ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:おしらせ( 101 )

次はNOMAMISE(兵庫)とうずらアートマーケット(京都)

北海道から帰って休むまもなく窯たいてます。(小さいほうの窯だけど)

次はギャラリーNOMAにて、NOMAMISEに参加。 NOMAホームページ→コチラ
12月14日(金)~16日(日)です。
年末の忙しい時期ではありますが
また新しい作家さんも加わってますますひろがりをみせるNOMAMISEに
ぜひお越しください。

私はペンギン鍋、インココット、からしたてなど北海道に出した新作と
今制作中のヒミツの小物?を出品予定です。

d0123492_233691.jpg


それから、急に決まったのでご報告が遅れましたが

今年の個展をさせていただいた、うずらギャラリー(京都三条通寺町西入ル)にて
12月22日(土)12時~18時
「うずらアートマーケット」が開催されます。 うずらギャラリーホームページ→コチラ
9組の作家が小さなブースを出して作品を展示販売いたします。

これは個展のときの様子(おぴ~@とうもとさん撮影)
d0123492_23111975.jpg


ブースが小さいのであまり大きいものは出せないし
イラスト出してみようかな?と思ったりもしています。

年末のお買い物を京都でされるついでに?ぜひ覗いてみてくださいませ。


ところで、股関節の柔らかい茶々腹先生が
またすごいカキカキ技を見せてくださったので
発表いたします。

d0123492_23165839.jpg


なぜそこで掻く!?
[PR]
by kozakurapon | 2012-12-08 23:19 | おしらせ | Trackback | Comments(2)

Mic Mac.presents 「手仕事の流儀」展はじまりました!

と言っても、わたくしは明日から行くため、
現在の状況については何もわかりません。(爆)

ご存じのように北海道は今週たいへんな悪天候にみまわれ
停電がまだ続いているところもあるようです。
寒さが尋常じゃない地域なので、停電は本当に怖いですね。

Mic Mac.さんのブログ←のほうに、ほかの作家さんの作品が載っています。
私も写真送ればよかったと今頃思いました。すみません。
まあみなさんはブログで見てくださってるからいいか。
(まだこの他にもあります。)
d0123492_14512339.jpg



新しい画像がないので、
茶々腹先生がお気に入りのグ〇コサミンのチラシを
激しく噛んでるとこなど。

d0123492_14423297.jpg


顔がブレブレだよ。(笑)

他にもグ〇コサミンのチラシはありますが
テレビで「明日の折り込みチラシで!」って言ってる会社のが
格別に噛みやすいらしいです。

では毛穴ひきしめて、北の大地に行ってまいります。
[PR]
by kozakurapon | 2012-11-30 15:00 | おしらせ | Trackback | Comments(6)

北海道のイベントDM送ります

この一週間が作品作りの一つのヤマです。

今作っているのはアデリーペンギン耐熱土鍋。
だ円形、片口つき。
土鍋の残りを容器に移すとき、
片口になってたら便利なのにと思ったことありませんか。

ほかに耐熱のココット兼用湯呑みも焼く予定。
その名も「インココット」(笑)

写真はもうすこしお待ちを。

ところでMic Mac.さんからDMハガキが届きましたので、お送りしたいと思います。

d0123492_1933558.jpg


裏面ではイラストレーター「チームにきち」さんの、にきちじいさんが誘っています。

d0123492_1972027.jpg


同時開催の矢口加奈子さんの個展のハガキも同封します。

d0123492_19564.jpg



北海道にお住まいのお客様で、住所が変わったという方
北海道内、北海道以外でも、この展覧会に来てくださるという方

この記事の鍵コメにて住所、お名前をお書きくださいませ。すぐお送りします。

さあ、追い込み頑張らなくては。


*****

この展覧会と同時期に、以前わたしも参加させていただいたことがある展覧会

「片口普及推進委員会2012」

が、同じ札幌で開催されます。

わたしはペンギン片口土鍋で「ひとり片口推進委員会」をひっそりやるわけですが
コチラでは片口片口片口、、会場中片口ばかりです。
陶房呑器ののんきさん、陶工房pinoのたまちゃん、つぐみ製陶所の堀越洋司さんなど、
友人が出品しています。
ぜひハシゴして楽しんでください。

詳細はコチラ→片口普及推進委員会のHP
[PR]
by kozakurapon | 2012-11-02 19:29 | おしらせ | Trackback | Comments(10)

