ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

湯気写真@おぴ~さん

最近更新が遅いうえに、オカン鍋の話題ばかりですみません。

ただいまNOMAMISEに向けて作品作りが佳境にはいっております。
ようやくオカンを量産しはじめました。といっても20個ないです。
タマちゃんとコザクラ軍団はあわせて100近くはありますが、
ものがとても小さいので、飾ってもそんなに多くは見えないです。

目がさめるほどバカバカしいものができつつあり、
早く完成させてお披露目したいです。

そして今、自宅の窯小屋工事も始まっております。
今日は基礎ができました。
NOMAMISEが終わったくらいには完成するかと思います。

自宅に窯を持ちたいと思っている方たちのために、
おおまかな工事費用や注意した点など、ひとつの例として
後日ブログで詳細を伝えていけたらと思っています。

さて、先日おぴ~さんとくらさん、まいおさんの3人が
オカン鍋の撮影のため、我が家に来られました。

来られるたびにおぴ~さんのカメラ機材がすごくなっていく!
今回は写真館でよく見る、傘のような撮影器具持参でした。

今回はお食事メインという頭があったので
ふたつの優勝レシピをそれぞれ鍋で作ってお待ちしたのですが・・・
まさか2時間も撮影にかかるとは思いませんでした。

何度もオカン鍋を沸騰させましたし、
湯気を誘導するために窓を少しあけたり
ドライアイスがないので保冷材を近づけたり離したり。
レフ板が足りなくて、私の手持ちの白いボードなど、あるもので工夫。

納得いく構図や光の具合を一生懸命探るおぴ~さんの姿から
写真がひとつの芸術作品であることを、いまさらながら感じました。

盛大に湯気を吹くオカン。
d0123492_052255.jpg

ゆらゆらとたちのぼる湯気。
d0123492_0532831.jpg

そうそう、こんな風に撮りたかったんです。
d0123492_0552867.jpg

おぴ~さんも楽しんで撮ってくださったようでよかったです。

撮影後、煮過ぎてすっかりトロトロになったお鍋を
みんなでおなかいっぱい食べました。
お鍋っていいですね!

ところで、3人とも今はやりのiphone(アイフォン)を使いこなしておられます。
実物を見ずに、アイフォンのお絵描き機能で
くらさんとまいおさんが
オカンカーメンを描いてくれました。

くらさん画・「オカンカーメン」
d0123492_143789.jpg

さすが、ぱっと見ただけでオカンを描いてることがわかります。
おでこのくちばしは?(笑)

まいおさん画・「湯気はくオカンの横顔」
d0123492_16455.jpg

シンプルな線ですが、的確に状況をとらえています。

みんな情報機器をつかいこなしていてうらやましいなぁ~!
オカン鍋のレシピ、ようやく原稿ができて、あとは刷るだけです。
カラーにしたかったけど、なんでかうまくいかなかったので
白黒イラストですみません。
d0123492_1143581.jpg

このレシピカード作りに手間取って、納品や
優勝者への作品の発送が遅れています。
もうちょっと、お待ちくださいね~~(汗)
[PR]
by kozakurapon | 2010-11-28 01:19 | わたくしごと | Trackback | Comments(22)

レシピコンテスト結果速報

みなさまお待たせしました!
オカン陶板鍋を使ったレシピコンテスト、
上位2名が決定しました。

1位 ユカリさん「山盛り野菜ポカポカ豚肉重ね蒸し」
d0123492_0144247.jpg

大根おろしを底に敷くことで、
ヘルシーさ、洗いやすさ、こげつきにくさという
3つの利点が生まれます。
そのアイデアが幅広い支持をあつめました。
また、湯気が盛大に出そうなので、オカン鍋にふさわしいとの意見も多かったです。
レシピのしおりができしだい、お送りしますね。
ご協力ありがとうございました!
アウトレットでほんとにすみません。使い倒してくださいませ。

2位 にたかGさん 「蒸し鶏」
d0123492_0215637.jpg

材料の数が少なく、とっかかりやすいうえに
作り方もとてもシンプル。でもご馳走という満足感がある点が
高い評価を受けました。

ところが~~たいへん恥ずかしいお話なのですが・・・
今日おぴ~さんたちをご招待して
写真をお願いしつつ実際に差し上げる鍋で料理を作ったのは
果たしてアウトレット品がきちんと使用に耐えられるか
テストする意味もありました。

