケッチの対象に選んだのは
すこし奥まったところにあるため、あまりまわりに人がいなかったし
なによりそのときは黄色い炎のように美しく輝いていたのです。

この日はもうだいぶ葉が散ってしまってはいましたが、
15年の歳月をへてまたこの木の前に立てたことが嬉しく、しばし眺めておりました。

またデッサンも始めなくては。
筋肉と同じで、しばらく描かないと衰えるものです。
得たつもりがそうでない。捉えられたようでまったく捉えていない。
油断すると芯のない表面的な絵を描いてしまいます。
そうなってたな。

がんばれわたし。
そう思いつつ、帰路につきました。
[PR]
by kozakurapon | 2009-11-28 23:49 | おすすめ作家さん | Trackback | Comments(18)

ポンポンブレンド抽選会

さてみなさん、静岡旅行のおみやげ
コーヒー屋ポンポンの「ポンポンブレンドドリップパック」(2名様)
当選発表です。
8人の方から応募がありました。もっとたくさん買ってきたらよかったです・・。

机にお名前を書いた紙を貼り、
まんなかに置いたガチャガチャケースを、ぽんぽんが頭で押しだします。
d0123492_20262068.jpg

ぽんぽんは私の位置や自分の身体を置いた位置に関係なくボールを押しだすので
紙を貼った位置に有利不利はありません。
d0123492_20285698.jpg

紙の真上を通過した場合はその紙の方を当選決定したあともう一度押させます。
間を通過した場合は通過した地点の両側の紙の2名を当選とします。
さて当選は?

d0123492_20323547.jpg

ぱんぱかぱ~ん!!おめでとうございます。

はなたろ~さんと、
ユカリ@吹田さんの2名です!

できるだけ早くポンポンブレンドとぽんぽんポストカードを送りますね♪
はずれてしまった方すみません。
今度こんな機会があったらもうすこし数を用意しておきますね。

d0123492_2035958.jpg

「おお~寒くなったなぁ~!手の中であったまろう・・。」

急に冬みたいな気候になりました。
みなさん風邪ひかないように気をつけましょう。
作品作りのほうは、只今大量絵付け中。この3日ほどがヤマ場です。
がんばるぞ~~!!
[PR]
by kozakurapon | 2009-11-19 20:42 | わたくしごと | Trackback | Comments(18)

ペンギン陶の仲間たち

と、勝手に仲間にしてすみません。
いつかペンギンやインコの陶展を
花鳥園でやりたいという妄想がありますが
その参加予定者(妄想!妄想!!)。

なかば強引にペンギン陶を造るよう~にそそのかしているのは
先日の「じぶんでたべる」うつわ展でもお世話になり、
今度の片口普及推進委員会でもご一緒する
Potter-Y(堀越洋司)さん。
ブログ「作陶日記-陶芸とハンコ-」
ほかの動物も作る作家さんなんですが、
なんというか動物好きのツボをよくご存じなので、作品がよいのです。
d0123492_10245770.jpg

あまりつくる人のいない、ロイヤルペンギン。
d0123492_10254437.jpg

Potter-Yさんのペンギンもの(ぺもの)作品はじぶんでたべるうつわ展でも
ペンギンなお客様に大人気でした。
私も浮き彫りのカップ持ってるよ~。(もらった。すみません!)

それから千葉のペンギン陶作家、あきらさん。
ブログ「あきらの日記」
まだ陶芸は始めて間もなく、お仕事の傍ら限られた時間のなかで
とても丁寧で独創的なペンギン作品を造られています。
「めんどくさい」という言葉を知らない人ですね。
ゆのみの底にコウテイペンギンの正面顔を象嵌したのには感服いたしました。

今、通っておられる陶芸教室の発表会が開かれています。
すいません。もう開催中なんでお近くの方は早めにおこしください。
d0123492_10342911.jpg

花鳥風月 釉陶展@陶芸Space釉ゆう
2009年11月14日(土)~2009年11月16日(月)
11時~19時(最終日のみ17時まで)

