ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Mic Mac.presents 「手仕事の流儀」展はじまりました!

と言っても、わたくしは明日から行くため、
現在の状況については何もわかりません。(爆)

ご存じのように北海道は今週たいへんな悪天候にみまわれ
停電がまだ続いているところもあるようです。
寒さが尋常じゃない地域なので、停電は本当に怖いですね。

Mic Mac.さんのブログ←のほうに、ほかの作家さんの作品が載っています。
私も写真送ればよかったと今頃思いました。すみません。
まあみなさんはブログで見てくださってるからいいか。
(まだこの他にもあります。)
d0123492_14512339.jpg



新しい画像がないので、
茶々腹先生がお気に入りのグ〇コサミンのチラシを
激しく噛んでるとこなど。

d0123492_14423297.jpg


顔がブレブレだよ。(笑)

他にもグ〇コサミンのチラシはありますが
テレビで「明日の折り込みチラシで!」って言ってる会社のが
格別に噛みやすいらしいです。

では毛穴ひきしめて、北の大地に行ってまいります。
[PR]
by kozakurapon | 2012-11-30 15:00 | おしらせ | Trackback | Comments(6)

茶々ガブ姫卒業?

北海道に作品を発送し、ちょっと落ち着きました。
d0123492_2391952.jpg

このところ急に寒くなりましたね。

2年前家に来た当初は、手に乗るどころかとびかかって噛みついてきた茶々。
しばらく前に急な寒さでちょっと体調を崩したのをきっかけに
手の中で暖まることを覚えました。

d0123492_2375392.jpg


ぽんぽん?いや、茶々ですよ。嘘みたい!!

d0123492_23115733.jpg


臆病な茶々が心を開いてくれるまでは時間がかかりましたが・・・。
寒い季節はインコと仲良くなるチャンスですね。

*****

今、兵庫県川西市のギャラリーNOMAでは
抽象画家のHiroshi Matsumotoさんと
木工作家のよしみ工房 神元義巳さんのふたり展開催中。

d0123492_23214050.jpg


展覧会のたびに、表情を大胆に変えるNOMA。
今回も面白い空間になっています。
d0123492_23251845.jpg

今週末までです。お近くの方はぜひ。
[PR]
by kozakurapon | 2012-11-25 23:29 | わたくしごと | Trackback | Comments(10)

ペンギン卓上からしたて

おでんの季節となりました。
チューブ入りのからしを使うご家庭は多いと思います。

机の上にチューブをべたっと置くのがなんとなく味気ないと思って
からしやわさびのチューブたてを作ったのは2006年のことでした。

全部売れて手元にはありませんが、写真を見たダンナがうちにも欲しいというので
ひさしぶりに作ってみました。
d0123492_11534439.jpg


「オレ、わさび。刺身好き。君、からし。おでん好き。」

d0123492_11552267.jpg


はみがきのチューブとか、マヨネーズは立てられません。
はみがきチューブも立てられるものは今後検討しますが、
マヨネーズはかなり大きくしないと不安定になるので、作るのは難しいかな。

「コウテイヒナもいるよ。」

d0123492_11594818.jpg


少し石のはいったざらつきのある粘土なので
机に傷がつかないようにゴムを貼りました。

d0123492_1221074.jpg


北海道に5羽連れて行きます。
[PR]
by kozakurapon | 2012-11-20 12:04 | 製作情報 | Trackback | Comments(2)

インココット

昔の中国の食器には、「一閑人(いっかんじん)」という人形のついた器があります。
ちょこんと小さい人形がついてるだけで、うつわがぐっと可愛く、親しみのある感じになりますね。

それに倣って?インコつきの耐熱カップ「インココット」を作りました。
ぐいのみより少し大きいくらいのサイズ。
d0123492_1111081.jpg

うちは蒸し器がわりに、友人の結婚式の引き出物でいただいたパスタ鍋を使ってますが
ぴったり3つ入ります。
d0123492_11125938.jpg

カップケーキやプリンなどを少しだけつくりたいときに
型から出さずにそのままおもてなしにも使えるようなものが欲しいと思って作りました。

インコ一閑人?部分は、熱くなったココットをオーブンや蒸し器から取り出すときに、
親指の支えになればと思ってつけました。(わかります?)