どちらの鍋ももちろん使用にさしつかえはなく
美味しくお料理できたのですが
ふたつのうちひとつ、いくらタダでも
大事なお客様に差し上げるにはちょっと
自分として納得できない部分がでてまいりました。

なので、のちほどにたかさんには
詳しいアウトレット部分の写真をお送りしたうえで
捨ててしまう可能性があるとしても
ほんとにお送りしてもいいのかをご相談したいと思います。

今回のお鍋は初めての挑戦でしたが
釉薬はたくさん買いましたので
これからもっといいものを作れると思っています。
場所もとるものですし、無理せずに決めてください。
ほんとうにお騒がせしてすみません・・・。

*****

以上が上位ふたつ。

決まるまでのあいだ、最後まで4つのレシピが競り合っていたのですよ。

そのうちのひとつ、ruruさんの「簡単にできるジャンボパンケーキ」。
今日、お茶のおやつがいいのがなかったこともあり、
どんな味かおぴ~さんたちも気になっているのではとも思ったので作ってみました。
d0123492_0452285.jpg

パンケーキですので、
想像するほどにはぼわっと膨らむわけではないのですが
なんともいえない懐かしいたまご味のケーキ。
やさしい味が大好評でした。

そしてもうひとつ競り合っていたのは
ぷぅさんの「ホルモン鍋」。
興味ある人も多かったのですが、
私自身も一番近いスーパーでは売っていないなど
ホルモンって一般には意外と買うのが難しい部位です。
その点がすこし響いたようで、接戦に競り勝つことができませんでした。

でも、ようやくホルモンを入手、さっそく作ってみましたよ。
これが、想像以上の簡単さと美味しさ!!!
焼き肉のタレをかけただけなのに、これは手軽で美味しい。
おすすめです。いいレシピをありがとうございます。

*****

他の4人のみなさんのレシピは、それぞれ2票ずつをあつめました。
まだ全部は作ってませんが、必ず作りたいと思いますよ。

ではとりいそぎ速報のみにて。
[PR]
by kozakurapon | 2010-11-24 00:59 | わたくしごと | Trackback | Comments(21)

わたしのレシピをもうひとつ。

みなさんたくさんのご投票ありがとうございました。

23日に上位2つのレシピを
差し上げる陶板鍋で実際に作って
24日の更新にて
発表とさせていただきます。

毎日のように蒸し料理を作っていたら
さすがにだんなが飽きたので
しばらく休んでますが、必ず全種類作りたいと思っていますよ。

さて、みなさんのレシピを作る合間に、
今まですきやき鍋で作っていた
我が家の定番料理、
「韓国風すきやき」をオカン陶板で作ってみました。

ダッカルピやビビンバのエントリーもありましたが
韓国風料理に、この陶板はとても合うと思います。
d0123492_18593346.jpg

①牛肉に下味をつける。
ごま油、酒、砂糖、各大さじ1
にんにくすりおろし、白すりごま大さじ3を
うす切り牛肉のパックにいれて混ぜ込んでおく。
②すき焼きの煮汁を作る
別の鍋に水1と2分の1カップ、酒2分の1カップ、しょうゆ大さじ4、砂糖大さじ2をいれて
火にかけ、煮立ったらコチュジャンを少量の煮汁で溶いて加え、火を止めておく。
③大根、にら、人参、ねぎなどを長さ5センチくらいの細切りにしておく。
えのきなどをいれてもいい。
④オカン鍋を弱火であたため、ごま油をうすくひいて
まんなかに牛肉をひろげて焼く。野菜は放射状に並べて
煮汁を3分の1ほどいれて、オカン蓋をして煮る。
湯気が出て材料に火が通ったら召し上がれ。

ニラをすこしとっておき、ビビンバを作れます。

食べ終わったあとの煮汁に、3分の1残しておいた煮汁を足し
あればもやし、汁けを切ったハクサイキムチをいれて煮、
ごはん1~2膳分をいれてニラを加えて
御飯にこげがでてきたら火をとめる。
溶き卵を回しいれて大きくまぜ、
オカン蓋をして卵が半熟になったら器に盛っていただく。
d0123492_19185490.jpg


ちょっと下味つける手間などはかかりますけど
美味しいですよ~。

オカン鍋を使うときは、ほとんど最初から最後まで弱火~中弱火で十分な感じです。
最初弱くても、蓋してたらかなり吹くんですよ。
余熱調理するくらいの感じでないと、焦げ付くかもしれないです。

最近すっかり料理ブログになりましたが(笑)
今集団コザクラは窯で修業中の身。
今は集団タマちゃん作りに励んでいます。
d0123492_19314793.jpg

こんなに作ってどうするのかと聞かないで~~
ただただNOMAに並べてみたいのです。
[PR]
by kozakurapon | 2010-11-17 19:34 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)

オカン陶板で作って食べたいレシピ・投票おねがいします!

