ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

鳥の名前の店

先日、豪州在住の鳥友達、にたかGさんが一時帰国されたときに
ちょっと前に見つけて気になっていた、
神戸のお店に一緒に行きました。
d0123492_15481180.jpg

うちのじゃじゃうま・・・いや、可愛いインコ、茶々と同じ名前の居酒屋!
ちなみにとなりも居酒屋です。
d0123492_155646100.jpg

惜しい!ポン太ならハシゴしたかも!?

オーストラリアはエビなどの海鮮料理は美味しいところですが
生で魚を食べる習慣はないため、刺身は水っぽくてもうひとつ.
なので日本に帰ったときは、できるだけ刺身を食べたいそうです。
そんなにたかさんと、自分の鳥の名前に反応してしまう私のために、
こんなメニューもありました。
「おけ盛り茶々丸」
d0123492_1552965.jpg

頼もうとしましたが、量がすごく多いからと店員さんに止められました。

じつはこの近くには、こんなお店もありました。
d0123492_163190.jpg

にたかGさんの愛鳥・オカメインコの「さんじ」ちゃんと同じ名前の居酒屋。
なぜか居酒屋ばっかり。(笑)

にたかさんと会ったときは、私のお気に入りのお店「Beautitude」と
にたかさんお気に入りの雑貨店「ツバクロ雑貨店」に行くのが半ば慣習となっていますが

「ツバクロ雑貨店」で、ずっと探していたものを見つけました。
(鳥グッズじゃないですよ)
d0123492_16121763.jpg

おしゃれな方位磁石!

なんでそんなものを探していたのかといいますと
私はいつも大阪市内で迷子になるのです。

地下鉄の構内で出口を確かめ、行き先の方角の見当をつけますが、
外に出るまでに階段を何か所か上がったりすると
スイカ割りでグルグル回された時のように、方角がわからなくなります。

そして道端で途方にくれている時、なぜかいつも
迷ってる人に道を訊かれます。(笑)

アウトドア用品や非常用品売り場の方位磁石はデザインがいまいち。
この革ネックレスは大活躍してくれそうです。

****おまけ****

こんな新聞記事を見つけました。
d0123492_16311177.jpg

ポンポン医師、素敵です。
[PR]
by kozakurapon | 2012-06-22 16:45 | Trackback | Comments(14)

師匠の蕎麦屋

NOMAのうちわ展に来られるついでに
阪急宝塚線を「石橋」で途中下車して
ぜひ私の陶芸の師匠、すみ先生の蕎麦屋「蕎麦屋 斐川(ひかわ)」にお越しください。
d0123492_19565575.jpg

隠れ家的な蕎麦やらしく?
「グルマンの隠れ家」という番組にとりあげられました。
ここから見れます。先生の技をごらんください。→グルマンの隠れ家なんと、あの有名グルメ雑誌「あまから手帖」にも載るそうです。
前は全部ひとりでされていたので大変そうでしたが
春にお邪魔したときは、洗い場に頼れる助っ人が入られて
メニューも充実、ますます美味しくなってましたよ。

またそのうち美味しいお蕎麦をいただきにあがりたいと思います。


★月・火定休日です。くわしくは先生のホームページを見てお越しください。

d0123492_19553363.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2012-06-15 19:57 | わたくしごと | Trackback | Comments(2)

2012うちわ展行ってきました!

6月10日日曜から開催中の、NOMAチャリティーうちわ展「風をおこそう」。
初日は用事があったため行けず、火曜日に友人と伺いました。

初日に鳥好きの方が来られたそうですが
私やごぉさんの作品は、あとから来るファンに残しておこうとかで。(笑)
というわけで私のはまだございました。
d0123492_13131289.jpg

画面左から2枚がごぉさん。その右となりがナナさんの作品。
d0123492_13145181.jpg

このごぉさんのうちわ、なんと本物のおとちゃんの羽根が!!
d0123492_13163542.jpg

何度も手にとりましたが、結局わたしも初日のお客様同様、
あとから来るファンのためにとりあえず17日行くまで置いておこうということにしました。
なので、おとちゃんファンの方、チャンスあります!