陶芸Space釉の会員さんの作品展示・販売をします。※入場・展示観覧無料。カフェコーナーではコーヒーをお楽しみいただけます。 (無料)

西船橋駅 南口から徒歩3分


あきらさんピンボケはいかんで~!(笑)みんな見たいんだから。
いくつか作品写真をご紹介。
d0123492_10373373.jpg

↑大作のランプシェード。たぶんもう売れてしまったでしょう。
↓こものたち。たぶんみんな捕獲されたでしょう。
d0123492_10393298.jpg

この「醤油さし」↓とほかに香合を一点、
こんど北海道の「北の動物大賞」展に出展されるみたいですよ。
d0123492_10412515.jpg

今制作中のイヤープレート。
これは欲しい方続出でしょう。
d0123492_10424465.jpg


ツボがわかり、それを表現できるか否かが
動物陶づくりの重要なポイント。
わたしもがんばらにゃ~。

今ももちろん制作中で、面白い片口が出来てきてますが
ダンボールの箱をあけたのんきさんたちを
「もうやだ~!」と脱力させたいので秘密にしています。(笑)
搬入後にブログにアップしますわね。

いままでヒゲとジェンツーだけだったとんすい片口を
ジェンツー、コウテイ、イワトビ、アデリーの4種類。
アデリーのムンクシリーズ片口。
コザクラ人形つきの片口マグカップ。

あとはプチオカン掛け片口を
今日これからつくる!(間に合うのか!)
いつでもギリギリやね~。(汗)

*****

ポンポンブレンド、たくさんの応募ありがとうございました。
ではまたぽんぽん自身がくじびきしまして
当選発表しますね。
ちょっと忙しいので更新遅れるかもですがお待ちください。
[PR]
by kozakurapon | 2009-11-14 10:58 | おすすめ作家さん | Trackback | Comments(12)

静岡旅行記4・掛川花鳥園つづき

さてみなさん。
ペンギンを抱っこしてまいりました。
終始ニコニコご機嫌な私。
d0123492_1885016.jpg

他の9名の方たちも
「かわいい~~~」と言いながら顔はゆるみっぱなしでした。
ケープペンギン。以前も神戸花鳥園で、若鳥を少し触らせてもらいました。
毛は硬くミッチリと生えていて、身体は弾力があります。
魚と鳥のあいだっていう感じがしました。

ペンギン撮影所のそばに、ズグロ先輩がいました。(笑)
ローリー仲間がいないので、最近来たばかりなのかな。
活発にワキワキと翼を持ち上げて、可愛い子でした。
d0123492_18153287.jpg


同じくペンギン撮影所の横に、グッズを売ってるところがありまして
初期のペンギンアート展に参加されていた、
「ふくろうおじさん」こと土屋誠一さんがおられました。

ふくろうおじさんなのでもちろんメインはふくろうのサンドブラスト作品なんですが
ペンギンものやインコものも手掛けておられます。
作品は拝見していましたが、ご本人にお会いしたのは初めて。
気さくな方で、ペンギンアート展のことや花鳥園のお話など
しばらく伺いました。
作品写真を撮らせていただくのをうっかり忘れましたが、
ブログ「OWL DREAM ふくろうおじさんのブログ」(←クリック)
をご覧ください。

ずっと先の夢ですが・・・。
私の好きな鳥クラフト・アート作家さんたちに声をかけて
花鳥園のような、近くに鳥の声を感じられるところで
グループ展ができたらいいなと思ってます。(まだ夢ですよ。)
展覧会の合間に鳥と触れ合ったりオフ会をしたりして・・
たのしそう・・。(まだ夢、夢!)

