人気ブログランキング |

ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

もうすぐ阪神百貨店「心うるおう小鳥ガーデン2019」

まだこれからブローチの金具をつけなくては。
全然ブログ更新できてなくてすみません。
いよいよ今週19日水曜日から、小鳥ガーデンです。
d0123492_23254088.jpeg
d0123492_23262372.jpeg
d0123492_23270243.jpeg
d0123492_23274595.jpeg
d0123492_23282603.jpeg
d0123492_23290227.jpeg
d0123492_23295002.jpeg
d0123492_23304265.jpeg
d0123492_23313871.jpeg
今年は大皿を5枚描きました。
シロハラオンリーの皿と、アキクサローズの皿は注文品なので
ほかの方はお求めになれません。
花瓶は去年より減らしております。
はし置きは250個以上作りました。

面白かったのは、
親より大きいキングペンギンのヒナを
親がおんぶしたり抱っこしたり、ひこうきしたりというブローチが
ツイッター上で2000いいね以上獲得して話題になったことです。
d0123492_23380241.jpeg
寝ぼけて作っていた時、うっかり上に乗せたキングヒナを
インコの口にしてしまい、急遽コザクラインコバージョンに差し替えたことです。

d0123492_23402749.jpeg
今年も初日と土曜、やや初日多めですが半分に分けて搬入します。
あと、初日と土曜の開店直後、キープできるのは最初の30分間は一個だけです。

引っ込み思案のお客様も、自分の1番欲しいものに手が伸ばせるように。
手早くお買い物できる方も、慌てて買いすぎてあとで困らないように。
ご協力お願いします。

d0123492_23464615.jpeg
d0123492_23482193.jpeg
私の在店時間は次の通りです。

19日水曜日初日は朝から1日中。
20日木曜は朝から夕方5時くらいまで
21日金曜は昼1時から閉店まで
22日土曜は朝から1日中。
23日日曜は朝から5時くらいまで
24日月曜は昼1時から夕方5時くらいまで
25日火曜は昼1時半くらいから閉店まで。

このほかに、この日のこの時間は行くから
会場に居て欲しい、という方は、事前にお声がけください。
よろしくお願い致します。




by kozakurapon | 2019-06-17 23:59 | Trackback | Comments(0)

アキクサインコ大皿

もうすぐ6月19日から25日の、阪神百貨店小鳥ガーデン2019。
まだ作品は窯に入っております!(あかんがな)
今回は大皿を5枚描きました。

山梨のHさんから、大量の資料写真とともに
リクエストいただいたアキクサインコもの。
1枚はHさん用に、アキクサローズを描きました。
d0123492_18490005.jpeg
少々お値段も上がってしまうので、買わなくてもいいです。
そう思ってローズとルビノー?とノーマルのはし置きも作ってありますから。

山梨のHさん、すみません。メールご連絡できませんでした。
私のホームページ、komatsukanae.com のメールフォームから
一度ご連絡いただけたら嬉しいです。


by kozakurapon | 2019-06-13 18:51 | 製作情報 | Trackback | Comments(2)

ラグビールールから学ぶ紛争解決の知恵

もうすぐ阪神百貨店小鳥ガーデン、
作品も来週くらいにはご紹介していけると思います。

ラグビーのことばっかりで申し訳ないですが、
このブログはラグビー関係の方がご覧になることも多いので。

d0123492_10072017.jpeg
ラグビーインコ解説改訂版を、ある大学の講義に使っていただくことになりました。

事前に学生にラグビーについてわからないことを先生が聞いたところ、

アメリカンフットボールとどう違うのか
横から入ってボールをとらないのはなぜか

という質問が多かったらしい。

1番多かったアメフトとの違いと、オフサイドに関する質問については、

騎士道を思想の根本に置いたイギリス発祥のスポーツ、ラグビーと
騎士道などとは無縁で、非常に合理的かつ戦略に富む、アメリカらしいスポーツ、アメフトとの違いから、
紛争の多い地域の歴史から生み出された、争いを避ける知恵を学んでほしい。

先生から参考になる本を紹介して欲しいと言われたので、

私がラグビーインコを描くにあたってダンナに勧められた本と、ラグビーマガジンで連載している、レフリーによるラグビー解説本を挙げました。

ともすると日本人はルールを厳格に守ることのみに集中して、そのおおもとにある理念をないがしろにしがちで
みんなが不利益をこうむりながら、変えられないと思い込み、ブツブツ言ってるだけということが多いように思います。

あらかじめ白黒はっきりつけることが果たして問題の解決になるのか?


紛争の多いヨーロッパのスポーツ、ラグビーは、
騎士道を根本にした「ラグビー憲章」をもとに、
ルール自体は随所にわざとルールブックに詳しく書かず、余裕を持たせ、
状況に合わせて柔軟に対応できるようにしてあります。
(例・レフリーのアドバンテージ)

世界が、国という単位を超えて交わっていくなかで生きていく若い人たちに、

今あるルールは盲従して良いものか?
大事にするべきことは何か?

まず平和という大義があって、それを達成するために、自らルールを考えていく力をつけてほしいと思います。

by kozakurapon | 2019-06-05 10:07 | ラグビーインコ | Trackback | Comments(0)