★注意★ べつにシールを貼って取り置くこともできますし、
     現物を持ちかえっても写真で見れるようになっています。

今年から参加のPotter-Yこと堀越さんのうちわは3枚とも完売でしたよ。大人気!
いろいろなネコがかわいいです。
d0123492_13272918.jpg


私の作品は最近のペンギン脱走事件を題材に、解放と帰還がテーマですが
同じく最近のできごと、金環日食をテーマにしたもの。
写真家の大野博さんのうちわ。
d0123492_13352214.jpg


この展覧会は震災のチャリティーイベントです。
十分な検証もないまま、結局原発は再稼働へ。
これでいいのか、私たちになにかできることはないのか。

NOMA主宰、映像作家の能勢ノブユキさんのうちわ。
スターシアの待つイスカンダルに、放射能除去装置があるのなら・・
人類はどんなことをしてもそれをとりに行くのに。
d0123492_1343449.jpg


・・・写真は撮ったものの、あまりの過激さに食事中の方がいたら見せられないため
掲載を断念したうちわがあります。
よしみ工房さん、今年もまたやってくれてます。
みなさんぜひ足を運んで、その素晴らしさに直接触れてください。


結局私が悩みに悩んだ末選んだ、今年のうちわはコレ!

d0123492_1323841.jpg

長嶋のウラは・・・
d0123492_13243991.jpg

ノムさんだ!
[PR]
by kozakurapon | 2012-06-13 13:59 | 2012イベント報告 | Trackback | Comments(4)

オカン魔笛の音色

フランスの鼻笛マニアで演奏家、UkeHeidiさんが、
私のオカン面鼻笛を使った素晴らしい演奏を
Youtubeに投稿してくださいました。


ただ見るだけでも楽しい、素晴らしい動画ですが、この扮装や選曲には
なにか深い意味がありそうだと思って調べてみました。
Papageno's air はモーツアルトのオペラ「魔笛」のなかの一節。

物語の舞台は古代エジプト。
パパゲーノは、森の鳥をつかまえて
夜の女王に献上する「鳥刺し」という仕事をしています。
UkeHeidiさんが演奏してくれたのは、
このパパゲーノとパパゲーナの二重唱の部分です。

笛、エジプト、鳥 の要素を盛り込んで
なんて機知に富んだ選曲でしょう!

そして、日本では高尚で敷居の高い印象のあるオペラという芸術が、
ヨーロッパにおいては、教養として深く浸透しているんだなと感じました。
歌舞伎の名場面みたいな感じでしょうか。赤穂浪士の討ち入りとか。(笑)

それからUkeheidiさんは、ご自分のブログで、私について
とても詳しい紹介記事を書いてくださいました。
なんと3回に分けて!

noseflute org.Okan-khamen Part1: Covered with gifts!

noseflute org.Okan-khamen Part2 :The Parrot-Pharaoh

noseflute org.Okan-khamen Part3:The Nose Flutes

彼は事前に私にメールでインタビューを求め、
正しい情報を発信しようと心がけてくれました。

また彼に送った鼻笛のうち、本の箱に入った鼻笛は、
私はとても演奏しやすいですが、鼻の形状により?たまに鳴らせない方もあります。
試し吹きをしてもらえないのでその懸念もあって、面の鼻笛も一緒に送ったのですが
やはり本のほうは鳴らせなかったそうでした。
それでもUkeheidiは作品としてこの鼻笛をとても気にいっていると、
私の気持ちを気遣ってくれました。申し訳ない・・。

私にとっての鼻笛は、食器とかオブジェなどの、作品のジャンルのひとつです。
だからそれほど長く作り始めようと思っていたわけではないのですが
こんなことがあるとやはり「誰でも必ず鳴らせる鼻笛」をちゃんと作れないかぎりは
やめられないです。

ネットならではの、奇跡的な出会いと
彼のたくさんの心遣いに感謝をこめて。

オペラ「魔笛」パパゲーノの衣装を着た、彼の愛猫Patafix(Patageno!?)
d0123492_12203610.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2012-06-11 12:21 | Trackback | Comments(20)

いよいよ明日からうちわ展

明日6月10日(日)から17日(日)まで
雲雀丘花屋敷のギャラリー「NOMA」にて

「NOMAチャリティーうちわ展・風を起こそう!」

始まります!
d0123492_19381192.jpg

d0123492_19393941.jpg

会場に集まったたくさんのうちわたちの画像はこちらからごらんください↓

アニメーションのように次々とうちわが入れ替わる動画がすばらしい!
よ~く見て、自分のお気に入りの一枚をさがしてください。↓

NOMAのHP

今年はどんなうちわを買おうかな。
楽しみです。

私はもちろん常駐しませんが、ご連絡いただけたら予定あわせるようにいたします。
水曜はギャラリーがお休みですのでご注意ください。


最終日17日には恒例のライブがありますよ!こちらも楽しみです。
[PR]
by kozakurapon | 2012-06-09 19:40 | おしらせ | Trackback | Comments(2)

