ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

とり村訪問記・前篇

先週土曜日、とり村に行ってきました。
お友達のおぴ~@とうもと(・Θ・)さんと
岡本勇太さんの写真展を見に行ったのです。(現時点では終了)
あと、ご依頼いただいて描いた自分のイラストが
どう活用されているのか見たかったというのもあります。

TSUBASAの新施設とり村。
東武東上線柳瀬川駅が最寄ですが、距離があるので
事前にとり村のほうに連絡しておけば、決まった時刻ですが送迎もしてくれます。

電車のなかでコンゴウインコ柄のバッグを持った女性を見かけて
たぶん・・と思っていたらやはりとり村に行かれる方でした。
十三うっとりまつりでご一緒したらしい(すいません・・・たくさんおられたので覚えてない)
ミホさんという方で、ドウバネインコを飼っているということ。
もう何回も通っておられるそうです。

やがて2時になって送迎車が来ました。
なんとこの日の送迎バスの運転手は、TSUBASA代表・松本さんでした。
この方、半導体メーカーの社長さまですよ!偉いんですよ。
つねに控えめな態度で、周囲をさりげなく気づかっておられました。
ほんとに偉い人は無理に偉ぶらなくても自然に人が敬うものです。

とり村入り口のとりかごアーチ?は
松本代表みずからホームセンターの園芸売り場でみつけた掘り出し物。
これから大きなとりかごに入るという感じで
まるであつらえたかのように、とり村にピッタリです。
d0123492_126262.jpg

入ってすぐに、鳥の飼育用品などが売っている売店スペースがあり、
飼い鳥を遊ばせて交流できるバードラン用の部屋、
その奥は展覧会やフォーラムが開けるスペースになっています。

2階が鳥たちのいる所。
事前予約が必要で、職員の方が同行することになっています。
2階には車いすでも上がれるよう、リフトも設置され
人体に無害な消毒液が空間に噴霧されるなどの防疫対策もされています。

2階上がってすぐの部屋が、オカメインコなど小型の鳥さんたちの部屋。
ここには小さな滝があって、天井に大きな木が組まれ、
少し薄暗くて落ち着いた空間。
d0123492_12232345.jpg

かなり高い位置に鳥達がいるので
鳥が見えないという声もあるみたいです。
でも、ここは鳥の保護施設なので
鳥たちにとってはこのほうがいいのではないかと思います。
気が向いたらそばに来てくれる程度でいいかな~と。

となりの大型インコ・オウム部屋に行く前に、
ウンコよけのレインジャケットが配られました。確かに必要!(笑)
d0123492_12342371.jpg

大型の部屋はたしかに前施設・千葉のCAKに比べれば狭いかもしれませんが
横に空間が広かったCAKより、こちらはかなり上に広い。
d0123492_12363715.jpg

d0123492_12371914.jpg

自然の空気が入るように、天窓が開くようになっています。
あと、目立たないことではありますが、室内の手すりや金網類はすべてステンレス!
錆びないこと、鳥たちのクチバシの力に負けないためです。
ステンレスはすごく高いけど、こういうところにお金をかけるのはすごく納得できます。

千葉のときも鳥たちは楽しそうにしていましたが
こちらではもっと楽しそうな感じがしました。
やはりたてに広い環境、もともと人に飼われていた鳥たちですから
訪問者がいい感じの人数あって退屈しないのかな、とも。
d0123492_12444419.jpg

和んだり(笑)
d0123492_12453276.jpg

隠れたり
d0123492_1246372.jpg

アイちゃんも今日はウロウロせず、ずっととまって和んでました。
ごきげんだったシロちゃん。
遊んでくれと背後から足で服を掴む。(笑)
d0123492_12501278.jpg

シロちゃんは芸達者ですが、ご機嫌によっては危険なときがあるので
かごに入っています。
今日はご機嫌で、頭かいて~とおしつけてきたり、
脇の下かいて~と翼をひらいて、背中をおしつけてきたり。(反対向きやがな!)
TSUBASAの柴田さんに「気をつけてくださいね~」と
警告されながら、じっくりカキカキ、いい子だねと話しかけました。