さてさて。オカン陶板争奪(アウトレットですみません)レシピ選手権大会。
エントリーが出そろいました。
レシピのみご参加いただいた方、レシピ未完成ながらもアイデアをご紹介いただいた方も
ありがとうございました。
のちほど作るレシピ集のほうにまとめさせていただきますね。
d0123492_13231317.jpg


エントリーは8名。
8種類のお料理のなかで
これは作りたい!これは食べたい!と思う料理に
かならず非公開コメントにてご投票ください。
ほかの方のコメントに影響されないためと、
23日に写真を撮りにおぴ~さんたちが来たとき
実際に上位ふたつの料理を作り
それで発表、というかたちにしたいですので。

ちょっと発表までにあいだが空きますが、ドキドキしつつお待ちください。

複数回答可です。
エントリーした本人はそれぞれご自分に一票ずつ、あらかじめ加算しておきます。

************

エントリーナンバー1 ぷぅさんの「ホルモン鍋」
材料は
ホルモン(200~300g位)、キャベツ、もやし、ニラ(あと玉ねぎでもにんじんでもお家にある残り野菜なんでも蓋が閉まる程度)、お好みの焼肉のタレ

ホルモンを一番下に敷きます(油は引かなくてよいです)
その上に火の通りにくい野菜から順番に乗せて行きます
積みあがった野菜の上から焼肉のタレをドドドドっとたっぷりかけて、ふたをして弱火でコトコト。湯気が上がり、野菜がしんなりしたら出来上がり。全体を混ぜて召し上がれ♪
ホルモンの油が気になる場合は軽く下茹でするとよりあっさり仕上がります。

エントリーナンバー2 ユカリさんの【山盛り野菜ポカポカ豚肉重ね蒸し】
◆材料◆
豚ロース又は豚バラ200g。白菜・もやし・水菜・えのきなど冷蔵庫にあるもの。人参などはピーラーで薄く♪大根おろし・塩コショウ・酒少々。好みでショウガ・ニンニクを。
つけだれとしてポン酢&七味、ゴマだれ&食べるラー油など。

◆作り方◆
大根おろしを汁ごと鍋の底に入れて、その上にざくざく切った白菜の軸の部分を入れます。
半分量のもやし等の野菜の次に豚肉を重ねて薄く塩コショウ。
残りの野菜を重ねて一番上に豚肉を重ねて、塩コショウをして
酒少々を振りかけて蓋をし、弱火で蒸し煮に♪
ショウガやニンニクを加える時は、重ねた野菜にそっと仕込んでください^^
風味が良くなります♪体もポカポカしてきます。

蒸しあがったものは、パンチの効いたたれをつけると美味!!
ビックリするほど野菜が食べられます♪
しかも大根おろしのおかげで鍋底が焦げ付きにくい♪

エントリーナンバー3 おんぷさんの「ベトナム風しらたきのヌードルスープ」
【材料】チキンスープ(600cc)、しらたき(400g)、鶏むね肉(100g)、もやし(100g)、セロリ(10センチ)、万能ねぎ(6本)、しょうが(半分)、ナンプラー(大さじ2)、塩・こしょう少々

【作り方】
①チキンスープを火にかけ沸騰したら、シラタキ、一口大に切った鶏むね肉、しょうがの千切りを入れ、塩をほんの少し入れて味を整える。煮立ったら、弱火にして、5分煮込む。
②ナンプラー、塩・こしょうで味を整える。
③もやし、セロリ、万能ねぎは、お好みで盛り付ける。
器に取っていただく

