ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2018イベント報告( 11 )

初東京個展・「渡る世間は鳥ばかり」終了しました。

無事、東京での個展、終了しました。
d0123492_17114397.jpeg

金土日の3日間、朝から行列ができ、一回のレジで購入作品を2つまでに制限させていただくなど、ずいぶんご不便をおかけしました。
初日はともかく、土日までまさか行列ができようとは、
東京にどれだけ人がいるのか、思い知らされました。
寒くなくて、雨も降らなくて本当に良かった!

不手際も多々ありましたが、お客様同士で譲り合い、トラブルもなく。

何かと並行して別のことをするということができない私に、皆様優しく注意を促し、
インコ侍を1万円で売らずに済みました。


自分の展示で忙しいのに、時間を作って初日手伝ってくれた
つぐみ製陶所・堀越さん。

初日と土曜の日中だけお願いしたのに、大変そうだからと
結局最終日の搬出まで手伝ってくれた
羊毛作家chunchun world・えりかさん。

前の週も仕事で休みがなかったのに、
有休取って搬入から手伝ってくれたウチのダンナ。

工房の経営、自分の作品づくりで忙しいのに、
コラボ作品を完璧に作ってくださった、スタジオパチェの賀集さん。
そして染織作家の根本さん、齋藤さん。

ギャラリーの使用時間など、何かと融通してくださったギャラリーのオーナーさん。

ただただ感謝です。

病気やお仕事で来られなかったお客様、
またいつか、機会をお待ちください。

花瓶の臭いの一件ですが、
留守中、家の日の当たる場所にずっと置いておいた花瓶の
匂いがほぼ抜けていました!

今日帰ってくる個展の花瓶も、さっそく日干しにして
臭いが取れ次第、送料負担でお送りしますね。
口が狭いものは少し時間がかかる可能性はあります。

今度は、時間にもっと余裕を持って制作しろという
天の思し召しですね、きっと。

皆様のおかげで楽しい3日間でした。
ありがとうございました。


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎


関西在住で今回の個展に来られなかった皆様。

12月14日(金)、15日(土)、16日(日) 昼12時から18時
兵庫県・雲雀丘花屋敷(川西池田)のギャラリーNOMAで開催の
「NOMAMISE WINTER」に急遽出展することになりました。

タイトル作品なので、崩しにくかったのか?
渡鳥ファミリーが、5女の長子以外そのまま残ったのです。

なので、長子をもう一度作り、橋田壽賀子さんを新たに加え、
NOMAにて披露させていただきます。

ほかに、ラグビーインコの欠員をひとり補充します。

(ラブバードママたちは嫁ぎましたので展示はなしです)

オカン湯たんぽホルダーは通販の分しかないので販売しません。
が、バブーシュとポシェットは販売します。
はし置きもちょこっとだけ。
花瓶は出しません。茶碗も五月人形もありません。

私の作品は個展のようにたくさんはありませんが、
ほかの北摂在住の作家さんが、この季節にぴったりの
センスあふれる作品を展示販売しますので、
ぜひお越しください。







[PR]
by kozakurapon | 2018-11-21 15:35 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(2)

東京初個展「渡る世間は鳥ばかり」はじまります。

搬入終了。自由帳ギャラリーのいつもの可愛らしい展示と違った異様な雰囲気に、高円寺の地元のおっちゃんが、やや遠くから凝視していました。(笑)