職員さんが同行されますが、鳥は自然の生き物です。
機嫌が悪かったり、驚いたときは噛んでしまうこともあるでしょう。
ここは娯楽施設ではなく、あくまでも鳥の保護施設です。
各自自己責任をもって、十分に気をつけて接することが大切だと思います。

部屋にも来る途中の廊下など、いたるところに
私の冬眠中の作品(笑)イラストを掲示してくださっています。
d0123492_1321118.jpg

鳥たちへの注意看板(例・糞をするときは下をよく見ましょう)
d0123492_138247.jpg

人間たちへの注意看板(例・糞の落下注意)
d0123492_1385442.jpg

に分かれています。
部屋ごとに違いますので、行かれた方はぜひご覧になって楽しんでくださいね。


後篇では1階・おぴ~さんたちの写真展などをレポートします。
[PR]
by kozakurapon | 2011-02-28 12:53 | おすすめ鳥スポット | Trackback | Comments(8)

ぺものバレンタインチョコ

もうとっくに過ぎ去ったバレンタインデーですが・・・。
今年は秀逸なぺものチョコが手に入ったので写真に残しました。

これはダンナにあげると言いながら、ほぼ自分のために買ったチョコ。
京都の伊勢丹でイラストレーター寺田順三さんの展覧会がありまして
その時に衝動買い。
本の形の箱です。
d0123492_13123748.jpg

ぺものとはいえないかもしれませんけど、ちゃんといますよ。
d0123492_13132341.jpg

この寺田順三さんのイラストは、可愛いんだけど
わざと古びた感じに加工した色合いや、デザインセンスが大人っぽくて好きです。
d0123492_13154914.jpg

ほとんど私が食べました。(コラ)

それから、ダンナのお母さんが偶然みつけて送ってくれた「母チョコ」?
d0123492_13172388.jpg

箱は普通にあっさりした?デザインですが、
中身のマニアック度が。
d0123492_1318366.jpg

前向きのペンギンと後ろ向きのをあわせると、ひとつになるという凝りよう。
d0123492_1319367.jpg

なるほど~、おかあさんが「これは送らなきゃと思ったのよ!」
と言ってた意味がわかりました。これは面白いわ。ありがとうおかあさん。

*****

ところで、なかなか陶芸作品の新作が出て来んと思っているみなさま、すみません。
12月からかかっている工事、何度か中断や見直しがあり、
今だ窯はうちに来ていません。
家の前の植え込みをつぶして窯小屋を建てるという当初の計画が
近隣に迷惑をかけることがわかり、計画しなおし。

結局、もともとあった玄関外側のポーチの屋根を取り
雪国の二重玄関のように、小屋スペースを母屋にくっつけることになったのです。
結果、当初の小屋計画よりもずっと見た目もよくなり
使い勝手のいい夢の空間が誕生しようとしています。
d0123492_13262742.jpg

普通ならこんなに二転三転で儲からない工事、誰もしてくれませんが
面白いと思ってくれて、考えられないほど安い値段で丁寧に施工してくれている
陶芸仲間のO君に大感謝。

私の都合もあり、3月あたままで工事はかかりそうです。
それまで焼けないので、新作発表はもう少し先になります。
作りたいものはたくさん。
夢の空間のできあがりが楽しみです。
[PR]
by kozakurapon | 2011-02-20 13:34 | わたくしごと | Trackback | Comments(16)

TSUBASAとり村開村!

いよいよ埼玉県新座市に
TSUBASAの新施設「とり村」がオープンとなりました。
(連休中はTSUBASA会員で、予約された方たちのみの限定オープンです。)
一般開放は2月14日から。木曜定休です。

いつも私の作品写真を撮ってくださっている、おぴ~さんと、
野生のインコ写真を撮り続けている岡本勇太さんの写真展も
オープニングイベントとして開催中。

写真展についてくわしくはおぴ~さんのブログ・

「おぴ~@コザクラインコ+くぴ~&ぐぴ~@ズグロシロハラ」

イベントの様子など、とり村の情報は
TSUBASAのスタッフブログ・

彩玉とり村日記

をご覧ください。

おぴ~さんが今回の展覧会のために作ったポストカードには
私がこの1月、冬眠期間中に描きまくったイラストが添えられています。
d0123492_23521414.jpg

