人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

ごろちゃんと不思議なお医者さん

画家の池上夏生さんは、猫好きです。

5匹(だったか?隠れて出てこない子がいるのでわからん・・)の猫と暮らしていますが
そのなかの黒猫ごろちゃんが、以前困った病気にかかったのです。
ビリビリと電気ショックみたいに激しくしびれたような発作がとまらない。

夏生さんとご主人のまつもとさんはずいぶん心を痛めました。
病院に行っても原因も治療法もはっきりわからない。
レメディも試して、すこし効果はあったようですが、
抜本的な治療法にはなりえませんでした。

そんななか、ある病院で出会ったお医者さんに
不思議なお薬を処方されたのです。

酵素。

ごろちゃんの発作は、野生の肉食動物なら
自然に獲物である動物の肉から得ている成分の一部、
酵素が足りないことによるものという考え方でした。

これを与えたところ、少しずつごろちゃんの症状は良くなり
もうすこしで完全治癒というところで
病院に行ったらそのお医者さんは退職されていました。
ごろちゃん用に残りのお薬を病院に託して。

なんでも、この方はお医者さんというより研究者で
この薬は独自に開発したもので、彼以外には作れないものらしい。
一か所にとどまらず、各地の病院を渡り歩いて研究をしているそうな。
今はどこにいるのかわからない。

なんだかミステリアスなお話ではありますが
ともかくごろちゃんは救われ、今は元気に暮らしています。

そんな体験から生まれた、てのひらサイズの絵本。

今回のNOMAのふたり展会場にて手に入れましたが
あまりにも秀作ですのでご紹介します。
ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_1932435.jpg

「BIRIGORO」
字のない、ペン画絵本。
わらばん紙に刷られ、ホッチキス綴じのシンプルなつくり。
ごろちゃんが電気ビリビリ病?にかかってから治るまで。
全ページ、説明なしでお見せします。
心で感じてください。

ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_19365431.jpg

ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_19372759.jpg

ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_19383177.jpg

ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_1939021.jpg

ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_19394234.jpg

ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_19401648.jpg

ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_19404376.jpg

ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_19411142.jpg

ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_1943436.jpg

ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_1944928.jpg

ごろちゃんと不思議なお医者さん_d0123492_19444574.jpg

by kozakurapon | 2010-06-14 19:54 | おすすめ作家さん | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://penguin10.exblog.jp/tb/11320840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 応援ウズラ at 2010-06-14 21:34 x
こんばんは。DM届きました。ありがとうございます。ちっちゃいイラストが良かったです。
「BIRIGORO」ごろちゃん、帯電体質になって雷ねこさんになっちゃた。そして放電し終わって普通の暮らしに戻ったのですね。よかった。
うちにも「BIRIINKO」がいましたが結構生きて最後は助かりませんでした。放電が過ぎたのでしょう。
というか、こういう病気の子はどの生き物にもいますね。私は見守るしか出来ませんでしたがごろちゃんは治って良かったです。
Commented by なつお at 2010-06-15 00:58 x
丁寧に紹介してくれてほんとうにありがとー! 
自分の作品でもいろんな気持ちで描いた作品がある。そん中で、ぽんさんは、いつも、私がすっごく優しい気持ちで描いたであろう作品を「いい!」って言ってくれるんよね。ありがとう。うれしいです。
Commented by kozakurapon at 2010-06-15 09:13
なつおさん、期待どおりの魂のこもった展覧会をありがとう。
どれも一生懸命描かれたものですが、
なつおさんらしい優しさとユーモア、ちょびっと毒の利いた作品が大好きですのよ~。
場所は不便でも、行った人は大満足で帰ることのできる展覧会だと思います。
Commented by kozakurapon at 2010-06-15 09:21
前後しました。応援ウズラさん、
BIRIINKOもいたのですか。てんかんみたいな感じかな。
ごろちゃんはさいわい治療可能な
酵素が影響したものだったようですが
治るのは難しい脳の病気など、
たぶん原因はいろいろあるのではないかと思います。
人間、動物にかかわらず、周囲の者はなにもできない
自分の無力さに心を痛めますね。
そんな想いを見事に表現した絵本だと思います。

Commented at 2010-06-16 11:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kozakurapon at 2010-06-16 11:43
鍵コメHさん、さきほどメールお送りしました。
いや~ほんとゴッドハンドかも。