いよいよ明日12時から。

d0123492_23324455.jpeg
おそらく、明日初日と明後日土曜は、開始から午後4時頃までは混雑が予想され、

東京は京都の比ではないくらい人が多いので、列ができるかもしれません。


会場の外にスタッフ(ダンナ)がいますので、となりのお店のドアをふさがないように、列を作ってお待ちいただけたらと思います。


スタジオパチェとのコラボ企画で作った、

オカンカーメン湯たんぽ(ゆたぽん)ホルダーの試着用を、

ホテルでゆたぽんをチンしてきて、

前から順番に試していただこうと思っています。外は寒いと思うので。

d0123492_23412237.jpeg
そして、今回は恐れ入りますが、購入品数を1回のレジにつき、

ひとり2個まで。(ただし、オカン掘り1回とインコ侍の本は除外)とさせていただきます。


そして、作品のうち、花瓶類ですが、

陶芸用品店が新しく送って来た漏れどめの揮発性止水剤が、

了解なく臭いのきついものに変えられており、

いまだ臭いがとれず、このようなものを

小さいお子さんや鳥などのペットのいるご家庭にお売りできません。


なので、大変申し訳ないのですが、

今回この止水剤を使った花瓶については、

ご予約のみとさせていただき、

後日、臭いが消えてから

クラフト通販サイトiichiで、通販させていただきます。


止水剤そのものは、一応陶芸用の止水剤として販売されているもので

臭いさえ飛べば大丈夫なのですが

おそらく臭いが取れにくいので売れない在庫を

陶芸用品店に買わされたようです。


まあしかし、これも

もっと時間に余裕を持って作業しなさいということかなと

ポジティブに捉えようと思います。


お持ち帰りいただくはずだった花瓶類を

最終日まで見ていただけるのは良かったと思っています。


そして、今回からの「ゆる注文」制度について。


これまでは、注文制作はお受けしないとしてきましたが

ご要望が多く、私の作家として作りたいものを作る自由と

お客様の、オーダーしたものの、思っていたものと違う作品を

買わなければならなくなるという問題を

良いとこどりしてみます。


①お客様からご希望の作品を、イベント前にリクエストいただく

②私がそれを聞いて、作りたいものでなければ断る。

③イベントに合わせて作るが、お客様がそれを気に入らない場合は買わなくて良い。

ただし、お客様ご自身が必ずそのイベントに来られること。

完成品を見に来てくださり、判断いただくことが条件です。



今回は、この棚の花瓶がその対象です。

d0123492_00045395.jpeg
あ、一個ドウバネインコのが間違ってました。これは注文主以外もご予約可能です。

明日直しておこう。


一方こちらの花瓶類は注文品ではないものでご予約可能、

止水剤を食品用の臭いのないものを使っていたりで

お持ち帰り可能なものもあります。



d0123492_00090733.jpeg

そして、この↓棚の下2段のものは、土曜以降に販売するものや

土曜以降に来られる方のゆる注文品です。


会場内にスタッフ(羊毛作家chunchunworldえりかさん)がいますので、わからなかったら聞いてください。


会場内に一度にお入りいただくのは5人まで。

会場入り口で、カゴをお渡ししますので、

それを渡された方のみでお願い致します。


混乱を避けるため、ご理解お願いします。


d0123492_00155543.jpeg
最近、自分の愛鳥の小さい人形などを持ってきて

作品の横に並べて撮り、SNSに投稿する方が増えていますので、

いくつか、陶人形のセットを作りました。

まわりの方の鑑賞の妨げにならないよう気をつけてくだされば

ぜひ撮影をお楽しみください。


d0123492_00202486.jpeg

d0123492_00212013.jpeg
d0123492_00215757.jpeg

d0123492_00223900.jpeg

今回は、春と秋両方の季節を楽しめる、

雲錦という琳派の伝統柄をアレンジした野点茶碗を4点出します。

d0123492_00262823.jpeg

d0123492_00271328.jpeg
d0123492_00275900.jpeg
d0123492_00283840.jpeg
d0123492_00294195.jpeg
d0123492_00303133.jpeg
d0123492_00311348.jpeg
d0123492_00315570.jpeg
陶人形、茶碗に関しては、購入されても持ち帰らず置いていただき、
展覧会終了後に送りますので、最終日でも欠けることなくご鑑賞いただけます。


長くなりましたが、ぜひ、明日から3日間、お楽しみください。




(^^)




[PR]
by kozakurapon | 2018-11-16 00:33 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(10)

心うるおう小鳥ガーデン2018終了しました

直前に大きな地震が大阪北部を襲い、どうなるのかと思った催事でしたが
余震も日ごとにおさまり、結局大盛況のうちに幕を閉じました。

特に初日が大きな本震があるかもしれない危険な日に当たったため、
私としては関係者としての立場も踏まえたうえで、
お客様の安全を第一に、できるだけ後半にお越しいただくように告知しました。

そのおかげで、欲しいものが買えなかった方も多いと思いますが
未曾有の災害が発生する確率はほんとうに非常に高かったので、
私は自分の知る限りの負の情報をお知らせしたことに対して、
微塵も後悔はありません。
今なお不自由な生活を強いられている、被害の大きかった地域の皆さまには
心よりお見舞い申し上げます。

また、それをおして来てくださった皆さんにも感謝致します。
このイベントは半年以上前から準備されて、
作家全員が必死で良い作品を作って用意したものだからです。

本当に無事に、良い形で終わって良かった。神さまに感謝です。

初日はこんなにあったのに、
d0123492_00083767.jpeg
あまりにも作品が減ったので、
土日は昔描いた水墨画やら絵はがきやら持ってきて…
d0123492_00203961.jpeg
それでも最後はペンギンバケツ2つと、
インコものはし置きは10個あるかないかという状態に。