さて、私は最近ハシビロコウや
クラハシコウの面白さにひかれています。
ハシビロコウは花鳥園にはいませんが、クラハシコウはいます。
知らない方はご覧ください。面白い鳥です。
d0123492_18543357.jpg

おすわりしてます。揃えた足先がキュートです。
d0123492_18552948.jpg

片足をあげて伸びをしています。
黄色い部分はクチバシではありません。サロンエプロンのようにひらひらしたもので、
その下に長~いほんとのクチバシがあります。
目がまた可愛い。まぶたがうすくて大きい目で、やさしげです。

クラハシコウに魚のえさをやれる時間がありました。
誰よりも早くえさカップを手にし、魚をクラハシさんに投げましたが、
クラハシさんはおなかいっぱいだったとみえて、魚をちょっとつまむくらい。
d0123492_19113063.jpg


「はらへった!あいつはいらんみたいだから俺にくれ!」という感じで
他の水鳥が熱いアタックをしてくるのでそちらに魚をさしあげました。

こうして手元の100円玉はすべて使い切り、
大満足で掛川花鳥園をあとにしました。

高速料金が浮いたのを口実に、また昼ごはんはうな重と肝焼き。
(今度は関西風。蒸さずに直接炭火で焼く)
完全にカロリーオーバーで掛川をあとにしました。
オマケ・花博の掛川市出品作。掛川茶ですね。
d0123492_19162273.jpg


*****

ここでブログ読者限定おみやげプレゼント。
コーヒー屋ポンポンブレンドのドリップバッグ(5パックセット)を2名様に。
d0123492_1920351.jpg


もちろんポンポンの写真ラベルがついてるわけがございませんので、
うちのプリンタで出力したちゃちなポストカードをおつけします。

次の更新までに、このコメント欄に
住所・本名を必ず内緒コメントにて書き、ご応募ください。
応募者多数の場合はポンポン本鳥による厳正なる抽選を行います。
抽選結果はこのブログにて仮名で発表します。
決定後メール便でのお届けになりますので多少日数がかかります。

当選した方、芳醇なポンポンブレンドの味と香りを手軽にお楽しみください。
[PR]
by kozakurapon | 2009-11-09 19:31 | わたくしごと | Trackback | Comments(38)

静岡旅行記3・掛川花鳥園

2日目の朝はコメダ珈琲にてモーニング。
東海地方では有名な喫茶チェーン店です。
珈琲380円を頼むと、分厚いトースト(ジャムかバターのトッピングを選べる)、
ゆでたまごが1個ついてきます。
d0123492_22561817.jpg

名古屋ではモーニング頼んで、これにさらに柿ピーがついてきたこともありました。合うのか?
せっかく東海圏に来たので、あんトーストを頼んでみました。けっこうなボリューム!
最初はビックリするけど、この取り合わせはなかなかのもんですよね。美味しかった。
d0123492_22581751.jpg

さて、おなかもいっぱいになったところで、いよいよ掛川花鳥園へ!
開園まもなくだったので、幸運にも
ペンギンだっこ(一日限定10組)の整理券を手に入れることができました。
神戸花鳥園でもこのサービスはあるのですが、
そんな朝早くに神戸に行くことはないのであきらめていたのです。
ワクワクしながら入場。はいってすぐの中庭池ではペンギンがたくさん。
ああ~やっぱり可愛いわ~~~~
ペンギンだっこまではまだ時間があります。
d0123492_2335119.jpg

ふくろうコーナーはみなさんおねむのご様子。
だって夜行性だもんね。
d0123492_235521.jpg

天敵から身を守るために身を極端に細くすることで
テレビで紹介されて大人気のポポちゃん。
細くなるのはポポちゃんにとって大きなストレスなので
普段ここで見ることはできません。
やっぱりおねむです。
d0123492_2373673.jpg

ところで掛川花鳥園は屋外の放鳥スペースが広いことが特徴で、
ギャリーさんという鷹匠が大きなワシを飛ばせる迫力のショーがあります。
この日はギャリーさん休暇中。残念。
フクロウがかわりにショーをやってましたが、やる気がなくて係の方が四苦八苦。
フクロウ眠いのかも・・・。

さて、となりはいよいよインコエリア。
大きな蓮池が中央にある温室内には、
エボシドリや各種インコ
特にコガネメキシコインコがいっぱい放鳥されています。
d0123492_23132921.jpg