エントリーナンバー4 ruruさんの「簡単に出来るジャンボパンケーキ」
〈材料〉
卵・・・1個。マヨネーズ・・・大1(15g)。砂糖・・・大2(約20グラム)。 牛乳・・・90cc。小麦粉・・・100g。ベーキングパウダー・・・小1(5g)。バニラエッセンス・・・適当(2~3滴)。
〈作り方〉
卵を溶き、マヨネーズを入れてホイッパーで混ぜ、よく混ざったらお砂糖を入れ、よく混ざったら、牛乳を入れてよく混ぜます。そこに小麦粉とベーキングパウダーを目の細かいざるなどで振るいながら加えて練らないように混ぜ、粉けがなくなったらおかん鍋にサラダ油を薄くぬり、生地を流し、弱火で焼くときっときっとふんわりジャンボなパンケーキが出来るのでは~?と思います。
いつもフライパンで作るので土鍋は初めてですが、餃子も出来るというお話でしたのでもしかしたら・・・と土鍋お菓子編です。
薄く焼いて、果物や生クリームをはさめば簡単オムレットになりますよぉー♪美味しいですよぉ~^^

エントリーナンバー5 にたかGさんの「蒸し鶏」
材料》
鶏肉二枚(モモなら皮無、ムネなら皮有が美味しいです)
もやし1袋、ふえるわかめちゃん大匙1杯、ねぎ1本
酒大匙2~3杯
作り方》
暖めておいた陶板にもやしを敷き詰めます。その上に
薄めの削ぎ切りにした鶏肉を並べて酒をふりかけ蓋をします。
弱火で加熱してオカン様が湯気を噴いたらふえるわかめちゃんと
斜めに切ったねぎを乗せ蓋をしてもう一度オカン様が湯気を噴いたら
出来上がりです。
わさび醤油かごま油をたらした醤油でお召し上がり下さい。
きゅうりの細切りとトマトを添えるとさっぱりして美味しいです。

ちょっと火加減が心配なのですがその辺はよろしくお願いします。

エントリーナンバー6 りえさんの「ちゃんちゃん焼き」 

材料
秋鮭 2切れ
キャベツ ・にんじん・もやし・まいたけ・えのき・玉ねぎなど
あり合わせでOK 量も鍋に合わせて調整してくださませ

調味料 味噌 大さじ2 しょう油 大さじ1.5 みりん 大さじ1 マーガリン(バター)大さじ2 酒 少々

1野菜を適当な大きさに切ります

2鮭に塩コショウを軽くして、両面を軽く焼きとりだす

3切った野菜を軽く炒めます

4野菜の上に撮りだしておいた鮭をど~んとのせその上にバターを乗せます。 残りの調味料をまんべんなくいれて 蓋をして蒸します。

材料が煮えたら出来上がり。こちらもグチャグチャを混ぜてお召し上がりくださいませ!

エントリーナンバー7 emiさんの「ダッカルビ」
材料:鳥もも肉1枚 キャベツ2枚 玉ねぎ半分 もやし半袋
    にんじん半分
    たれ:しょうゆ大さじ2 はちみつ大さじ2 コチュジャン大さじ2 
    酒大さじ1 しょうがすりおろし小さじ1 にんにくすりおろし小さじ1

①とり肉を一口大に切って、たれを全部混ぜたのと一緒に袋に入れてよくもむ。
そのまま30分ほど冷蔵庫に。
②キャベツ・玉ねぎはザク切りに、にんじんは短冊切りにします。
③鍋に野菜を敷いてその上に肉を置いて、フタをして蒸し焼きに。
④最後にたれを入れてからめて焼いて、出来上がり☆
具が少なくなったら、ご飯とねぎを入れて焼き飯にするといいですよ♪

エントリーナンバー8 sayakaさんの「ビビンバ」
**材料**
ご飯、ひき肉、ほうれん草、もやし、にんじん、卵
ごま油、焼肉のたれ

**作り方**
1.ひき肉をごま油で炒め、焼肉のたれで味付けする。
 (作り置きで冷凍しておくと色々使えます)
2.ほうれん草、もやしはそれぞれゆでて、それぞれ焼肉のたれで味付けする
 ごま油もちょっと入れるとそれっぽいです
3.にんじんも同様にゆでるか、レンジでチンして焼肉のたれで味付けする
 同様に、ごま油少々
4.土鍋の内側にごま油を塗り、ご飯の上にひき肉、ほうれん草、もやし、にんじんを乗せ、
 蓋をして数分強火にかけ、卵をのせて出来上がり

にんじんの変わりに、ささがきで薄めに作ったきんぴらごぼうでもなかなか美味しいです。

**********

番号で投票くだされば結構です。

すでに作ってみた方は、感想や、もっとこうアレンジしたら?というアイデアがあれば
投票と一緒に、非公開コメントにてお寄せください。
レシピ集に反映させたいと思います。

ではでは投票スタート!