地震で不安になり、こういう楽しいイベントで
文字通り心うるおしたいと思ったお客様も多かったのかなと思います。

今年もたくさんのお客様の
一緒に暮らしておられる鳥さんのエピソードをお伺いし
笑ったり、涙が出そうになったり。

あまり全体を見に行くことができなかったので、
周囲の作家さんと交流したのですが、

お隣のジュエリー作家さんの、
事業者としての厳しい姿勢に襟を正したり、

他の陶芸作家さんの丁寧で真摯な作品づくりに接し、
まだまだ自分のやるべきことは沢山あると、
気持ちを引き締めました。

また、
地震があって食器棚のものはほとんど割れたのに
こまつかさんの作品は無傷ですよという報告を
実にたくさんのお客様にいただきました。

大切に緩衝材で包んであったり
置く場所を考えてくださっていたり。
みなさんの愛情が私の作品を守ってくれたのだと
嬉しく、ありがたい気持ちでいっぱいです。

また来年も参加させてもらえると思います。
来年こそは作品が足りなくなることのないよう、
計画的に制作を心がけようと思います。


*****

次の活動予定ですが

今年は11月に東京で個展をやるので、それまで予定を入れてませんでした。
でもそれでは、今回来られなかった関西圏の皆さんは
来年まで私の作品を直接見る機会がなくなってしまいます。

ということで、まず、

地震のせいで追加の窯が焚けなかった分のはし置き類を
通販サイトiichi の私のショップページで販売します。
7月いっぱい、iichi のサマーセールで、商品代金が10%オフなのです。
作品がまだ制作途中なので、でき次第日程などお知らせします。

それから、

8月10日(金)、11日(土)、12日(日)
京都のラブバードカフェ、チェリーさんで
コザクラインコ作品限定のプチ個展を開きます。

去年まで8月10日はラブバードの日、「ネットで夏まつり」の開始日でしたが
今年はプチ個展です。

可愛いコザクラインコを見て、作品を見たりお買いものして、
美味しいお茶やお食事をいただける
楽しい3日間にしたいと思います。

また詳しいことは後ほどお知らせします。

さて、早速作品づくり再開!




*****









[PR]
by kozakurapon | 2018-06-28 01:04 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(2)

始まっています。

心うるおう小鳥ガーデン、荒天、余震の中でも
たくさんのお客様にお越しいただき、2日目が終わりました。
d0123492_00083767.jpeg
これは搬入の時の写真です。
今はこの半分くらいになっていまして、
何があっても変わらぬ、鳥好きな方々の熱さに驚いております。

というか、あんな地震があって、どこか不安な毎日から
こういう楽しいイベントで発散して
日常を取り戻したい想いが皆さん強いのかもしれないなと
自分の気持ちからも、そう感じます。

今のところ、余震もほとんどなく
このまま穏やかに収束に向かってほしいと祈っております。

追加制作ができなかったので、
土曜日は前に作った作品を掘り出して持ってきます。

私は、もともと11時から5時頃まで店番をすることになっていましたが、
できるだけ明るい早い時間にみなさんにも来ていただきたい思いから、
10時から4時に変更しております。

最近あまりDMハガキを出さなくなったため、
お顔と名前が一致しなかったり、覚えられなくて失礼ばかりしています。
いらしたら、ぜひ名乗ってくださいね。(^-^)



(*^^*)







[PR]
by kozakurapon | 2018-06-22 00:28 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(5)

「さっぽろペンギンコロニー2018」、「類は鳥を呼ぶ」終了しました。

「さっぽろペンギンコロニー2018」「類は鳥を呼ぶ」終了。

この催事は、他ジャンルの作家さんと共に、
同じモチーフのプロの陶芸作家たちが5人も集まるので、
自分の課題がハッキリ見えて励みになる。
良い経験させてもらいました。

お客様に頂いたお花を眺めつつ。

皆様ありがとうございました!

d0123492_19453406.jpeg





次は6月20日から、阪神百貨店「心うるおう小鳥ガーデン」です。
今年のチラシは豪華な冊子になっています。こちらはラブバードカフェなどに置かせていただこうと思います。またどこで手に入るかお知らせしますね。
d0123492_19512039.jpeg
d0123492_19543134.jpeg
ハガキを若干預かっていますが、全員にお送りするほどはないので、
ほしい方はお知らせください。
d0123492_19565995.jpeg
中をめくると参加作家の名前が書いてあります。
d0123492_19584231.jpeg

