ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

鼻笛第九2013に参加してきました。

日本では、年末といえばなぜかベートーベンの第九の演奏が各地でおこなわれます。

今年で3回目になるのですが、三重県津市の四天王寺というお寺で、
「鼻笛第九」という催しがありまして、鼻笛仲間からお誘いを受けておりました。

年末の忙しい時に遠出はなぁと思ってましたら、
ダンナが意外にも行きたいと言い出しまして、思い切って行ってまいりました。


最近私のブログをご覧になった皆様にはわからないと思うのでご説明します。

私は1年ほど前に鼻息で音を出す楽器、「鼻笛」づくりに
ちょっとだけ挑戦したことがありました。

音楽、とくに器楽演奏にはまったく興味がないくせに
「鼻息で吹く」という非常にゆる~い感じがすごく自分のツボにはまりまして
オカンカーメン鼻笛などさまざまな鼻笛を作りました。
これはフランスの鼻笛愛好家Ukeheidi氏がオカン鼻笛で演奏してくれた映像です。



が、楽器というのはなかなか奥の深いものでして
ある基本的な部分をかなりきっちり作らないと、まったくいい音が鳴りません。
誰にでも音を出せるものを作るのは難しく、しばらく作るのはやめていたのでした。

本来ならば自作の鼻笛で参加したいところですが、私のは第九を演奏するには高音部が出にくいので
滋賀のRonさんの陶鼻笛を使うことにし、袋を作りました。

d0123492_17561986.jpg


ダンナ用には南アフリカの鼻笛作家クリスさんの名作鼻笛「ボカリナ」の陶バージョン。

d0123492_1813730.jpg



今回の鼻笛第九は、お寺のとなりにあるギャラリーで全国各地の鼻笛作家の作品を
実際に見て試奏もできるということで、楽しみにしていました。

会場は全国から来た愛好家でごったがえし、ピーピーと絶えず鼻笛の音が鳴り響いていました。

今回お誘いいただいた滋賀のRonさんも、新作ハガキ鼻笛をひっさげて参加されていました。
阪神間友の会の会長さん、さんぺいさんや、のこぎり・鼻笛奏者のひでじろうさんなど
関西からも知り合いの愛好家の方々が来られていました。
北海道や九州からも参加された方がおられて、びっくりしました。

ここで、有名な鼻笛プロ奏者のモスリンさんと初めてお会いすることができました。
第九演奏には使わないけれど、一応自作鼻笛を持っていっていたので
モスリンさんに試し吹き、アドバイスをいただきました。感激です。

陶鼻笛は難しいので、あまり販売できるものを作る人はいないのですが
山口県のHappyfluteの高山さんの陶鼻笛は音色、デザインの良さともに素晴らしいとのうわさで
一度現物を見てみたいと思っていました。
画面のピンク色の鼻笛が高山さんの作品です。
絵は別の方が絵の具で描いておられるそうです。
d0123492_1819504.jpg


画面右の猫の絵の鼻笛は、伊勢友の会の西谷さん作。
非売品でしたが、私のペンギン鼻笛と交換してくださいました。
とてもいい音が鳴ります。

蜂の絵が描いてあるかわいらしい笛は、鼻笛ではありませんが、
リアルな鳥の鳴きまねができる、あぱっちさんの「鳥笛」。
鋭く息を吹き込み、底の穴を手で押えたり離したりすることで、鳥のさえずり音が出ます。
(うちに帰ってからポンタロウたちの前で吹いたらピキョピキョ大騒ぎが始まりました。(笑))

今回の展覧会では、鼻笛以外の面白楽器も出品されていました。
これはネコの人形の打楽器。タップダンスのように木彫りの猫が音を出します。

d0123492_183225100.jpg


この楽器の作家、駄楽器Nekoyaさんは他にも、ネコカリンバや、オイル缶で作った弦楽器など、
かなりユニークな作品を出されていて、目をひきました。

d0123492_18345660.jpg


夜になり、四天王寺の本堂に集まって第九の練習が始まりました。
私のように演奏が苦手な人は、主旋律のパートに紛れ込みます。(笑)

お寺の中なので写真は差し控えましたが、本堂はとても暖かく、休憩室も準備されて快適でした。
私たちは参加するだけなので気軽でしたが、準備はさぞたいへんだったかと思います。
ご住職や主催者のみなさんに感謝です。

演奏は鼻笛は3つのパートに分かれ、モスリンさんが指揮をとって行われました。
途中、歌手の方とモスリンさんの合唱や
他の面白楽器アーティストによる間奏も入り、とても楽しい演奏会でした。

面白楽器で特に私が聴いてみたかったのは、「ケロミン」!

d0123492_18535125.jpg


テルミンという昔の電子楽器がありますが、
それをカエル人形の口パクで音程を調節して演奏できるようにしたものです。可愛い!

