ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

いつものごとくギリギリです・・・

かたまりの粘土は、乾燥が不十分だと爆発の可能性があるので
慎重に乾かしてぎりぎりまで素焼きを待ちました。
ようやく下絵付けをして本焼きします。
焼き直しにならないことを祈ってください。
もうクリスタまで一週間。
ほかほかあつあつの人形を持っていくことになりませんように・・。
d0123492_21594026.jpg

ヒナの証拠?のくちばしの茶色はあえて塗らないことにしました。
色数をおさえて花びらのような淡いイメージにします。
片手のてのひらに2羽とも乗るほどの小さいものですので
こんな小さいのかと拍子抜けする方もおられるかもしれませんね。
[PR]
by kozakurapon | 2010-01-31 22:06 | 製作情報 | Trackback | Comments(14)

ひな人形乾燥中

まだこの段階で失礼します。間に合わせるべくがんばっています。

ひな人形というと美しい装束を着ているのが魅力です。
私は着物が好きなので、鳥が着るといえどついついちゃんと着せたくなります。
手前のヒナたちは幼児ですので、帯はつけずに脇で紐を結ぶタイプの着物です。
子供なので冠をつけません。
d0123492_11017100.jpg

柄は桃のものと、桜のものの2種類です。
普通ひな人形は3月3日ですぐしまってしまいますが
これは本格的な春(桜の季節)まで
飾れるようにしたくて桜模様にしました。
ごく小さいものなので
春の花の寄せ植えなんかのそばにちょこんと置いて楽しめたらと思います。
陶器は水洗いできるからいいですね。

セキセイヒナとコザクラヒナ。
ヒナならばくちばしに茶色を少しいれなくてはならないのですが、
全体のバランスで考えることにします。
色はあまりいれず、白、ピンク、できたら金の3色にしぼりたいと思っています。

後ろにいるオカンヒナたちは、立ち雛のほうの装束はどちらかといえば
平安時代というより室町、戦国に近いかも。
座っているほうは一応平安時代の大人の装束の感じ。
もちろん鳥なんで、体型の問題もあり、かなり省略はしています。

この写真には写っていませんが
ヒナたちよりすこしお兄さん、お姉さんのコザクラのものが
もう一体ありまして、そちらは女子は細長、男子は半尻という衣装です。
ほんとは女子のほうは細長よりも
「かざみ」(漢字の変換ができません・・・)に「あこめ」(これも・・)
を着せたかったのですが、こうなるとマニアックすぎて男女の区別がつきにくくなるので断念。

まず調べるのが楽しくて、余計に時間をかけてしまっています。
ああもっと可愛い衣装が着せたい。
どうしてこう、いくつになってもお人形さんが好きなんでしょう。
ドレスや着物に対するこの執着は
多くの男性には理解しがたいものがあるんじゃないでしょうか。

ひな人形面白いなぁ~。
今回はさすがに無理ですが、
三人官女とか五人囃子とか、花嫁道具にいたるまで
フルセットで作りたくなりました。
[PR]
by kozakurapon | 2010-01-24 11:39 | 製作情報 | Trackback(1) | Comments(14)

コザクラ空想「陶芸の助手」つづき

もしも巨大コザクラと極小コザクラが
私の陶芸の助手だったら・・・・。

巨大コザクラのおデコの分け目に
極小コザクラは住んでいます。
d0123492_1943142.jpg

DM作りが苦手な私は
極小コザクラに手伝ってもらいます。
d0123492_19444657.jpg

指令をうけた極小コザクラは
お客様の寝ているときに
耳もとでイベントの告知をします。
d0123492_19463073.jpg

クリスタ長堀当日の朝。
巨大コザクラに乗って出発。
d0123492_19481833.jpg

あれ?
d0123492_194901.jpg

ちょっと!
d0123492_19493333.jpg

当日私がいなかったら
巨大コザクラと一緒に迷子になってるとお考えください。
[PR]
by kozakurapon | 2010-01-22 19:52 | らくがきドラマ | Trackback | Comments(22)

if(もしも・・・)

もしも・・・

巨大コザクラが陶芸の助手だったら。

焼きあがったばかりのざらついた底を
砥石で磨ってくれたり・・・
d0123492_23383521.jpg

寒いときにろくろをして冷えた手を
つばさで温めてくれるかな。
d0123492_23394495.jpg

絵を描きやすいように
しっぽでうつわのホコリを払ってくれるかな。
d0123492_23411972.jpg

いや、せっかくだけど遠慮しよう。(笑)

もうすぐ大阪で開催される第42回漫画展。
今回のテーマはif(もしも・・・)

