人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

姉さんと一緒

今朝起きたら
姉さんと一緒_d0123492_14214884.jpg

ダンナがキバタンでした。

それはさておき、ひさしぶりにうちのポン。
今日はくちばしカットとカラー交換のために病院へ。
近所に住む、ポンの姉インコのるーちゃんが、ちょっと前から毛引きを始めて
飼い主のおばさまが心配されていたので、
一緒に病院に行きました。

るーちゃんはもうお尻がコチコチになっていて、胸もハゲ、肩の部分も少し毛引き。
お薬を飲むことになりました。

おばさまはポンの両親インコと、るーちゃんと同じ時期に生まれたもう一羽を飼っています。
全員手乗りではありません。るーちゃん以外は毛引きしません。
(もっともポンはヒナの頃親鳥に毛引きされてハゲハゲだったですけど)

大事にしてるのに、他の子も同様に接しているのに
なんでなんかな~?と不思議がっておられました。

ポンはカラーつけてるおかげで綺麗だけど、届くところは抜くし、
尾羽の先はポンがひっぱったからか穴があいたり曲がっています。
当分カラー生活からのがれることはできませんね。これでは。

動物を飼うということは、どんなにちいさくても大変手間がかかるもの。
気持ちを通わせる努力も必要です。

先日、このブログを見てくださっているひとり、にたかGさんを通じて、
ケリーちゃんというオウムの悲しいエピソードを知りました。
転載できなかったので、興味のある方は
「みだがはらんの日記」でグーグル検索してください。(すみません・・・)

オウムは40年以上生きます。知能が高く、声が大きい。
かわいいから、賢いからだけで飼うと悲劇を生みます。
これから生き物を飼おうと思っている方に読んでいただきたい記事です。
by kozakurapon | 2008-04-06 14:51 | コザクラインコ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://penguin10.exblog.jp/tb/7647420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 青いヒゲ at 2008-04-06 17:19 x
読みました、
ケリーちゃんの波瀾万丈な人生(鳥生?)に涙しました。
なんてコメントして良いのやら・・・


Commented by midori at 2008-04-07 11:46 x
うぐ・・・><;
・・・うぐ><;コメントがでません
Commented by kozakurapon at 2008-04-07 13:42
そうなんですよ。わたしもコメントできずに戻ってきたのです。
自分の鳥が毛引きだもので、余計あの姿が衝撃的で。

ケリーちゃんの飼い主さんも、まさかこんなことになるとは思わずに飼いはじめたのでしょうが、
飼いつづけることが困難になったとき、真剣に次の手を考えてほしかったとは思います。
40年は長いな・・・。
Commented by にたかG at 2008-04-08 22:15 x
ケリーちゃんのお話をご覧になって紹介して下さって
ありがとうございます。
ケリーちゃんのままさんがケリーちゃんのブログを始められたので
アドレス張っておきますね。こちらも是非ご覧下さい。
Commented by kgひろこ at 2008-04-18 15:22 x
ポンちゃん、引き続きカラー生活頑張ってるんですね。
ポンちゃんの両親やきょうだいがご近所にいるのですね~。
お姉ちゃんのるーちゃん・・・お薬で毛引き症に対処ということに
なったんですね。
ポンちゃんもるーちゃんも、今よりひどくなりませんように!
うちのめろんちゃんも一進一退ですが、先日病院で2ヶ月ぶりに
診てもらったら、最悪期の傷に比べると、だいぶよくなりましたね~
と言われました。
最近は自咬より毛引きがちで、範囲も広く~浅く~って
感じになってきてます。

ケリーちゃんのお話しは私もお友達のところで拝見して
記事を転載したのですが、鳥飼いとしてあらためて
命を預かることの責任を感じました。
Commented by kozakurapon at 2008-04-18 23:12
kgひろこさん、ありがとうございます。
ほんとに毛引きには困ります。うちもとりあえずカラーをしていますが、ずいぶん長いことしてるので身体に無理がきてるような感じで、最近ちょっとフンの様子がよろしくないです。あまり運動できないのも影響してるかな。いつまで続けるべきか。
るーちゃんは荒鳥なので、カラーを頻繁につけかえるのは難しいと飼い主さんは判断し、とりあえず感染症にならないようにだけ気をつける方向にしたようです。
めろんちゃん良くなってきてよかったですね。血さえ出なければ見た目はもうどうでもいいなと思います。(私は)