ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

まんがによる解説

前回まんが骨を展示したとき
使用方法について、有名少女まんが
「ガラスの仮面」のパロディで説明したのですが
字で書くよりわかりやすく好評でした。

そこで個展でもこのやり方を使うことにしました。

タイムカプセル、オカン鍋、鼻笛の説明を
「どらえもん」「美味しんぼ」「エロイカより愛をこめて」
の3作品のパロディまんがで描きました。

(原作のあるものなので、販売は考えていません。)

ペンギンタイムカプセルの説明

d0123492_2283883.jpg


オカン鍋の説明

d0123492_2293222.jpg


鼻笛のマンガは、鼻笛本体のディスプレイのネタばらしになるので
また後日お見せしますね。
[PR]
by kozakurapon | 2012-04-28 22:16 | 製作情報 | Trackback | Comments(10)

鼻笛の紐とカバー

まだしつこく窯は焚いてますが
今はディスプレイ関連の製作をがんばっています。

NOMAMISEの時に、まんが骨の説明マンガが好評だったので
タイムカプセル、鼻笛、オカン鍋の説明も
全部パロディマンガにしようと、描いています。
マンガは絵で直観的に伝えられるのでラクです。

オカン鼻笛も完成したので、紐をつけました。
d0123492_1238514.jpg

ちょっと紐にはこだわりがあります。

真田紐(さなだひも)

よく茶道具の桐箱にかけられている、丈夫な織紐です。
オカン鼻笛に着けたのは、絹の二重の紐です。

d0123492_12425786.jpg


綺麗でしょう。こうしてただ集めて見ているだけでも楽しいです。

紐を通せないタイプで、ちょっと地味なインコ鼻笛には
寝袋を作って着せてみました。
d0123492_12511517.jpg

割れ物ですから、携帯には袋が必要ですもんね。
しかし縫いものはあまり得意でないので、3個ぶんで力尽きました。

まだ完成してないのでお見せできませんが
オカン鼻笛は紐のほかに、ケースに凝ったものもありますよ。お楽しみに。

6日最終日3時頃から、鼻笛奏者2人を招いての鼻笛セッションタイムがありますが
とくにコンサートのような形式にはせず、
その場の雰囲気で演奏を楽しむ感じにしたいと思います。
鼻笛を買ったものの音が出せない方、ぜひお越しください。

私の作ったのでも、市販のものでも、ご自分の鼻笛がある方はお持ちください。
私の手持ちの鼻笛もお貸ししますが、衛生面が気になる方は
すぐ近所で安い鼻笛を売ってるところもありますのでご紹介します。

個展の最後に、みんなでゆる~く鼻笛を楽しみましょう。
[PR]
by kozakurapon | 2012-04-26 13:20 | 製作情報 | Trackback | Comments(6)

シロちゃん横あるき募金箱

以前、鳥保護団体のTSUBASAからのご依頼をうけ
TSUBASA設立のきっかけとなった、オオバタンのトキちゃんをモデルに
募金箱を作りました。

大きいし、鳥の形なので目立つのでしょうね。募金が増えたと聞いて良かったです。
そしてもうひとつ、
TSUBASAで一番芸達者、テレビ出演も多いシロちゃんの募金箱。
ようやく完成いたしました。

初めて会ったときに私の前を
歌いながら横歩きで何度も行ったり来たりしてくれました。

ぽっぽっぽぉ~♪は~とぽっぽぉ~♪
d0123492_12584197.jpg


本当はもっとあごが天井を向くほど
器用に身体をそらせて横歩きするのですが
それではお金が途中でのどにつまるので(笑)
このくらいの角度にいたしました。
お札は台の部分からお願いします。
d0123492_13345.jpg

私はアオメキバタンを飼ってないのでわかりませんが
たぶん原寸大くらいじゃないかなと思います。
d0123492_135038.jpg

TSUBASAは埼玉の施設なので、
送ってしまうと関西の方はなかなか見れないと思います。
なので、トキちゃんを「トリヤラネコヤラ」展で見ていただいたように
今度の個展で展示させていただこうと思います。

募金はまだしないでくださいね。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2012-04-25 13:16 | 製作情報 | Trackback | Comments(11)

うずらに初挑戦

ペンギン・インコ陶といいつつも
今までにも雀やハシビロコウなど、他の鳥を作ることもありました。

今回の個展、たまたまギャラリーの名前が「うずらギャラリー」なので
うずらを作ってみようと思いたちました。

d0123492_13522356.jpg

うずら飼ってる、飼ったことある方、こんな感じでいいでしょうか?
一応花器なんですよ。
d0123492_13534696.jpg

あたまの上の穴にススキの穂をさせば、カンムリウズラ!?

