ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

ペンギン陶の仲間たち

と、勝手に仲間にしてすみません。
いつかペンギンやインコの陶展を
花鳥園でやりたいという妄想がありますが
その参加予定者(妄想!妄想!!)。

なかば強引にペンギン陶を造るよう~にそそのかしているのは
先日の「じぶんでたべる」うつわ展でもお世話になり、
今度の片口普及推進委員会でもご一緒する
Potter-Y(堀越洋司)さん。
ブログ「作陶日記-陶芸とハンコ-」
ほかの動物も作る作家さんなんですが、
なんというか動物好きのツボをよくご存じなので、作品がよいのです。
d0123492_10245770.jpg

あまりつくる人のいない、ロイヤルペンギン。
d0123492_10254437.jpg

Potter-Yさんのペンギンもの(ぺもの)作品はじぶんでたべるうつわ展でも
ペンギンなお客様に大人気でした。
私も浮き彫りのカップ持ってるよ~。(もらった。すみません!)

それから千葉のペンギン陶作家、あきらさん。
ブログ「あきらの日記」
まだ陶芸は始めて間もなく、お仕事の傍ら限られた時間のなかで
とても丁寧で独創的なペンギン作品を造られています。
「めんどくさい」という言葉を知らない人ですね。
ゆのみの底にコウテイペンギンの正面顔を象嵌したのには感服いたしました。

今、通っておられる陶芸教室の発表会が開かれています。
すいません。もう開催中なんでお近くの方は早めにおこしください。
d0123492_10342911.jpg

花鳥風月 釉陶展@陶芸Space釉ゆう
2009年11月14日(土)~2009年11月16日(月)
11時~19時(最終日のみ17時まで)

陶芸Space釉の会員さんの作品展示・販売をします。※入場・展示観覧無料。カフェコーナーではコーヒーをお楽しみいただけます。 (無料)

西船橋駅 南口から徒歩3分


あきらさんピンボケはいかんで~!(笑)みんな見たいんだから。
いくつか作品写真をご紹介。
d0123492_10373373.jpg

↑大作のランプシェード。たぶんもう売れてしまったでしょう。
↓こものたち。たぶんみんな捕獲されたでしょう。
d0123492_10393298.jpg

この「醤油さし」↓とほかに香合を一点、
こんど北海道の「北の動物大賞」展に出展されるみたいですよ。
d0123492_10412515.jpg

今制作中のイヤープレート。
これは欲しい方続出でしょう。
d0123492_10424465.jpg


ツボがわかり、それを表現できるか否かが
動物陶づくりの重要なポイント。
わたしもがんばらにゃ~。

今ももちろん制作中で、面白い片口が出来てきてますが
ダンボールの箱をあけたのんきさんたちを
「もうやだ~!」と脱力させたいので秘密にしています。(笑)
搬入後にブログにアップしますわね。

いままでヒゲとジェンツーだけだったとんすい片口を
ジェンツー、コウテイ、イワトビ、アデリーの4種類。
アデリーのムンクシリーズ片口。
コザクラ人形つきの片口マグカップ。

あとはプチオカン掛け片口を
今日これからつくる!(間に合うのか!)
いつでもギリギリやね~。(汗)

*****

ポンポンブレンド、たくさんの応募ありがとうございました。
ではまたぽんぽん自身がくじびきしまして
当選発表しますね。
ちょっと忙しいので更新遅れるかもですがお待ちください。
[PR]
by kozakurapon | 2009-11-14 10:58 | おすすめ作家さん | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://penguin10.exblog.jp/tb/10453262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あさたろう at 2009-11-14 17:28 x
妄想からすべては始まる、と思っていっつも妄想にふけってます( ̄w ̄) ランプシェード、イヤープレート。。。うっとりヨダレもんです♡
いつか妄想が現実に!!!
Commented by kgひろこ at 2009-11-14 22:15 x
ランプシェード、綺麗ですね~☆
雪まつりを連想しました。

とても魅力的な動物作品を作られるお仲間が
いらっしゃるんですね。
類は友を呼ぶ!

花鳥園での鳥さん作品展、
実現が楽しみです~(人´∀`o)
Commented by toubounonki at 2009-11-15 00:39
オカンもきてくれるのですか~!!!

アデリームンク、今から想像してちょっとヤバイです(笑)。
Commented by kozakurapon at 2009-11-15 19:50
あさたろうさん、そう・・いつか真実にしたいものです。
しかし仕事のダンドリが悪くて、作品造りのペースが遅すぎて
なかなかたくさんは仕事を入れられないのが残念。
アイデアに実力が追いつきません。
Commented by kozakurapon at 2009-11-15 19:59
kgひろこさん、類は友をよぶ・・。
動物モチーフの作家さんはゴマンといますが、
これというポイントを押さえてる方は意外と少ないんですよね・・。
いい仲間が見つかったら、面白い企画やりたいと思います。
Commented by kozakurapon at 2009-11-15 20:04
toubounonkiさん、もうね、のんきさんたちに
「やだも~」と言わせたくて造ってるようなもんですわ。(笑)
オカン、間に合うようがんばります。
テーマ難しいわ~~~ん。
Commented by Potter-Y at 2009-11-15 20:40
そそのかされてすっかりその気になりかけてます。(笑)
同じペンギンモチーフでもそれぞれ表現が違って楽しいですね。
そうそう、今日はちょっと用事で西船橋へ。(!)
Commented by ehonkissa at 2009-11-15 22:17
ランプシェードと小物たちに、もうクギ付けです~。
クラクラして、PCの前に座ってらんないです~。
見たい・・・自分の目で。
Commented by あきら at 2009-11-17 06:22 x
ご紹介いただいてありがとうございます。感謝感激です。写真ダメですね(笑)言い訳をさせていただくと、展示が始まる直前に携帯で慌てて撮った絵でピンボケに気付かなかったのですよ。スミマセン(^^; おかげさまで、Potter-Yさんやペンギン関係のいろんな方が来てくださいました。こまつか苗さんの名前も話題で出てきましたよ。流石だな~と思いました^^
Commented by kozakurapon at 2009-11-18 18:27
Potter-Yさん、ペンギン陶はいいですよ。
というか、動物陶するならペンギンはモチーフとして最高です。
器の柄は古来から花鳥風月が似あいます。
4つ足は食器には生々しくて合いにくいのです。
その点ペンギンは人間くさくもあり、
ユーモラスにもとびきりクールにもデザインできます。
シンプルで無駄がなく美しくデザインとして成熟しています。
そして老若男女、ペンギンを可愛いと思わない人は少ないのです。
ぜひペンギン陶道?へ。喜ぶ人がたくさんいます。
Commented by kozakurapon at 2009-11-18 18:30
ehonkissaさん、あきらさんの作品の魅力は
常軌を逸するほどのペンギン愛でしょう。(失礼)
ひとつひとつが愛情こめて造られていますので
その愛情が見る人の心を動かすのだと思います。
Commented by kozakurapon at 2009-11-18 18:34
あきらさん、どんどんぺものを作ってください。
いつか一緒にペンギン陶展やりたいですよね。
Potter-Yさんも仲間にひきずりこんでるとこ。(笑)