  

 
[PR]
by kozakurapon | 2010-11-11 13:40 | おしらせ | Trackback | Comments(44)

オカン蓋つき陶板を使ったレシピ選手権!

オカン蓋つき陶板は、作った本人がお気に入りでして
毎日のようにいろんな料理に無理やり使って遊んでいます。

休日の朝ごはんに、
ポテト、ハム、しいたけをバターで軽く炒めて
卵を落として蒸し焼き、塩コショウ。冷めにくいのがいいですね。
d0123492_124298.jpg

これは無理やりですが、サトイモと干しえびの煮物。
ちなみにこのサトイモは近所の野菜即売所で買いましたが、
なんとソフトボールくらいの大きさがあってひとつ100円。
この鍋に入っているのでサトイモひとつぶんなんですよ。(笑)
だからサイの目切りっぽい形なんです。
ホクホクで美味しかったです。
d0123492_12453833.jpg

この陶板はフライパンなみに浅いので、汁の多い鍋料理には不向きです。
ですが無理やり水ギョウザ鍋を作ってみました。
d0123492_12474070.jpg

ふたり分くらいなら、煮ながら食べれば使えそうです。
余った餃子を蒸し焼きにしてみました。
d0123492_12485173.jpg

つぎは何作ろうかなっ♪

などなど、いろいろ料理を考えていますが、
もともとがあまり料理上手ではありません。

アウトレットのオカン蓋つき陶板がふたつあるんですが
蓋のみ価格で販売ってのもなぁというのと・・・

買った方たちだけでなく
みんながもっと楽しめることはできないものかと考えました。

そこで・・・

らくちん!美味!あったかレシピコンテスト
ーオカン蓋つき陶板を使ってー

をブログ上で開催します!

優勝者には、アウトレットですが
オカン蓋つき陶板があたります!(陶板はプレゼントですが、着払い送料はご負担ください。)

応募要項

★オカン蓋つき陶板を使った
美味しい料理のレシピを
この記事のコメント欄に投稿してください。(ひとり1レシピ)

コメントの字数制限内に、できるだけくわしく書いておさめてください。

投稿は11月10日(水)で締め切ります。
◎おとな2人ぶんくらいの分量で。
◎簡単な料理でお願いします。
◎スーパーで手に入るような身近な材料を使ってできる料理。
◎同じ料理の場合は先にコメントした人を優先します。
◎ご自分の創作レシピでなくてもかまいません。
◎私がご紹介したレシピとかぶるものはいけません。
◎湯豆腐は駄目です。(笑)
◎浅い鍋なので、おでんなどは向きません。
◎もちろんオカン蓋をして仕上げる料理をお願いします。


投稿されたなかからみなさんに後日
コメントにて投票してもらいます。(複数回答可)

投稿があまりにも多い場合は
しぼりこみ方法などまたお伝えします。

上位2名にオカン蓋つき陶板が当たります。
月末におぴ~さんたちがオカン蓋つき陶板の写真を撮りに来てくれますので
そのときに実際に陶板を使って料理を作り、みなさんに発表します。

なので差し上げる陶板は
一度使用したものであること、
アウトレット(裏面に亀裂が入っているが漏れることはまずない)
をご了承の上、お申込みください。


では、美味しいレシピ、教えてね~~!!!!
[PR]
by kozakurapon | 2010-11-07 13:53 | おしらせ | Trackback | Comments(41)

こだわりの十割蕎麦屋 「斐川」オープン

「蕎麦屋 斐川(ひかわ)」

北摂 阪急宝塚線石橋駅近くに
2010年11月3日、こだわりの十割蕎麦屋がオープンします。

ここの店主は私の陶芸の恩師でございます。
ついこのあいだまで私はここで陶芸してました。(笑)

私が先生の陶芸教室「すみ工房」に通いはじめたのは3年前。
そのときはすでに先生は蕎麦を生徒にふるまっていたのですが
まさかほんとに蕎麦やになるとは思いもしませんでした。

先生に、私は夢を支えていただきました。
わたしの「ペンギン・インコ陶」も、先生のおかげで花開いたといえましょう。
みなさんのお手元にあるオカンカーメンなどの陶人形以外の
食器類は、みんな先生が焼いてくださったものです。
そんなにたくさん焼かせてくれる陶芸教室、ないですよね。

