人気ブログランキング |

ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ラグビーインコ( 12 )

ラグビーのトリセツ

ラグビーW杯2019日本大会、日本代表の活躍もあり、
盛り上がっていますね。

このブームを一時的なものにせず、ファンの裾野をひろげるには
難しいと思われがちなルールをわかりやすく説明することが必要です。

前回大会の時にツイッターでラグビーのルールをインコを使って解説してバズって以来
推敲を重ね、集大成ともいえる冊子をつくり、
クラフト作品の販売サイトiichi の私のショップページ
にて販売していましたが、売り切れました。

私のラグビーインコは広く多くの方に伝えて
ルールが難しいという先入観から敬遠されがちなラグビーのファンを増やしたいという思いがあり
印刷できるデータをお渡ししています。

ギガファイルにpdfでアップロードしましたので、
2019年11月4日までにダウンロードしてプリントしてください。

内容は関西ラグビー協会所属のレフリーが監修していますので
改変は禁じます。
これは2019年のW杯でのルールに基づいて書かれており
W杯終了後はルール改正があります。

商業利用の場合は所定の報酬をいただきますので、
必ずkomatsukanae.comまでご連絡ください。
d0123492_10313634.jpg
d0123492_10324059.jpg
d0123492_10350036.jpg
d0123492_10355169.jpg
d0123492_10364896.jpg
d0123492_10373900.jpg
d0123492_10383028.jpg
d0123492_10474537.jpg
d0123492_10490224.jpg
d0123492_10495438.jpg
d0123492_10511392.jpg
d0123492_10520230.jpg
d0123492_10525634.jpg
d0123492_10534742.jpg
d0123492_10561733.jpg
d0123492_10574958.jpg
d0123492_10584667.jpg




by kozakurapon | 2019-09-20 10:40 | ラグビーインコ | Trackback | Comments(4)

ラグビーインコ解説冊子「ラグビーのトリセツ」できました。

「ラグビーのトリセツ」フルカラー冊子、完成しました。
A4サイズ16ページ。映画のパンフレットの厚みです。
d0123492_20590105.jpeg

8月30日金曜日の夜10時頃、プチ個展の時のお茶碗などと一緒にiichiの私のショップページ
に出します。

申込者多数が予想され、間違いを防ぐため、
今回はiichiを使った通販方法のみにさせていただきます。(私の口座に直接振込みはなし)

冊子のみの方はすべてレターパック360で送ります。


「ラグビーのトリセツ」を通販以外で購入したい方は、

9月20日(金)、21日(土)、22日(日)に、阪急宝塚線雲雀丘花屋敷かJR川西池田駅が最寄りのギャラリー「NOMA」で開催されるNOMAMISE
に、
ヤーンボウルと出します。

初日のみ在廊しますのでぜひお越し下さい。

以前MBSの依頼で作ったルールのスマホアプリを、さらに進化させた「反則早見表」は、
我ながらわかりやすく描けたと思います。

反則は、軽い、重いで大きく2種類に分かれること。
具体的にどういう罰則が与えられるのか
が、一目でわかります。

また、見逃しがちですが、どんな反則か一目でわかるので「レフリーの身ぶり」は重要です。
ダンナにやってもらって描きました。(笑)

ボールのゆくえがわからなくなったら9番に注目、というところは、いかにも私らしい、超初心者向け解説だなと思います。

新婚旅行のオーストリアで見たワラビーズの名スクラムハーフ、グレーガンが、マメにボールを拾って右に左に投げる姿を見て、
初めて、ラグビーの攻撃側のかたちが手に取るように分かったのです。

トップレベルの選手は無駄な動きはしませんので、ラグビーがどんなスポーツかわかりやすいのです。

ワールドカップは世界最高峰の戦いを観れるチャンス。
私のグレーガンとの出会いのように、
観戦初心者こそ、最高峰の試合から見るべきです。

ぜひ、インコ解説をお手元に、楽しんでくださいね。

by kozakurapon | 2019-08-28 21:00 | ラグビーインコ | Trackback | Comments(2)