また作品ができてきたらお知らせしますね。
ぜひお越しください。



(^^)


[PR]
by kozakurapon | 2018-05-29 20:00 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(0)

大阪に帰ってきました。

昨日、北海道から帰ってきました。
たくさんのお客様にお越しいただき、
とても楽しく有意義な時間を過ごすことができました。
お客様、ペンコロメンバー、丸井今井の皆さん、
北海道の方たちは気取らずフレンドリーで素敵です。

体調が悪かったのは搬入の日だけで、
ゆっくり寝たら鼻水もとまり、
何だったのかと思うくらい元気に残りの日を過ごしました。
疲れだったのかな。

旭山動物園には行くことが出来ませんでしたが、
ホテルと会場の往復に通る創成川沿いには、
世界各地(フランスとアメリカが多い)のライラックがまさに満開で
上品な色と香りを楽しみました。

d0123492_11101005.jpeg
d0123492_11104142.jpeg
d0123492_11110918.jpeg
d0123492_11115092.jpeg
たくさんの初めてのお客様と、
昔、もう10年くらい前に北海道で委託販売をお願いしていたお店が2軒あって、
(今はないのですが)
忘れずにお越しいただき、当時の作品までお持ちくださる方がひとりやふたりではなく。
みなさんに今も大切にしていただいていることに感激いたしました。
d0123492_11163571.jpeg
また、ブログ全盛でまだツイッターもフェイスブックもなかった時代の
鳥ブログ友達とも初めてお会いできたし、

初日に体調崩した時は、昔お世話になった委託先店舗の元店長さんが
ビタミンドリンクを差し入れて下さったり、

やはり鳥ブログ関係のコザクラ飼いブロガーさんが、
疲れた時には六花亭のプリンが効くと差し入れて下さったり、
どこの階のトイレが綺麗で落ち着くとか、そんな情報提供まで。

もうずっと楽しみにしていたというお客様たちと
ゆっくりお話もできて、ほんとうに来て良かったと思いました。

ペンコロ仲間と毎晩北海道グルメを堪能し、
陶芸の情報交換などもして、
実りある日々でした。

売り上げも集客も良かったそうで、
また、時期を変えて、来年も開催される様子です。
北海道には不思議な縁がある。
縁を大切に、より良いものを作っていきたいと思います。






[PR]
by kozakurapon | 2018-05-28 11:28 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(0)

元気になりましたので、丸井今井でお待ちしています!

昨日の搬入時に体調が悪くなり、ご心配をおかけしました。
最悪休もうかと思っていましたが、元気になりました。

どうもアレルギー性鼻炎が強く出たよう。空港に着いてからなので、本当にシラカバアレルギーの可能性もあります。

そんなわけで、今日初日はティッシュを両方の鼻に詰めて立っています。嘘です。

さっぽろペンギンコロニーは後半戦、類は鳥を呼ぶは初日です!

札幌丸井今井一条館7階にてお待ちしています。

d0123492_09304166.jpeg

[PR]
by kozakurapon | 2018-05-23 09:31 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(0)

さっぽろペンギンコロニー2018始まります!

いよいよ明日5月16日から29日まで、
北海道札幌のデパート丸井今井、一条館7階 ザ ステージ#リビングにて
さっぽろペンギンコロニー2018が開催されます。

ペンギン好き陶芸家の工藤ちえ奈さん、中島知之さんが中心となって
北海道在住のペンギン好きのクラフト作家さんを集めて毎年開催されている
ペンギンクラフトイベント。

今年は初めて、北海道以外の地域の作家が招待されました。
埼玉のつぐみ製陶所さんと、大阪のこまつか苗。わたしです。

会期後半の23日からは、陶房呑器さんとつぐみ製陶所さんとわたしの3人で
会場の一部で「類は鳥を呼ぶ」を開催。
ペンギン以外の鳥類の作品を出展します。
私も23日(水)、25日(金)、26日(土)、27日(日)午前中まで、会場におります。
24日木曜日は、すみません。
お休みもらって旭川の旭山動物園に「取材に」行ってきます。(*´-`)

宅急便最大サイズの大きい箱を3つ北海道に送り込みましたが
ちょっと作品足りないかも。
私が行く時に、はし置きなどの小物を追加で持っていきますね。

d0123492_23001050.jpeg
d0123492_23005349.jpeg

d0123492_23012703.jpeg
d0123492_23025553.jpeg
d0123492_23033586.jpeg
ほかの皆さんの作品、ペンギン好きにはたまらないクオリティとこだわりの品ばかり。
楽しんでいただけると思います!
北海道の、あるいは北海道に行けるみなさんに
お会いできますこと、楽しみにしております。


(*´-`)


[PR]
by kozakurapon | 2018-05-15 23:07 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(0)

2018春のNOMAMISE終了しました。次は北海道!