また、とり村のそこかしこに、私が描いた注意書きのイラストが
15種類くらい貼られているはずです。
↓これは依頼してくださったTSUBASA社員Sさんが特に喜んでくださったイラスト。
「右を見てお進みください」
d0123492_23441066.jpg

「左を見てお進みください」
d0123492_2345147.jpg

そんなに大きい看板ではないと思いますが、
訪れたときは見て楽しんでくださいね。

*****

TSUBASAは以前にご紹介しましたが
やむをえない事情で飼えなくなった鳥達を保護する団体です。
新しい里親を探したり、鳥の飼育に関する啓蒙など、さまざまな活動をされています。

中型・大型のインコはたいへん啼き声が大きく
噛む力も強く、知能も高い。また数十年生きることができます。

あまり知識や認識のない人がペットショップで買ったものの
飼いきれなくなって、飼い主やお店を転々とし、
人間不信になってますます嫌われ、不幸になる鳥たちがいます。
また、飼い主が転居・死亡など、やむをえない理由で
手放さざるをえない鳥たちもいます。

私はTSUBASAのような施設は絶対に必要と思います。

私は以前からTSUBASAのレスキュー活動に関心がありました。
活動は非営利的なものですので、どうしても慢性的に赤字です。

TSUBASAの親会社はロムテックという半導体メーカーで
TSUBASAの運営資金は寄付や会員の年会費年間約500万円のほかに
親会社やCAP!という鳥飼育用品販売会社の収益の中から穴埋めされています。
たくさんの鳥の飼育には年間2000万円ほどの莫大な費用がかかるのです。

私はお金持ちではありませんので多額のお金をど~んとというのは無理です。
でも作品の売上げから、すこしずつでも貢献できたらと思い、
今年から始まった「スポンサー制度」に登録することにしました。

スポンサー制度は、自分がTSUBASAの活動の中で
特に資金面で協力したい分野を選んで、1か月分3000円から募金することができます。

私は病気の鳥たちの治療費用に使われる「グループ ルリ」のスポンサーになりました。
スポンサー会員になると、こんな可愛い証明書が送られてきます。
グループ ルリの象徴となる鳥さんは、病気療養中のオカメインコ、フクちゃんです。
d0123492_23393225.jpg

もし関心のある方は、TSUBASAに問い合わせてみてくださいね。
[PR]
by kozakurapon | 2011-02-12 00:15 | おしらせ | Trackback | Comments(8)

茶々の筆毛

立春を過ぎてすこし暖かくなったせいか
茶々が換羽(羽根の抜け変わり)を迎えました。
今、頭の周辺が筆毛でいっぱいです。

鳥を飼ったことない方にはわからないかもしれないので解説します。

鳥の羽根は最初筒状に生えてきます。
ある程度まで伸びたら、先端から筒がはがれ、中から羽根が出てくるのです。
はがれたものは白いフケのような感じです。
鳥は筒状の筆毛を自分でどこかにこするなり、くちばしの届くところは自分でしごき取る。
あるいは誰か他の鳥にほぐしてもらうなりして羽根をきれいな状態に開くのです。

茶々は完全な手乗りではないので、
ぽんぽんのように私が手伝うことはできません。
自分で止まり木などにこすりつけてますが、追いつかず
レゲエ頭状態です。
ああほぐしてやりたい!!

姫なので、レゲエではなくて巻き毛か。
d0123492_19435788.jpg


*****

ところで、先日ひさしぶりにこんぱまるさんから
作品の依頼があり、納品しました。

こんぱまるさんのオンラインショップにアップされてるのに気付かず
先ほど発見しました。(笑)
気になる方は見てみてください。→こんぱまるオンラインショップ
今回窯工事中ということもあり、作品がなくて
Mic Mac.さん納品と同じラインのコザクラ人形がほとんどです。
オカンを一個だけ納品しましたが、さっき見たときはなかったなぁ。
店頭で売れたのかもしれません。
d0123492_19571981.jpg

あと、あまりにも作品がないんで、夏まつりで作った本
「らくがきドラマ」を10冊ほど、ポストカード1枚とセットにして納めました。
d0123492_19585657.jpg

d0123492_19592675.jpg

まあ、このブログ見ている方はほとんどお持ちだと思います。

たしかに納めたのですが、まだオンラインショップにはアップされてませんでした。
(まさか店頭で全部売れたとは思えないので)
もうすこししたらアップされるとは思いますが、
人形類と一緒に欲しい方は問い合わせてみてください。

