ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

よしみ工房古材家具展 ~森の記憶 Memory of woods

いつもオカンカーメンのコラボ木工作品を作ってくれたり
使いやすい作業机を作っていただいたり
いろいろお世話になっている
よしみ工房 神元義己さん。

今日から11月5日土曜まで、ギャラリーNOMAで
個展 「よしみ工房 古材家具展 ~森の記憶 Memory of woods」開催中です。

タイトル「森の記憶」のとおり、NOMAのなかは森のよう。

全体写真がピンボケだったので(涙)
一部のみのご紹介でわかりにくいですが
木の枝や雑草がいろんなところにあしらわれて
部屋のなかのような外のような、不思議な空間が演出されています。
d0123492_20494971.jpg

今日はおぴ~さんも一緒だったので
愛鳥のズグロシロハラ・くぴ~ちゃんとぐぴ~ちゃんも来て、空間になじんでいました。

★事前にギャラリーに了承をとったうえ、
ウンコ対策に服を着せて、美術品を傷つけないように細心の注意を払っています。
動物を連れての無断来場はご遠慮ください

d0123492_2113191.jpg

なんともいえない和みの空間に、くぴ~ぐぴ~ちゃんも
途中で居眠りはじめるくらい、すっかりリラックス。

この棚、上のガラス棚がひょこっと飛び出ていて
昔のブリキのロボットみたいな楽しい形だなと思いました。
d0123492_217173.jpg


これはよしみさんが、Hiroshi Matsumotoさんのために作った昼寝ベッド。
松本さんの要望をうけ、備え付けの灰皿が引き出せるようになっていたり、
ひじをかけられるでっぱりを必要に応じて開くことができるようになっています。
画伯が使っている姿が目にうかぶような、素晴らしい出来。
d0123492_21212946.jpg


よしみさんと親交の深い作家さんたちとコラボした作品もあります。
ニット作家 能勢マユミさん。
d0123492_21253475.jpg

画家 池上夏生さん。
先日のふたり展のときにもらった家形の額に
よしみさんをイメージした絵を描いたということ。
d0123492_21271837.jpg

画家 Hiroshi Matsumotoさん。
d0123492_21283499.jpg

どれも絶妙なコラボです。

さて、わたしのハシビロさんのパーツ、どう使ってくれたのか。
d0123492_21335682.jpg

すごっ!
d0123492_21342672.jpg

埋め込まれて・・・
d0123492_21363210.jpg

ひきだしの取っ手に!
d0123492_21351095.jpg


絶対面白い展覧会になるとは思ってたけど
さすがよしみさん。グッジョブ!!(^-^)

入り口にこんな作品も。(笑)
d0123492_21413366.jpg


ぜひたくさんの方にこの空間を楽しんでいただきたい。

くわしくはコチラ⇒NOMAのHP 
[PR]
by kozakurapon | 2011-10-30 21:48 | おすすめ作家さん | Trackback | Comments(6)

さりげなくオカン

昨日、たいへんお世話になっている
ギャラリーNOMA・能勢マユミさんご出演の
「素敵にハンドメイド」がオンエアされました。
先日のふたり展開催中に、ギャラリー内で撮影された関係で
オカンカーメンが背景に映ってるはずと
マユミさんに教えていただきました。

写ってました。(爆笑)

d0123492_12124224.jpg


こうしてぼんやりとテレビデビューを果たしたオカン。
例えればこんな感じでしょうか。

d0123492_12152588.jpg


なんとか、マユミさんのニットバッグのイメージを損なうことはなかったようですが・・
番組内容と関係のないところですが、楽しませていただきました。
マユミさんありがとう~すんません~(^-^)

*****

このところ更新がなかったのは、
地味なろくろ修行中でネタがなかったから。(笑)
そしてさらに地味な作業もしています。

土鍋用の土を再生。
一年近く放置、いや、乾燥させておいた削りくずの土をバケツにいれ
水をひたひたまで注ぎ、混ぜずに一日放置。
d0123492_12244191.jpg

どろどろになった土を、石膏鉢か素焼き鉢で吸水させたあとで練り直します。
すぐに使っても支障ないそうですが、ちょっと寝かしたほうがいいという人もいます。

今回、古くなった袋状のマクラカバーのなかに泥をいれて
下に新聞紙を敷いて吸水させるという
新しいやり方に挑んでおります。
d0123492_12294173.jpg

挑む、というほどたいして珍しいやりかたじゃないですけど
廃物利用してみました。

ろくろがもうちょっと上手くなったら
これで土鍋作るど~~!

