ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

初東京個展・「渡る世間は鳥ばかり」終了しました。

無事、東京での個展、終了しました。
d0123492_17114397.jpeg

金土日の3日間、朝から行列ができ、一回のレジで購入作品を2つまでに制限させていただくなど、ずいぶんご不便をおかけしました。
初日はともかく、土日までまさか行列ができようとは、
東京にどれだけ人がいるのか、思い知らされました。
寒くなくて、雨も降らなくて本当に良かった!

不手際も多々ありましたが、お客様同士で譲り合い、トラブルもなく。

何かと並行して別のことをするということができない私に、皆様優しく注意を促し、
インコ侍を1万円で売らずに済みました。


自分の展示で忙しいのに、時間を作って初日手伝ってくれた
つぐみ製陶所・堀越さん。

初日と土曜の日中だけお願いしたのに、大変そうだからと
結局最終日の搬出まで手伝ってくれた
羊毛作家chunchun world・えりかさん。

前の週も仕事で休みがなかったのに、
有休取って搬入から手伝ってくれたウチのダンナ。

工房の経営、自分の作品づくりで忙しいのに、
コラボ作品を完璧に作ってくださった、スタジオパチェの賀集さん。
そして染織作家の根本さん、齋藤さん。

ギャラリーの使用時間など、何かと融通してくださったギャラリーのオーナーさん。

ただただ感謝です。

病気やお仕事で来られなかったお客様、
またいつか、機会をお待ちください。

花瓶の臭いの一件ですが、
留守中、家の日の当たる場所にずっと置いておいた花瓶の
匂いがほぼ抜けていました!

今日帰ってくる個展の花瓶も、さっそく日干しにして
臭いが取れ次第、送料負担でお送りしますね。
口が狭いものは少し時間がかかる可能性はあります。

今度は、時間にもっと余裕を持って制作しろという
天の思し召しですね、きっと。

皆様のおかげで楽しい3日間でした。
ありがとうございました。


✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎


関西在住で今回の個展に来られなかった皆様。

12月14日(金)、15日(土)、16日(日) 昼12時から18時
兵庫県・雲雀丘花屋敷(川西池田)のギャラリーNOMAで開催の
「NOMAMISE WINTER」に急遽出展することになりました。

タイトル作品なので、崩しにくかったのか?
渡鳥ファミリーが、5女の長子以外そのまま残ったのです。

なので、長子をもう一度作り、橋田壽賀子さんを新たに加え、
NOMAにて披露させていただきます。

ほかに、ラグビーインコの欠員をひとり補充します。

(ラブバードママたちは嫁ぎましたので展示はなしです)

オカン湯たんぽホルダーは通販の分しかないので販売しません。
が、バブーシュとポシェットは販売します。
はし置きもちょこっとだけ。
花瓶は出しません。茶碗も五月人形もありません。

私の作品は個展のようにたくさんはありませんが、
ほかの北摂在住の作家さんが、この季節にぴったりの
センスあふれる作品を展示販売しますので、
ぜひお越しください。







[PR]
by kozakurapon | 2018-11-21 15:35 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(2)

東京初個展「渡る世間は鳥ばかり」はじまります。

搬入終了。自由帳ギャラリーのいつもの可愛らしい展示と違った異様な雰囲気に、高円寺の地元のおっちゃんが、やや遠くから凝視していました。(笑)