ラグビールールから学ぶ紛争解決の知恵

もうすぐ阪神百貨店小鳥ガーデン、
作品も来週くらいにはご紹介していけると思います。

ラグビーのことばっかりで申し訳ないですが、
このブログはラグビー関係の方がご覧になることも多いので。

d0123492_10072017.jpeg
ラグビーインコ解説改訂版を、ある大学の講義に使っていただくことになりました。

事前に学生にラグビーについてわからないことを先生が聞いたところ、

アメリカンフットボールとどう違うのか
横から入ってボールをとらないのはなぜか

という質問が多かったらしい。

1番多かったアメフトとの違いと、オフサイドに関する質問については、

騎士道を思想の根本に置いたイギリス発祥のスポーツ、ラグビーと
騎士道などとは無縁で、非常に合理的かつ戦略に富む、アメリカらしいスポーツ、アメフトとの違いから、
紛争の多い地域の歴史から生み出された、争いを避ける知恵を学んでほしい。

先生から参考になる本を紹介して欲しいと言われたので、

私がラグビーインコを描くにあたってダンナに勧められた本と、ラグビーマガジンで連載している、レフリーによるラグビー解説本を挙げました。

ともすると日本人はルールを厳格に守ることのみに集中して、そのおおもとにある理念をないがしろにしがちで
みんなが不利益をこうむりながら、変えられないと思い込み、ブツブツ言ってるだけということが多いように思います。

あらかじめ白黒はっきりつけることが果たして問題の解決になるのか?


紛争の多いヨーロッパのスポーツ、ラグビーは、
騎士道を根本にした「ラグビー憲章」をもとに、
ルール自体は随所にわざとルールブックに詳しく書かず、余裕を持たせ、
状況に合わせて柔軟に対応できるようにしてあります。
(例・レフリーのアドバンテージ)

世界が、国という単位を超えて交わっていくなかで生きていく若い人たちに、

今あるルールは盲従して良いものか?
大事にするべきことは何か?

まず平和という大義があって、それを達成するために、自らルールを考えていく力をつけてほしいと思います。

by kozakurapon | 2019-06-05 10:07 | ラグビーインコ | Trackback | Comments(0)

ラグビーインコ解説2019改訂版作りました。

2015年ラグビーワールドカップ・イングランド大会での、
ラグビー日本代表の奇跡の勝利の時に書いた
ラグビーインコ解説。

全国の、おもに子ども向けのラグビーフェスティバルや
高校や大学のラグビー部勧誘に使いたいという依頼が多いのですが、

思いついたものを少しずつ足していった関係で、内容にまとまりがなく、
冊子用には使いにくい感じの構成でした。

この5月のとあるラグビーイベントで使いたいとのご依頼を受けたのをきっかけに、
全体を見直して、本当にラグビーを見たことがない超初心者向けに
新たに描き直しました。

試合時間が何分とかは華麗にスルー。
攻撃の始点の見つけ方さえわかればいいという内容です。

ただ、若い人向けの依頼が多いことを考えて、
逆ヘッドという危ないプレーを、どう防ぐかというところに
1ページまるごと使ったのが私のこだわりです。

ラグビー普及のためなら、無料で冊子などにお使いいただけますが、
使用される時は必ずご連絡ください。

内容は関西協会レフリーが監修しましたので、
勝手に改変することは禁じます。

営利目的のご使用は禁じます。(どうしても使いたい場合は有料にて承ります。)

この画像を印刷しようとしても、印刷用の画像の大きさではないので、
冊子などに使いたい方は、komatsukanae.com
のメールフォームからご連絡ください。

d0123492_12390919.jpeg
d0123492_12400232.jpeg
d0123492_12405428.jpeg
d0123492_12413164.jpeg
d0123492_12421621.jpeg
d0123492_12430052.jpeg
d0123492_12434703.jpeg
d0123492_12442682.jpeg
d0123492_12450967.jpeg
d0123492_12455956.jpeg
d0123492_12464146.jpeg
d0123492_12472824.jpeg
d0123492_12481638.jpeg
d0123492_12492272.jpeg
d0123492_12500566.jpeg
d0123492_12504864.jpeg

スマホで見れるように色をつけたいとは思っていますが、
まだどうするか思案中です。

また、案外試合中にスクロールして調べるのはじゃまくさいものです。
印刷したものが欲しい方も多いと思うので、
来月の阪神百貨店小鳥ガーデンまでに私の方で簡単な冊子を作って
実費くらいで販売しようと思っています。