ほかに、マトリョーシカを使った「マトリョーミン」
トランペットとホルン?をつなげた不思議楽器、
のこぎり楽器など、バラエティあふれる楽器が演奏を盛り上げてくれました。

地元のテレビ局が来たり、市長からメッセージが来たりで
地元では話題のイベントになっているようですね。

全国の素晴らしい鼻笛を目にして
わたしももうちょっと頑張ろうかな、と思いました。

来年はもっといい音が鳴る新作オカン鼻笛で参加できたらいいなと思います。
[PR]
by kozakurapon | 2013-12-29 19:00 | わたくしごと | Trackback | Comments(4)

オカン皮

年末なので窯場も大掃除。
こんな皮がでてきました。

d0123492_13444110.jpg


これはゴム抜きといって、オカン丼を作るとき顔の部分にゴム液を塗り、
上から釉薬をかけます。それを剥がした皮です。

鉛筆で形をおおまかに描いたものが、ゴム液にくっついて面白いのです。

以前、絵付けの勉強をしていたとき、小学生の団体が社会見学に来ました。
そのとき私は犬の絵を描いて、同じようにゴム抜きをしていました。
その時ひとりの小学5年生男子が遠慮しながら、この皮ちょうだいと言ってきたのです。

スライム、ねりけし、薄くなったせっけん。
そういう本当にとるにたらないものが大切だった頃の気持ちを思い出しました。

ゴムの質感と、絵がかいてある。
それだけで、ゴミのようなものが子供にはたまらなく魅力的なおもちゃになるのですね。

私は、いつもゴム抜きをするたびにあの小学生の男の子を思い出して
こうしてすぐに捨てられずに、なんとなくとっておいてしまうのです。
[PR]
by kozakurapon | 2013-12-27 14:01 | わたくしごと | Trackback | Comments(2)

聖歌隊

メリークリスマス。
コザクラ天使にラブソングを!

d0123492_295420.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2013-12-25 02:10 | らくがきドラマ | Trackback | Comments(2)

フォンデュ鍋プレゼント当選発表

寒い中、NOMAMISE・WINTERにお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

お買い上げいただいた作品は先ほどヤマト便にて発送しましたので、
早い方は明日25日(水)には届くかと思います。
お正月はおせちに飽きたらチーズフォンデュで。
楽しみにお待ちください。


さて、チーズフォンデュ試作用に使用した鍋のプレゼントに
たくさんのご応募ありがとうございました。

オカン13名
ペンギン13名

なんと同数のエントリーをいただきましたので
紙の表裏にオカンの応募者、ペンギンの応募者の名前を書いて
一回で両方の抽選ができるようにしました。

さあ、ぽんぽんお願いね。
ぽんぽんは机の上に載せるとくるっと身体の向きを変え、
迷うことなくまっすぐにボールを押して、一枚の紙の上を通りました。

d0123492_1516226.jpg


d0123492_15181223.jpg


当選者は・・・

ペンギンフォンデュ鍋はmiwaさん!

d0123492_1519722.jpg


そしてその紙の裏。

オカン鍋当選者は、かをるさん!
d0123492_15203212.jpg


↑すいません。ぽんぽんはオスですがコザクラなんで、紙を見ると一応噛みます。(笑)


「ぼくがんばったよ。」

d0123492_15245412.jpg


早速手のなかに入って甘えるポンタロウ。お疲れ様でした。

クリスマスプレゼントなので、少しでも早くと思いまして
さっき発送しました。
かをるさんは明日25日(水)、miwaさんは26日以降に着払いで到着予定です。
少し遅いクリスマスプレゼントですが、
ご家族で暖かい団らんのひとときをお過ごしください。

ご応募いただきました皆様、ありがとうございました。
熱いコメントもたくさんいただいてましたのに、申し訳ありません。
またこのような機会がありましたら、ぜひチャレンジくださいませ。
ささやかですがお礼状をお送りしますね。