自分はこういうところ芸術家じゃないと思うんですが、
口が小さくて中の広い花器は、洗いにくいので嫌いです。
なので首のところがはずれるようになっています。
d0123492_148137.jpg

花を活けなくても、なにか隠しておくのにいいですね!?

土が余ったのでたまご型の香立ても作りました。
d0123492_1484677.jpg

そしてうずらの足も忘れずに。
地面を走ることに特化したのか?しっかりした足です。
d0123492_14113111.jpg

ほかに和菓子の銘々皿も少し作っています。

羽根の特徴を出すのが難しかったけど、
とても可愛い鳥なので作るのが楽しかったです。

インコ以外の鳥で飼いたいといえば、ウズラ。
垂直に飛びあがる癖があって、かごの天井に頭をぶつけるので
クッションが要るとか聞きました。
そういうとこ、ツボだなぁ。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2012-04-22 14:24 | 製作情報 | Trackback | Comments(24)

英語圏にデビュー?!

わたしのイラストが好きということで、
遠くイギリスからブログを見に来てくださっているMidoriさんが
ご自分のブログ「DoGoo Contemporary Clay idols」で私を紹介してくださいました。ありがとうございます。

私のブログから気にいった作品写真を自由にお使いいただきましたが
どの作品がいいと思うかは人それぞれで、意外な作品写真が選ばれていて面白かったです。

「Hidden talent, Japanese Bird Artist, Komatsuka Nae 」

Midoriさんはイギリス在住の陶芸家で、Etsyで作品販売もされています。
コイネズミヨウムと、え~とあのオウムは日本名でなんだっけ・・・
たくさんの鳥や犬たちと暮らしておられます。ごめんMidoriさん。
ブログ見たらわかりますが、もちろんMidoriさんは英語堪能です。

英語は世界的に強い言語です。

私はインターネットで世界とつながれる環境にありながら、
日本人としかコミュニケーションがとれず
自分の国以外の人たちが私の作品をどう思うのかわからないのを残念に思っていました。

そう思って英語でフェイスブックをやってみています。
英語は学生時代から苦手でしたが
英語で更新、コメントも英語でしか受け付けないとしたものの
結局ものすごく無口になって、休眠状態に陥っています。(汗)

Midoriさんはじめ、まわりにも英語とインターネットを武器に
異文化コミュニケーションをしている友人がたくさんいますので
見習いつつ地道にやっていきたいと思います。

京都の中心部で個展をするのは、外国人がよく入ってきてくれるからでもあります。

これまでにアメリカ、フランス、タイに私の作品が渡りました。
海外旅行ではほとんど伝わらなかった私のブロークンイングリッシュ。
不思議に個展に来られた外国人には伝わるのです。
お互いがお互いに強い関心を持っているからでしょうね。
今年は中国・台湾系が多そう。韓国は無理だけど漢字圏なら筆談ができるかも?

つねに新しい刺激をうけて
ガチガチに固まりがちな自分を打ち壊していきたいものです。
[PR]
by kozakurapon | 2012-04-16 11:42 | Trackback | Comments(10)

鼻笛セッションを楽しもう!

あっというまに時が過ぎて、もう4月も半ばになりました。
今は鼻笛を作っています。
小さいものですが、音が鳴るようにするには少々コツがいるので
なかなか時間と集中力のいる作業です。
鼻のまわりが土だらけでパリパリ。(笑)

d0123492_22251767.jpg


去年の晩秋に鼻笛を作り始めて
12月のNOMAMISEで鼻笛を初めて発表。

私が作り始める前から、関東を中心に鼻笛は静かなブームになっていました。
今はテレビに取り上げられることも多くなり、
京阪神の鼻笛人口も増えてきたようです。

今回うずらギャラリーさんで個展をしようと思ったのは
ピアノもある応接間のくつろいだ雰囲気のなかで、
楽しく鼻笛を鳴らせたらいいなと思ったからです。

前回のNOMAさんでは、音が鳴らないものもあったため
販売はせず、洗っては試し吹きをしてもらっていましたが

今回は音の出るものばかりを販売しますので、試し吹きはできません。
お買い上げいただいた方に、音が出るまでお教えしたいと思います。

今回、鼻笛の演奏に興味のある方・いろんな鼻笛の音色を聴き比べてみたい方のために
鼻笛セッションタイム
最終日5月6日の午後3時頃から開催いたします。(最終日ですので5時閉場になります)