遠方の方にお送りすることは、どれだけ余るかわかりませんし、
小鳥ガーデンが終わらないとできませんので、
また後日お知らせします。




(^^)

追記

今回の改訂版をご依頼いただいた方とのやりとりで
もう一枚足すことにしました。

以前ラグビー場で、隣にひとりで来られていた男性と話したのですが、
会社の女の子を誘っても、みんな一回来たらもう来てくれないんだよねということ。

私も友人を誘ってみたけど、一度は来てくれるけど、二度はなかった。
それは、私もその男性も、もう少し初心者に対する気遣いがなかったのではないか。

まずルール、というよりトライ以外何をやってるか理解できない。
そして寒い。

ラグビー場に来てもらうには、ラグビーを好きになってもらうには
この最初の体験が大切なのでは。

そう思って書きました。
どんどん友達を誘って、ファンを増やしたいですね。

d0123492_20333937.jpeg

















by kozakurapon | 2019-05-02 12:58 | ラグビーインコ | Trackback | Comments(0)

2017ルールの試験的改正についてのラグビーインコ解説

今年2017年のラグビートップリーグ開幕は8月18日でした。
昼間は残暑厳しいけれど、夕方になって涼しい風の吹いてくるラグビー場で観戦もいいものですね。

さて、今年2017年、ラグビーのルールが試験的に改正されました。
ルールは毎年すこしずつ改正されるものですが、
今年は数も多く、ひさしぶりに大きな改正もありました。

ただ、「試験的」というとおり、
まだ決定というわけではなく、実際に運用してみてから決まるそうです。


ダンナに聞いたのですが、今回の改正の特徴は

①ペナルティの判断基準をよりはっきりとさせ、観客にもわかりやすくした
②ゲームが停滞せず、ボールが動き、試合がスピーディーになり、より面白くなるようにした

ということです。

では、たくさんあるなかから、重要と思われる改正について説明していきますね。

1.スクラムについて

d0123492_1211699.jpg

d0123492_1214668.jpg


2.認定トライについて

d0123492_1225327.jpg


3.タッチラインについて

d0123492_82418.jpg

d0123492_1245433.jpg


4.ラインアウトについて

d0123492_126365.jpg

d0123492_1262830.jpg


5.タックラーについて

d0123492_1272597.jpg


6.ラックについて

d0123492_1282095.jpg

d0123492_1284488.jpg


ルールが変わるには理由があります。
それがわかれば、より納得してプレーでき、たのしく観戦できるでしょう。

ラグビーインコ解説は、誰にでもわかるように専門用語をはぶき、
わかりにくい概念は簡略化しています。
(たとえば専門用語では「タックルゲートの後ろにまわる」という表現を、「自陣に戻る」と説明するなど)

よかったらプリントしたり取り込んで、お役立てください。

ただし、この作品の著作権は私にあり、
内容を無断で営利目的に使用することは禁止します。

(追記)

ダンナが、それほど重要ではない、または常識を明文化したに過ぎないので
レフリーだけ分かっておけばいいから描かなくていいというため、
インコ解説してない他の改正についても
一応書いておきますね。

ダンナが常識だと思っているほどには、理解してない人もいると思うから、
描いた方がいいと私は思うんですけどね。

●ラックの中のボールを意図的に前に蹴り出すとペナルティー

●けが人続出で安全なスクラムが組めなくなった時の形だけのスクラム人数を8人と決定

●相手チームが複数の反則をした時、キャプテンがPKの地点を選べるようになった

があります。





(^^)
by kozakurapon | 2017-08-31 01:37 | ラグビーインコ | Trackback | Comments(16)

ラグビーインコによる「素朴なギモン集」2017最新版

ラグビーを見始めた人が感じる素朴なギモンについて
ラグビーインコでわかりやすく説明した「素朴なギモン集」。

以前投稿したものに、「オフサイド」と、「アドバンテージ」という
一番説明しにくいルールについて最近描いたものを
つけくわえて、まとめて投稿します。

プリントして手元において、ラグビーをより楽しんでいただけたら嬉しいです。

本などへの無断転載や
商業利用はお断りします。

ラグビー部の新入生勧誘などにも、各ポジション解説と加え、使ってくれたら嬉しいです。
使うときはツイッターなどでお知らせくださいね。

d0123492_1018993.jpg

d0123492_10211063.jpg

d0123492_10214025.jpg

d0123492_10222876.jpg

d0123492_10225722.jpg

d0123492_10235369.jpg

d0123492_10242524.jpg

d0123492_1025382.jpg

d0123492_10253810.jpg

d0123492_1026551.jpg

d0123492_10274218.jpg

d0123492_10281366.jpg

d0123492_10284741.jpg





^^
by kozakurapon | 2017-01-07 10:29 | ラグビーインコ | Trackback | Comments(0)