くしくも私の今年のらくがきは、「もしもコザクラインコが・・・」。
ひとは不況のときには、もしも・・と空想したくなるのかもしれません。
d0123492_2346582.jpg

松島佳世さんはペンギンアート展の常連作家さん。
ペンギンを名画の中に組み込む作品で知られています。
今回は立体。
あの岡本太郎の「太陽の塔」を「ペンギンの塔」に!
d0123492_2350634.jpg

1メートルの作品ということです。
お近くの方は覗いてみてください。

2010年 1月25日(月)~30日(土)11時~19時(最終日は17時)
茶屋町画廊にて。
[PR]
by kozakurapon | 2010-01-18 23:55 | らくがきドラマ | Trackback | Comments(10)

ズグロ先輩が・・。

陶芸って難しい。
このところ、片口のときもそうでしたが釉薬のノリがわるいです。
「ちぢり」というのですが、うつわのふちがデコボコしてしまうのです。
今回の窯はそれがひどくて、ほぼ全部やきなおし。(涙)
写真がわかりにくいですがこんな感じで。
d0123492_21225983.jpg

これは個展用に描いた、ズグロオトメインコ・ホッピング皿。(笑)
d0123492_2124564.jpg

陽の目を見ぬまま・・・・
d0123492_21265014.jpg

アウトレット行きかねぇ~~。
まぁまた作るわ。がんばる~!
d0123492_21274861.jpg

ぴょんぴょんぴょん・・・・・・
[PR]
by kozakurapon | 2010-01-16 21:37 | 製作情報 | Trackback | Comments(10)

オカンヒナ製作中

ひなまつりの歌を鼻歌で歌いつつ製作中。
今日のところは座っているのと立ち雛タイプのふたつ。
d0123492_18502930.jpg

親が結婚を決めていた昔は
結婚式まで当人同士は会えなかったこともあるそうですね。
d0123492_18531046.jpg

会ってみたらオカンカーメンだった!!
d0123492_18535821.jpg

思わずへっぴり腰・・・。
[PR]
by kozakurapon | 2010-01-11 19:05 | 製作情報 | Trackback | Comments(16)

クリスタ・2月6日土曜日出展決定

突然ですが、関西地区では
去年9月の「じぶんでたべる」うつわ展以来、ひさしぶりに作品を販売いたします。

「じぶんでたべる」うつわ展や
北海道での片口普及推進委員会に出展したものの在庫のほかに、
作品製作過程でどうしてもできてくる、アウトレット品を出す予定です。

使い物にならないものはすべて廃棄していますが
釉薬内のキレ、目立つ場所の鉄粉など
使用にはまったく問題ないですが正規の製品としては出せないものが
けっこうたまってきましたので、割引価格にて販売いたします。
キズの部分にはシールを貼ってわかるようにしておきますね。

みかん箱2箱ぶんあるし・・・(汗)
使い込んだみかん箱で失礼いたします。
Bとはアウトレット品のことです。
d0123492_19194742.jpg

白いうつわばかりなので、わずかな汚れもわりと気になってしまいます。

また、間に合うかわかりませんが
新作ヒナ人形をすこし作りたいと思っています。
(実は構想約2年。時期を逃してばかりで作れてませんでして・・)

ひさしぶりのクラフト市出展。みなさんにお会いできるのが楽しみです。

*****

クリスタ・アート&クラフトマーケット

日時 2010年2月6日土曜日 11時~18時

場所 クリスタ長堀 滝の広場

    大阪 地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅すぐの地下街
    心斎橋筋ロフト北側エスカレーターを降りたところ

★天候に関係のない地下街でのクラフトマーケットです。出展数は20ブースほどですが
 関西地方を中心に活動している各分野の若手クラフト作家の作品が充実しています。
 お時間ありましたらぜひおこしくださいね。
[PR]
by kozakurapon | 2010-01-08 19:35 | おしらせ | Trackback | Comments(16)

鳥をフェリーにのせてみました

毎年、年末年始の帰省には鳥をつれていくことにしています。
いつもは往復とも飛行機なんですが
今年は行きだけフェリーに乗ってみました。

会社帰りの主人と待ち合わせて
大阪港まで電車でぽんぽんと荷物を運びました。
遠い・・・重い・・・かさばって改札機を通れない・・・。
d0123492_2145127.jpg

分厚いダウンを着ていたので、鳥連れのホームレス(なんか夢があるな~)のようでした。(笑)
ようやく主人とおちあって荷物を分担。フェリー乗り場で手続き。
鳥の運賃は2000円でした。
主人が乗船名簿を記入するとき、動物の種類のところを
「島類」
と書いてました。ちっちゃいアイランドやな~(笑)