先生に支えていただいたご恩返しに、
ささやかながらみなさんにお店をご紹介させてくださいね。

蕎麦屋 斐川 お店への行き方
阪急宝塚線石橋駅から徒歩8分くらいですが
初めての方にはわかりにくいかもしれません。

まず、石橋駅を降りて、商店街のあるにぎやかな改札を出ます。
出たらすぐ右に商店街のなかをつっきります。
商店街が切れてすぐの赤い橋を渡ってすぐ右の高架をくぐり、
スポーツジムの前の信号を渡り、
高架をくぐって「三菓亭」側の大きい道(国道176号)をまっすぐ池田方面に進みます。
(迷ったら、「洋服の青山はどこですか?」と聞いてください。)

しばらく行くと右手に小規模なダイハツの販売店と整備工場があります。
そのダイハツの販売店と赤い屋根のたばこや(画像参照)との間の小道を右に曲がります。
洋服の青山まで行ったら行きすぎです。
d0123492_1728551.jpg

曲がってすぐの風景。↓
d0123492_1730222.jpg

そのまま小道をまっすぐあるいて、左上方を見てください。
住宅の上に看板が。
d0123492_17321123.jpg

まだ蕎麦やの看板じゃないけど、ここなんです。(汗)
ほどなく分岐点。ここで間違えて右に行くとドツボにはまります。
d0123492_17342166.jpg

小さな立て看板が出てますので、左に進んでください。
看板のアップ↓
d0123492_17353877.jpg

左の住宅が立ち並ぶつきあたりにあります。
店の前はこんな感じ。
ここがつい最近まで陶芸教室だったとは。
DIYの上手な先生、ほとんど自分で改装したんですよ。
d0123492_17372539.jpg

店内。
d0123492_17383483.jpg

ケルト音楽、ジャズなどが流れるメロウな空間(先生・談)
d0123492_17405238.jpg

奥のほうに照れ屋の店主がごそごそ・・いや失礼、キビキビと働いています。

店主は最近まで陶芸教室の先生だったわけで、まだ慣れてません。
ひとりでやってるのでどうしても行き届かないことがあります。

ものすごく急いでる方はあまりこの店は向きません。
ゆっくり蕎麦の味を楽しみに来てほしいなと思います。

さて肝心のお蕎麦。
d0123492_17462980.jpg

一枚850円。高い?食べてみてください。
先生のは純粋な十割蕎麦。全部まじりっけなしの国産蕎麦です。
全国各地の蕎麦を取り寄せて研究し
気候条件まで考えて、ようやくたどりついたこだわりの蕎麦だそうです。

しかも自作の石臼で挽きたて、その日の朝打ちたて。
つなぎの小麦粉がないと蕎麦が伸びないため、
どうしても十割はブチブチと切れた短い麺になってしまいます。
でも先生の蕎麦はちゃんと長く、二八蕎麦顔負けの喉ごし。

おつゆも極上の鰹節、みりんを取り寄せて研究したものです。

お蕎麦は20食限定。早めにお越しいただいた方がいいと思います。

午後3時のおやつどき限定で
こんなメニューも。
蕎麦のクレープ、「ガレット・コンプレ」です。
d0123492_17581060.jpg

コーヒー(エスプレッソ)とセットで1000円。
生ハム、カマンベールチーズがたっぷりで美味しいですよ。

そうそう、忘れてはいけません。
ここはもと陶芸教室。先生は陶芸作家です。
d0123492_1814630.jpg

先生の作品が店内に並べられています。
もちろんお買い求めになれますよ。

店内で使われているうつわはすべて先生の作品です。

今ならオープニング記念に箸置きをふたつずつプレゼント。
d0123492_1842427.jpg

先着順、なくなりしだい終了です。
欲しいかたはお早めに。

これからまた少しずつ作品も入れ替えがあると思いますので
うつわも楽しみに、ぜひみなさんお越しください。

水、木、金、土曜日のみの開店です。
臨時休業もあるかもしれませんので
ホームページをチェックしてお越しになるといいかと思います。

開店日など、くわしくはこちら↓

蕎麦屋 斐川 ホームページ
[PR]
by kozakurapon | 2010-11-02 18:11 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)