ラグビーインコ解説 オフサイドについて

岸和田での個展の時に
ラグビーのオフサイドに関する、とてもいい質問をいただきました。

その質問をされた方は若く、
サッカーの下部リーグの審判の資格はあるということでしたが
さすが、私などには思いもよらない、
ラグビーのルールの難しさの核心にせまるいい質問だったと思います。

ダンナに聞いたら、
実際に試合を見ながら、その例外のケースについても教えてくれました。

ダンナは、一般の人たちに説明するのはとても難しいので、
そんな詳しく書かなくて良いよというのですが、

ひとことで説明するのが難しいからこそ、
図解してわかってもらえるようにしなくてはいけないのではないでしょうか。

ここを説明しないから、レフリーの間違いみたいに思われてしまうのでは。

下記を、前にアップした、ポジション解説や素朴なギモン集と合わせて参照し、
難解と言われるラグビーのルールを自分のものとしてください。

d0123492_13152332.jpg


d0123492_13155074.jpg










(*'▽'*)
by kozakurapon | 2016-12-16 13:17 | ラグビーインコ | Trackback | Comments(0)

高校ラグビー決勝戦は スマホでインコ解説を

今日、高校ラグビー大会の準決勝戦が行われ
熱戦の末、桐蔭学園と東海大仰星が決勝に進むことになりました。

決勝戦はこの連休の最終日、

1月11日(月・祝)午後1時55分から。
もちろん、花園ラグビー場です。

この決勝戦限定で、スマホのシンクキャストというアプリを使って
ラグビーのルール解説や選手紹介などを試合と連動して見ることができます。

そして、そのルール解説に私のラグビーインコイラストが使われることになりました。

まともに描けば反則の種類は40個近いので
よくあるもの8種類に絞って、カラーイラスト(というかほぼマンガ)を描いています。

試合のなかで反則がおこると、こういう画面がスマホにあらわれます。

d0123492_21294731.png


私が個人的に好きなのはこれ。^^

d0123492_21304552.png


だれもが笑いながら、自然にルールがわかるようにしました。

d0123492_21505318.png


オフサイドは種類が多いので、一番多いかなと思うものを代表して描きました。

d0123492_21512091.png


ご存じのとおり、ラグビーインコたちはフリーダム。^^

d0123492_21523031.png


d0123492_2153138.png


d0123492_21534320.png


d0123492_2155168.png


↑これはのちに、「前は反則」ではなく、「前はダメ」にかきなおしました。

レフリーインコの動きは、ハンドサインといわれるもので、反則の内容をあらわします。

また、笛の音が短いものは軽い反則、長いものは重い反則です。
(私はこれを描くまで、レフリーの気分で吹いてると思っていました。(笑))



これらのイラストは、花園に大型ビジョンがあれば、それに映るはずでしたが、
ないのでスマホアプリを使うという、新しい試みです。

このシンクキャストというアプリは、
MBS、TBS系列のテレビが映る地域なら
全国どこでもテレビ中継を見ながら楽しめる

というところが凄いのです。

タイムラインに残るのであとで見直すこともできるし
お気に入り(「ブロック」というらしい)に保存することもできるようです。

d0123492_21361635.jpg


ダウンロードのしかたはこちらです。

d0123492_2136533.jpg


もちろん、大阪近辺の方は花園ラグビー場にスマホを持って行って楽しんでください。
私も体調崩すとかよほどのことがないかぎり、花園に行こうと思っています。
高校ラグビーのチケットはたしか1000円くらいだったと思います。

空前のラグビーブームのおかげで、近年では考えられないくらいの人出ですので
チケットはコンビニで事前に購入したほうがよいでしょう。
駐車場は広いですが、出入りに時間がかかります。
近鉄の東花園駅から歩いてすぐなので、電車が結局楽かもしれません。