*****


今年のイベントはこれにて終了いたしました。
今年も各展覧会・イベントに、お忙しい中時間を作って見に来ていただき
ほんとうにありがとうございました。

来年も、来てよかったと心から思ってもらえるような展示をこころがけて
頑張っていきたいと思います。


*****



さて、NOMAのほうでは、わたしは参加しませんが、年明けに猫展がありますよ。
最近はどこでも猫展が盛んに開催されていますが、NOMAの猫展はきっとひと味違いますよ。
お近くの方はぜひ見に行ってみてください。

d0123492_15372086.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2013-12-24 15:43 | 2013イベント報告 | Trackback | Comments(10)

サンタさんを見たい!


おねがい、早く寝て~!!



d0123492_17175077.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2013-12-21 17:17 | らくがきドラマ | Trackback | Comments(2)

NOMAMISE初日・ドーナツやさん出現!

今日はNOMAMISE・WINTER 初日。
NOMAに着くと、見慣れない看板が・・・

d0123492_20291282.jpg


なんと、今回は箕面のドーナツ屋「DOUNUTS DEPT」さんが
今日と明日(21日土曜)のみ、出店されているのです!

d0123492_2032654.jpg


前日にNOMA周辺のお宅にチラシを入れておいたとのことで、
ドーナツの魅力に引き寄せられたこども連れやお散歩ついでのお年寄りが
つぎつぎとNOMAに入ってこられました。

もちろん私もミルクティー味をいただきました。
美味しくて、あっというまに食べてしまいました。
手作りのやさしい味にすっかり魅せられ、おみやげのぶんも追加で購入。

今日来てよかった・・・・。


そうそう、わたしの展示ですが、ディスプレイしなおしていただき、こんな感じになりました。

d0123492_20421824.jpg


師走の忙しい時、しかも冷凍庫に入ったような厳しい寒さのなか
お越しくださった皆様、本当にありがとうございます!

なぜか手持ちのお人形を置いて記念撮影されるRさんとIさん。シュールな光景。(笑)

d0123492_20473671.jpg


今回もNOMAには魅力的な作品たちがいっぱいです。

個人的に一番嬉しかったのが、和泉仁さんの渓流木魚のカゴ盛り!

d0123492_205375.jpg


子供のように、カゴから出したり入れたり泳がせたりして楽しみました。
かわいいなぁ・・・。(ちなみに非売です)

目玉焼きのクッションが乗った、COZY FACTORYさんの椅子。

d0123492_21125830.jpg


特殊な障子紙を加工して作った、Kamome parkさんのピアス。

d0123492_2059930.jpg


見るほうに夢中になって、写真撮り忘れましたが
今回の池上夏生さんの鉛筆画、圧巻です。

ほかにもたくさん素晴らしい作品があります。
お時間のある方はぜひ足を運んでくださいね。
[PR]
by kozakurapon | 2013-12-20 21:08 | 2013イベント報告 | Trackback | Comments(0)

マンガで使い方説明

今日はあいにくの雨でしたが、NOMAに搬入してきました。
他に今日まだ搬入してない作家さんがけっこうおられるので
とりあえず配置したという感じです。
初日にはこれとはまた違うディスプレイになっていると思います。

d0123492_2112523.jpg


常駐するわけではないので、器の使い方についての説明をマンガにして添えました。
しかし、ちょっと大きく描きすぎて器より目だってしまったか。(笑)

d0123492_21153747.jpg


d0123492_21203469.jpg


マンガで描くとまず絶対に読んでもらえるし、
パソコンで文書つくるのが好きじゃないので、このほうがラクです。

時間かかったでしょう?と言われたけど、搬入の日の朝に描きました。(ダメじゃん)
作品とあわせてお楽しみください。

街ではクリスマスソングが響く頃となりました。
NOMAのなかもクリスマスムード。

d0123492_2124438.jpg


金曜日は1時過ぎから4時くらいまで在廊します。
ぜひお越しください。

d0123492_21265781.jpg

[PR]
by kozakurapon | 2013-12-18 21:28 | 製作情報 | Trackback | Comments(2)

