ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

うつわを継ぐということ

ただいま絶賛素焼き中。
6月末の催事までもう3週間あるかないか。頑張ります。

そんなバタバタの中ですが、
金継ぎ(簡易金継ぎ)の短期講習(全2回)に行ってまいりました。

先日の九州の地震で
大分在住の親戚の大事にしていたうつわたちが割れてしまったので
大事なものだけ、およばずながら修復する約束をしたのです。

割れたから使えないけど、自分にとって大事なうつわを持って習いにいきました。


金継ぎとは、漆と金粉を使って割れた器をつなぎ、再び使えるようにする技術です。
「本継ぎ」という、本物の金粉と本うるしを使うやりかたは、
材料費がたいへん高価なうえに、ひとつ直すのに最低1年はかかるもので、
おもに、お茶道具や高級食器に使います。

また、高度な金継ぎの技術で「呼び継ぎ」というものがあります。
同じ時代の違ううつわの破片で、色と形があうものが出てくるのを何年も待って、
じっくりと継いだ、うつわのパッチワークのようなものです。

先生が図録で見せてくださったのは、53個の陶片をあわせ、しかも継いだ金漆の部分に
波に千鳥の文様をえがいてある茶碗。
53個を継いだということで、銘は「東海道」。
なんと粋な器でしょう。

このように、いい継ぎをしたものは、さらにうつわとしての値打ちが上がることもあるのです。



私が今回習ったものは簡易のもので、接着パテと新うるし、真鍮の粉を使うものです。

本継ぎと違い、簡易金継ぎの材料は、食品衛生法にひっかかるため
本当は食事に使ううつわには使ってはいけないものです。

これは本継ぎも同じですが、決して電子レンジや食洗機に入れてはいけません。

金継ぎ教室は大盛況。みなさんそれぞれに大事なうつわを持ってきておられました。
やはり手間をかけて直そうと思うだけあって、
みなさんのうつわはどれもとても趣味のいいものでした。

とくに私の横の方のうつわのなかに、どう見ても江戸時代の錦手とおぼしきお皿が。

「それ・・簡易金継ぎで直されるんですか?」と思わず聞いてしまいました。
「いえ、今先生のお話を伺って、これだけはやはり本継ぎで直そうと思いました。」
とおっしゃって、ちょっとホッとしました。

本継ぎは、天然の材料で直すため、強固に接着したとしても
はずすことも可能で、あとからやり直すことができるのがとてもいいところです。

ただ、新しい接着剤で直すと、分子レベルまで接着してしまい、へんなふうになっても
二度とやり直すことはできません。

うつわにあわせた直し方を考えることは大切ですね。

パテを調合し、割れた部分に塗ったりのせたりして、しばらく置いて固めるところまでが初日の作業。

2回めは、固めたパテを器の形にあわせて削ってやすりでととのえ、
新うるしと真鍮粉、うすめ液を調合して作った金液を
竹箸を自分でけずって作った筆の先にのせて、表面張力をつかって伸ばしていきました。

d0123492_1821535.jpg


私が仕上げて先生に見せると、出来栄えにすごく驚かれましたが
この作業、やきものの上絵付けで和絵具を使ったことのある人間なら
できてあたりまえのことなんです。先生驚かせてすみません。^^;

私のほかにも、陶芸をされているらしき方たちは上手にされていましたが
そうでない方たちはちょっとコツがわかりにくかったようです。

金液を塗る作業以前に、私もむずかしかったのは、われた破片をつないで接着する作業。
初心者は、どちらかというと欠けた部分にパテをうめて直すほうが簡単だと思います。
お隣の方も、一枚失敗して捨てたということでした。

その方のうつわは、江戸期のもの以外も、どれも趣味のいいもので
聞くと、これは鎌倉の作家さんのもの、これは別の作家さんのもの・・と
うつわを楽しんで集めておられる様子が伝わりました。

その方の、

「なおすのは本当にたいへんだということが、今回よくわかったから
これからは一層、割ることがないように大事に使おうと思いました。」

という言葉が、とても印象にのこりました。

忙しい毎日の中、美しいうつわで食事のひとときを大切にしようとする姿勢、
そして愛着のあるうつわを捨てずに生かそうと思うこころが、美しいと思います。

しまいこまずに毎日いつくしんで使ってもらえていること、
そして壊れたら直そうと思ってもらえるうつわたち。
それを作った作家たちはしあわせですね。
わたしのうつわではないですが、その方の言葉を聞いてなんだか嬉しくなりました。


さて、わたしが別件で先生を驚かせたことがもうひとつ。

金液で描いたうつわは、すぐには乾かないため、包んで持ち帰ることができません。
いったんうすめ液で全部ふいて持ち帰ってから家でやりなおすしかないのですが

新発明!

d0123492_1852472.jpg


うつわの底に、ねりけしをつけて、箱の底に貼りつけるという手法を考えました!