しかし・・・カッチカチになった釉薬を混ぜるのがそうとう憂鬱です。(爆)
[PR]
by kozakurapon | 2011-10-28 12:35 | わたくしごと | Trackback | Comments(8)

我が家のレターオープナーとガタガタ対策

手紙が来たとき、近くにはさみがなかったので
レターオープナーにかけました。
d0123492_11142617.jpg

茶々さんお願いします。
d0123492_11152417.jpg

気まぐれなレターオープナーではありますが、
気が向けばいい仕事をいたします。
d0123492_11162212.jpg

ぽんぽん↓「さすが「一応」メスだなぁ。僕はあんまり得意じゃないよ。」
d0123492_11181362.jpg

「「一応」って何よ!」
d0123492_11191788.jpg

あぁ茶々・・・だから足をおっぴろげ過ぎですって。

茶々の後ろに見えるのは、ハムスター用のステンレス餌カップ。
d0123492_11232792.jpg

備え付けのプラスチック餌箱は、下の部分が固定できないので
朝早くからくわえてガタガタいわせ、うるさいので困っていました。
ステンレスカップは底に固定することのできるバーがあるので
針金でケージに固定し、
餌カップはとりはずしできるので、洗濯バサミで固定していました。

たしかにガタガタ被害はなくなりましたが
すっぽり茶々がはいりこんで中身を掻きだしてしまい
食べるものがない状態に・・・。

なんとか陶器で、倒しにくく掃除もラクで
掻きだしにくいものができたらと
いろいろ考えてはいるのですが難しい。

とりあえずこうしました。
d0123492_11313330.jpg

扉もガタガタ防止にナスカンをななめ掛けでブロック。
d0123492_1134425.jpg

ストレス解消用に、床には
昼の間だけ鐘をひとつ転がしておいてます。
姫は時々ガンガン振り回しておいでです。

ああ、今、水っぽいウンコをかごの外にお飛ばしになりました。
次は何をなさるおつもりか、しもじもの者には予想もつきませぬ。

*****追記*****

バナナ型水入れに餌をいれてみたのですが
どうも上手に餌をついばめないようで・・・
d0123492_22193673.jpg

普通に止まり木にとまれば楽に食べられるのに
わざわざ足をひろげて餌をたべようとする茶々姫↑

結局・・・
d0123492_22212725.jpg


もとのプラスチック餌入れに戻りましたとさ。
ちゃんちゃん!

(騒音対策として、夜のあいだは餌入れを取り出しておくことにしました。)
[PR]
by kozakurapon | 2011-10-22 11:46 | コザクラインコ | Trackback | Comments(12)

NOMAMISEの作家さんたち

今日、とても素敵な展覧会に行ってきました。
カメラを忘れて行ったので、写真がないのですが・・・。


「朽ち美 kuchibi」展
2011.10.8(土)~13(木)
11:00~18:00
 中村仁美・坂田充代・銭本眞理・ 
 坂田真由美・国吉玲子 
school (スタジオ スクール)
大阪府池田市城南3-6-16
072-752-5577

ギャラリーNOMAのイベント、NOMAMISEで
いつもご一緒している、
まえかけ作家の坂田真由美さんが参加されているグループ展です。

坂田さんのまえかけを初めて見たとき、
ああ、こういうまえかけが欲しかったんだよなと思いました。

普通に売っているエプロンは
肩ひもが身体にあわなくてずりおちやすい。
首にかけるタイプは肩が凝る。
サロンエプロンは、胸のあたりの汚れを防いでくれない。
割烹着は老けて見える。

坂田さんのまえかけは、市販のエプロンの持つこれらの欠点を
見事に克服し、丈夫で実用的でありながら
ファッショナブル。

d0123492_22372950.jpg

あ・・すみません。
うちの専属モデル、さすがに身長が足りなさすぎて
まえかけの良さがちっとも伝わりませんね。
d0123492_22392775.jpg

こういうことです。
このまえかけは、ふちどりに
ネパールのシルクのサリーを破いて撚ったものを使っています。
生地にはほどよい張りがあり、まえかけの上部を胸にあてて着ると胸当てとして
肩ひもがなくてもずりおちてきません。
また、その部分を折り返して上から紐を結ぶと、ギャルソンエプロン風に。
体格や好みにあわせて自由な着こなしができます。

今回のグループ展は、

「朽ちる」ということをテーマにしているため
展示されているエプロンは実用を意識したものではありません。

通りがかりの工事現場のおじさんが着ていた
ペンキがいい感じに飛んだ作業ズボンに惚れて
貰って来たものを使って作ったまえかけ。

坂田さんのお母さんが昔編んでくれたセーターを
洗濯して縮めてフェルト状にしたものを切り刻み
まえかけの側面いっぱいにフリンジのようにぬいつけたもの。

詳しくは坂田さんと、一緒に活動されている陶芸家
銭本真理さんのブログをご覧ください。⇒馬耳西風
銭本真理さんの作品がまた、とっても良かったです。
スポンジや軍手をそのもののかたちが残るように焼いたものや
金属を焼きつけてその残像を残したもの。