この時間に、ふたりの鼻笛奏者をお招きしています。

全日本鼻笛ポッポコピー所属の鼻笛演奏家で、
のこぎりを使った音楽もされている、ひでじろうさん

関西鼻笛界期待の若手鼻笛奏者、平澤翔さん
12月のNOMAMISEにもお越しくださり、手製のひょうたん鼻笛や
珍しい横笛の鼻笛など演奏してくださいました。

演奏会という形式ではありませんが
その時間は鼻笛メインで、おふたりに交互に
あるいは即興でセッションしていただいたりと思っています。
もちろん、のこぎり楽器も、珍しい鼻笛も存分に披露していただこうと思います。

せっかくなのでみんなで合奏できたらいいねということで
課題曲を用意することにしました。

「かえるのうた」

かんたんで、みんな知ってますし、輪唱もできますね。

お手持ちの鼻笛を持って来ていただいてもいいですし
私の販売用ではない鼻笛をお貸しします。

今回のテーマ

しい

にふさわしく、みなさんの鼻笛合奏で、
展覧会の最後を賑やかに飾っていただけたら嬉しいです。
[PR]
by kozakurapon | 2012-04-14 23:16 | おしらせ | Trackback | Comments(4)

ちょっとおせっかい。

今回の個展は遠方からもたくさんの方にお越しいただけるようで
とても嬉しいです。ありがとうございます。
京都なので、観光旅行も兼ねて来ていただけるようですね。

ただ、いつもは5月末に個展を開催しますので
混んでるといってもたいしたことはなかったのですが
ゴールデンウィークの京都は、ほんとにすごい人出です。

私の個人的意見であり、的外れなこともあると思いますが
少しでも快適に京都観光ができるように
思いつく注意点をいくつかお話させていただきます。

絶対車で来ないでください!

どのルートから来ても京都市内に入るまでに何時間も費やし、
出るのも下手すれば深夜になります。
観光地はほんとに車が動きません。車を停める所がありません。
路上駐車は住民がすぐ警察に通報します。(ものすごく早いです)
車で来られる時は、パーク&ライドをお勧めします。

とくに東山方面、嵐山方面には絶対車で行かないこと!

京都の観光案内サイトなどでも紹介があります。
このサイトが私が思うことを全て伝えているので、見てみてください。

渋滞で時間を損しない!京都観光計画

もと地元民だったときは、この時期バスにも乗らず、
徒歩と電車を使って移動していました。これが一番いいです。

それと、これは何回か来られたことのある方、方向感覚に優れた方向けの上級テクですが、
京都の道は東西南北碁盤の目のようになっています。
これを利用して、市バス地下鉄の一日フリーパスと路線図、
方角のわからない人は方位磁石を使い
バスの進む方向だけを確認して、たてよこ方向にバスをちょっとずつ乗り継ぐのです

京都のバスは本数多いですが路線が複雑で
行きたい観光地や駅名を書いたバスでも、思いがけず遠回りすることもあります。
路線に頼らず、方角で移動するほうが早い時があるのです。

私は市内の実家に行く時にこのやりかたで帰ります。(笑)
とくに堀川通りと御池通りを通るバス、あと数駅で車庫行きのバスはすいてて快適です。

一番たいせつなことは、この時期、移動距離を欲張らないことです。
わたしの個展会場の徒歩圏内だけでも十分楽しめますよ。


お食事や休憩の注意点

たくさんお店はありますが、ご家族や大人数のときは、かならず予約をお勧めします。
どこも長蛇の列で入れないから、デパチカでお弁当買って
鴨川で食べようという方も多いと思いますが、

とんびに注意してください!