フェリーに乗りこみ、ぽんぽんを預けに行きました。
別棟?の小さい動物用船室があり、
すでに小さい犬が3匹ほど収容されていました。
最初はみんな静かにしていましたが
私が行くと「くううう~ん」と小さい声で鳴きはじめてしまいました。
みんな訓練されたいい子なんでしょうね。我慢しつつ
でも耐えきれない様子がいじらしかったです。
d0123492_214537100.jpg

犬のとなりのケージにとりかごを入れようとしましたが
びみょーに高さが合わなくて入らない。

どうしようかと困っていたら、担当の女性が気を利かせて
フロントの中で預かりましょうと言ってくれました。
昨日は文鳥を預かったんですよ~ということでした。
とても感じのいい方で助かりました。

フェリーのなかは暖房が利いてましたが
かなり乾燥していましたので、水入れに水をいれておきました。
さっき無理にケージをつっこもうとしたときにこぼれましたが
湿気対策になるかとそのまま預けました。

後で見ると、餌の上に水がかかって湿ったため、ぽんぽんは何も食べずに寝たらしい。
落ち着かなかったせいか水も飲んでいなかったようで
フェリーから降りて車に乗った時に、水を口元に持っていったら
びっくりするほどの勢いでゴクゴク飲んでいました。かわいそうなことをしました。

この日はさすがに混雑していて夜遅くまで騒ぐ人もいたし、
寄港便だったので未明にアナウンスがはいったりして
フロントにいたぽんぽんは落ち着かなかったようです。

1000円高速のおかげで致命的な打撃をうけて
存続の危機にあるということなので
守りたいと思ってわざわざフェリーにしたのですが・・・
鳥連れではきびしいかな。

帰りは飛行機でした。
こちらは片道5000円。ハードケージを無料で借りてかごごと入れてもらい、預けます。
離陸や着陸で揺れますし、ぽんぽんにとってはもちろん快適とはいえないでしょうが
なにより時間が短いのがいいです。

フェリーを守りたいんですけどね・・。
便数が減って、時間も中途半端になってしまい、余計利用しにくくなっています。
便数が減って利便性が犠牲になっているのは飛行機も一緒。

こういうインフラは一度失われるとなかなか整いません。
千円高速で長距離を移動する体力のある、若いあいだはいいですが
これから高齢化社会を迎えるのに
公共交通が滅びてしまっていたらどうすればいいのかな~なんて
少し不安になっています。
[PR]
by kozakurapon | 2010-01-05 21:53 | わたくしごと | Trackback | Comments(31)

新春コザクラ空想

帰省や初詣などを済ませ、
三が日最終日は何もしないぞということで
空想らくがきなど描いて遊んでみました。

もしも・・・巨大なコザクラインコが街に現れたら。
d0123492_1455186.jpg

かわいい?こわい?
脂粉よけに傘をささなくては。
d0123492_1471692.jpg

機嫌がいいとカキカキさせてくれますが
d0123492_1483547.jpg

ポイントをはずすと危険です。
d0123492_1492419.jpg


もしも・・・ものすごく小さなコザクラインコがいたら。

意外なところにもぐりこんでいるので注意が必要です。
d0123492_14114054.jpg

コンタクトを洗うときも、気をつけなくてはなりません。
d0123492_14123757.jpg


・・・普通のサイズがやっぱりいいか。
[PR]
by kozakurapon | 2010-01-03 14:14 | らくがきドラマ | Trackback | Comments(30)

2010年・あけましておめでとうございます。

今年は雪のお正月でした。(あ、大阪は知りません。帰省先で。)
ぽんたろうもカゴから出すなり服のなかにもぐりこんでしまう始末。
つかみだすと鼻をならして怒ります。時々鳥とは思えない。(笑)

↓今年の新年恒例「なんちゃって生け花」。
私は生け花を習ったことはないのですが、
新年くらいは玄関にお花を飾りたくて毎年適当に活けてます。
生け花をされている方は目を細めに開けて見てください。(笑)
ユリは帰省から帰ったらもうすこしひらいていました。
d0123492_0124284.jpg

今年もまたロウバイを活けました。
ロウバイは私のいちばん好きな早春の香りです。
今年もいい香りにつつまれて一年が始まりました。

みなさんにも、私にも
素敵な出会いやできごとの多い一年でありますように。
[PR]
by kozakurapon | 2010-01-02 00:24 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)