ご本人もいらして、丁寧に作品の説明をしてくださいました。
とても控えめな大人の女性でしたが
制作過程を聞くにつれ、粘り強く自分の作りたいかたちを追求する姿勢、タフさに圧倒され
アホな子のような質問しかできない自分の勉強不足を実感しました。
ああ、なんて陶芸の道は奥深いのでしょう。
まだ自分がほんの入り口にしかいないことを、こういう機会にいつも感じます。

木曜までやっているということで、
阪急池田駅から歩いて10分くらいの場所なので
なんとかもう一回は見に行きたいものだと思っています。

*****

NOMAMISE作家でもうひとり、
廃材を使った家具を作っている木工作家・よしみ工房さんが
10月30日(日)~11月5日(土)
12時~18時まで

NOMAで個展を開催します。

よしみ工房・古材家具展「森の記憶」
d0123492_2317265.jpg


よしみさんには、トリヤラネコヤラ展のときに作った
ハシビロパーツを渡してあります。
d0123492_2319914.jpg

これを使ってなにか面白い家具を作ってみてはという
ムチャブリでございます。
「できるかこんなもん~!」と投げてもらってもよし
好きにしてもらっていいのですが
よしみさんはニヤッとほほえんで受け取ってくれたので
なにか作ってもらえるかもしれません。いやまったくわかりません。

どんな展覧会になるのかとっても楽しみにしています。
[PR]
by kozakurapon | 2011-10-10 23:29 | おすすめ作家さん | Trackback | Comments(13)

ペンギンパラダイス

鳥好きの北海道の陶芸家、陶房呑器さん(のんきさん)が
お友達とご主人の3人で関西旅行に来られることになりました。

神戸空港発着ということは
そりゃあ神戸花鳥園を素通りするわけがありません。
わたしもご一緒してまいりました。

モノレール側の入り口から入り、
インココーナー、サイチョウコーナーを通り
オオハシコーナーへ。

のんきさんは昔九官鳥を飼っていたこともあり
花鳥園ではとくにオオハシがお気に入り。
オニオオハシの飛ぶ姿を見て「あああ・・・かわいい~」
えさをあげながら「ここに住みたい・・・」
「いいな~いいな~かわいい~」
いやいや、そういうのんきさん自身がかわいい。(笑)

一緒に行った、ゾウ好きだけど鳥類にはさほど興味のないお友達と
バイキングコーナーにおおいに関心のあるご主人につっこまれている姿が面白い。
でもお友達とご主人も、お花にかこまれてゆったり楽しめる
花鳥園の雰囲気がとても気にいったようでした。
館内はバリアフリーになっていて、誰もがそれぞれのペースで楽しめる・・
あらためていい施設だなと思います。

バードショーを見てから、ご主人待望のバイキングコーナーで食事。
その時に気付いたのですが・・・

のんきさんは神戸花鳥園は2回目なのですが
なんと前回、このレストランコーナーまでしか来てなかったのです。
それでもじゅうぶん楽しかったそうなんですが
蓮池もペンギンコーナーもフクロウコーナーもまんなかの池も見てなかったなんて!(爆)
どれだけオオハシコーナーに気をとられていたかがわかりますね。

花鳥園のバイキングは、私は初めてだったんですが
けっこう美味しかったし、平日だったのですいていて
のんびりと花の下でお食事ができて良かったです。

食事を終えて、おみやげコーナーを見ると
おぴ~さんの特設グッズコーナーがレジ前に!
商品の写真は撮ってはいけないのですが
絵の作者ということで、特別に撮らせていただきました。
d0123492_9581026.jpg

おみやげコーナーにはTSUBASAのコーズリボンステッカーなども売っていて
以前より良くなっていたように思います。
行かれた方はゆっくりご覧になってみてください。

おみやげコーナーの先には、水鳥の池とペンギン池が。
花鳥園にはスポットごとに100円で、
小さい紙コップ一杯ぶんの餌をやることができます。
なので私は家じゅうの100円玉を持ってきていました。
水鳥にも餌をあげたのですが・・・
d0123492_1033633.jpg

平日でえさをやるお客さんが少ないせいか、大騒ぎに。
水鳥といっしょにコイが集まってきていて
コイを踏みつけて我先にえさに飛びつく水鳥たち。ちっともめげないコイ。(笑)