Mic Mac.期間限定復活イベントに参加します。

あっというまに東谷ズムも終了。
お天気もよく、たくさんの人で賑わい、とても楽しい一日でした。
(当日、カメラのメモリーカードを忘れたので・・これは前日搬入のときの、NOMAMISE会場の外観。)
d0123492_0231045.jpg

当日、レトロ印刷JAMさんのワークショップで作った
ガリ版刷りのレトロオカンカード。
d0123492_0251780.jpg


先月は尼崎の「武庫之荘フリーダム」に、鼻笛仲間たちと「鼻笛隊」として参加。
最近、同年代くらいの人たちが主催する、地域活性化イベントに続けて出たことになります。

手づくりのお祭り、開催する側は大変なことも多いと思いますが
地域に点在する「いいところ」や「面白いひとたち」をつなぐ、素敵な試みだと思います。

*****

さて、気付けばもう10月も終わろうとしています。
私が次に参加するイベントは、北海道での展覧会。

私がほぼ唯一、通年で作品の委託販売をお願いしていた
北海道のセレクトショップ「Mic Mac.」
店主さんが体調を崩し、惜しまれながら2年前閉店してしまいました。

でも私は、このままで終わることはないんじゃないかという
淡い期待があり、このブログのMic Mac.HPのリンクも外さずにいました。

待っててよかった。

Mic Mac.が2012年11月30日~12月2日の3日間限定で復活します!
しかも、Mic Mac.所属アーティストのなかでも
大人気のきりがみ作家・矢口加奈子さんの個展と併催です。

Kanako Yaguchi Exbition2012「色とりどりの宝物」

Mic Mac.展「手仕事の流儀」ー慈しみ 生まれるモノー

場所  ギャラリー(札幌市) Ivory

詳しくはMic Mac.ブログ記事をご覧ください。→コチラ


他にも作家さんがたくさんいますし、どれだけの数を送ることができるかわかりませんが
関西以外の貴重な発表の機会、いいものをお見せしたいと思っています。
[PR]
by kozakurapon | 2012-10-23 00:33 | おしらせ | Trackback | Comments(6)

夏まつり作品発送と秋の予定

夏まつりでご注文いただいた作品を、25日土曜日に発送しました。
万が一破損などがありましたらご連絡ください。

ダンボール箱ですが、一部の方のものについては
市販のダンボールでちょうどいいサイズのものを見つけられなかったため、
リサイクルダンボールを使用させていただいています。
あまりにも夢がないな~と思った箱は、空色の紙で包装してみました。

「あまりのセンスのなさに、思わずおもちゃの影に隠れたくなるよ。」byぽんぽん
d0123492_20405682.jpg

「あ~あ、包むの下手だね。」by茶々
d0123492_20413993.jpg


もう、ふたりともほっといてください。

「はいはい、自分の世界にはいります。」byぽんぽん
d0123492_2047817.jpg


*****

無事夏まつりも終了し、秋の予定です。
今年はアートインナガハマに参加したいと思っていましたが
残念ながら落選しました。
楽しみにしてくださっていた方は申し訳ありません。
私は出ませんが、アートインナガハマはとても楽しいおまつりですので
ぜひお越しになってみてくださいね。

ほかの予定としましては、NOMAMISEに参加します。

秋のNOMAMISE 
  2012年9月28日(金)29日(土)30日(日)12:00~19:00
  最終日は、18:00まで


また、10月20日(土)川西市東谷にある郷土館にて

「東谷ズム」(ヒガシタニズム)

というイベントが開催されます。

このイベントに、NOMAさんが出張NOMAMISEとして参加されることになりました。
私もそのなかのひとりとして参加します。

「東谷ズム」企画内容↓(予定)

旧平安邸×講談師×音楽×トーク企画

旧平賀邸×家族写真館

ヨーロッパ庭園×マチネコンサート×マルシェ

アトリエ平通×NOMAMISE

ミューゼ・レスポアール×能勢電百年展×レトロ印刷

東谷×まち歩き





東谷は、川西市の北部、里山への入口、信長ゆかりの山下城跡、秀吉の多田銀銅山の製錬で栄えた町・・・・。
大正時代には、銀行、証券会社、芝居小屋、ダンスホール、カフェ、ビリヤード場など何でも揃っていた町でした。



そんな町にひっそりと佇む川西市郷土館は、大正の建物である旧平安邸(数寄屋風建築)と旧平賀邸(イギリス風田園住宅)、そして現代建築のミューゼ・レスポアールの全く異なる建物、緑豊かな西洋庭園と製錬所跡、背景に拡がる山下城跡(城山)が、ひとつの空間に存在します。そんな風景の中、大正ロマン(100年前)に想いを馳せながら、ゆったりとした一日を楽しんでみませんか?