*****

さて、今日も水浴び器と筆置きを作りました。
水浴び器のほうは2羽のコザクラがカキカキしあっているところ。
ぽんと茶々がこうすれば、茶々の筆毛もすぐほぐれるんでしょうけど
ぽんの場合、引っこ抜きかねんからなぁ・・・・。
d0123492_209990.jpg

筆置きは、伏せコザクラと寝そべりペンギン。
なんかこう、作る人間の生態に似ているというか。(笑)

まだまだ作ります。
[PR]
by kozakurapon | 2011-02-10 20:13 | 製作情報 | Trackback | Comments(18)

コザクラ水浴び容器

今日もインコに見つめられながら制作。
インコが水浴びするときの器、あったらいいなを形にしました。
エリザベスカラーつけてる子の餌入れにも使えるかな。
これも足を置く部分は釉薬をかけず、すべらないようにします。
d0123492_1957485.jpg

他の場所にとまらないためと、飼い主が見て楽しめるように
コザクラ人形を少しつけました。
入浴後はそこらじゅうにこんな感じでスリスリしますよね。
d0123492_19595173.jpg


ちなみに、一枚目の写真下の筆置きは
ひさびさにぺものです。
筆置きは、あまり筆を置く部分に細工をすると
絵具の汚れがとれにくいんですよね。
間隔もすこしあけないと、太い筆が置きにくい。
デザインを工夫して、いろいろ作ってみようと思います。
[PR]
by kozakurapon | 2011-02-09 20:07 | Trackback | Comments(12)

えさ入れ試作

ようやく暖かくなってきました。

工事中を口実に冬眠していた私ですが、
そろそろと作り始めました。
でも、仕事部屋も水道をひいたりしますので
まだあまり大きなものは作れません。(工事の邪魔)

2階の仕事部屋が一番陽あたりが良くて暖かいので
鳥たちと一緒に仕事してます。
d0123492_20255611.jpg

だんなの古い勉強机の本棚部分をのこぎりで切って
作業机にしていますが、
なんと棚にぴったりふたつの鳥かごがおさまるのです。

餌をばらまきながら2羽でバリバリ食べる、
ガンガン鐘は鳴らす、茶々は水入れにダイブする。
まあ、やりにくいっちゃやりにくいですが、インコと一緒に仕事できるなんて、
まるで夢のように幸せな状態です。

ところで、茶々がプラスチックの餌入れを噛んでガンガン揺らします。
毎日餌を食べるぶんだけ入れるには餌入れが深すぎますし、
もうちょっと重くて浅い餌入れが欲しくなりました。
こんなん作ってみました。
d0123492_20402296.jpg

置くタイプは糞がこびりつきやすいので、生地の細かい半磁土で。
洗いやすいように内側隅に丸みをつける。
えさをかきだしにくいように、返しをゆるやかにつける。
巣と認識しないように、身体が入りにくい形。
足がすべらないように、足を乗せる部分には釉薬をかけないようにします。

インコの飾りは余計ですが、器自体の形がおまるっぽいので
その印象をやわらげるためにつけてみました。
d0123492_20471291.jpg

普通器は半乾きの状態で削り、できるだけ薄く軽くするのですが
これに関してはできるだけ重くするために
ほとんど削らないようにしようと思います。
さあ、茶々の悪い癖は治るかな?
最近ぽんまで真似してガンガンするようになったし、やめていただきたい。(笑)

ところでぽんと茶々ですが、仲がいいのかわるいのか。
放鳥するとかごに近寄り、気になる様子。
足を攻撃しないように、かごの上に新聞紙をのせています。
ぽんは茶々の足を鋭く攻撃するくせに
エクエクと頭を上げ下げして、はきもどしに近い行動もとります。

好きか嫌いかどっちやねん?!

