ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

鳥ラベルワイン

私はあんまりお酒は強くないのですが
ワインのラベルで気に入ったものがあると、「ジャケ買い」します。
先日、ひさびさにぐっときたデザインのものがあり、買いました。

「Fat bird」
ニュージーランドの白ワインです。

d0123492_23122073.jpg


この、ほかとあきらかに大きさの違う鳥。

d0123492_23142872.jpg


目つきが素晴らしい。^^

d0123492_23151250.jpg


ちなみにお味のほうは、ちょっと渋みが強い辛口でした。

今月は私の誕生月。ダンナにこんなお花をもらいました。

d0123492_2319182.jpg


ちなみに誕生日の朝、私が黒いぴったりしたTシャツと、
片側に房のような飾りがついたロングスカートをはいていて、
マンガ「ガラスの仮面」の月影先生のようだと笑っていたので
花屋で「紫のバラはないですか?」と訊いたらしいです。(笑)
売ってたらすごいな。
[PR]
by kozakurapon | 2013-06-26 23:25 | わたくしごと | Trackback | Comments(2)

ぽんぽんのちゃぶ台返し

岩手県で「ちゃぶ台返し」の世界大会が毎年開催されているそうです。
ちゃぶ台返しとは、あのマンガ「巨人の星」で有名な
ご飯ののったちゃぶ台をひっくり返すというとんでもない暴挙のことですね。

うちでは最近、ポンタロウが
まるでちゃぶ台返しのごとく
電話台の上のものをかたっぱしから落とすのにはまっています。

↓スティックのりを落とそうとするポンタロウ
d0123492_22253990.jpg


放鳥するとすぐに電話台までパーッと飛んで
「ギャギャ!」と私を呼びつけます。

そしてどんどんものを落として、私が拾うのを横目で確認するのです。

d0123492_2227160.jpg


も~と言いながらも、何度も拾ってやる私。
鳥になめられてる、とダンナに言われます。


☆ところで、ちゃぶ台返しの英語があるってご存知ですか。
table flipping だそうで、さすがにちゃぶ台はないでしょうけど
ケンカしたときにカッとなって机のものを投げるのは万国共通のようですね。
ごはんを作った人に謝りましょう。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2013-06-23 22:35 | コザクラインコ | Trackback | Comments(0)

インコ運搬にちょうどいいキャリーバッグ

コザクラ茶碗アンケートに、ご協力いただきましてありがとうございました。
2個欲しいという声が非常に多かったので、需要は予想より多そうですね。
色はご希望にそえないかもしれませんが、お笑いポーズはおまかせください。(笑)
余分に作っておこうと思います。ありがとうございました。

ところでうちのコザクラ2羽を旅行中預けるところは、家からちょっと離れているので、
ダンナに車を出してもらえるときはいいのですが
私がひとりで電車やバスを乗り継いで、連れて帰らないといけない時があります。

ポンタロウ1羽のときはよかったのですが、さすがに2羽となると
ふだん使っているかごでは大きすぎて持っていけないので、
HOEIのハートフルキャリーをふたつ使っています。
それでもけっこう重いし、かさばります。

キャリーをそのまま持っていくわけにはいかず、バッグが必要なのですが
コンパクトで持ちやすく、ちょうどいいバッグというのはなかなかないものです。

今回、こんないいやりかたを考えました。
日本古来の知恵、ふろしきです。

d0123492_2075950.jpg


普通に対角線上に結んで持ってももちろんいいのですが
ちょっと可愛く持てる、風呂敷専用ハンドルをみつけました。

d0123492_2093770.jpg


ふろしきは、薄手の綿のものがすべらずごわごわしなくて良いです。
また、色が黒っぽいほうがインコは落ち着くと思います。
私のふろしきは昭和50年くらいの古いもので、
いわゆる一反風呂敷という、畳2枚弱ほどの大きさのものです。

さすがに少し大きいので、もう少し小さいものを探そうと思っていますが、
中にいれるものの形を選ばないため、とても便利です。
ちょうどいいキャリーバッグを探しておられる方、おすすめします。