水鳥の向かい側のペンギン池。
d0123492_1073542.jpg

ああやっぱり可愛すぎる・・・。

ペンギンマニアのお友達は、頻繁に水族館などにペンギンを見に行くみたいですね。
私は旅行のついでとか、なにか特別なときでないと
わざわざペンギンだけ見に行くということはありません。

あ~でも、やっぱりペンギンは本物見るのが一番いいなぁ~。
はしゃぐつもりはなかったんですが
平日でまったく周囲に子供たちがいないせいもあり、つい叫んでしまいました。

「うわぁ・・・のんきさん見て、あち(足)がのってるう~~!!!」

d0123492_10125816.jpg


それを聞いたのんきさんが、
ニヤ~ッと嬉しそうに笑いました。(こまつかさん、かなりアホだわ)←心の声
自分と同じかそれ以上にアホな人を発見した、喜びに満ちた笑顔でした。(笑)

前回のんきさんが気がつかなかった、フクロウコーナーを堪能し
d0123492_10232418.jpg

大ハスの浮かぶ池を見ながら中央の池に行き、
写真スポットで記念撮影。わたしはペンギンになってみました。(笑)
d0123492_10253576.jpg

もう一回オオハシコーナーに行って、
コーフンするのんきさんを見て遊び(笑)
バードショーを見て、インココーナーでヒメウズラに餌をやって
ふわふわの羽根が手に触れるのを楽しむ。

気がついたら4時近くなっていて、
早く京都に行って遊びたかったご主人とお友達に悪いことをいたしました。
でも、ひさしぶりに花鳥園を堪能することができました。

また遊びに行こうね。のんきさん!
[PR]
by kozakurapon | 2011-10-09 10:37 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)

トリヤラネコヤラ展終了

キンモクセイの香りのなか
一面にコスモスの咲く川辺をあるいて通った一週間。

トリヤラネコヤラ展、終了しました。
たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

NOMAブログ記事⇒「トリヤラネコヤラサビシイヤラ」


なにかのついでに寄るということができない不便な場所、というのは
むしろ便利な場所よりも
展示内容を最高のものにしなくてはいけないと思っています。

その人の大事な一日の、多くの時間を割いて
それだけのために来ていただくことになるからです。

これからもNOMAで作品を発表させていただく機会は多いと思いますが
いつも、遠いけど来てよかったと、
しあわせな気持ちで
川辺の道を帰っていただけるようにしたいと思っています。

*****

夏生さんの絵を1枚購入しました。
d0123492_21342812.jpg

ネコバルーンは、夏生さんの愛猫5匹のうちのしゅんたろう君。
ほんとにこれにちかい体型です。とろんとした目が可愛い・・・・
d0123492_21362870.jpg

しゅんたろうバルーンに乗る、ぽんぽん茶々。
d0123492_21384417.jpg

夏生さんちに遊びに行ったぽん茶たちを
山の下にある夏生さんちから
d0123492_21393519.jpg

山の上の我が家まで、
d0123492_21424210.jpg

送ってくれているそうです。

夏生さんは、わたしの作品「猫石」を購入してくれました。
d0123492_21442441.jpg

これぞオカンカーメン、という雰囲気が出ている作品だったので
夏生さんがこれを気にいってくれたのは嬉しかったです。

*****

展覧会終了後は、まるでいつものNOMAMISEうちあげのように
よしみ工房さんが極上おでんを作ってきてくれて
kkjk柏木さん夫妻がワインと
おしゃれなオードブルを作って持って来てくださいました。
夏生さんはおにぎりを作ってきてくれたし
みんな持ち寄ったものがテーブルにいっぱい!豪華!!
d0123492_21494084.jpg

みんなでワイワイと盛り上がりました。
d0123492_21552874.jpg

しまいに酔っぱらって
男性みんなが顔にNOMAのハンコを押しだしたり
能勢さん秘蔵の
「最高にイケてない顔に撮れた写真コレクション」を見せてもらって
涙がでるほど笑ったり。

あっというまに楽しい時間は過ぎていきました。

****

NOMAの次の展示は、今月(10月)末。
私もたいへんお世話になっている
廃材家具アーティスト・よしみ工房さんの個展です!

実は今回のトリヤラネコヤラ展でも
さりげなくよしみ工房さんが私たちにコラボしてくれていたのですよ。

夏生さんの猫ペン画用
家のかたちの額。
d0123492_22152764.jpg


私には、ものすごく細かい細工の祠。
d0123492_22171920.jpg


もうすぐDMハガキができるということなので
また後日、詳しい日程などをお知らせしますね。
[PR]
by kozakurapon | 2011-10-02 22:23 | 2011イベント報告 | Trackback | Comments(14)