人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ペンギン・インコ陶つうしん

penguin10.exblog.jp
ブログトップ

木製の餅箱

今朝はさんざんな目にあいました。
トイレがつまったのです。
とどめをさした(最終的につまらせた)ひとは、ラグビーをみにいく約束があるってことで、出かけてしまいました。
ひえ~!!
くわしいことは省きますが、とにかく私ひとり、高圧洗浄機や手作業でなんとか開通させましたよ。
草の根が、コンクリートの配水管に伸びてつまらせるんですよね。2年に1回はこんなことがあります。業者にたのんだら2~3万かかるそうです。
きたない話ですみません。

今日はもともと、アートイン長浜でお会いした木工の作家さん、ハチマン工房の中村さんの個展にお邪魔する予定だったのです。朝のハプニングのせいで遅れましたが、なんとか4時ごろ、京都松ヶ崎のご自宅までたどりつきました。(遠かった・・・)

今回の個展は「額」がテーマ。屋久杉やいろいろな種類の木の、それぞれの特徴を生かしてつくられたものです。額屋さんではまず見られない面白いものがたくさんありました。

ちょっとおもしろい陶額をつくりたいので、アイデアをお話しし、協力をお願いしました。
とてもきさくな方で、いきつけの材木店を教えてくださり、加工も内容によっては協力していただけるとのことでした。
写真がわるくて見難いですが、ちいさい額をひとつ買いました。なんともいえないいい黄色の木肌が素敵です。
なんと木ぎれをひとつ、おみやげにくださいました。いいひとだ・・ありがとうございます。うれしいです!

工房のそばに、私が窯を買った陶材料店、「下鴨陶芸」があり、そちらへ粘土を買いに行きました。

と、そのとなりが古美術店。びびっとくるものがあり、中に入りました。
ご主人に、「和菓子屋で使う、餅箱ありますか?」ときき、1個買いました。
そう。古い木の餅箱は、製品の持ち運びや乾燥用にとても役立つのですよ。
古いものは合板じゃないので、木肌がめくれてきたりしなくて、丈夫なんですよ。
もっとほしかったけど、またクルマで来たときにします。

古美術店のおじさんとウマがあい、この箱を陶芸に使うと話したところ、古い器を出してきて、「これ何時代のもんだと思う?」と聞かれました。

わかるもんかと思いながら高台をみるとあたらしいもののように思う。見た目虫食いとかあるし、貫入もあり、古い感じなんだけど。正直に見たまま言うと、「そうそう、俺も迷ってるんだ。この高台がね。」
ええ!おじさんはっきりわからないまま売ろうとしてるの?
古美術品の値段なんてほんとわからんなと思いました。
相手を見て適当にふっかける悪いひともいるのでしょうね。
目のたしかな者が勝者。そのへんがこの世界のおもしろいところでもあるのでしょう。
木製の餅箱_d0123492_223514100.jpg

そんな寄り道したあと、粘土や絵の具を買って、コロコロカートひいて帰りました。
# by kozakurapon | 2007-11-10 22:44 | わたくしごと | Trackback | Comments(10)

ラグビー界の面白選手 海外版

もうひとつラグビーネタで。

フランスでのラグビーワールドカップが先日終わりました。
南アフリカ優勝とか、やっぱイングランドはウィルキンソンでもってるとか、そんなことはやはり私にはどうでもいいことでして。

すごい人たちがワールドカップにはいるんですよ。やっぱり。

フランスのシャバル。
ばけもんみたいな外人選手のなかでも目立つばけもんくささというか。
実力はもちろんですが、バイキングみたいな野性味あふれる姿は見ているだけでたのしい。

コドモの頃大好きだったテレビアニメ、「ちいさなバイキング ビッケ」のおとうさん、ハルバルにそっくりです。(ダンナはビッケ知らないというのです。知ってるひといないのかな。)
絵に描いてみましたが、資料がないので、イメージです。