追記 

風呂敷といえば、まだヒナだったポンタロウを動物病院に連れて行ったとき、
「暮れの元気なご挨拶」風に箱を絹の風呂敷に包んで道を歩いていたら、 突然啼いて
ちょうど通りかかったサラリーマンが驚いて少し跳んでました。(笑)

d0123492_223313.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2013-06-20 20:27 | Trackback | Comments(2)

コザクラ飯茶碗、どのくらい描けばいいでしょうか

突然ですがみなさまに質問です。

コザクラ飯茶碗、
欲しい方はどれだけおられますか。

問い合わせがけっこうあるのと、茶碗だけは素焼きを買えば増産できるため
これから夏まつりに向けて、すこし素焼きを注文しようと思っています。

注文というかたちではお受けできませんが
絵は一緒として
どんな種類のコザクラの茶碗がいくつ欲しいか
参考までに、この記事にコメントいれていただけたらうれしいです。
(モーブなど、複雑な色は表現できない場合もあります。)
参考なので、鍵コメントでも公開コメントでもどちらでもけっこうです。

結果をもとに、数を多めに作れば
コザクラ茶碗に関しては抽選しなくてもよくなるかも?

まあ、案外そんなに人気なかったりして。(笑)

「何やと~??ピギャアアア!」

d0123492_20223344.jpg


すいません。
[PR]
by kozakurapon | 2013-06-19 20:25 | わたくしごと | Trackback | Comments(24)

九州とりっずフェア報告

週末、飼い鳥の保護団体TSUBASAの主催する
鳥グッズ展示即売会・とりっずフェアに出展し、シンポジウムに参加しました。
今回は初めて九州の福岡での開催ということで
会場の規模は小さいながら来場者は多かったです。
d0123492_0154040.jpg

私の机はこんな感じのディスプレイ。
d0123492_0293497.jpg

注目されていたコザクラやオカメインコの茶碗はやはり先にお迎えされました。
知り合いや、知っていて来てくださる方のほかに、
たくさんの方に新しく知っていただけたので、遠いけど来てよかったと思いました。
ろびんさん、ぴーちゅさん、短い時間でしたがお会いできてよかったです。
いろいろとお心遣いをいただき、ありがとうございました。
残念ながらお会いできなかった方たちも、またの機会を楽しみにしています。
関東や関西からも、シンポジウムと兼ねてということで、見慣れたお顔がちらほら。
熱心さに驚きました。

以前TSUBASAさんの依頼でお作りした募金箱にも再会しました。
季節ごとに飾りつけを変えて可愛がってもらって、活躍しているようで嬉しいです。
d0123492_0305730.jpg

TSUBASAの印刷物などには私の絵を使っていただいていますが
これは「意思表示カード」
突然の事故などにみまわれたとき、うちで留守番している鳥たちが行き場をなくしたり
気づかれずに餓死したりということがないように
自分が鳥を飼っていること、万が一の預け先、などを書き込んで
いつも持ち歩くためのものです。
とてもいい企画だと思います。
たとえ親族でも、かわりに飼うことができるとはかぎりませんからね。
d0123492_0341333.jpg


ほかの出店者さんたちの作品。地元の作家さんはもちろん、
関東や関西の作家さんもけっこうおられて、熱心だなぁと驚きました。(私もだけど)
Crystal Bird /スワロフスキーバードデコ さん。
d0123492_0282275.jpg

Bird Decoさん。
d0123492_0524065.jpg

d0123492_0531332.jpg

まゆイヌさん。
d0123492_0532574.jpg

作品は見たことあっても、お会いしたのが初めての方も多く、楽しかったです。

シンポジウムは時間の関係で最後まではいられませんでしたが
「鳥を手放すということ」についてのお話がとくに印象に残りました。

意思表示カードのことも関連してきますが
自分の意思に反して、鳥と別れなくてはならなくなることは誰にもあると思います。
そんなとき、鳥に、社会性や正しい生活習慣が身についていれば
次の飼い主や新しい生活に早く順応し、よりスムーズに幸せな生活を送ることができるでしょう。
「この子はわたしがいなくてはやっていけない」ではいけないのですね。
うちはまあ、大丈夫かな?どうかな?