同じく大正時代開業で地元で愛されている能勢電車に揺られ、山下駅で降り、古い地図を片手にマチ歩きを楽しみながら、お越しください。



※イベント内容は、企画準備中のため、予告なく変更になる場合があります。


東谷ズム川西市東谷地区の城下町に佇む川西市郷土館で「大正」をキーワード

日時:平成24 年10 月20 日(土) 10:00~16:00
会場:川西市郷土館

(阪急川西能勢口駅 or JR川西池田駅で能勢電鉄に乗換え 山下駅下車 徒歩約15分)

料金:入場無料


↑郷土館のホームページ→コチラ
より引用しました。

NOMAMISEで展示したものをそのままでもいいということですが
せっかく面白い場所ですので
何かレトロな感じのものを作ってみようかな?

今からとても楽しみです。









 
[PR]
by kozakurapon | 2012-08-25 20:49 | おしらせ | Trackback | Comments(30)

いよいよ明日からうちわ展

明日6月10日(日)から17日(日)まで
雲雀丘花屋敷のギャラリー「NOMA」にて

「NOMAチャリティーうちわ展・風を起こそう!」

始まります!
d0123492_19381192.jpg

d0123492_19393941.jpg

会場に集まったたくさんのうちわたちの画像はこちらからごらんください↓

アニメーションのように次々とうちわが入れ替わる動画がすばらしい!
よ~く見て、自分のお気に入りの一枚をさがしてください。↓

NOMAのHP

今年はどんなうちわを買おうかな。
楽しみです。

私はもちろん常駐しませんが、ご連絡いただけたら予定あわせるようにいたします。
水曜はギャラリーがお休みですのでご注意ください。


最終日17日には恒例のライブがありますよ!こちらも楽しみです。
[PR]
by kozakurapon | 2012-06-09 19:40 | おしらせ | Trackback | Comments(2)

海外の鼻笛サイトに載りました。

すこし前になりますが、フランスの鼻笛マニアのブログ

「Nose flute org.」

↑私のことが載りました。

なぜか鼻の下を泥まみれにして作っている絵と
パロディマンガが受けたみたいで
しっかり私の名前まで画面にいれて掲載してくれました。

日本人でも元ネタマンガを読んだことのある人しかわからないもの。
こんなこともあるので、次にこんな説明マンガを描くときは
完全オリジナルマンガにしようと反省いたしました。

・・・しかし、なぜかオカンカーメンをペンギンだと思っている???
[PR]
by kozakurapon | 2012-05-15 13:10 | おしらせ | Trackback | Comments(4)

鼻笛セッションを楽しもう!

あっというまに時が過ぎて、もう4月も半ばになりました。
今は鼻笛を作っています。
小さいものですが、音が鳴るようにするには少々コツがいるので
なかなか時間と集中力のいる作業です。
鼻のまわりが土だらけでパリパリ。(笑)

d0123492_22251767.jpg


去年の晩秋に鼻笛を作り始めて
12月のNOMAMISEで鼻笛を初めて発表。

私が作り始める前から、関東を中心に鼻笛は静かなブームになっていました。
今はテレビに取り上げられることも多くなり、
京阪神の鼻笛人口も増えてきたようです。

今回うずらギャラリーさんで個展をしようと思ったのは
ピアノもある応接間のくつろいだ雰囲気のなかで、
楽しく鼻笛を鳴らせたらいいなと思ったからです。

前回のNOMAさんでは、音が鳴らないものもあったため
販売はせず、洗っては試し吹きをしてもらっていましたが

今回は音の出るものばかりを販売しますので、試し吹きはできません。
お買い上げいただいた方に、音が出るまでお教えしたいと思います。

今回、鼻笛の演奏に興味のある方・いろんな鼻笛の音色を聴き比べてみたい方のために
鼻笛セッションタイム
最終日5月6日の午後3時頃から開催いたします。(最終日ですので5時閉場になります)