オカン土鍋あらため「オカン蓋つき陶板」完成。

さて、みなさんにお待ちいただいていた、オカン土鍋。
4個できあがりました。
d0123492_10274185.jpg

顔はこんな感じです。
d0123492_10285939.jpg

オカン土鍋、と表記してきましたが
正確には
「オカンカーメン蓋つき陶板」です。
底がかなり浅めに作られていますので、おでんや水炊きなどには向いていません。陶器のフライパン?深めのホットプレート?そんなイメージで。
タジン鍋みたいに、水分の少ない蒸し料理に向いています。

しかし・・・4つできたはいいのですが、
ふたはどれもちゃんとできていたのに、肝心の鍋の部分が。
3つ、裏面に亀裂が入っていました。

なので、後日Mic Mac.さんにおさめられるのはひとつだけになりました。

ひとつは亀裂が深いので自分用に。
あとふたつは、裏面に数か所亀裂はあるものの
使えないわけではありません。

正規に売ることはできませんが、
この鍋に関しては、実は鍋本体よりも蓋のほうが
お客さん側からしたら価値があります。(笑)
本体価格はナシでオマケ扱いとし、
蓋のみ価格でアウトレット販売するか検討中。

汚れや漏れどめのために
おかゆを全部の鍋で焚きましたが
全然問題なしでした。

ちなみにうちに前からあった直径24センチの
深めのフライパンですが
オカン蓋がぴったりはまりました。(笑)
朝食の目玉焼きがとても上手に焼けました。

いそいそとおかゆを焚いて漏れどめをして
さあ!使ってみよう!ワクワク!!

あえて焦げやすいメニューということで
豆腐の煮奴(にやっこ)を作りました。

火をいれる前の鍋に、たっぷり花かつをを敷きます。
(小分けパックなら2パック)
その上に水きりをしていないきぬごし豆腐、大きいサイズ一丁を
食べやすい大きさに切って並べます。
(あまり厚切りにせず、平たく切ったほうががうまくいきます)
その上に砂糖を大さじ一杯くらいまんべんなくまぶし
お醤油を適宜かけます。(だし汁などは必要ありません)
蓋をして、しばらくおいてから弱火で鍋をあたためます。
鍋が十分温まってきたらすこし中火の弱くらいに上げます。
卵を3個ほど溶いて、小口切りのねぎか三つ葉を用意。
(焦げ付きやすいので温度はじっくり上げるのがコツです。)
ぐつぐつして、豆腐に熱がとおったら
卵を溶き入れ、ねぎも散らして
もう一度蓋をして半熟な感じになれば
豆腐を崩さないようにかるくひと混ぜしてできあがり。

近所のおばさまに教わった料理ですが、シンプルだけどとっても美味しいですよ。

うちは鍋料理を全部台所で調理してから机まで持っていくほうなので
オカンが湯気を吐く姿をまず台所で楽しむ。(笑)

蓋をしたまま机に置くと、オカンが湯気を盛大に吐き
ダンナも爆笑、ふたりで大笑い。
(写真には湯気が写ってないですが・・)
d0123492_10592848.jpg

さあ食べましょう。
d0123492_1104032.jpg

ちょうどふたり分でぴったり。

自分で言うのもなんですけど、これなかなか使えます。
何がいいって、これ、焦げ付きが多少あってもきれいにとれるんですよ。
あと、黒だから汚れが釉薬の貫入のなかに沁みこまず、目立ちません。
これは私の師匠のすみ先生が、いろいろ試した末に
わざわざ土鍋の産地から取り寄せた
高価ですがそれだけの価値のある土と釉薬なのです。

ただし・・・
IHでは使えません。
いきなり強い火で熱さない
熱い鍋を急に水の中などにいれて冷やさない
底が濡れたまま火にかけないなど、
昔ながらのお鍋の扱いと同じです。

あとは、場所はどうしてもとるので、
収納場所を確保してからご購入ください。

オカン蓋つき陶板、
これからいろいろ使ってみようと思います。
だんなはこれでギョウザを焼いてほしいとリクエスト。
ビビンバも作ろうかな。

休日の朝なんか、ポテトを細切りにしたものと、
ソーセージかハム、ブロッコリー、目玉焼き
これひとつにまとめて蒸し焼きにしたら
そのまま出せてラクチンではないか。

たいした料理でなくても、オカンの顔で笑いをとれ、
ご馳走に見えるのが最大の利点ですね。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2010-11-01 11:49 | 製作情報 | Trackback | Comments(18)