ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6月のTSUBASA福岡とりッずフェアに参加決定

毎年全国をまわって開催されている
鳥保護団体TSUBASAのシンポジウムが、今年は初めて九州の福岡でおこなわれることになりました。
鳥グッズのクリエイターによる販売イベント、「とりッずフェア」も同時開催されますが
今年はこのイベントに参加させていただくことになりました。

「TSUBASAシンポジウムin 福岡」
「とりッずフェア福岡 with オウム・インコの日2(仮)」

2013年6月16日(日)10時~13時(予定)
会場 チクモクビル大ホール (地下鉄天神駅徒歩8分)

d0123492_12373088.jpg


ネットでのおつきあいは長いものの、実際にお会いしたことのない
鳥友や顧客様にお会いしたい。
おいしいものが多い九州に、ただただ行く口実がほしい。(不純な動機)

こんな私ですが、よろしくお願いいたします。

まずは5月の京都での個展に向けて、大物の制作に励んでいますが
あいまに小物も一緒に焼いて、作品をためていってます。
今年は9月に東京池袋で開催のペンギンアート展もあるし
きっとまた北海道でMic Mac.展もあるでしょうし(単なる妄想です。まだそんなお話はありません)
どれもほとんど現地に行く必要ないんですけど、行きたいし(旅費がでるように)頑張ります。

d0123492_12471947.jpg


セキセイやコザクラの器が欲しいという方が多いというのに
どういうわけかオオバタンを描きたくなったりして
あまのじゃくですね。

また焼きあがったらお見せしますね。
[PR]
by kozakurapon | 2013-02-27 12:53 | おしらせ | Trackback | Comments(10)

温泉カピバラツアー

ダンナの誕生日に何か欲しいものがあるか訊いたところ
「伊豆の温泉カピバラを見に行きたい」
ということで、週末1泊弾丸ツアー?ではるばる伊豆まで行ってまいりました。

途中で見た富士山↓
d0123492_1918165.jpg


ところでカピバラって知ってますか?
ネズミの仲間では一番大きい動物で、イノシシの子供くらいの大きさです。
伊豆のシャボテン公園では、30年も前から
冬限定でカピバラを岩風呂に入れています。
地獄谷温泉の猿も有名ですが、最近特にこのカピバラの入浴が話題になっています。

朝10時半から開始ということでしたが
もうカピバラの前には人だかり。やぐらも組まれ、トイレもカピバラトイレに。
d0123492_1924485.jpg

お土産コーナーやら、
カピバラが愛用しすぎて壊した風呂桶の中に入って記念撮影できるコーナー。
そのうちゆるキャラの「カピーバ」なんかも登場したり。

そんな人間たちを尻目に、悠然と餌を食べるカピバラたち。
d0123492_19274982.jpg

これから岩風呂にお湯を入れます。今日は椿湯の日だそうです。
d0123492_19271923.jpg

10時半からといっても、カピバラが満足するまで入れておくそうなので
この時期寒いので12時くらいまでは入っているということ。
ゆっくり園内を見て、すくのを待つことにしました。

ダンナはカピバラだけど、私はここにいるもう一羽の人気鳥
ハシビロコウの「ビル」を見に来たのです。
それと、私が中学生のころにここに来た時、
まったく動かないのと姿が抜群に面白いので写生した記憶のある
「アフリカハゲコウ」という鳥ももう一度見たかった。

しかし。

ハシビロコウのビルはお年寄りだった。
寒い朝はムリしちゃいけませんね。お部屋でくつろいでおられる様子をモニターで拝みました。

そしてアフリカハゲコウは、園内での遭遇率が非常に少ない動物のひとつでした。
探せども探せども見つからず。

そんなわけで、ふたたびカピバラ見物に。
d0123492_19401185.jpg

この日はとても冷え込んだ朝でした。気持ちよさそう。
なごむ風景ですね。

ぷっはぁ~!温泉は最高ですなぁ!
d0123492_19415832.jpg

見てるほうは寒いので、また少し土産物を見たりして暖をとってから見に来たのですが
ほんとに12時前になってもまだ入ってる!

みんな10時半~11時くらいに見に来ますが
寒い時期は11時半くらいがベストかもしれません。
というのは、最初は暖まるのに専念して、彼らに動きはほとんどないのですが
11時半くらいになるとこどもたちがじゃれたりして活発に遊びはじめて
全員「きゅ~んきゅ~ん」と満足げに、ネズミの仲間らしく啼きはじめるのです。

d0123492_19483989.jpg


さて、カピバラもダンナも満足したので、最後に私のハゲコウさんはと・・・。

あっ!
d0123492_19501784.jpg


ペリカンだ。
d0123492_1950529.jpg


あ、いた!アフリカハゲコウ!
d0123492_19513333.jpg


・・・しかし彼は絶対顔が見えない角度で後ろを向いたまま、固まっていました。

じゃ、ハシビロさんは・・・

d0123492_19534566.jpg


モニターのなかで固まってました。


残念!
[PR]
by kozakurapon | 2013-02-20 19:55 | わたくしごと | Trackback | Comments(2)