駅周辺は特に何があるというわけではないのですが
私のおすすめは和菓子の絹屋さん。おみやげは花ラグ饅頭が有名ですが
私は季節の生菓子を買ってしまいます。

寒い季節なので、防寒対策は完璧に!
とくにひざかけ、座布団、カイロ、暖かい飲み物は必携です。
メインスタンドよりバックスタンドのほうが、陽があたってあたたかいです。

d0123492_21465677.jpg


↑南極星の素朴なギモン集の内表紙用に描いたけど
インドネシアには不要な情報と悟り、ボツった絵です。(笑)ここで役立ってよかった。

みなさんに呼びかけて、プチ観戦ツアーもいいかなと思ったのですが
たぶんすごい人なので、固まって席をとるのは難しいしやめました。

私を知っている方は、会場で見かけたら声をかけてくださいね。^^


詳しくはこちらもご覧ください→MBS全国高校ラグビー大会HP

by kozakurapon | 2016-01-07 22:05 | ラグビーインコ | Trackback | Comments(6)

ラグビーインコ解説 ラグビー初心者の素朴な疑問

ラグビー日本代表の快挙のおかげで、すっかりラグビーづいた10月でした。
ラグビーワールドカップ2015も、今日いよいよ決勝戦。

インコ解説が思わぬ反響で、10月はイラストばっかり描いてた気がしますが
わたしもいったんこれで、ラグビーモードから本業に切り替えたいと思います。(笑)

ポジション解説のほかに、
ラグビー初心者に説明するのが難しいプレイについての
わかりやすい説明がほしいという声をいただいたので
自分の勉強も兼ねて、描いてみました。


全然ラグビーを知らない人が、
となりの人に聞きたくなる素朴なギモン


キックについて

d0123492_18103714.jpg


ラックについて

d0123492_1812337.jpg


モールについて

d0123492_18125292.jpg


スクラムについて

d0123492_18134779.jpg


ラインアウトについて

d0123492_18144329.jpg


以上でラグビーインコ解説はいったん終了です。
ちょっと聞いたらわかるようなことはあえて省きました。

ぜひ、これら ラグビーインコ解説をおともに
これから始まるラグビートップリーグに、足を運んでいただきたいなと思います。
by kozakurapon | 2015-10-31 18:18 | ラグビーインコ | Trackback | Comments(2)

ラグビーポジション・インコ解説 バックス編とレフリーについて

ラグビーワールドカップ。
日本代表は帰ってきましたが、まだ終わっていませんよ。(笑)

ラグビーポジション・インコ解説は、いまだにリツイートされています。
ラグビーに関心を持った人が、この調子で定着してくれたらいいなと思っています。

では、個々のポジションについてのインコ解説のつづき。
バックス編です。

バックスとは、フォワードが取ってきたボールを、ゴールまで走って運ぶ人たちのこと。
背番号9番から15番までです。


バックス編


背番号9 スクラムハーフとは

d0123492_1922423.jpg


背番号10 スタンドオフとは


d0123492_19222344.jpg


背番号12,13 センターとは


d0123492_19224221.jpg


背番号11,14 ウイングとは

d0123492_19235480.jpg


背番号15 フルバックとは


d0123492_19245333.jpg


ポジションはここまでです。
ご家族がラグビーされている、またはされていた方は、どこのポジションか訊いてみてください。
その人の新しい一面が垣間見えるかもしれません。^^


ところで・・・

先日、スコットランドとオーストラリアの試合で、大接戦になりました。
結果、スコットランドが負けたのですが
最後のレフリーの判定にミスがあったとして、誤審さわぎになりました。

たしかにレフリーの判断は間違いでしたが
あのタイミングでは肉眼ではわからないことで
あとからスローモーションのビデオで見て、わかったことでした。

ラグビーやサッカーのレフリーの権限は、
他のスポーツと違います。

そのことについて、どうしても描いておきたくなりましたので、特別編。

レフリーについて

d0123492_1937427.jpg


レフリーは、そのスポーツを本当に好きな人がなる仕事です。
選手が人生をかけて戦っていることは、レフリーもよくわかっています。

負けたチームは、「死に体」の勝利に未練を残すのではなく
誰が見てもあきらかな、圧倒的な勝利を目指して頑張ってほしいなと思うのです。
by kozakurapon | 2015-10-24 19:47 | ラグビーインコ | Trackback | Comments(2)