コザクラ耐熱丼

フォンデュ鍋プレゼント、たくさんのご応募ありがとうございます。
熱いメッセージもいただきましたが、2人しか当てられないのが心苦しいところです。
厳正なるインコ抽選にゆだねさせていただきます。

ところで、オカン耐熱丼は大活躍しています。
石焼ビビンバを作ってみました。

d0123492_191594.jpg


ナムル作るタイプの本格ビビンバではありません。韓国風雑炊といったイメージです。
またこれは別鍋も使うので、簡単メニューとはいえないかもしれません。

土鍋にごま油を少しいれて、焼き肉のタレをからめた牛肉きりおとしを弱火で加熱、
いい匂いがしてきたら、大根、にんじん、ネギを細く切ったものを入れてまぜます。
さらに残りごはんを適宜、具の下に入れて軽くおこげができるようにします。

別鍋で水1カップ弱、砂糖大さじ1、酒カップ4分の1、しょうゆ大さじ1を火にかけて
コチュジャンを小さじ1ほど溶かした割り下を作っておき、上から注ぎます。
(分量はテキトーです。調節してください。)
煮立ったら卵をといてまわしかけ、ねぎを小口切りにしたものをかけたらできあがり。

昼なのでキムチやニラは使いませんでしたが、お好みでどうぞ。

今回のNOMAMISEに出品するのはオカン丼だけではありません。
以前ちらっとご紹介した、バードテントに入ったコザクラ丼も持っていきます。

d0123492_19273335.jpg


d0123492_19275340.jpg


ぜひ耐熱丼で、温かい食事をお楽しみください。

*****

NOMAMISE・WINTER2013

いよいよ今週金曜日からはじまります。

d0123492_1938623.jpg


師走の忙しい時ではありますが、ぜひお越しください。
(わたしは常駐しませんが、来られる日時をお知らせいただければ行くようにいたします。)
[PR]
by kozakurapon | 2013-12-17 19:52 | 製作情報 | Trackback | Comments(0)

試作用フォンデュ鍋をクリスマスプレゼント

オカンとペンギンのフォンデュ鍋両方で、
チーズフォンデュを実際に作ってみました。

d0123492_13262110.jpg


初めて作りましたが、楽しいですね。
オカンはチーズを牛乳で溶かし、ペンギンはワインで溶かしてみました。

d0123492_13343067.jpg


作ってみての感想。
まあこれは作るときから、デザイン上しかたないと思ってましたが
オカンとペンギンの顔の部分があるので、正面からチーズが見えにくいです。(笑)

あと、チーズがかたまりやすいのと、底に焦げつきやすいので
頻繁に何かヘラか小さいおたまのようなもので混ぜてないといけませんね。

だから、柄がそれほど長くなく、熱のつたわりにくい素材のおたまを
オカンやペンギンのしっぽ部分にたてかけておくか、
スプーンレストのようなものを用意してそこに置くとよいでしょう。
あと、煮詰まってくるので、減ってきたら牛乳やワインを適宜足すといいと思います。

あと、市販のフォンデュセットについてくる串は短いので
たまちゃんの串ホルダーは小さめにしたのですが
実際に串だけ探してみたら、長いものしか売ってませんでした。

おそらく、ひとりで使う場合は短くていいけど
3人くらいになると、短い串はかなり鍋に近づかないといけなくて使いにくいのだと思います。
d0123492_13471629.jpg

また、たまちゃん串ホルダーは、3つあるうち1つは長い串もOKですが
あとの2つは手持ちの焼き鳥の串ぐらいのサイズの串までしか挿せませんので
短い串をお持ちでない場合は何かほかの用途に使ってください。

私は、串は長いものを100円ショップで3個セットで買いました。
固形燃料はホームセンターなどで売っています。
アロマ用のキャンドルは火力が弱いので使わないでください。

底にチーズがこげついた場合は、使用後お湯にしばらくつけて、ヘラでこそぎ落としてください。
それでも取れないときは重曹を水でペースト状にしたものを
焦げ付き部分に塗ってしばらく置いてからこそぎ落としてください。


*****

フォンデュ鍋はこの週末のNOMAMISEにて展示販売しますが
遠方、多忙でなかなか足を運ぶことができない方がほとんどだと思います。

試用品でよかったら、この写真に出てきた
オカンフォンデュ鍋とペンギンフォンデュ鍋セット、
串や串ホルダー、固形燃料は付属しません。各15000円相当)
ご希望の方それぞれ1名様ずつに
抽選でクリスマスプレゼントとして贈りたいと思います。