紙コップ入りの餌をひとつ100円で買って鳥にあげることができます。
d0123492_2317231.jpg

みるみるなくなる100円玉!(笑)
まだ奥にも餌場はあるということで、先へ。
途中、オオバタンの入ったかごがありました。
d0123492_2319262.jpg

ふかふかで可愛い・・・こちらに近づいて、おでこをぐいっと押してきます。
カキカキを要求しているように感じましたが、こういうコは慣れてるかどうかわからないので
うかつに手を入れたりしたら指がなくなります。
やはり後で聞いたら、まだお客さんと触れ合うほどには慣れていないということでした。

途中のダチュラの木には、ワカケホンセイインコが。
d0123492_2323872.jpg

全然撮れてないですが、ダチュラ(エンジェルズトランペット)との
色彩や形の取り合わせが最高に美しく、ダンナとふたりウットリ眺めておりました。
ただ通路の上のほうにとまってますのでウンコ爆弾の危険があります。(笑)

蓮池の上を忍者のように走る鳥。(レンカク?)
d0123492_23272860.jpg

施設の破壊に余念がないコガネメキシコインコたち。
d0123492_23291957.jpg

温室の片隅の穴に入り込んでる鳩。(2羽います。)
d0123492_23322525.jpg

となりの温室にはまた違う種類のインコ。
コミドリコンゴウ?
d0123492_23343376.jpg

こんな仲良しカップルも。
d0123492_23352299.jpg

かごのなかにタイハクオウムが。
この子はあとでふれあいタイムもあるくらい慣れてます。
とても機嫌がよくて、かごごしにカキカキを要求。
d0123492_23365363.jpg

可愛い・・・。
のちにふれあいタイムでまた盛大に触らせてくれました。
ごにょごにょオシャベリも。
後ろのコンゴウインコちゃんも触れ合えるのですが、
今日は機嫌がわるかったのでパス。きれいな子ですね。
d0123492_233912.jpg

まだまだあるので今回はここまで。
みなさん、花鳥園に行くときは100円玉をたくさん用意いたしましょう。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2009-11-08 23:46 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)

静岡旅行記2・コーヒー屋ポンポン

さて、コーヒー屋ポンポン(←HPあり。クリック)には喫茶はありません。
豆の販売のみです。
d0123492_913652.jpg

ポンポンという名前ですが、うちのインコ「ポンポン(ポンタロウ)」とは関係ありません。(当然)
抜けたデコ毛がおじゃる眉毛になってる今朝のポンポン。↓
d0123492_915476.jpg

静岡地方では、バイクのことをポンポンというそうです。
店のご主人がかなりのバイク好きということで、店名になりました。
だからオリジナルブレンド「ポンポンブレンド」もバイクの絵が小さく描いてありますね。
d0123492_9184881.jpg


ダンナが静岡出張のときに持って帰ったフリーペーパーかなにかに
このお店が載っていて、花博のついでに絶対寄ろうと思っていたのです。

私がご主人にお店と同じ名前の鳥を飼っているので来ましたというと、
以前九州のほうから、犬のポンポンの飼い主さんからの
ご注文を受けたことがあるとのことでした。(笑)

喫茶もない小さなお店なんですが、私たちがいる間お客さんがいれかわりたちかわり。
みなさん常連さんかなと思います。
コーヒー豆を買ったら、サービスとして小さいカップに一杯ずつコーヒーをいれてくれます。
このコーヒーはポンポンブレンドではないとのことですが、じゅうぶん美味しかったです。

ご主人はバリスタチャンピオンシップの審査員もつとめる専門家。
日本ではほとんど輸入されていないが国際的な評価の高い豆、「スペシャルティーコーヒー」という
コーヒーを、「珈琲の味方」というグループを作って輸入されているそうです。