この時間に、ふたりの鼻笛奏者をお招きしています。

全日本鼻笛ポッポコピー所属の鼻笛演奏家で、
のこぎりを使った音楽もされている、ひでじろうさん

関西鼻笛界期待の若手鼻笛奏者、平澤翔さん
12月のNOMAMISEにもお越しくださり、手製のひょうたん鼻笛や
珍しい横笛の鼻笛など演奏してくださいました。

演奏会という形式ではありませんが
その時間は鼻笛メインで、おふたりに交互に
あるいは即興でセッションしていただいたりと思っています。
もちろん、のこぎり楽器も、珍しい鼻笛も存分に披露していただこうと思います。

せっかくなのでみんなで合奏できたらいいねということで
課題曲を用意することにしました。

「かえるのうた」

かんたんで、みんな知ってますし、輪唱もできますね。

お手持ちの鼻笛を持って来ていただいてもいいですし
私の販売用ではない鼻笛をお貸しします。

今回のテーマ

しい

にふさわしく、みなさんの鼻笛合奏で、
展覧会の最後を賑やかに飾っていただけたら嬉しいです。
[PR]
by kozakurapon | 2012-04-14 23:16 | おしらせ | Trackback | Comments(4)

ちょっとおせっかい。

今回の個展は遠方からもたくさんの方にお越しいただけるようで
とても嬉しいです。ありがとうございます。
京都なので、観光旅行も兼ねて来ていただけるようですね。

ただ、いつもは5月末に個展を開催しますので
混んでるといってもたいしたことはなかったのですが
ゴールデンウィークの京都は、ほんとにすごい人出です。

私の個人的意見であり、的外れなこともあると思いますが
少しでも快適に京都観光ができるように
思いつく注意点をいくつかお話させていただきます。

絶対車で来ないでください!

どのルートから来ても京都市内に入るまでに何時間も費やし、
出るのも下手すれば深夜になります。
観光地はほんとに車が動きません。車を停める所がありません。
路上駐車は住民がすぐ警察に通報します。(ものすごく早いです)
車で来られる時は、パーク&ライドをお勧めします。

とくに東山方面、嵐山方面には絶対車で行かないこと!

京都の観光案内サイトなどでも紹介があります。
このサイトが私が思うことを全て伝えているので、見てみてください。

渋滞で時間を損しない!京都観光計画

もと地元民だったときは、この時期バスにも乗らず、
徒歩と電車を使って移動していました。これが一番いいです。

それと、これは何回か来られたことのある方、方向感覚に優れた方向けの上級テクですが、
京都の道は東西南北碁盤の目のようになっています。
これを利用して、市バス地下鉄の一日フリーパスと路線図、
方角のわからない人は方位磁石を使い
バスの進む方向だけを確認して、たてよこ方向にバスをちょっとずつ乗り継ぐのです

京都のバスは本数多いですが路線が複雑で
行きたい観光地や駅名を書いたバスでも、思いがけず遠回りすることもあります。
路線に頼らず、方角で移動するほうが早い時があるのです。

私は市内の実家に行く時にこのやりかたで帰ります。(笑)
とくに堀川通りと御池通りを通るバス、あと数駅で車庫行きのバスはすいてて快適です。

一番たいせつなことは、この時期、移動距離を欲張らないことです。
わたしの個展会場の徒歩圏内だけでも十分楽しめますよ。


お食事や休憩の注意点

たくさんお店はありますが、ご家族や大人数のときは、かならず予約をお勧めします。
どこも長蛇の列で入れないから、デパチカでお弁当買って
鴨川で食べようという方も多いと思いますが、

とんびに注意してください!

こどもでもおとなでも容赦なく、手に持ったパンやお弁当を上空からさらっていきます。わたしの家族もパンを奪われた経験がありますので本当です。

*****

こまかいことばっかり書いて笑われそうですが、わたしの個展会場での注意点も少し。

◎今回の個展会場ではクレジットカードは使えません。
◎初日は作品を買う目的のお客様で混雑します。わたしもいっぱいいっぱいなので
友達、鼻笛演奏を楽しみたい方、ゆっくり話をされたい方は初日を避けてください
時間帯は、4時以降がすいています。