d0123492_185525.jpg


先生が、「これは初めて見ました!新しいですね~!」
と笑ってました。

この手法を使う場面って、普通そんなにないと思いますが、
よかったらお試しください。^^






*****
[PR]
by kozakurapon | 2016-05-29 18:16 | わたくしごと | Trackback | Comments(4)

しぶはなちゃんータナベサオリさんの仕事ー

先日京都で開催した「世界塔ふたたび」展の相棒、タナベサオリさん。

豊富なウェブ知識と天性の描画力を融合させたイラストや動画をつくる作家で
私の尊敬する友人のひとりです。

私は最近イラストの仕事が増えてきたので、展覧会場でいろいろと相談していたのですが
趣味でイラストを描くのと、プロが描くことの大きな違いは
求められた絵を、いつ言われても
一定のタッチで描けることだと言われたのが印象に残っています。

わりとそのへんテキトーで、
前に描いた絵のように描いてと言われても
同じようには描かないことが多かったので、反省しました。

タナベさんは、作家としては
旅する猫を題材にした詩情あふれる動画作品やイラストを描いていますが

他にイラストレーターとして、お酒のラベルのデザインとか
なんと、今はやりのご当地ゆるキャラまでデザインしているのです。

滋賀県草津市の渋川地区まちづくり協議会のゆるキャラ「しぶはなちゃん」

d0123492_831560.jpg


これは、渋川地区の伊砂砂神社の春の例大祭のときの写真です。

しぶはなちゃんの名前の由来は、
渋川学区の「しぶ」、花踊りの「はな」。

渋川には「古式渋川花踊」(滋賀県選択無形民俗文化財)という踊りがあるのですが
しぶはなちゃんはその踊り子をモチーフにしています。

草津は、今も陣屋の建物が残っていますが
東海道の宿場町として発展した、歴史のある町です。

タナベさんは、しぶはなちゃんを形作るアイテムや色をデザインするとき、
伊砂砂神社の宮司さんや、花踊り保存会の方にお話しを伺ったり
保存されている花踊りの資料を読み解きながら作っていったそうです。

京都から電車ですぐで、駅前に大規模な複合施設があり、便利なのに
すぐそばに琵琶湖があり、風光明媚な渋川地区。
若い家族に人気のあるベッドタウンとして発展しています。

地元出身ではないこどもたちが、ゆるキャラとしてのしぶはなちゃんを入口にして
しぶはなちゃんの背景にある、自分たちの住む町の伝統に興味をもつかもしれません。

こどもが見てもおとなが見ても、自然に可愛いと感じる、しぶはなちゃん。
例大祭のビデオがyoutubeでもアップロードされていますが
みんなに愛されている様子が伝わってきます。→youtube

d0123492_832020.jpg


ちょうど、草津でタナベさんが展覧会をして、見に行ったときに
地元のまちづくり協議会のみなさんとタナベさんが、
しぶはなちゃんの人形のデザインチェックしているところに居合わせました。

ひこにゃんやくまモンしかりですが、
ゆるキャラって結構、着ぐるみ人形の出来がいいかどうかというのが、
愛されるキャラになれるかの大きなポイントだと思います。

人形作りの職人さんが、絵のしぶはなちゃんを見て起こした図面は、
当然細かい部分で
職人さんが、こういうことかな?とイメージした形がはいるわけです。
陣羽織のスリットの加減、ちょっとしたふくらみの角度。

そこをタナベさんが原画を描いた立場から、細かくチェック。

このぐらいと見過ごしてしまうような細かいところでも
全体に大きな影響を与えることがあります。

直した個所を比べて、なるほど、さすが的確な指摘だなと
興味しんしんで見ていました。

全国にたくさんできたご当地キャラ。
そんなにいらんだろうと批判されることもありますね。

でもそのとき、渋川地区のまちづくり協議会の方々とも少しお話しをして

やはり町で何かしようという時に
こういう、世代をこえてみんなをつなぐ可愛いシンボルのようなものが
あるとないとでは全然違うんだろうなとあらためて思いました。

タナベさんが心をこめてデザインしたしぶはなちゃんは、
渋川地区の街角で、こどもたちの交通安全にも一役かっているようですよ。

d0123492_8324048.jpg










*****
[PR]
by kozakurapon | 2016-05-14 13:36 | おすすめ作家さん | Trackback | Comments(0)

心うるおう小鳥ガーデン2016に出展します。

またまたブログをさぼっていてすみません。

iichiにひさしぶりに出品したところ、たくさんの方のご利用をいただき、ありがとうございました。
また、再出品メールにご登録いただいていた方は、たいへんお待ちになっていたようで
本当に申し訳なかったなと思います。

また、6月の催事が終わりましたら、再出品メールをいただいていた作品や、
iichi用にとっておいた作品を出品したいと思います。

阪神百貨店にて6月22日から28日開催の
「心うるおう小鳥ガーデン」に向けて、地味に作品作りをしております。

小鳥関係のイベントは、毎週のように全国どこかで開催されていますね。
私は今のところ、百貨店イベントは今年このイベントのみ参加です。
今年はペンギン特集ということで、インドネシアのスタジオパチェさんも参加されます。

私の当番日についてはまたお知らせしますが
初日22日(水)、25日(土)、28日(火)の3日間は必ず1日中居る予定です。

皆様ぜひお誘いあわせのうえ、ご来場ください。

下記パンフレットご希望の方は、
この記事の鍵コメントにご住所とご本名をお書きいただき、ご請求くださいませ。

d0123492_032481.jpg


d0123492_1482068.jpg



d0123492_149613.jpg





*****
[PR]
by kozakurapon | 2016-05-11 00:35 | おしらせ | Trackback | Comments(4)