d0123492_20541118.jpg

写真は、かごのなかにいるのがポンタロウ。

お互いにまんざらでもないのかなとも思いますが
伯父上と姪の間柄にあらせられるため、
ペアになっちゃまずいのね。
発情しても困るし。

なので今は同じ部屋で放鳥しないことにしています。

茶々は短く切った革ひもを噛んで遊ぶのが好きです。
鈴を転がすのも嫌いではない様子。
でも一番好きなのは、人間の手を噛むことなのです。

手のひらの上に乗ってシードのおやつを食べますが
乗る前にまず手を噛んでから上がり、おりるときも噛んでから降ります。
噛まないといけないと思いこんでいるかのようです。
でも不思議に、頭や肩、腕に乗るのは怖いらしい。

まあ、気長につきあって、友好関係を築きたいと思います。
[PR]
by kozakurapon | 2011-02-07 21:14 | 製作情報 | Trackback | Comments(20)

茶々の足

先日の朝、鳥たちの世話をしていたとき。
まず先にぽんぽんをかごから出して、
鈴を投げて持ってこさせ、おやつをあげる遊びをしていました。
ぽんの走り方はとっととと・・・と、欽ちゃん走りみたいに
すっとんできます。
d0123492_19383670.jpg

ぽんをかごに戻した後、茶々のかごの扉を開けます。

茶々は「だしてぇ~~~!!!」とかごを噛んでガタガタいわせるわりには
いざ開けると「えっ?」という感じでおそるおそる顔を出し、
そのまま中に戻ってかごを噛んでガタガタしてみたり。(扉開いてるって!)
へんに慎重派です。

それでもすこし慣れてきたのか、初めて机の上に乗りました。
それで鈴を目の前に置いてみたのですが
くわえてこちらに持ってくる途中、つるつるとすべってちっとも歩けない。
d0123492_19442276.jpg

足で支えられないのでおなかが地面につく感じ。
歩けないので最後は飛んでみたり。
また、飛ぶのも例えるならかぶと虫のように重たく、あまり上手ではありません。

羽根の生え方がまだらや逆毛だったり、
抜け羽根を見るとスカスカ間が抜けているのも気になっていました。

ひょっとして羽根のウイルス性の病気?

そんな疑問が頭から離れません。
もしそうならぽんたろうと隔離しなくてはなりません。

お迎えのときにぽんぽんの主治医の獣医さんにお見せして
そのときは異常なしということだったのですが
そのときは地面を歩かせたことがなかったので、
この症状については診てもらってません。

その日はちょうど病院の休診日。
でもウイルス性の病気なら一刻も早く知りたいし、
今日を逃したら今週は週末も行けるかわからないし・・。

悩んだ末、ちょっと遠いフォーゲル動物病院に行ってみることにしました。

あいかわらず鳥グッズの充実した診察室。オカンも棚の上にいました。(笑)
先生がかわいい声で「茶々ちゃ~ん、いいかな~~?」と
あばれる茶々をやさしく保定。
d0123492_19571526.jpg

茶々は観念してぶるぶるふるえて先生のされるがまま。
怯え顔がぽんたろうそっくりで、不謹慎ながら笑ってしまいました。すまん茶々!

結局、足はたしかに弱いけれどとまり木にとまれているし
なにか治療をしなくてはならないほどのものでもないということでした。
羽根も、たしかに毛並みはよくないけれど、ウイルス性のものを疑うような感じではない。
ペレットに替えることでこれから抜け変わるぶんに関しては
多少改善するはずなので、あえて
ビタミンなどを投与しなくてもいいということでした。

ぽんたろうとあまりにも違うので余計な心配をしてしまいました。
でも納得できたので病院で診てもらってよかったです。

茶々は人に触られるのが嫌いなので、触られた日は盛大に水浴びをします。
帰ってから水浴びし、そのままほっておいたら
片方の鼻からハナミズが出ていたので、エアコンの設定温度を上げました。(笑)

茶々は知らない人が近づくと怯えて逃げ回ります。
窯工事の人が出入りするので驚いて、今日は爪を折って出血。

茶々はコザクラですが、性格としてはオカメインコに近いんだろうか。
ぽんたろうが何事にも動じない、大胆で順応性がある性格なので
同じ鳥種といっても、個体差は大きいなぁ~と
ふたりの違いを興味深く見くらべております。

*茶々の絵はアポロ11号バージョンでお送りしております。
[PR]
by kozakurapon | 2011-02-03 20:22 | わたくしごと | Trackback | Comments(20)