人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

まつもとさんの抽象画

川西のギャラリー、NOMAのオープニングイベント19日(土)まで開催中。
まつもとさんの抽象画_d0123492_21344670.jpg

まつもとさんの抽象画_d0123492_21352719.jpg

今日はHiroshi Matsumotoことまつもとさんをご紹介します。

まつもとさんは美大を出たわけではなく、
絵を本格的に始めたのは社会人になってからです。
なんでもジョン・レノンが死んだのを知って、
こうしてはいられない、絵を描かなければ!と思ったとか聞いたな。(ほんまに?)
私と夏生さんが彼と出会ったのはデッサンを学ぶ美術研究所でした。

なんとも魅力的な人です。
まったく人に媚びない。
でも飄々として親しみやすい雰囲気。
しっかりとした芯があり、とても頭のいい人だが
たとえ子供に対してでも
偉そうにふるまうことは決してありません。
(この文章を読んでむずかゆそう~な顔をされる姿が目にうかぶ・・・)

まつもとさんは写実的な作品も、かわいらしいキャラクター作品でさえも
ものすごい速さで描くことができる、
ほんとうに器用で絵の上手い画家さんなのですが

私は彼の抽象画がとても好きです。

彼の抽象画に出会うまでは、
私ははっきりいって抽象画が嫌いでした。
どこがいいのかまったくわからない。
名画と呼ばれるものも、
どのくらいの人がほんとにいいと思ってるんだろう?と思ってました。

でも偶然この絵を見せてもらったとき、
生まれて初めて抽象画を欲しいと思ったのです。
まつもとさんの抽象画_d0123492_2233369.jpg

(うう~写真が悪い。)

この絵を見たとき、
月夜に石畳の道を散歩しながら
なにか心地いい、音楽が聞こえている

そんなイメージがうかびました。
(主人もジャズ?音楽を感じたと言ってました。)

彼はこの絵を描いたとき、難病にかかっていました。(今は奇跡的に治りました)
視力が侵され、ほとんど視界がない状態でしたが
ちょっとした眼球の角度をずらすと一部小さな窓のように見える部分があって
その部分だけで絵を描き続けていたそうです。
非常に疲れるので、休みながらこつこつと。

そんな話は絵を買ってからあとで聞いたことです。
絵はこころで感じるもの、
いい絵というのはなんの説明もいらないものだと思いました。

もう一枚、どうしても欲しくて買った絵。
まつもとさんの抽象画_d0123492_2216559.jpg

この絵が、並んだ瓶を描いた静物画であることはあとで気が付きました。(爆)
題名はStill Lifeということも。

ちょうどこの絵を見る少し前に、
アメリカで航空機を使ったテロがありました。
今日と同じ一日が明日も来ると信じて生きている私たち。
この絵は私には、夕焼けでピンク色に染まった、ビル群に見えたのです。

ささやかだけどかけがえのない、平和な時間。
そんなことをなぜか強くイメージしました。

この2枚の絵はわたしの宝物です。
いつでも見られる場所に飾って、ときどき眺めているのです。

*****

今回の個展の作品はカメラを忘れたのでご紹介できませんが
素晴らしく美しい絵があって、
また欲しいという気持ちがムクムクと湧き上がってまいりました。

今回のギャラリーはほんとうに制約がないこともあって
てのひらほどのキャンバスに抽象画を山のように描いてぎっしり展示するという
ずっとやりたかったことができたと言っておられました。

夏生さんにしても、まつもとさんにしても
海外での評価のほうが高いみたい。

日本でもっともっと評価されてもいいのにと
ほんとに不思議に思います。

お時間があったらぜひギャラリーに足を運んでみてください。
by kozakurapon | 2010-06-15 22:40 | おすすめ作家さん | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://penguin10.exblog.jp/tb/11330088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yuki at 2010-06-16 18:00 x
こまつか苗さんこんにちは。
川西ですかー。近くにこういったステキな所が出来るのは嬉しいです。
時間があったら行ってみたいです。
Commented by kozakurapon at 2010-06-16 23:55
yukiさんこんにちは。お近くならぜひいらしてみてください。
建物はかなり古くて、そう広くはありませんし
半地下で段差もあります。
いわゆる小綺麗な場所ではありません。
でもオーナーや立ち上げに協力した方たちの
熱い想いや夢の感じられるいい場所です。
これからどんなギャラリーに育っていくのか、
とても楽しみです。
落語会や映像の上映なんかもやってみたいとのことですよ。
Commented by ルーママ at 2010-06-18 06:52 x
週末は仕事なので昨日行ってきました。
暑~い午後でしたが
ギャラリーはひんやりとしていて
とても居心地のいい空間でした。
おふたりの作品たちを
自分のペースでゆっくり楽しむことができました。
いらっしゃるご予定ではなかったまつもとさんにお会いでき
ごろちゃんの貴重なプライベートショットを見せていただきました♪
そう、私は猫も好き、それも黒猫が大好きなんです。
その中に平民インコのかぶりものをしたなつおさんのお写真があり
「まあ☆ハシビロの方!」とびっくりしました。

小さなエビの絵にひとめぼれしたのですが
残念ながらすでに売約済…
HPのビデオで心をひかれた
すずめのおしゃべりをお迎えしました。
未完成とのことなので
わが家に届くのは梅雨明けの頃でしょうか?
気長に待つことにします。

オカンやペンギンたちと「NOMA」♪♪
とっても相性がよさそうに思えました。
うっとり写真展とか…すばらしい!!
Commented by ルーママ at 2010-06-18 07:02 x
すみません、追伸!

私も抽象画が理解できず
距離をおいているのですが…

今回「NOMA」におじゃましたのは
この2枚の宝物を拝見したからです。
Commented by kozakurapon at 2010-06-18 18:25
ルーママさん、お忙しいあいまを縫って
足をお運びいただき、ありがとうございました。
迷いませんでしたか?
駅からすこし距離はありますが、着いてしまえば
ゆっくりできるギャラリーだと思います。
小学生の頃、学校のそばに猫屋敷があって
寄り道してその前にいつもねそべっている
老黒猫をなでなでしていました。
私も猫は黒猫が好きです。
できたら平面顔のぶちゃいく系。
家族全員猫嫌いなので、一生飼えないと思いますが。
まつもとさんがいてくれてよかったです。
そう、なつおさんにハシビロを布教いたしました。(笑)

すずめの絵をお買い上げですか。
油絵は乾燥に時間がかかるので
もうすこしかかるかもしれませんが
なつおさんの絵は見れば見るほどに味のある絵なので
いいお買いものをされたと思いますよ。

私の抽象画に対する苦手意識を
ふっとばしてくれたまつもとさんの作品。
色もタッチも、なんというか
かっこよくてすっきりと心地よい作品たちです。
財力がないため、たくさんは買えないのですが
すこしずつ気に入ったものを集めていきたいなと思っています。