いよいよ明日12時から。

d0123492_23324455.jpeg
おそらく、明日初日と明後日土曜は、開始から午後4時頃までは混雑が予想され、

東京は京都の比ではないくらい人が多いので、列ができるかもしれません。


会場の外にスタッフ(ダンナ)がいますので、となりのお店のドアをふさがないように、列を作ってお待ちいただけたらと思います。


スタジオパチェとのコラボ企画で作った、

オカンカーメン湯たんぽ(ゆたぽん)ホルダーの試着用を、

ホテルでゆたぽんをチンしてきて、

前から順番に試していただこうと思っています。外は寒いと思うので。

d0123492_23412237.jpeg
そして、今回は恐れ入りますが、購入品数を1回のレジにつき、

ひとり2個まで。(ただし、オカン掘り1回とインコ侍の本は除外)とさせていただきます。


そして、作品のうち、花瓶類ですが、

陶芸用品店が新しく送って来た漏れどめの揮発性止水剤が、

了解なく臭いのきついものに変えられており、

いまだ臭いがとれず、このようなものを

小さいお子さんや鳥などのペットのいるご家庭にお売りできません。


なので、大変申し訳ないのですが、

今回この止水剤を使った花瓶については、

ご予約のみとさせていただき、

後日、臭いが消えてから

クラフト通販サイトiichiで、通販させていただきます。


止水剤そのものは、一応陶芸用の止水剤として販売されているもので

臭いさえ飛べば大丈夫なのですが

おそらく臭いが取れにくいので売れない在庫を

陶芸用品店に買わされたようです。


まあしかし、これも

もっと時間に余裕を持って作業しなさいということかなと

ポジティブに捉えようと思います。


お持ち帰りいただくはずだった花瓶類を

最終日まで見ていただけるのは良かったと思っています。


そして、今回からの「ゆる注文」制度について。


これまでは、注文制作はお受けしないとしてきましたが

ご要望が多く、私の作家として作りたいものを作る自由と

お客様の、オーダーしたものの、思っていたものと違う作品を

買わなければならなくなるという問題を

良いとこどりしてみます。


①お客様からご希望の作品を、イベント前にリクエストいただく

②私がそれを聞いて、作りたいものでなければ断る。

③イベントに合わせて作るが、お客様がそれを気に入らない場合は買わなくて良い。

ただし、お客様ご自身が必ずそのイベントに来られること。

完成品を見に来てくださり、判断いただくことが条件です。



今回は、この棚の花瓶がその対象です。

d0123492_00045395.jpeg
あ、一個ドウバネインコのが間違ってました。これは注文主以外もご予約可能です。

明日直しておこう。


一方こちらの花瓶類は注文品ではないものでご予約可能、

止水剤を食品用の臭いのないものを使っていたりで

お持ち帰り可能なものもあります。



d0123492_00090733.jpeg

そして、この↓棚の下2段のものは、土曜以降に販売するものや

土曜以降に来られる方のゆる注文品です。


会場内にスタッフ(羊毛作家chunchunworldえりかさん)がいますので、わからなかったら聞いてください。


会場内に一度にお入りいただくのは5人まで。

会場入り口で、カゴをお渡ししますので、

それを渡された方のみでお願い致します。


混乱を避けるため、ご理解お願いします。


d0123492_00155543.jpeg
最近、自分の愛鳥の小さい人形などを持ってきて

作品の横に並べて撮り、SNSに投稿する方が増えていますので、

いくつか、陶人形のセットを作りました。

まわりの方の鑑賞の妨げにならないよう気をつけてくだされば

ぜひ撮影をお楽しみください。


d0123492_00202486.jpeg

d0123492_00212013.jpeg
d0123492_00215757.jpeg

d0123492_00223900.jpeg

今回は、春と秋両方の季節を楽しめる、

雲錦という琳派の伝統柄をアレンジした野点茶碗を4点出します。

d0123492_00262823.jpeg

d0123492_00271328.jpeg
d0123492_00275900.jpeg
d0123492_00283840.jpeg
d0123492_00294195.jpeg
d0123492_00303133.jpeg
d0123492_00311348.jpeg
d0123492_00315570.jpeg
陶人形、茶碗に関しては、購入されても持ち帰らず置いていただき、
展覧会終了後に送りますので、最終日でも欠けることなくご鑑賞いただけます。


長くなりましたが、ぜひ、明日から3日間、お楽しみください。




(^^)




[PR]
by kozakurapon | 2018-11-16 00:33 | 2018イベント報告 | Trackback | Comments(10)