あっというまでしたが、とても有意義で楽しいイベントでした。

せっかくの九州。もちろん呼子のイカも、長浜ラーメンも、前日や合間にばっちりいただきましたよ。
d0123492_0253530.jpg

d0123492_0262532.jpg


またこんな機会があったらぜひ参加したいものです。
[PR]
by kozakurapon | 2013-06-19 01:22 | 2013イベント報告 | Trackback | Comments(4)

セキセイインコふたつきマグカップ、茶碗

やはり私がコザクラ飼いということもあって、コザクラ作品はけっこう期待されていたようですね。
反響が大きいのに、ふでおきはともかく
コザクラ飯茶碗は今回ほぼ試作に近かったので、とりっずでは1個しかありません。
ああ~申し訳ない。

セキセイは個展の時品薄になったので、かなりまとめて作ったんですが。

d0123492_1031432.jpg


夏まつりとは別に、とあるウェブ販売サイトからお話が来てますので、
茶碗など、そちらで購入いただけるようにします。
ネットで買い物するのに慣れていて、
早い者勝ちで確実に手に入るのがいいという方にはいいかなと思います。
納品したらお知らせしますね・

バーゲンシーズンの終わりかけに、ワゴンをそっと探す私のような方は
8月10日からの夏まつりでゆったりエントリーしてもらって
ぽんぽんによる抽選の、ドキドキ感を味わっていただきたいと思います。
あ、品物はワゴンの売れ残りとは違いますよ。(笑)

さて、とりっずには、セキセイふたつきマグカップも持っていきます。
d0123492_10491023.jpg


前面のデザインは、インコの表情は違いますが、3つともそれほど変わりません。
裏側が3つとも違います。

セキセイのあくびはかなり可愛いです。

d0123492_10484944.jpg


セキセイが頭をぽんぽんにさせてごにょごにょ言うのが好きです。

d0123492_10523929.jpg


よく慣れた子は、「かいて」という感じで頭をつけてきます。「よろこんで!」

d0123492_10554018.jpg



荷物の発送直前に、ペンギン・インコ陶なのにペンギンものがほぼゼロということに気づきました。
あわてて隙間に1個だけコウテイペンギンからしたてをつっこみました。
ペンギンな方がいらっしゃったらごめんなさい!


九州は初めてで、どれだけ私のことをご存じの方がおられるのか見当もつきません。
とりっずのあとのシンポジウムにも参加予定ですが、都合で4時頃までしかいられません。
バタバタしてしまって、ゆっくりお話しできるかわかりませんが、
ぜひお声をかけてくださいね。

九州のみなさんとの出会いを楽しみにしています!

追記

とりっずフェアは入場無料、どなたでもお越しいただけるイベントです。
くわしくはこちらをご覧ください。⇒とりっずフェア詳細

(続いて行われるTSUBASAシンポジウムは事前申し込み制で、受け付けは終了しています。)
[PR]
by kozakurapon | 2013-06-14 11:12 | 製作情報 | Trackback | Comments(2)

いちめんのコザクラ

いちめんのコザクラ
いちめんのコザクラ

d0123492_1845119.jpg


シーグリーン

d0123492_18471658.jpg


ルチノー(目が黒いけど)

d0123492_18481848.jpg

 
タイガーチェリー

d0123492_18493684.jpg


オレンジフェイスオリーブ

d0123492_18502413.jpg


いちめんのコザクラ。



あ、これ、

コザクラふで置き

九州持っていきます。




「説明おそいねん。」
「 ん?」

d0123492_18545471.jpg


「またへんなもん!」  「ギャー!」

d0123492_1857264.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2013-06-13 19:03 | 製作情報 | Trackback | Comments(4)

