人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

陶4展ーオブジェな花器ー

大阪・梅田のワイアートギャラリーで13日(日)まで開催中の
「陶4展ーオブジェな花器たちー」を見に行ってきました。
陶4展ーオブジェな花器ー_d0123492_2028015.jpg

ワイアートギャラリーは堂山交差点(ヘップファイブとナビオの間の道を抜けてすぐの交差点)
を都島通りを東にひとつめの信号、UCCそばの、
屋上にすごく大きい木が茂ったビル(ACTⅢビル)の一階にあります。

4人の若手陶芸家さんの意欲的な作品を見ることができます。
大亦みゆきさん
陶4展ーオブジェな花器ー_d0123492_20344711.jpg

もと絵付け師としては、やはり絵付けの作品にひかれます。
陶4展ーオブジェな花器ー_d0123492_20361440.jpg

大阪の天神祭のようすや、異国の街の風景など
淡い色調がなんともやさしく、独特の雰囲気があって素敵でした。

松本真季さん
陶4展ーオブジェな花器ー_d0123492_20391066.jpg

写真で見たときは大きい作品かと思ったのですが
意外とちいさくて驚きました。
とても繊細で、和菓子の落雁のような風合いが面白い作品です。
目の錯覚を利用したような、平面のような立体の花器が楽しかったです。

藤岡貢さん
陶4展ーオブジェな花器ー_d0123492_20439100.jpg

とても薄く磁土を削り、銀彩?を施して金属質な質感を出しています。
陶芸技術の限界に挑むような仕事ですが、
新しいものを見出したいという熱い気持ちを感じさせます。

岡部元信さん
陶4展ーオブジェな花器ー_d0123492_20505996.jpg

この方は陶芸教室をされているのですが
なんと私の家の近所なのです。
他にも近くに陶芸家の方はおられますが、
わりと年配の方のようで、そうなるとなかなかお付き合いも難しい。

近所に若くて意欲的に活動されている方がいたら
情報交換とか、窯の相詰めとかできますし、いいなぁと思っていたので
展覧会におじゃましたのです。
陶4展ーオブジェな花器ー_d0123492_20554330.jpg

大胆なデフォルメが面白い造形ですね。
フォルムにこだわりを感じます。

オブジェの作家さんということで
また違う刺激を受けられそうです。
陶4展ーオブジェな花器ー_d0123492_20571977.jpg

突然おしかけた妙なペンギンインコ作家に驚いた様子で・・すみません。
先日来られた体験陶芸のお客さんが、肩に赤いインコをのせていたそうで
わが町にもかなりのインコ好きがいると見えます。(笑)

お近くの方はぜひ覗いてみてください。
11時から19時まで。
最終日6月13日日曜日は17時閉場です。
by kozakurapon | 2010-06-10 21:04 | おすすめ作家さん | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://penguin10.exblog.jp/tb/11292815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Potter-Y at 2010-06-10 22:22
テーマがーオブジェな花器ーということもあるのか、
皆さんそれぞれ個性的ですね。
絵付けのモチーフの選び方も面白い!

近所にも陶芸してる方はいるんですが、
皆さん年上の方ばかりなので、
同年代の作家さんが近くにいたらいいですよね。

コウテイヒナ↓、やはり最強ですね。(笑)
Commented by kozakurapon at 2010-06-10 23:00
Potter-Yさん、そうなんですよ。
それぞれに力のある方たちで、とても刺激になりました。
あまり年上だと、私の価値観も目指す方向も
まずご理解いただけないことが多いので。(笑)
いろんなことを頼みにくいし頼まれにくいです。

コウテイヒナはやはり可愛さ最強生命体です。
Commented by 応援ウズラ at 2010-06-11 19:57 x
こんばんは。さすがにN県からは参上できませんが、ハガキが欲しかったので。

うちにはオーソドックスな花器しかありません。最近は面白いものがあるんですね。
オカン様の花器とか小桜島の花器とか面白そうです。ベルの格好の花器(花瓶)とか・・・。

くだらないアイデアが沸いて来る応援ウズラでした。

ぼんたろうくんに迎えに来てもらったら取りすがっておやつを差し上げてお留まりいただきます。よろしくお伝えください。(量が足りるかな?)
Commented by kozakurapon at 2010-06-11 21:59
応援ウズラさん、そうでしたか。
さすがにそれだけのためにN県からというのはすごすぎますね。(笑)
花器・・・今回の個展のとき、もうすこし根性があったら、
バードテントに入ったコザクラの花器を作るつもりだったんです。
コザクラ島の花器・・・わかる人が限られますが、面白そうではありますね。

ぼんぼんは応援ウズラさんちに永住してしまうかもしれません。
おでこの分け目に住んでいるちょん太郎も
一緒にお世話お願いいたします。