使用したものなので、多少固形燃料による焦げ痕などがあります。
ペンギンの目つきが悪いです。(笑)
おでこに一か所、釉薬が薄いところがあって、よけいペン相?わるいです。

d0123492_13561768.jpg


プレゼントなのでお代金はいただきませんが
送料のみ、着払いでご負担ください。

ご希望の方は

①本名
②あればハンドルネーム
③郵便番号、ご住所 (宅配着払い伝票に書くための連絡先なので、ご自宅でお願いします)
 宅配業者が連絡するための電話番号
④メールアドレス(間違わないようにしてください。お知らせメールが届きません。)
⑤オカンかペンギン、どちらをご希望か


をこの記事の非公開コメントに書き込んでご応募ください。

試用済の品なので、他の方へのプレゼントにはしないでください。

応募締切はNOMAMISE最終日の12月23日(月・祝)。

その後、うちのインコたちに抽選作業を手伝ってもらい、翌24日のクリスマスイブに当選発表いたします。

ふるってご応募ください。



追記

オカンとペンギンの台を間違えて火にかけてることに気づきました。(1枚目、2枚目の写真参照)
道理で安定わるいと思った。ボケボケです。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2013-12-16 14:24 | 製作情報 | Trackback | Comments(34)

アデリーペンギンフォンデュ鍋

NOMAMISEお披露目の新作。
最後にご紹介するのはこちらです。

アデリーペンギンフォンデュ鍋

d0123492_2143364.jpg


燃焼実験もしました。オカンフォンデュ鍋と同じく、
250ミリリットルのお湯を5分弱で沸騰させることができます。

d0123492_2159221.jpg


このコンロのデザインですが、なぜ石の上に乗ってるのか
ペンギンに詳しい人でないとわからないかもしれませんね。

アデリーペンギンは夏になると海から上がってきて、決まった場所で繁殖します。
オスが周辺の小石を集めて、溶けた氷でヒナやタマゴが濡れたりしない快適な巣をつくるのです。

d0123492_2154569.jpg


ところでアデリーペンギンのヒナは、おとなになるとき面白いヘアスタイルになります。

d0123492_21583120.jpg


料理上手のAさんのツイートからアイデアをもらって、
いま、某ファーストフード店の人気メニューにあるポットパイを
この耐熱器で作ってみました。

シチューの残りを器の半分ほどに入れて、
冷凍パイシートを切ってかぶせ、200度のオーブンで15分加熱。

d0123492_22132472.jpg


わたしのイメージでは、大人になりかけのモヒカンヒナになる予定だったのですが
冷凍のパイシートの大きさが足りず、つないだためにパイ皮が破れて落ち込み、
残念な姿になってしまいました・・・。

味はとても美味しく、ペンギンがいつまでもほんのり温かくて良かったのですが
器を少し小さく作るか、器の大きさに合ったパイ生地を自分で作るかしないとだめですね。


このフォンデュ鍋には串ホルダーはありません。
前に作ったアデリーペンギンのたまご皿をとり皿として一緒に出そうと思います。

d0123492_22205885.jpg


たまご皿も耐熱なので、固形燃料ではなく
もっと火力の弱いキャンドルにして、アロマ皿として使ってもいいかもしれません。

オカンフォンデュ鍋2点、と串ホルダー3点、
アデリーフォンデュ鍋3点、たまご皿5点、
オカン丼とコザクラ丼を各2点ずつ。

NOMAMISEにはほかの作家さんもたくさん出されますので、
一応持っていきますが、展示するのはもっと少なくするかもしれません。

d0123492_22351941.jpg


私は初日の1時~4時頃までと最終日の4時以降は行く予定です。
常駐はしませんので、もし土日に来てくださる方がおられましたら、
コメントやメールなどでだいたいの時間をお知らせいただければ参ります。

年末の忙しい時期ではありますが、ぜひ足をお運びください。

*****

フォンデュ鍋が気になるけど、
遠方にお住まいとか、お忙しくて見に来れない方たちのために、ちょっと考えていることがあります。
次の更新でお知らせしますね。
[PR]
by kozakurapon | 2013-12-14 22:42 | 製作情報 | Trackback | Comments(0)