人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

ポンタロウが亡くなりました。

2021年12月30日、ポンタロウが永眠しました。
ポンタロウが亡くなりました。_d0123492_16263746.jpeg

12月中旬に私の年内の仕事が終わったあたりから大きく体調を崩し、
ずっと動物病院に通って治療をしていましたが、

獣医さんの年末最後の診療日、診察時刻に病院に着いてすぐに倒れ、
緊急処置してもらったものの、助かる気配はなく

お医者様のご配慮で私の手の中に戻していただき、
見つめあいながら、眠るように亡くなりました。

15歳。コザクラインコとしては長寿でした。

もちろん涙は堪えきれず、マスクしてて良かったと思いましたが
これ以上はできないくらい介護しましたし、
お医者様にも、最期まで大変心を込めた治療をして頂きましたので

急死だった茶々や、今まで飼ったインコたちを見送った時のような
苦い後悔を含んだ悲しみはありませんでした。

感謝。それだけです。

亡くなった日は、ポンタロウの実家にお礼の挨拶へ。

翌朝、ポンタロウの好きだった私手作りのバードテントを
和紙で作り、その中にポンタロウの遺体を入れて
ポンタロウの好きだった私たちの暖かい手の形に切った紙で
テントごと包みました。
ポンタロウが亡くなりました。_d0123492_16271426.jpeg

そして茶々の墓の植木鉢の花を植え替えて、横に深く埋葬し、
猫に掘られないように、初期オカンカーメン像を置き、墓としました。
ポンタロウが亡くなりました。_d0123492_16274755.jpeg

毎年お正月用に、なんちゃって生け花と称して花を玄関に飾りますが、
今年はポンタロウのイメージで活けました。
ポンタロウが亡くなりました。_d0123492_16283813.jpeg
今年は、心の姉とも慕っていた方をコロナで急に亡くし
半年経った今でも、
まだ少し心の中では受け入れることができていません。

人の死は、ピンピンコロリが理想といいます。
ただ、長くは本人も周りも大変ですが、介護をさせてもらえるのも
送る側としてはだんだん覚悟ができてくるので、
急にコロリと亡くなられるより有難いように思います。

ポンタロウにパウダーフードをお湯で温めて少しずつ食べさせる時は
ヒナに戻ったような可愛さで、なんかお互いにまんざらでもなかったし

夜中に、寂しくなったポンタロウが、鳴いたり鈴を鳴らして私を呼び、
ふところに入れて温めてあげていた時は、
確かに寝られなくて大変でしたが、
これがもう最後かもと名残惜しい気持ちで、暖かさを味わっていました。

最期の時、目を大きく見開いてグッと脚を伸ばしたあと、
すうっと眠るように力が抜けて、
命が消えていく瞬間をはっきりと感じることができました。

ポンタロウは私のインコ陶の源泉であり、ミューズでしたが、
最後の一瞬まで、私に多くの大切な経験を与えてくれた
最高のコンパニオンバードでした。
ポンタロウが亡くなりました。_d0123492_16292525.jpeg
★大変恐縮ですが、茶々の時と同様、祭壇は設けません。
お花やポンタロウを模した手作り作品など、一切の贈り物はお受けできませんので、お送り頂きませんよう、どうぞよろしくお願い致します。

by kozakurapon | 2021-12-31 16:30 | コザクラインコ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://penguin10.exblog.jp/tb/29039817
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。