コザクラ飯茶碗

短時間のイベントといえど、やはり来てくださる方々からすれば、
すこしでもたくさん作品が見たいはず。
というわけで並べてみました。

まだ窯に入ってるふで置きもあわせるとけっこうな数になるので
もう少し数を減らすかもしれません。
大皿とか耐熱ものはやめとくかな~。
発送ぎりぎりまで悩みます。

d0123492_10462882.jpg


さて、お笑い担当キャラ、コザクラインコ。
こんなん描きました。

コザクラ飯茶碗

d0123492_10504799.jpg


あなたの食事中にご飯の中からギャアギャア。
チビゴジラか!とつっこんでしまいます。

他人様の背中に遠慮なく足をのせて怒られる。
d0123492_10553833.jpg


いつでもマイペースなコザクラが好き。
d0123492_1057159.jpg

どこから足出してんねん。
d0123492_10581213.jpg


前記事で少しふれた、コザクラ水浴び容器もふたつ持っていきます。
足が弱い子でも水浴びをみんなと楽しめるように、
ふちを厚く、釉薬をかけずに滑らないようにしました。
d0123492_116781.jpg

ただ、ほんとに重症のペローシスだとこれでも乗れないので
容器の真ん中にむかって、ゆるやかに突起がある形のほうがいいのでは、という意見もいただきました。
まだ研究途中です。
ちなみにこの器、うちのインコたちに試したら、茶々は大丈夫ですがポンタロウは警戒中。

「・・・あいつ、へんなものを突然見せるんだよな。まったく!」

d0123492_1183285.jpg


「また、なんだよこれっ!」  「ギャー」

d0123492_1110823.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2013-06-13 11:11 | 製作情報 | Trackback | Comments(4)

新作・白オカメインコ飯茶碗2種

気がつけばもう今週末の日曜は、福岡とりッずフェア。

九州は初めてだし、フェアの開催時間は3時間ほど。
何を持っていけばいいのか、もうひとつ掴めませんが
個展のときに好評だったご飯茶碗とふで置きは、まとめて作りましたので持っていきます。

今回のために作った新作をご紹介していきます。

白オカメ飯茶碗

d0123492_1913567.jpg

白い茶碗に白オカメ、見にくくてごめんなさい。
外側には紙風船が描かれています。
ごはんを入れたらオカメがごはんに顔をうずめているという体になる、ビミョーな茶碗。
食べ進めて救い出すと、案外まんざらでもない表情・・・?
d0123492_19162260.jpg


白オカメヒナ飯茶碗

内側です。↓
d0123492_19195243.jpg


外側に3羽と紙風船。

きりっ!
d0123492_19211070.jpg


ねむっ!
d0123492_19214953.jpg


ごはんちょーだい~~
d0123492_19224472.jpg


明日はコザクラ茶碗をご紹介します。
コザクラは、お笑い路線を避けられません。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2013-06-12 19:28 | 製作情報 | Trackback | Comments(0)

うちわ展初日に行ってきました。

NOMAに向かう川沿いの道は、今アジサイが見ごろです。
今日はうちわ展の初日。
今年も200枚くらい作品が集まったということで、ワクワクしながら到着。


d0123492_21361262.jpg


ところせましと力作が並んでいます。
私は午後3時頃に行ったのですが、売れ行き好調で実物が見れなかったものがたくさんありました。

d0123492_21385473.jpg


私のように毎年出している人も多いので、
みなさんうちわの扱いにも慣れて、作品レベルが回を追うごとに上がっていくような気がします。
私の作品は初日の3時時点でまだありましたので、実物をご覧になれます。

d0123492_2141989.jpg


今年、私が買ったのはこの作品!

d0123492_21475045.jpg


仏像に使われる乾漆という手法で、立体作品を作られている作家、田中智子さんのうちわ。
永遠のあこがれ、阿修羅像のアイドルうちわだそうです。
圧倒的な存在感、今年の1枚に決めました。

まだまだ素敵なうちわがたくさん。ぜひお越しください。
(6月16日(日曜)まで。12日水曜日のみ、お休みですので気をつけてください。)
[PR]
by kozakurapon | 2013-06-09 21:58 | 2013イベント報告 | Trackback | Comments(2)