北海道に持っていきますね。

*****

それから、土が中途半端に余ったので
一個だけ妙なものをつくりました。
d0123492_1122649.jpg

一応おたま置きですが、耐熱土で作る意味はま~ったくありません。
d0123492_11245138.jpg

穴あきおたまを差してみました。
おつゆが垂れたらオカンが大汗かいてる感じになりますね。

お肌の部分は焼き締めで、釉薬かかってないので
おつゆがしみこむのがいやな方は、水をさっとかけてよく拭いてからお使いください。

なんでしょうこの存在感。(笑)
d0123492_11302221.jpg


これは今季ラスト1個になった、オカン鍋をお買い上げの方にオマケとして差し上げることにします。
[PR]
by kozakurapon | 2012-11-18 11:35 | 製作情報 | Trackback | Comments(2)

新作・ペンギン土鍋

ようやく完成しました。
d0123492_20332722.jpg

だ円形のお鍋です。
コンロにのせるとこんな感じ。
d0123492_20353811.jpg

ふたはとりやすいように少しななめにヒナを配置。
ふた本体と取っ手のすきまに釉薬がかからない部分をあけておいて
ふたを取るときすべらないようにしました。
d0123492_2040278.jpg

もちろんひっくり返して置けます。
d0123492_20505329.jpg

土鍋って、たまに取っ手の部分が「わ」になってるのがあって
可愛いと思って、私も昔そういう形のを買ったことがありますが
はずしたとき伏せなくてはいけないので、机が湯気で濡れるんですよね。

だから土鍋のふたは必ず自立するように作ります。

ひとつ試しにおろして、料理をしてみました。
たまたま美味しくなかったリンゴがひとつあったので、ジャムにしてみました。
ふたには穴がなく、オカン鍋みたいに湯気が口から出るわけではないですが
前がななめ上向きの片口になっていて、そこから湯気が出ます。

片口は、中のおつゆを別の保存容器に移すときにあると便利なのでつけてみました。
うつわそのものの幅が広いので、こぼれるのを完全に防ぐことはできませんが、
ないより断然いいです。

ふたをとるとこんな感じ。
d0123492_20565839.jpg

ふたなしでオーブンに入りますので(お使いのオーブン機種によりますが)
グラタンなども作れますよ。

北海道には今季最後のオカン鍋ひとつと
このペンギン土鍋を持っていきますね。
まだ作りかけのものが3つありますから
12月のNOMAMISEで、関西地方の方にはお目にかけたいと思います。
[PR]
by kozakurapon | 2012-11-17 21:14 | 製作情報 | Trackback | Comments(0)

らくがきで気分転換

ようやく土鍋たちを素焼きの窯に入れました。
慎重に乾燥させましたが、厚みのある部分は心配です。

陶芸って、素焼きまでの成形(とくに乾燥のコントロール)が
結構仕上がりに大きな影響を与えるのではないかと思っています。

d0123492_1326733.jpg


ペンギン土鍋は7つ作りましたが、さてどうでしょう。
昔むかしに作っていた、ペンギン卓上からしたても数点復活させました。
これはMic Mac.展に間に合うかはわかりませんが
私が欲しくなって作りました。おでんやお刺身のときに重宝するんですよね。

窯が仕事してくれてる間も、前に素焼きした生地に釉薬かけたりの作業はあるわけですが
少し息抜きにらくがきを描きました。

ぽんぽん茶々のスポーツシリーズ!まずはラグビー。

d0123492_13331841.jpg


d0123492_13335377.jpg


d0123492_13342877.jpg


そしてサッカー。

d0123492_1335944.jpg


d0123492_13354318.jpg


d0123492_1336921.jpg


お粗末でした。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2012-11-09 13:38 | 製作情報 | Trackback | Comments(10)

北海道のイベントDM送ります

この一週間が作品作りの一つのヤマです。

今作っているのはアデリーペンギン耐熱土鍋。
だ円形、片口つき。
土鍋の残りを容器に移すとき、
片口になってたら便利なのにと思ったことありませんか。

ほかに耐熱のココット兼用湯呑みも焼く予定。
その名も「インココット」(笑)

写真はもうすこしお待ちを。

ところでMic Mac.さんからDMハガキが届きましたので、お送りしたいと思います。

d0123492_1933558.jpg


裏面ではイラストレーター「チームにきち」さんの、にきちじいさんが誘っています。

d0123492_1972027.jpg


同時開催の矢口加奈子さんの個展のハガキも同封します。

d0123492_19564.jpg



北海道にお住まいのお客様で、住所が変わったという方
北海道内、北海道以外でも、この展覧会に来てくださるという方

この記事の鍵コメにて住所、お名前をお書きくださいませ。すぐお送りします。

さあ、追い込み頑張らなくては。


*****

この展覧会と同時期に、以前わたしも参加させていただいたことがある展覧会

「片口普及推進委員会2012」

が、同じ札幌で開催されます。

わたしはペンギン片口土鍋で「ひとり片口推進委員会」をひっそりやるわけですが
コチラでは片口片口片口、、会場中片口ばかりです。
陶房呑器ののんきさん、陶工房pinoのたまちゃん、つぐみ製陶所の堀越洋司さんなど、
友人が出品しています。
ぜひハシゴして楽しんでください。

詳細はコチラ→片口普及推進委員会のHP
[PR]
by kozakurapon | 2012-11-02 19:29 | おしらせ | Trackback | Comments(10)