ほかにもトンガのマカという選手は、なにか戦略的な目的があるのかと思うほどに、爆発したようなカーリーヘアです。試合みててもつい彼の頭ばかり目がいってしまう。
試合前の身体検査で、彼だけは頭もチェックされたんじゃないか。

NHKも、大リーグばっかり映さないで、こんな楽しい大会も地上波で、ゴールデンタイムに流してみては。
子供がなにかをはじめるきっかけになるような、いろんなジャンルの良質なエンタテイメントを紹介してほしいですね。

おじさんばかりのラグビー場を見て、そんなことを思います。
ラグビー界の面白選手 海外版_d0123492_14255431.jpg

# by kozakurapon | 2007-11-08 14:28 | わたくしごと | Trackback | Comments(1)

ラグビー界の面白選手 国内版

またラグビーネタで。
私は所詮ラグビーが本当に好きなわけではないので、だんなとラグビー見てると
面白い人か男前さがしして遊ぶのです。

一番好きな面白選手は、セコムラガッツの山賀さん。

もうずっと前から、トップリーグの選手年鑑の写真がおかしいのです。

身分証明写真のように、ひとりひとりかしこまって写ってるのに、ひとりだけバラの花くわえたり、頭の毛がとがってたり。

今年は眉毛の上にマジックで眉毛描き足してます。

ほかの人も真似しだして、たぶん注意されたみたいですが、
なんでも最初にやる人間は一目おかれているのか?ファンサービスでイロモノをひとつだけのこそうという配慮か、いまは彼だけがアホをつらぬいているのです。

テレビ画面の電光掲示板のあるスタジアムで、ダンナは大写しになったかれのアホ写真を見ることができたそうな。うらやましい!
彼のせいではないと思いますが、セコムが下のリーグに落ちてしまったので、もう当分その機会はめぐってきません。

今年も彼の紹介欄には「独身」のふた文字が・・・。
ラグビー界の面白選手 国内版_d0123492_13572591.jpg

# by kozakurapon | 2007-11-08 14:02 | わたくしごと | Trackback | Comments(2)

みなさんおひさしぶりです・・

でかいオカンです。

でかいもんで乾燥に時間がかかり、ようやく素焼きにこぎつけました。
いちおう掛け花いれですが、素焼きでもけっこう重いので、水と花入れたら落ちるかもしれん。
みなさんおひさしぶりです・・_d0123492_16415228.jpg

作者が後先考えずつくったため、どうしても実用に向かないオカンカーメン・・・

裏庭で撮影しました。いっそこのままコケむして、数千年ののち世界七不思議として発掘されるのもいいかもしれません・・・(されるか!)

クリスタ長堀に出品予定。
# by kozakurapon | 2007-11-07 16:42 | 製作情報 | Trackback | Comments(5)

製作メモを・・・

ポンタロウにふちをガジガジ噛まれたあわれな製作メモ。

だいぶ先ですが、来年5月末に個展を予定しているので、DM写真に使う新作を考え中。

うまく同意をいただければですが、今回は木工のクラフト作家さんにお願いして、ちょっと面白い陶額用の額をつくってもらおうとおもっています。

春の「ふたりの世界塔」展では、別に制作費をケチったわけではないのですが、
ペンギンボタン画に適した、厚みのあるものを飾れる額がどうしてもみつからなくて、100円ショップで調達してしまいました。時間がもうなくなってしまったのです。
製作メモを・・・_d0123492_1123168.jpg


色合いは面白かったのですが、裏が安物のボール紙で、作品を貼って時間がたつと反ってしまい、最低でした。

せっかくアイデアと作品は評価いただいたのに。
あまりにも安っぽくなって価値が下がり、ほんとにもったいないことをしたと思います。

欲しいものってすぐにはみつからないもの。

今度はいいものつくりたい。
# by kozakurapon | 2007-11-06 11:03 | 製作情報 | Trackback | Comments(2)