こどもでもおとなでも容赦なく、手に持ったパンやお弁当を上空からさらっていきます。わたしの家族もパンを奪われた経験がありますので本当です。

*****

こまかいことばっかり書いて笑われそうですが、わたしの個展会場での注意点も少し。

◎今回の個展会場ではクレジットカードは使えません。
◎初日は作品を買う目的のお客様で混雑します。わたしもいっぱいいっぱいなので
友達、鼻笛演奏を楽しみたい方、ゆっくり話をされたい方は初日を避けてください
時間帯は、4時以降がすいています。

◎一度お会いした方はほとんど覚えているはずですが、お名前とお顔が一致しない方が多いので
お名前を名乗っていただけたらすごく嬉しいです。

◎これはほんとに細かい情報で恐縮ですが・・・
数人に話したらそれはとても重要な情報だと言ってたので。

靴を脱いで上がる会場です。

会場には4日間とも毎日おります。
みなさまのお越しを楽しみにしています。

字ばっかりの記事でつまらないので、先日手に入れたインコのアクセサリーをご紹介。
d0123492_1432984.jpg

以前にご紹介した神戸元町(京都じゃないですよ。神戸です)のブティック

「Beautitude(ビューティチュード)」

で購入しました。
ほかにもベニコンゴウインコらしきストールと指輪がありましたよ。
といっても別に店主さんは鳥好きではありませんので
マニアックな鳥話はお控えください。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2012-04-08 14:15 | おしらせ | Trackback | Comments(20)

2012個展のDMできました

春のNOMAMISE、無事終了いたしました。
お忙しいなか時間を作ってお越しいただいた方々、ほんとうにありがとうございました。

さて、次はいよいよ5月3日から6日まで
京都うずらギャラリーでの個展です!


うずらギャラリーのHP


今回は愛鳥写真家おぴ~@とうもとさんに
写真、DM製作を全面協力していただきました。
まもなくみなさまのお手元に届くと思います。

届いていない、欲しいという方は
この記事の非公開コメントに住所と本名をお書き下さい。
まず来れない距離の方にも(オーストラリアとか)送ってますので
お気軽にどうぞ。

d0123492_10575972.jpg


DM写真を撮るために、ペンギンタイムカプセルのお尻に
汚れ防止のテープを貼って(笑)野外撮影に臨みました。

あまりにもいい写真ばかりで、どれを使っていいかほんとに悩みました。
期間中、うずらギャラリーさんの前に看板を置かせていただけるようなので
おぴ~さんの撮ってくださった素晴らしい写真たちを飾って
みなさんに見てもらおうと思っています。

掲載許可をいただいたので少しご紹介しますね。
d0123492_11513100.jpg

林のなかで撮影しました。
d0123492_1172363.jpg

古い切り株に入れてみたり。
d0123492_1183523.jpg

運搬はトロ箱を使いましたが、ペンギンになぜか似あう。
d0123492_1193828.jpg

d0123492_1111058.jpg

ぼくも。
d0123492_11113757.jpg

ちょっとかっこいい写真も。
d0123492_11123455.jpg

彼らの大きさはこのぐらいです。
会場にどう飾るか、また悩むことでしょう。
d0123492_11135777.jpg

会場のうずらギャラリーは、とてもユニークなギャラリーです。
古い歯科医院(今も2階で歯科医院はされています)
の待ち合い室をギャラリーとして開放したもので
京町家らしい純和風な門を入ると通路になぜかローマの街角にあるような水飲み台?があり
重厚な玄関を靴を脱いであがると
立派な暖炉やピアノのある、和洋折衷のレトロな空間があります。

鳥の名前のギャラリーですが、ご主人はまったく鳥マニアではありません。

ご主人はうずら音楽舎という音楽レーベルを運営されています。
とくにアカペラの音楽がお好きで、身体だけで音を出すことから
鳥の名前をレーベルにつけるということは海外でもよくあるらしいです。
そういうことなので、
鳥マニアな話はされてもお困りになりますからよろしくお願いいたします。

でもとっても素敵な名前ですね!
うずらはいっぺん飼ってみたい鳥です。
真上に飛び上がる癖があるので
かごの上にクッションを仕込んでるとかいう話を聞くとぐっときます。(笑)

ギャラリーの場所ですが、
いつも個展をしていた1928ビル・同時代ギャラリーのとなりです。

今回は鼻笛を出しますので、
ギャラリーのオーナーが音楽関係の方で、
そこに偶然集まった人たちが自然に鼻笛セッションができるような
くつろいだサロンのような空間がよくて、今年は会場を変えました。

鼻笛を購入された方には音が出るまでご指導いたします。
といっても私も「全日本鼻笛ポッポコピー」新米会員で
音は出せますが、はっきりいって演奏のほうは・・なので
腕に覚えのある方!ぜひぜひ私のかわりにご指導ください。(丸投げ)

みなさんにお会いできますことを楽しみに、あと少し頑張ります!
[PR]
by kozakurapon | 2012-04-03 12:07 | おしらせ | Trackback | Comments(55)