人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

かぴばらっこ展2022in関西 はじまります!!

いよいよ「かぴばらっこ展2022in関西」始まります!

10月14日(金)〜18日(火)
Open11:00〜18:00(最終日16時まで)
西宮市 「ギャラリーアライ」
阪神甲子園駅東改札より徒歩1分、イカリスーパー北側

こまつか苗(陶) 猫野ぺすか(焼き絵・版画) くみたろ(イラスト)
的場カヨ(版画) 田代雄一(木彫) にゅうとらる(焼き菓子・立体)
Rockgen(彫金・デザイン)

在廊スケジュール等はギャラリーのホームページをご覧ください。


かぴばらっこ展2022in関西 はじまります!!_d0123492_10234909.jpeg

東京と兵庫を行ったり来たり、もう4回目。
回を重ねるごとに、それぞれ影響しあって、面白い作品が生まれ、
色々な試みが生まれています。

●くみたろさん、カピバラを描く●

回を重ねるごとに、カピバラしか作ってなかった的場さんや麓眩さん、にゅうとらるさんがラッコも作ってきましたが、
今回はラッコしか描いてなかったくみたろさんがカピバラ描いてます。

●にゅうとらるさん、立体作品をつくる●

お菓子だけでなく、今回にゅうとらるさんはラッコのカード立てを出展!

●木と陶のかぴばらをさわる!体験●

また今回は、木彫の田代雄一さんと、陶のこまつか苗が、
「狛かぴばら」という同じタイトル、同じくらいの大きさで、
阿吽(あうん)ポーズの狛犬ならぬ子かぴばらを作りました。

去年、田代さんが国立民族学博物館企画展「ユニバーサルミュージアム
さわる!“触”の大博覧会」にカピバラなど数点を出品。
視覚に頼らず、手で触れて鑑賞するという新しい試みの展覧会でした。

その時カピバラを触って、木の素材のあたたかさを感じましたが、
横に私の陶器のカピバラを置いて、
陶素材の持つ独特の、冷たいけどあたたかい量感のある手触りを体験して欲しいなと思いました。

かぴばらっこ展で、それを皆さんに体感していただこうと思います。

かぴばらっこ展2022in関西 はじまります!!_d0123492_10244870.jpeg
かぴばらっこ展2022in関西 はじまります!!_d0123492_10251604.jpeg

●ギャラリー初、入札制販売●

自分が最高傑作と思っていても、客観的にどうなのか。
いつも値段つけるのは迷う。
そんなことをグループメッセージでボヤいていたのですが、

そうか、だから美術品はオークションで販売するんだ!
とひらめきました。

ということで、ギャラリーに無理言いまして、

こまつか苗、猫野ぺすか、くみたろの3人が、
自信作を1点ずつ、入札制で展示販売することにしました。

それぞれの作品の前に入札箱を置いています。
冷やかしなしで、ご購入の意思のある方のみ、
購入希望価格と連絡先を用紙に書き込んでご入札下さい。
展覧会終了後に最高価格の方にお知らせ致します。
かぴばらっこ展2022in関西 はじまります!!_d0123492_10260837.jpeg

●期間限定・ギャラリーの通販サイトあります●




第1回通販開始 10月15日土曜、13時から

第2回通販更新 10月17日月曜、12時から

初日と土曜の最初の混雑がおさまったあたりで通販開始しますので、
今内覧できている作品が、ギャラリーで売れてしまっている場合もあります。
こまつか苗とくみたろは、初回通販に出している作品は通販専用なので大丈夫です。

月曜の第2回は、まだギャラリーにある作品を出していきます。
平日なので、お昼休みにお買い物できるように、12時から開始します。



●こまつか苗 zoom在廊●

思わぬ病気で手術を受けてまだ2週間ほどですので、
元気ではありますが、コロナ禍が終わったわけではないので、
会場に行くことができません。
自宅とギャラリーのパソコンをつないで、zoomで在廊します。

私も会場を見ながら、皆さんとふつうにお話しできますので、
呼びかけて下されば、ハイハイと顔を出します。(^^)
かぴばらっこ展2022in関西 はじまります!!_d0123492_10281711.jpeg

新しい試みを楽しんで下さる、ギャラリーアライさんだからこそできる企画の数々。
ギャラリーに来られた方にも、来られない方にも
カピバラとラッコ愛に満ちた空間を楽しんでいただきたいと思います。

かぴばらっこ展2022in関西 はじまります!!_d0123492_10294050.jpeg
かぴばらっこ展2022in関西 はじまります!!_d0123492_10312086.jpeg

by kozakurapon | 2022-10-13 10:31 | 2022イベント報告 | Trackback | Comments(0)