◎一度お会いした方はほとんど覚えているはずですが、お名前とお顔が一致しない方が多いので
お名前を名乗っていただけたらすごく嬉しいです。

◎これはほんとに細かい情報で恐縮ですが・・・
数人に話したらそれはとても重要な情報だと言ってたので。

靴を脱いで上がる会場です。

会場には4日間とも毎日おります。
みなさまのお越しを楽しみにしています。

字ばっかりの記事でつまらないので、先日手に入れたインコのアクセサリーをご紹介。
d0123492_1432984.jpg

以前にご紹介した神戸元町(京都じゃないですよ。神戸です)のブティック

「Beautitude(ビューティチュード)」

で購入しました。
ほかにもベニコンゴウインコらしきストールと指輪がありましたよ。
といっても別に店主さんは鳥好きではありませんので
マニアックな鳥話はお控えください。(笑)
[PR]
by kozakurapon | 2012-04-08 14:15 | おしらせ | Trackback | Comments(20)

2012個展のDMできました

春のNOMAMISE、無事終了いたしました。
お忙しいなか時間を作ってお越しいただいた方々、ほんとうにありがとうございました。

さて、次はいよいよ5月3日から6日まで
京都うずらギャラリーでの個展です!


うずらギャラリーのHP


今回は愛鳥写真家おぴ~@とうもとさんに
写真、DM製作を全面協力していただきました。
まもなくみなさまのお手元に届くと思います。

届いていない、欲しいという方は
この記事の非公開コメントに住所と本名をお書き下さい。
まず来れない距離の方にも(オーストラリアとか)送ってますので
お気軽にどうぞ。

d0123492_10575972.jpg


DM写真を撮るために、ペンギンタイムカプセルのお尻に
汚れ防止のテープを貼って(笑)野外撮影に臨みました。

あまりにもいい写真ばかりで、どれを使っていいかほんとに悩みました。
期間中、うずらギャラリーさんの前に看板を置かせていただけるようなので
おぴ~さんの撮ってくださった素晴らしい写真たちを飾って
みなさんに見てもらおうと思っています。

掲載許可をいただいたので少しご紹介しますね。
d0123492_11513100.jpg

林のなかで撮影しました。
d0123492_1172363.jpg

古い切り株に入れてみたり。
d0123492_1183523.jpg

運搬はトロ箱を使いましたが、ペンギンになぜか似あう。
d0123492_1193828.jpg

d0123492_1111058.jpg

ぼくも。
d0123492_11113757.jpg

ちょっとかっこいい写真も。
d0123492_11123455.jpg

彼らの大きさはこのぐらいです。
会場にどう飾るか、また悩むことでしょう。
d0123492_11135777.jpg

会場のうずらギャラリーは、とてもユニークなギャラリーです。
古い歯科医院(今も2階で歯科医院はされています)
の待ち合い室をギャラリーとして開放したもので
京町家らしい純和風な門を入ると通路になぜかローマの街角にあるような水飲み台?があり
重厚な玄関を靴を脱いであがると
立派な暖炉やピアノのある、和洋折衷のレトロな空間があります。

鳥の名前のギャラリーですが、ご主人はまったく鳥マニアではありません。

ご主人はうずら音楽舎という音楽レーベルを運営されています。
とくにアカペラの音楽がお好きで、身体だけで音を出すことから
鳥の名前をレーベルにつけるということは海外でもよくあるらしいです。
そういうことなので、
鳥マニアな話はされてもお困りになりますからよろしくお願いいたします。

でもとっても素敵な名前ですね!
うずらはいっぺん飼ってみたい鳥です。
真上に飛び上がる癖があるので
かごの上にクッションを仕込んでるとかいう話を聞くとぐっときます。(笑)

ギャラリーの場所ですが、
いつも個展をしていた1928ビル・同時代ギャラリーのとなりです。

今回は鼻笛を出しますので、
ギャラリーのオーナーが音楽関係の方で、
そこに偶然集まった人たちが自然に鼻笛セッションができるような
くつろいだサロンのような空間がよくて、今年は会場を変えました。

鼻笛を購入された方には音が出るまでご指導いたします。
といっても私も「全日本鼻笛ポッポコピー」新米会員で
音は出せますが、はっきりいって演奏のほうは・・なので
腕に覚えのある方!ぜひぜひ私のかわりにご指導ください。(丸投げ)

みなさんにお会いできますことを楽しみに、あと少し頑張ります!
[PR]
by kozakurapon | 2012-04-03 12:07 | おしらせ | Trackback | Comments(55)