ご主人は「コーヒーは気軽で美味しい」をモットーに
珈琲教室などをひらいたりいろんな活動をされているようです。
店内の壁にはコーヒー関係のみならず、地域の展覧会やイベントのチラシが貼られ、
珈琲を待つ間にお客さんが見たりチラシをとったりできるようになっています。
d0123492_9594116.jpg


また、エコ活動として詰め替え容器を持参すれば500グラムぶんは20円、
250グラムは15円の返金もされています。
使用済みの珈琲袋を使って、ペットボトルカバーやバッグも作っておられます。
トートバッグ、軽くてA4サイズのものもはいるし可愛いので買おうかと思いましたが、
この前バッグを買ったとこなのでやめました・・。
d0123492_100949.jpg


もちろんポンポンブレンドの豆を購入!
まだ試してないんですが楽しみです。

全然関係ないんですけど、
このお店の近所に豚なべ屋の
「とんとん」
すこし車で行ったとこに弁当屋の
「どんどん」
がありました。
だからどうだと聞かないで~!

では次回はいよいよ掛川花鳥園!!
[PR]
by kozakurapon | 2009-11-06 10:01 | わたくしごと | Trackback | Comments(9)

静岡旅行記1・インコ好き口笛奏者発見!

先日、浜松の「浜名湖立体花博」と「掛川花鳥園」を巡る
一泊旅行をしてまいりました。

一日目は朝大阪を出て、昼1時頃には浜松到着。
この日は休みにはさまれた平日だったので
高速料金は6000円くらいと思っていたら
インターを出て「1850円です」にビックリ。
途中で新しい道を通ってきたので1000円ではありませんが、ラッキー!

お昼ごはんは「うなぎ藤田」にて。
江戸焼きといって、一度うなぎを蒸してから焼くやりかただそうです。
これが美味しかった!ランチセットはサラダとかいらないよね~ということでやめて
単品のうな重にしましたが、ランチ並みにキモ吸い、つけもの、コーヒーまでついてびっくり。
d0123492_2151814.jpg

別に、備長炭で焼いた肝焼きも注文。最高。
d0123492_21525145.jpg

後味があっさりしていて、これなら明日もうなぎ食べられそう。

おなかいっぱい満足し、日の高いうちにと花博会場へ。
車では会場までは行けず、専用駐車場からシャトルバスを使います。
平日だったのでまだそれほど込んでなかったけど、
土日休日はかなりの人出かと思います。
このイベントは好評のようで、この日50万人を突破とか。
d0123492_21592365.jpg

正面玄関のウナギイヌ。これは会場の外にあるので入場しなくても見れます。
ウナギイヌは大人気でしたが、会場の玄関にある、このイベントのマスコット「モザイくん」
d0123492_2212333.jpg

可愛いけどウナギイヌのインパクトに負けてか、あまり写真撮影する人もない。
このイベントは立体花博というとおり
世界各国、自治体、団体が作った立体的な花壇を見れます。
どれも面白く美しいので
それほど花に興味のない私でも楽しむことができました。
全部紹介していたら大変なので、いくつか抜粋します。

ナスカの地上絵。
d0123492_223643.jpg

リクガメ。他にもカメを出品しているところはありましたが、
このガボンのリクガメが一番出来がよかったです。
d0123492_2294339.jpg

モントリオールの「木を植えた男」
昔素晴らしい色鉛筆アニメーション映画がありましたね。
人も素敵ですが、犬がとてもリアル!
d0123492_22115790.jpg

一応大阪在住だから・・・先日開催のイベント「水都大阪2009」。
先日紹介した巨大アヒルが浮かんでいたらもっとよかったのに。
d0123492_22144659.jpg

華やかで力の入った作品が多いけど、なかにはちょっと地味なものも。
わたしのツボにはいったのは
温水洋一似?のショパン。(ワルシャワ)
髪の毛が強風にサワサワ揺れて、地味ながらイイ感じでした。
d0123492_22182243.jpg