黒猫Patafixにご挨拶

フランスの鼻笛マニア、Ukeheidiさんと仲良くなりまして
時々メールなどもいただくようになりました。
彼の母国語が英語だったら、メール書くのもつい身構えてしまうところですが
さいわいフランス人なので、ビミョーな英文でも安心です。

彼の愛猫Patafixの日常を書いたブログを見てと教えてもらったのですが
広いお屋敷でのびのびと本能のままに生きるPatafix。
そして庭に来るネズミや小鳥をつかまえて遊ぶPatafix・・・!!!

そんなわけでこんなイラストを送りました。
d0123492_19212767.jpg

茶々が拡声器で叫んでいるのは、「はじめまして!」

笑いのツボにすっぽりはまったらしく、
早速ブログ記事にしてくれました。マメな人です。→ブログ「Patafix!」

フランス語なのでますますちっともわかりませんが
どうやら私の飼っている鳥の名前を、ポンとおぴ~だと思っている様子。
こういう細かい部分が伝えにくいところです。
d0123492_19364267.jpg

これで通じたかな。
[PR]
by kozakurapon | 2012-06-07 19:39 | わたくしごと | Trackback | Comments(2)

おすすめ?!B級カンフー映画

十三のミニシアターに行ったのはもう15年ほど昔。
その時は、モノクロ画像の美しいチェコスロバキアの映画を観ました。

今回、趣味を同じくする女性4人で、その下の階にあるミニシアターに観に行ったのは・・・。

製作費13億円を投じ、ジャッキー・チェンがプロデュースした大作でありながら
2012年中国ラジー賞(金のほうき賞)作品・監督・男優・女優賞全4部門を総なめ。
香港ラジー賞にもノミネートされるという快挙をなしとげたB級中国カンフー映画。

「女ドラゴンと怒りの未亡人軍団」 (原題 LEGENDARY AMAZON )


冒頭10分、味方の劣勢により死を覚悟した武将が
戦闘中に突然座りこみ、どこからか伝書鳩を取り出して
形見の髪の毛をくくりつけ、空に放つシーンで
早くも爆笑ツボを刺激されました。

何の時代背景の説明もなく、だれが未亡人なのかもよくわからないまま
どんどん重要そうなキャラが倒れていく。

トウガラシ爆弾とかジャンピングシューズとか
どんどん繰り出される個性的な兵器。

真面目に作られた映画なんですが、どう考えてもB級なので
みうらじゅんと安斎肇の特別コメンタリーバージョンも上映されています。

マニアック映画の宿命として、公開期間がとても短いので
観たい方はご注意ください。

会場はこちら。→ シアターセブン

感動?さめやらず、近くのミスドに入り、つっこみトークで盛り上がる私たち。
メンバーのリクエストにこたえ、父の日用のおえかきドーナツに
今日の映画をテーマにイラストを描きました。
d0123492_21124416.jpg

こういう映画に誘ってくれる人達がいてくれて、シアワセです。(笑)
 
[PR]
by kozakurapon | 2012-06-06 21:29 | わたくしごと | Trackback | Comments(4)

パン作りに挑戦

電力不足の夏を控えて、作品を作りためなくてはなりません。
わりと地味な作業ばかりで
とくにブログネタになるようなことはないので
茶々の鼻毛画像でも。
d0123492_2272635.jpg

鼻毛じゃなくて、ダウン部分の毛がひっついただけなんですが
ふがふがと毛が揺れる様子がいい感じ。
よくこの姿、ほかのブロガーさんもアップしてます。
ついつい激写してしまいますね。
茶々はたいへん迷惑だと申しておりました。

それから、あるきっかけで
最近パン作りを習い始めました。
つい練り方が陶芸の荒練りになってみたりして。
d0123492_2213138.jpg

イタリア風のトマトパンです。
手前のは、中にチーズとベーコンが入っていて
クミンシードが飾ってあります。
見た目不揃いですが、手作りパンは美味しいですね。

なぜパン作りを始めたか?
それはまたのちの更新にて。
[PR]
by kozakurapon | 2012-06-05 22:19 | わたくしごと | Trackback | Comments(8)