ひさしぶりに映画鑑賞(レ・ミゼラブル)

毎日家にこもって、個展に向けてちまちま地味に作業をしておりますが
ひさしぶりに友人と映画鑑賞に行ってまいりました。
とてもいいという評判の、「レ・ミゼラブル」。

ほんとにいい映画でした。

わたしはシネコンに行ったらキャラメルポップコーンをつい買ってしまいます。
この日も友人と買って入ったのですが
ふたりとも映画に集中していて、ほとんど残してしまいました。
よほど体調悪いとかでもないかぎり、私が食べ物を残すことなどないのです。(笑)
3時間近い映画だったと思いますが
あっというまに感じました。

劇団四季のミュージカルあたりからか、
この物語は日本でも「レ・ミゼラブル」と呼ばれていますが
昭和のこども(わたし)の持ってた本のタイトルは「ああ無情」でした。

人が人をさばくことの難しさ、正義とは何かが、全体をつらぬくテーマだと思いますが
子供のころと、年齢を重ねてからとは
強い印象を受ける部分がまた違っており、その自分の変化を感じるのもまた面白かったです。

↓パンフレットが全部売り切れで、似てないですけど
ジャベールのつもり。(ラッセル・クロウ素敵・・)
d0123492_13282686.jpg

物語の中で、虐げられた人々を救い平等な社会を築くため若者が革命を起こしますが
救う対象であるはずの市民は、実は様子見。
どちらが優勢か見極めてから、いいほうに乗るという魂胆。
革命は失敗し、劣勢と見た市民は救いを求める若者たちを見捨て、扉を閉ざす。

信じた愛や信念が裏切られていくさまは
まさに昔の日本語訳の「ああ無情」がぴったりなのですが
裏切られ、傷つきながらも、細く途切れることなく貫かれていく思いは
やがてすこしずつまわりを変えていく力になる。

・・などと感動しつつ、
若者たちの姿から連想して、
日本の学生運動って結局何を目的にして、何が達成されたのだろうとふと思ったり
フランス革命って、マリー・アントワネットが処刑されたあの革命のあともあったの?など
自分が全然わかってないことに気づいたりもしました。
映画ってやっぱりいいですね。また見に行きたいと思います。


映画館(京都)を出て、久しぶりに近くの同時代ギャラリーに寄りました。

京都身体障がい者福祉センター・京都市ふしみ学園の
「やっほう!!ギャラリー ふしみからアートのことば」

どの作品も素晴らしかったのですが
クレパスで丹念に描かれたこれら
嶋津仁さんの絵にくぎづけになりました。
(会場の方にポストカード画像紹介許可をいただいています)
d0123492_13565340.jpg

会場にはこのポストカードのうち、パンダの絵が展示してありましたが
ポストカードの印刷では残念ながらわかりませんが
原画の目の表情がとくに素晴らしい。
ダンボールにクレパスでここまで深みのある表現をする
テクニックとセンス。

今週日曜までです。お近くの方はのぞいてみてください。
[PR]
by kozakurapon | 2013-02-14 14:08 | わたくしごと | Trackback | Comments(12)

鳥を飼うときに注意すること②放鳥しているときの危険

いささか乱暴なたとえかもしれないけど、鳥って幼児に似てると思います。
毎日接していると、実際よりもしっかりして見えるというのか
つい、この子はいつもこんなことはしないから大丈夫だろうとか、過信してしまう。

何でも口にいれるし、触ってほしくないものに限って触る。
とんでもないところに、とんでもないタイミングで行く。そして早い。(笑)
わたしは、こどもは来客があるときが一番ケガの危険があると思ってます。
関心をひこうとして、普段しないことをしようとしたりしませんか。

猫を追うより皿を引けといいますが、
起こったことを嘆く前に、原因となりそうなものを避けておくのも大切かなと思います。

*****放鳥時の注意*****

ソファのすきまにはいりこんでませんか?
d0123492_19314729.jpg


背中にはり付いてませんか?
d0123492_1948521.jpg


洗濯物のなかで遊んでませんか?
d0123492_19335738.jpg


足元で遊んでませんか?
d0123492_1936886.jpg


食事中は放鳥しない。
d0123492_19371128.jpg


調理中の台所は危険がいっぱい。
d0123492_19381979.jpg


身近にある鉛製品に気をつけて。鉛中毒になります。
d0123492_19385889.jpg

カーテンウェイトや釣り道具。最近では鉛を使わない製品が増えていますが、
まだまだ古いものが身近に存在するかもしれませんので注意が必要です。

すこしでもつらい事故が減るといいなと思います。
とり村で、小冊子とステッカーにして配布していただいているとのことです。
[PR]
by kozakurapon | 2013-02-01 19:49 | TSUBASAイラスト集 | Trackback | Comments(6)