鳥モチーフもいくつかあったので一部紹介。
インドネシアの鳥の神様「ガルダ」
d0123492_22202452.jpg

その向かいにあったのはカリブのベリーズ、この鳥はオオハシだそうで・・・??
d0123492_22223070.jpg

広島市の「かもの里帰り」
d0123492_22241541.jpg

人気が高かったのは静岡のレッサーパンダ。
d0123492_22255986.jpg

今回ゆるキャラも多数出演してました。
岩手の「そばっち」
d0123492_222785.jpg

名古屋のはち丸。ゆるキャラじゃないけど、後ろに見えるのはスリランカの涅槃仏。
d0123492_22285770.jpg


まだまだあるんですけど、画像アップに疲れてきたのでこのくらいにしておきます。

ようやく表題の「インコ好き口笛奏者」ですが・・
会場パンフレットから、ダンナがこんなステージ出演者を発見!
d0123492_22312037.jpg

この人、頭にインコ乗せてる!!!
後で調べたところ、このかたは分山貴美子さんといって
口笛で音楽演奏をされているミュージシャンだそうです。
なんと、可愛い可愛いワカケホンセイインコを飼っておられる!
ブログ「KIMIのさえずり」(←クリック)から、超可愛い「足クサ~ダンス」を踊るインコが見れます。
(足クサ~ダンス画像はYOUTUBEで拾って来たもので、ご本人の鳥さんではないそうです。)

ステージ観たいけど、11月15日なのでさすがに見に行くことはできず。
でもいつか口笛、聴きにいきたいです。
*追記*
分山さんのブログやHPのほうで、今後の演奏予定がアップされました。

このあと、浜松市内のこんなお店に行ってきました。
くわしくは次回。
d0123492_22411245.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2009-11-04 22:44 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)

オカンカーメンと豪州オカメインコ対決

さて、ちょっとまえにお伝えしたオカンバン娘さま。
まだキバタンとの対決は行われていないもようです。
にたかGさんの晩酌のお手伝いをしているもよう。(笑)

にたかGさんちに来る野生のキバタンオウムのうちの
一番美形の子「茜」ちゃん(ムッチリ太って可愛いので「茜豪州」という四股名を持っています。)
をモデルに描いたマグカップの中身は豪州ビール。
コーヒーではなくビールをいれるというのは目からウロコでした!
冷蔵庫であらかじめ冷やしてから使うと冷たさがキープされていい感じだそうです。
d0123492_20363683.jpg

オカンバン娘はなんだかとても可愛がられているので、
にたかさんも乱暴なキバタンと戦わせるのに躊躇されてるのかもわかりません。
にたかさんちにお嫁に行ったときの様子は
にたかGさんことさんなすさんのお菓子ブログ「豪州菓子事情」
(←クリック)をご覧ください。
その記事のなかに写っている大きい陶製オカンカーメン。
2007年に初めてオカンを作り始めたころの作品で
掛け花入れなんですが、
吊るすための穴が小さすぎて製品にならず放置していたものを
今回布製のオカンバン娘が破れ去ったときに、
陶製ならどうだ?という比較用にお送りしたもの。

にたかさんは嵐の日にお宅に迷い込んできた
ほとんど荒鳥のオカメインコ「さんじ」ちゃんを飼っておられます。
この写真はなぜかご主人によくなついているさんじちゃん。
ふだんはアーモンド型の目をしています。
d0123492_2046532.jpg

そしてこれは陶製オカンカーメンを見た瞬間のさんじちゃん。
目がまんまるです!
d0123492_20471410.jpg

さんじちゃんはおばちゃんオカメで
とても強く少々のことではビビらないそうなんですが
にたかGさんいわく、こんなまんまるな目を見たのは
飼い始めて以来初めてだということです。(汗)

悪いことしてごめんね・・さんじちゃん・・
でもね、これはとても大切な学術的実験だから・・・。(爆)

ちなみに布製のオカンバン娘に対する
さんじちゃんの対応はどうだったんでしょう?にたかGさん。

キバタンとの対決がたのしみです。
[PR]
by kozakurapon | 2009-11-03 20:59 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)