人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

カラーのつくりかた

ポンが毛引き症になったのは去年の4月12日。
治療のために、エリザベスカラーをつけるようになって約1ヶ月。

親身な助言をもとに、素材や形、テープの粘着力や安全対策にいたるまで試行錯誤の末、
ようやくポンタロウのオーダーメイドカラーが出来ました。

カラーをつけることを考えている方に、こんな例があるという資料にしていただくために、カテゴリを作りました。
その子にあわせたカラーを作ってあげるうえでの参考にしてほしいと思います。

まず素材。
カラーのつくりかた_d0123492_14271996.jpg

最初クリアファイルを使っていましたが、コザクラには破られます。
カードケースの硬いものが最適。
うちの子はシッポを噛むので、直径10センチの円形を画面の形に切り抜き、
カラーのつくりかた_d0123492_14315086.jpg

写真は表(頭側)の首周り。首まわりの皮膚を守るため、透明でパッド部分が小さいバンソウコウを半分に切り、首周りのクチバシの届く部分は少しだけパッド部分が見える程度に貼り付けます。裏(身体側)は広めの透明テープを適度な大きさに切ってバンソウコウの上から貼って補強します。

これを二人一組になり、鳥を保定してもらって、うちの子の場合は裏面のみを大きい透明の梱包テープでしっかり留めます。
あまりしつこくカラーを破壊しない子はぐるっと内側の首もとまで留めると万全でしょう。
うちはなにを貼っても全部はがしてしまうので、もう内側の接合部にはなにも貼らず、パリパリ噛むにまかせ、こまめにカラーを交換することにしました。

接合部の反対側にオモリをつけてみましたが、それも回してしまい結局だめでした。

接合部から関心をそらすには、反対側の表面の、クチバシが届くぎりぎり外側に、白っぽく見えるメンディングテープを短く切ったものを端をほんの少し折って貼ります。ダミーですね。

接合用の広幅の透明梱包テープですが、ニチバンのものは匂いがなくていいのですが接着力が弱く浮いてきます。有機溶剤みたいな匂いがしますが、コーナンで売ってる中国製のテープを使っています。
うちは裏側だけだから使ってますが、気になる人は安全かつ接着力のあるテープを探してみてください。

カラー装着は危険がともなうので、その子の状態や性格、しばらく注意して見てあげることができる人がいるかなど、慎重に考慮したうえで行ったほうがいいと思います。
うちは信頼できる病院で医師の指導のもと行っています。

まだ治療中ですので、このカテゴリにてぼちぼち経過報告します。
by kozakurapon | 2008-02-02 15:17 | コザクラインコ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://penguin10.exblog.jp/tb/7151320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 青いヒゲ at 2008-02-03 18:14 x
カラーといっても、いろいろ工夫しないと駄目なのですね。
まさにオーダーメイド!

ところでいつも気になるのですが、
右上のプロフィール画像、
どうしても”おぎやはぎ”に見えてしまいます(笑)
Commented by kozakurapon at 2008-02-04 11:53
そうなんです。一応既製品もありますが、首の太さや大きさがあわなかったり、小さい鳥には少し重い素材だったりします。

おきやはぎ!(笑)ああ・・新婚当初は織田裕二だったのに。(ごめんおきやはぎ)
Commented by kgひろこ at 2008-02-04 11:55 x
こんにちは♪
先日は私のところへも来て下さってありがとうございました^^

ポンタロウちゃん、去年の4月から毛引き症と闘っているのですね。
(少し自咬もあるようですね?)
過去記事も拝見しましたが、ポンタロウちゃんがことごとく
カラーを破壊しているのを見て、ご苦労をお察ししました。
うちもめろんちゃんにカラーを付けた時は、とにかく齧ろう~外そうと
相当必死にもがきました。
病院で作ってもらった薄手プラスチックの約5cm幅のカラーの
プラスチック留め・・・どんなにもがいても、外れないの・・・
と、めろんちゃんを見ていると、可哀想になりました。
結局、食餌がとれず、ぐったりしてしまったのでめろんちゃんの場合、カラーは断念。。。
ポンタロウちゃんは、カラー付けてもごはんも食べてるし、
鈴を入れて遊んだり?・・・頑張ってますね。
首まわりに絆創膏のガードが付いた手作りカラー・・・
こまつか苗さんのご苦労と、深い愛情を感じます。
Commented by kozakurapon at 2008-02-04 19:08
kgひろこさん、毛引きは飼い主もずいぶんつらい病気ですよね。ストレスが原因だとされると、何が悪かったのか自分を責めてしまいます。
この頃は、出来ることは全てやったので、何があっても自分の責任、ポンもあきらめて私に命をあずけてくれ、と腹をくくることができて、楽になりました。
完治は難しいけれど、鳥と心をかよわせながら、同居人としてお互いのつきあいかたを探していきたいですよね。