久しぶりのNOMAMISE、終了しました。
便利な場所ではなく雨の日もあったのに
毎日お客様にお越しいただき、ありがとうございました。
ハシビロコウメダカ鉢、まさかのお持ち帰りでざわめきました。(笑)

次は「さっぽろペンギンコロニー2018」に出展。
写真は帯留め。
d0123492_10370539.jpeg
2018年5月16日(水)〜29日(火)10時から19時
丸井今井札幌本店一条館7階
23日(水)から会場の一部で陶房呑器さん、つぐみ製陶所さんと、インコもの含め鳥モチーフ3人展開催。
23日(水)から27日(日)まで私も北海道行きます。

[PR]
by kozakurapon | 2018-03-22 10:37 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(2)

初日終了。なつおさんとの別れ

NOMAMISE2018春、初日。
昨日までの暖かさは何処へやら、小雨がパラつき、風も強く、
相当寒い1日となりました。

そんな天気をものともせず、
開場前からギャラリーの前で待っておられたお客様、ありがとうございます。

百貨店みたいに人が殺到することはないのですが、
ごくたまに、同じものを狙って来られる方がいらっしゃるので
どうしてもというものがある時は、
そんなに頑張って一番乗りしなくていいよとは言えません。

d0123492_00291864.jpeg
d0123492_00301069.jpeg

おかげさまで、結構隙間が空いた感じになりましたので、
明日はNOMAに合うと思われる、
この、キングペンギンヒナのハタキ入れを持って行こうかと思います。
d0123492_00334687.jpeg
d0123492_00342155.jpeg
小豆島に転居のため、
今回を最後にNOMAMISE メンバーを去る、画家の松本宏さんと池上夏生さん。
松本さんもだけど、池上さんは20代半ばから数年間、一緒に美術の基礎を学んだ友達です。

圧倒的な実力というのは、横にいるとよくわかるので、
つい比較してしまい、
自分のやりたいことやできることを見失いそうになることもありました。

でも、作品に対する真剣な姿勢や、繊細な感性、素晴らしい集中力。
第2の思春期ともいうべき、中途半端な若さを持て余す20代後半の辛い時期に
大きな影響を与えてくれた人。

d0123492_01055017.jpeg
↑上が池上夏生さんの絵。下が松本宏さんの絵。

夫婦で小豆島に移住すると聞いて、驚きはしましたが、
なっちゃんらしいなと思いました。
古い家を借り、時間をかけてこちらと半々、通いながら地盤をつくり、
この春、松本さんの高齢のお母様と一緒に、完全移住。

あちらの生活は、自給自足が基本。
お風呂を焚き、野菜を育て、貝を掘り、
田舎はご近所との繋がりもあるので、結構やることがあって忙しい。

驚くべきことに、一人暮らしになって認知症が進行し、
歩くのも困難になっていた高齢のお母様が、あちらに住むようになって
自分でいろんなことができるまでに回復してきたというのです。

面倒かもしれないけれど、生きるための仕事があるのは
人が健康に生きる上で、とても大切なのですね。

若い移住者も多く、結構子どもが周囲にいるらしく、
あちらでも、夏生さんたちは
長年子どもたちに絵画教室で向き合ってきた経験を活かして
何かできるのではないか、ということ。

丹念に積み重ねてきたことが、新しい道を示しているのです。



私のインコ侍本を小脇に抱えた(笑)夏生さんと、
NOMAの前で別れました。

私が右手を差し出し、握手を交わすと
なつおさんはそっと私を抱き寄せました。

今はSNSで繋がっているし
大切な友達であることに変わりはないので
永遠の別れというのは大げさかもしれない。

でも、私は転勤族なので、子供の頃から数年おきに
明日には会えるような感じで別れて、もうたぶん一生会うことはない
別れを体験してきました。

これがひとつの区切りであることは確かです。

一生のうちで、濃厚な時間を共にした。
それぞれに選んだ道を、精一杯生きていく。
別れの春です。


追記

追加納品の準備中、ふと思い出しました。
夏生さんと2011年にNOMAで開催したふたり展
「トリヤラネコヤラ」
でコラボ制作した作品も
記念として
非売で展示しようと思います。
d0123492_11175243.jpeg












(*´-`)












[PR]
by kozakurapon | 2018-03-17 01:09 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(0)